屋根裏の散歩者(江戸川乱歩)のあらすじ:ネタバレ御免で探索

 


やあやあサイ象です。

「感想文の書き方」シリーズもはや第83回。
「あらすじ」暴露サービスとしては
第52弾となります。

今回はあの江戸川乱歩の代表作の一つ
『屋根裏の散歩者』で参りましょう。
(1925。『江戸川乱歩全集第1巻』所収)
     ⇩


いろんなモチーフ(動機)を含む
「犯罪小説」の傑作ですが、これを
映画化するとなると、モチーフの一つに
すぎないピーピング(覗き)のテーマが
どうしても前面に出て、エロティックな
作品に仕上げられてしまいますね。

Sponsored Links


最近作2つを紹介しますが、特に
右(スマホでは下)のなんか「エロチック
乱歩」と銘打っているくらいですから……

未成年は見ないでくださいね~(*~▽~)ノ。

       





👉 ”名探偵”明智小五郎登場

さて、そのようなわけで、映画などの
情報から、原作にもその筋の
盛り上がりを期待される読者は
ガッカリされるかもしれませんよ。

乱歩にそういう作品がないわけでは
ありませんが、『屋根裏の散歩者』は
乱歩がまだその方面に触手をのばす以前の
「推理」主眼の小説で、あの”名探偵”
明智小五郎の出始めのころのものです。

    sherlock-holmes-462957_640    

その「あらすじ」を暴露しようという
わけですが、一口に「あらすじ」を、
といっても、ストーリーの骨子だけでいい
という場合から、読書感想文を書くんだから
分析・解説つきの詳しいものがほしい、
という場合まで、千差万別でしょう。


そこで出血大サービス((((((ノ゚⊿゚)ノ

「ごく簡単なあらすじ」と
「やや詳しいあらすじ」の
2ヴァージョンを用意しましたよ~~(^^)у

どちらもネタバレは避けられませんので、
結末を知りたくない人は
絶対に読まないでくださいね
(◎◎)。



👉 ごく簡単なあらすじ(要約)

まずは「ごく簡単なあらすじ」。
「  」内は原文からの引用です。

職業にも遊びにも興味をもてない25歳の
郷田三郎は、素人探偵の明智小五郎と
知り合ってから「犯罪」にだけ魅力を
覚えるようになった。

東栄館という新築の下宿屋に移って
から、押し入れの上段で寝るように
なっていたが、ある日、天井板が
上に持ち上がることを発見する。

好奇心から天井裏に入って「屋根裏の
散歩」を始め、すき間や節穴から住人
の秘密を覗き見をするようになる。

134cce31a0d5f9f25bc09ee8fb4c03e1_s

ある時、虫の好かぬ遠藤の部屋を覗くと
大口をあいて眠っており、もしこの
節穴から毒を垂らせば彼の口に落ちる
はずだ、彼の部屋にあるはずの壜入りの
モルヒネでそれをやれば完全犯罪が
成立する…という考えが閃く。

このモルヒネの壜を盗み出した三郎は
ある夜これを決行し、遠藤は死ぬ(ドクロ)。


遠藤の死は失恋による自殺と断定
されたが、それから3日後、
明智小五郎が訪ねてきて事件のことを
尋ねるので、ともに遠藤の部屋に入る。

そこにまだ置いてあった目覚まし時計が
遠藤の死んだ朝も鳴ったことなどを
確認して明智は去る。


半月ほどを経た夜、部屋へ戻って
押し入れの襖を開くと、死んだ遠藤の
首が現れて、三郎は仰天する。

それは明智のいたずらで、明智は、
「これは君のシャツのボタンだろうね」
と天井裏に落ちていたという証拠物を
突きつける。

三郎は観念し、自白する。

ところが、そのボタンは、前回三郎に
会ったときに取れていることに気づき、
店から仕入れておいたものだ、
と明智は「トリック」を明かす。


え? なんだかよくわからん?

そうシンプルに計画殺人が成功し、
かつその犯人がアッサリ自白して
しまうのか……等々。


そこで、やはり「やや詳しいあらすじ」が
必要となるわけです(;^_^A

原文は1~8の8章に分けられていますので、
以下でもこれにしたがって記述していきます。

ほぼ完全なネタバレになりますが、
推理小説でいう「トリック」や経緯の
すべてを書ききることは、さすがに
無理ですので、少々納得がいかない
という読者はやはり本文を読んでもらう
しかない…ということになりますね。


👉 やや詳しいあらすじ

1
学校を出てから職業を転々としてきた
25歳の郷田三郎は、仕事にも遊びにも
女にも打ち込めず、酒も飲めない。

下宿も転々として「東京中の下宿屋を
一軒残らず知っている」ほど。

それが素人探偵の明智小五郎と
知り合ってから、「犯罪」にだけ
言いしれぬ魅力を覚えるようになる。

金持ちらしい通行人を尾行したり、  殺人psycho-29041_640
妙な暗号文を公園のベンチの板の間に
挟み込んで、誰かがそれを発見するのを
木陰から見張ったり……といった遊戯を
楽しんでいたが、やがて遊戯には「危険」
――それこそが「犯罪」の魅力だ――
がないがゆえに飽き足りなくなる。



「犯罪遊戯」にも飽きたころ、三郎は
東栄館という新築の下宿屋に移る。

そこでも退屈して、10日ほどしたある日
押し入れの上段に布団を敷いたままに
して、そこで寝ることを思いつく。


実際に寝てみると、予想以上に感じが
よく、襖の隙間から漏れてくる糸の
ような電気の光を見ていると、探偵小説の
世界に入ったようで愉快になる。

が、それも3日ほどで飽きて、 灯火Light-Bulbs-s
手に届く天井板に落書きなどをして
いると、ふと天井板が上に持ち上がる
ことを発見する。

電灯工事の際の出入りのために
その板だけ釘でうちつけず、
上から石で重しをしてあったのだ。


好奇心から天井裏に入ってみると、
鍾乳洞の内部を見るような興奮を覚え、
その日から「屋根裏の散歩」が日課となる。



東栄館は中庭を囲んで桝形になって
いるので、自分の部屋から屋根裏に入り、
一周して部屋に戻ることができる。

また天井裏には至る所にすき間があり、
そこから住人たちの秘密を覗き見
することも勝手次第。

003276

この「天井からの隙見(すきみ)」で
「滑稽な、悲惨な、或いは物凄い光景」
を数多く見た三郎は、下宿人同士の
感情のもつれなども知るようになる。

ある時、虫の好かぬ歯科医の助手、
遠藤の部屋を天井裏の節穴から覗くと
鼻の病気のせいか、大口をあいて
鼾をかいている。

Sponsored Links




遠藤の寝顔を見ているうちに、
この節穴から唾を吐けば、ちょうど
遠藤の口に落ちるのではないか
と思いついた三郎は、猿股の紐を
垂らしてそれを確かめる。

立ち去ろうとしたとき、
恐ろしい考えが三郎の頭にひらめく。

「なんの恨みもない遠藤を殺害する」
というのがそれで、それは十分
実現可能と思われてくる。

というのは、以前、遠藤の部屋で酒盛り
したとき、遠藤が昔、女と情死しようと
したと言い出して、致死量だという
モルヒネの壜を見せたことを思いだし、
このモルヒネを使えば完全犯罪が
成立すると考えたのだ。



4,5日後の夜、遠藤の部屋で長く雑談
した三郎は、遠藤が便所へ行ったすきに
例のモルヒネの壜を盗み出す。

自室へ戻り、かねて用意の 004545
砂糖やアルコールと調合しながら、
発覚の可能性を考えて計画を中止しよう
ともするが、結局は「人殺しの魅力を
断念する気にはなれない」。


 
「屋根裏の散歩」を始めて10日ほどした
ある夜、遠藤の部屋の節穴を覗くと、
鼾をかく遠藤の口がいつか見たときと
寸分たがわぬ位置にある。

猿股の紐で確かめても間違いないので、
ポケットから毒壜を取り出して
モルヒネを十数滴、口の中に落とす。

遠藤はやがて目を見開き、    汗082576
まっ赤になって玉の汗をかく。

やがて顔色が白くなったかと思うと
青藍色に変色し、グッタリとなる(ドクロ)。


「人殺しなんて、こんなあっけない
ものか」となんだかガッカリもし、
また自らの行為の恐ろしさにも襲われる。


 
翌日、昼頃に下宿に戻ると、警察の臨検も
終わっており、遠藤の死は失恋による
自殺と断定されていた。


それから3日後、明智小五郎が訪ねて
きて事件のことを聞くので、得意の絶頂に
あった三郎は、からかってやりたいような
気になり「これは他殺じゃあるまいか」
と口にしてしまう。

それならと遠藤の部屋に同行し、一通り
見まわした明智は、そこにまだ置いて
ある目覚まし時計が、遠藤の死んだ朝も
鳴ったことを下宿人の証言で確認する。



 
半月ほど経た夜の10時ごろ、帰宅した
三郎は押し入れの襖を開いて仰天する。

薄暗い天井から、死んだ遠藤の首が
さかさまにぶら下がっていて、
いきなりニッコリ笑うのだ(((゜д゜;)))。

   097778

ワッと叫んで逃げようとすると、
「郷田君。郷田君。僕だよ。失敬々々」
と押し入れの天井から下りてきたのは
ニコニコした明智小五郎。

「さっそくだが、これは君のシャツの
ボタンだろうね」と、天井裏に
落としていた証拠物を突きつけられ、
三郎は観念する。


が、明智は「僕は警察へ訴えやしないよ」、
証拠が一つもないから、という。

シャツのボタンは、この前会ったときに
取れていると気づいたから、ボタン屋で
仕入れておいた「僕のトリック」さ、
「君は興奮している際だから、多分
うまく行くだろうと思ってね」



👉 乱歩自身も「困ったところ」

どうでしょう。

「あらすじ」でも多少はワクワクして
いただけたのではないでしょうか。

楽しめるポイントが色々とありますよね。

ただ、天井の節穴から毒薬を垂らす
という殺人手段をめぐっては、節穴と
被害者の口とが垂直線上につながるという
状況の説明は、完璧とはいえませんよね。

これは実は乱歩自身も「困ったところ」で、
各方面から批難と助言を受けた
と述懐しています。

また作中のモルヒネについては、致死量に
足りないとの指摘も受けたそうで……。


まあまあ、現代の水準から見て    029150
どうかと思える点はあるとしても、
この作品の歴史的意義と芸術的価値は
決して小さくないものと思われます。

ともかく乱歩はゾッとさせてくれますね。

この大エンターテイナー乱歩の世界をめぐっては、
かなりの記事を書きためていますので、
どうぞ覗いてみてくださいね。
芋虫(江戸川乱歩)のあらすじ:伏字だらけの問題作!内容は?
江戸川乱歩 芋虫で感想文◎◎映画『キャタピラー』も鑑賞して
江戸川乱歩 人間椅子のあらすじ(ネタバレあり)とその解釈
人間椅子(江戸川乱歩)で感想文◎椅子になったストーカー…
江戸川乱歩 陰獣のあらすじ:ネタバレ御免で結末まで
パノラマ島奇談[奇譚]乱歩最高作(?)あらすじをネタバレ御免で
黒蜥蜴(江戸川乱歩)のあらすじ:三島由紀夫戯曲の映画も鑑賞
影男(江戸川乱歩)のあらすじ:ネタバレ御免で結末まで
江戸川乱歩 怪人二十面相☆少年探偵団結成までのあらすじ
少年探偵団(乱歩)のあらすじ☆怪人二十面相は二度死ぬ?

どくろ skull-766899_640


乱歩の本を早く安く手に入れたい
場合は、Amazonが便利です。

こちらから探してみてください。

◎江戸川乱歩の本:ラインナップ◎


👉 感想文は?

というようなわけで、この作品で
感想文を書こうというのは、
学校からはあまり期待されていない
ものと推察されます。

でもどんな本でもよいと言われて
いるのであれば、もちろん
選んでかまわないわけです。

いろいろと情報提供しましたので、
もう書けないことはありませんよね。 


え? 書けそうなテーマは浮かんできたけど、
でも具体的に、どう進めて
いいかわからない( ̄ヘ ̄)?

それならまず、当シリーズの
感想文の書き方《虎の巻》の
適用例をご覧ください。  

乱歩以外にも多くの作家・作品をとりあげて、
「あらすじ」や「感想文の書き方」の
記事を量産しています。

こちらのリストをどうぞご覧ください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧

ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ