節分の鬼は怖い?それとも可哀想?👹豆まきは続けるべき??

 


節分となれば「オニワーソト!」

これは外せない日本の伝統行事。

なので、日本中のたいがいの幼稚園・
保育園でも恒例行事になっています。

でもこれが園児と親御さんに思わぬ
ストレスを与えている場合も近ごろは
よく耳にします……。

Sponsored Links
 


Ψ 豆まきをしない幼稚園・保育園

前の年の「鬼」があまりに怖かったので
節分が近づくと「幼稚園をやめたい」
「休みたい」と毎日のようにぐずってる
だとか、実際、その恐怖がトラウマに
なってチック症状が出たとか、行事前日に
「鬼」が怖いからイヤと先生にいったら、
じゃあ、明日は来なくていいと
言われただとか……。

それで、豆まきの行事をあえてやらなく
なった幼稚園・保育園もあるのですが、
そのやらない理由は、どうやら子どもが
怖がるというのとは別のところにも
あるようです。
(「怖い」からいけないのなら
「怖くない鬼」に変えればいい
わけですからね)

鬼 豆567bcc4aea02bd393ba05201ef00d1e0_s

幼稚園などで節分の豆まきをしないことに
驚いたという報告は、関西以外から関西へ
移り住まれたご両親に多いようです。

調べたわけではありませんが、このことは
差別や人権について意識の高い地域が
関西に多い、ということと無関係では
ないように思われます。


 

Ψ 豆まきをしない幼稚園・保育園

古来、日本人が「鬼」としてイメージして
きた存在は、要するに大和朝廷に従わず
「山で集団生活する」ようになった
「棄民」とその末裔だというのが、
前々回の記事で紹介した馬場あき子さんの
名著『鬼の研究』の教えるところでした。
 


「鬼」も人間だというこの意識が入り
込めば、「鬼追い」「鬼やらい」の
豆まきも、ただちに「差別」となり
「いじめ」と化します。

117947

鬼の権問題が発生するわけですね。

この観点からすると「桃太郎」なんて完全な
「鬼いじめ」で、実際、芥川龍之介の小説
「桃太郎」(1924)はそういうテーマで
書かれてますね。

余談ですが、この作品、こんな
ひねくれた絵本にもなってます。
  


「桃太郎と鬼」の問題をめぐっては、
こちらもご参照いただけるとありがたいです。
桃太郎は「悪くない鬼を退治した」から悪い?動画で子供に説く

Happy-s

というような次第で、浜田広介のあの
切ない童話「泣いた赤おに」も、関西では
(鬼の)権問題の教材として使われる
場合がままあるようです。

泣いた赤おに (日本の童話名作選)/偕成社

¥2,160
Amazon.co.jp

さあ、これを読みなおして(鬼の)
権問題
を考え直しましょうか。


いやまあ、そうむずかしいことを言わなくっ
ても、貰い泣きしていただくだけでもいいん
ですが、そんな時間はないという方は、
紙芝居の上演を映像でご覧ください。
 


上演者がどういう方かわからないのですが、
たいへんお上手で、泣かされまよすね。

ひょっとして、声優さんではないでしょうか。

Sponsored Links



 

Ψ 声を上げましょう

さて、節分の豆まきをこれからどうして
いった方がいいのか、なかなか微妙な
問題ですよね。

差別を助長するものとして廃止ないし
変形していくべきか、文化遺産としての
伝統行事をそのまま伝えていくべきか……。

まあ、どちらにも一理あって
なかなか態度を決めにくい問題ですが、
ぜひどちらかに決めてそしいと思う人は
積極的に声を上げていけば
いいんじゃないでしょうか。

f14e34fef747966933c4a23886c29440_s

学校や幼稚園など組織の方針を変えさせる
ことはなかなかむずかしいでしょうが、
自分の意見を言うことは許される
はずですから。

それを伝えれば、かりに主張が
通らなくても、言っただけ気持ちが
スッキリする場合もありますし。


私は「こう思う」と冷静に述べましょう。

そして場合によっては、「こう思う」が
ゆえにその行事には参加しない
(させない)と。



Ψ 狸さん、可哀想ね

それにつけても、私は思い出します。

前の記事で太宰治の『お伽草紙』(1945)
 


から「瘤取り」を紹介しましたが、
同じ本にある「カチカチ山」の冒頭には、
こんなエピソードがありました。

東京大空襲の防空壕の中で太宰が五歳の
娘さんに絵本を読んでやるのですが、
「カチカチ山」が終わると、娘さんが
「狸さん、可哀想ね」と「意外な事を
口走」り、それが太宰版「カチカチ山」の
インスピレーションになったというのです。

IMG_20141211_0007

そう感じるように大人が働きかけたわけ
でもないのに、子どもが自発的に「狸さん、
可哀想ね」
とつぶやいたのだとしたら、
その優しさに感動していいんじゃ
ないでしょうか。

狸さんや鬼さんもつらいんだ、とわかる
その優しさを大事にして
あげましょうよ(=⌒▽⌒=)

「カチカチ山」をめぐっては
こちらをご参照ください。
かちかち山のあらすじ:兎は怖い?太宰治版”カチカチ山”はもっと怖い?

また節分の豆まきをめぐって、
さらに詳しくはこちらもご参照を。
豆まきの由来を子供にどう説明?👹なぜ鬼は外?”鬼は内”もあり?
節分の京都でおすすめは?狂言を鑑賞して懸想文を貰おう

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ