canとcan’tの発音の違いは?👂リスニングには《理屈》がある

 


やあやあサイ象です。

英語のリスニング力をつけるには
“か”“のどちらで
行くのがいいかというお尋ねに、
受験が目標であれば”“中心に
したほうがいいだろうと
お答えしてきました。

そして”“のコツとして理解しておくといい
ある「理屈」をサイ象流・リスニング
《虎の巻》として伝授しました。

Sponsored Links


前回の記事とはこれです。
英語リスニングのコツは”精聴”!『ローマの休日』の一場面から



👂 受験が目標なら”精聴”主義で

うーん、まあやってるよ。

あんたのいう「理屈」って、
要するにあれだろ?

単語はすべて「内容語」か「機能語」かの
どちらかで、英語独特の「強弱の
リズム」も、「内容語」は強く
機能語」は弱く発音される
という原則に従って出てきてる。

だから、この法則さえ掴んどけば、
あとはもうノリノリで聴き取れるっ
ていう調子のいい話だよね。


そのと~~り!(財津一郎ふうに……
なんていってもわかんないか)
よく覚えてくれましたね。

 

👂 今の”can”?それとも”can’t”?

うん、まあね。

たしかにそれで少しはわかるように
なってきたんだけど、でもまだ
なかなか……。

たとえば、きのうもアメリカ人の
話すの聴いてて”can”って言ったのか、
“can’t”って言ったのかわかんなかった。


ああ、それはよくある。
アメリカ人同士でも「いま”can”つったの?
それとも”can’t”?」なんて
聞き返したりするくらいだ。



えー? それ困るじゃん。
180°意味が逆になっちゃうような場合に、
なんでこう曖昧な発音しちゃうんだろう。


困るよね、実際。


おいおい、ひとごとみたいに言わないでよ。
それにこれ、あんたのいう「理屈」で
解けない問題じゃないか?
きょうはそれを言おうと思って来た。


ハハハ、なかなか突っ込むね。
まあそれはあとで解いてみせるから、
とりあえずこの動画でアメリカ人のいう
ところを聴いてみよう。




 

👂 ネイティブが意識しない「理屈」

どう? わかったかな?

うーん、だいぶ違いが見えてきたけど、
「理屈」としては、今ひとつクリアに
ならないな。

あんまり耳のよくない人間は、
けっきょく前後の文脈や相手の様子で
判断するしかないってことになるのかな?


まあそう絶望することもない。
ネイティブ・スピーカーにとってその
言語の「理屈」はもう幼児期から身に
ついているものなんで、それを取り出して
説明することはとてもむずかしいんだ。


そうだよね。
ぼくも日本語の仕組みはよくわからない。

だからここはノンネイティブ・スピーカーの
私が代わりに説明を試みましょう。


いよ、待ってました!

Breaking-Bad-s

動画のアメリカ人の説明では、たとえば
“I can speak English”という英語で特に
“can”を強く言う理由のない場合は”c(a)n“、
つまり母音を落として、ほとんど
子音だけで発音してる……
というようなことを言っていたね。

まずこれを押さえよう。
サイ象流《虎の巻》でいえば、これは
“can”は助動詞すなわち「機能語」だから弱く発音される、
という「理屈」に則っている。


うん、それはわかるよ。
でも”can’t”の方はどうなのさ。
こちらは母音が落ちるようなことはない。
これって、特に強調する場合じゃなくても
つねにある程度強く発音される、
ってことだよね。

助動詞なのに、なんでやねん?!

         

ハッハハ、そこだよ。
そもそも”can’t”ってなんの短縮?

“can”と”not”に決まってるじゃん。


“not”の品詞は?


えーと、副詞?

あッ、そうか。副詞は「内容語」だから強く
発音される、それを含む”can’t”も
またしかり、ってこと?


そのと~~り!(ふたたび財津一郎ふうに)
ほら、私のいう「理屈」にちゃんと
かなってるでしょ?

ネイティブにとっては意識しない深い
レベルの「理屈」なんだね。

だから、彼らには考える必要のないこと
だけど、ノンネイティブはこれを意識
することで強くなれる、そういう「理屈」。

Sponsored Links



 

👂 「間」を聴き取れ

ふーん、そうか。

一応わかったけど、でも今の説明は通常の
“can”、つまり特に強く言われなくて、
c(a)n“になっちゃう場合を言ってるよね。

これなら誰も”can’t”と聞き間違えたり
しないんだよ。
問題は強調される場合の
“can”の方なんじゃない?

048339

そうだよね。

「しゃべれる」ってことをはっきり
させたい場合の”I can speak English”とかね。

これは実際、”I can’t speak English”と
おんなじに聞こえちゃう場合が
多いんだよね。


でしょー?
ぼくの聞きたいのはそこだよ。
動画のアメリカ人もいろいろ言ってたけど
やっぱ微妙で聞き分けにくいんだよね。


あい、わかった。
ここでもう一つの鍵、「間」の登場だ。
つまり”can’t”の”t”がほとんど聞こえない
といっても、話してる本人は
言ってるつもりなんだ。

つまり口はそういう動きをしてる。

ってことは、それだけ時間をとってるんで、
次の単語が出るまでに、わずかでも
「間」があるんだよ。



ははー(と口を開ける)


そう、今あいた君の口のように。
対する”can”の方はそういう「間」はない。
だから、そこで区別できる。

発音の微妙な違いよりか、この「間」
聞き取ろうとした方が早いんだ。
すくなくとも日本人には。

 

👂 「内容語/機能語」とは?

おわかりいただけましたかな?

よくわからんという方のために、
この前回まで開陳してきた《虎の巻》の
骨子だけ再説しておきましょう。

(もういい、わかった、という方は
スルーしてください)


ネイティブの話す英語では、発音される
語句の「強」差がスゴイのですが、
そのの交替は、
ある法則に則っています。

これがすなわち、
内容語は強く、
機能語弱く発音される
という原則(あくまで原則だから、
場合によって例外は発生する)。

その「内容語/機能語」の
区別は下記のとおり。
内容語
=それ自体に意味・内容をもつ言葉。

品詞でいえば名詞、動詞、形容詞、副詞の4つ。

機能語
=それ自体に意味・内容はなく上記の
「内容語」を互いに関係づける
言葉。

品詞でいえば冠詞、前置詞、接続詞など。
€【注意点】代名詞関係代名詞を含む)、
関係副詞、助動詞もこちら。

以上を銘記し、一人で音読するときも、
この法則にしたがってのリズム
つけるようにすれば、これだけで、
リスニング能力はもちろん、あなたの
英語力は総合的に向上するはずなのです。



どうです、頭に入りましたか?

ぜひ、騙されたと思って
(いや、思わなくていいですが)
実践してみてください。(^-^)ノ~~

Sponsored Links

合わせて読みたい関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ