canとcan’tの発音の違いは?リスニングには《理屈》がある


サクラさん
ネイティブの発音で
can“と言ったのか
can’t“と言ったのか
分からないことが
よくあるんです(😿)

ハンサム 教授
それは困りますよね。

サクラさん
意味は正反対だから、
とんでもない誤解をして
しまう場合も…。

  

もっとちゃんと発音して
くださいよ…(😼)

ハンサム 教授
そう言われても;^^💦

ネイティブの間で誤解が
起こることはまずあり
ませんからねえ…

サクラさん
どうして分かるのかしら?

ハンサム 教授
ふむ。今日はそこを
解析してみましょうか。


スポンサーリンク


―というわけで本日は、けっこう多くの人が
つまづいている”can“と”can’t“の聞き分け
ということに特化して、徹底的に…

といってもシゴキではありません。

理屈で納得のいくように説明していきますよ~。



👂 今の”can”?それとも”can’t”?

―「いま”can”つったの?それとも”can’t”?」

なんて聞き返したりすることは、実は
アメリカ人同士の間でも全然ないわけでは
ありません。


―それ困るじゃないですか。

180°意味が逆になっちゃうような場合に、
なんでこう曖昧な発音しちゃうんですか?


―困りますよよね、実際。
まあ、とりあえずこの動画でアメリカ人の
いうところを聴いてみてください。





👂 ネイティブが意識しない《理屈》

―どう? わかったかな?


―うーん、だいぶ違いが見えてきましたけど、
《理屈》としては、今ひとつクリアに
なりませんね。

あんまり耳のよくない人間は、けっきょく
前後の文脈や相手の様子で判断する
しかないってことになんでしょうか?


―まあそう絶望することもありませんよ。

ネイティブ・スピーカーにとってその
言語の《理屈》はもう幼児期から身に
ついているものなんで、それを取り出して
説明することはとてもむずかしいんです。

これに対して、ぜんぜん文法構造の違う
日本語で育った日本人は、英語のこの
《理屈》を文字通りリクツとして理解して
きていますから、説明もむしろ上手かも
しれない。

そこで、以前に説明した「内容語
機能語の区別」の話を思いだして
ほしいんですけど、覚えていますか。


―ええ。こういうレッスンでした。
    👇
内容語

それ自体に意味・内容をもつ言葉。

品詞でいえば名詞、動詞、
形容詞、副詞
の4つ。

機能語

それ自体に意味・内容はなく上記の
「内容語」を互いに関係づける


品詞でいえば冠詞、前置詞、接続詞など。

それから代名詞(関係代名詞を含む)、
関係副詞、助動詞、冠詞、前置詞、
接続詞
もこちら。

詳しい説明はこちらで
ご覧になれます。

英語リスニングが上達しない!? 意外な《理屈》で壁を突破だ!

英語リスニングのコツは”精聴”!『ローマの休日』の一場面から

          


―さて動画のアメリカ人は、たとえば
“I can speak English”という英語で特に
“can”を強く言う理由のない場合は”c(a)n“、
つまり母音を落として、ほとんど子音だけで
発音してる……というように言っていますね。

まずこれを押さえましょう。

文法的には”can”は助動詞すなわち
機能語だから弱く発音される、
という《理屈》に則っています。


―はい、それはわかります。
でも”can’t”の方は?

こちらは母音が落ちるようなことはない。
ので、特に強調する場合じゃなくても
つねにある程度強く発音されるって
ことですよね。

助動詞なのに、なんでやねん?!

          

―ハッハハ、そこですよ;^^💦
そもそも”can’t”ってなんの短縮?


―”can”+”not”に決まってます。


―”not”の品詞は?


―えーと、副詞?

あッ、そうか。副詞は内容語だから強く
発音される、それを含む”can’t”も
またしかり、ってこと?


―そのと~~り!(タケモトピアノの
財津一郎風に)

ほら、私のいう《理屈》にちゃんと
かなってるでしょ?

ネイティブにとっては意識に上らない
深いレベルの《理屈》なんだね。

だから、彼らには考える必要のないこと
だけど、ノンネイティブはこれを意識する
ことで強くなれる、そういう《理屈》。

スポンサーリンク



👂 「間」を聴き取れ

―ふーむ。一応わかりましたけど、でも
今の説明は通常の”can”、つまり特に
強く言われなくて”c(a)n“になっちゃう
場合を言ってますよね。

これなら誰も”can’t”と聞き間違えたり
しないんです。

問題は強調される場合の”can”の方では?

    

―そうですね。

「しゃべれる」ってことをはっきり
させたい場合の”I can speak English”とかね。

これは実際、”I can’t speak English”と
おんなじように聞こえちゃう場合が多い。


―でしょ~? 動画のアメリカ人もいろいろ
言ってましたけど、やっぱり微妙で
聞き分けにくいんですよね。


―OK。ここでもう一つの鍵、「間」の登場です。

つまり”can’t”の”t”がほとんど聞こえない
といっても、それは聞く側の話であって、
話してる本人は言ってるつもりなんです。

つまり口はそういう動きをしてる。

ってことは、それだけ時間をとってるんで、
次の単語が出るまでに、わずかでも
「間」があるんですよ。

     

―はは~(🙀)


―そう、今あいた君の口のように。

対する”can”の方はそういう「間」はない。
だから、そこで区別できるんです。

発音の微妙な違いよりか、この「間」
聞き取ろうとした方が早道だと思いますよ、
すくなくとも日本人にとっては。



👂 まとめ

おわかりいただけましたか?

まだよくわからないという人は「内容語
機能語の区別」を説明した上記の表を
よく見直し、強弱の法則と「間」について
考え方を頭に入れるようにしてください。

ただ《理屈》だけわかっても、実践の
ばを踏まないと、やはり使い物には
なりません。

各種の録音を利用してネイティブの発音を
体感していく必要もありますね。

  Breaking-Bad-s

それも自分に興味のない話を
聞かされるよりは、関心の
あるものに聴き入るように
した方が効果もあがります。

こちらの記事では興味深い
動画でネイティブの英語が
お聴きいただけます。

ぜひご覧ください。👇

オードリーヘップバーン映画!👂動画で英語リスニングの特訓だ!

スティーブ・ジョブズの英語を聴いて、生き方も学ぼう

        

どうです、頭に入りましたか?

ぜひ、騙されたと思って
(いや、思わなくていいですが)
実践してみてください。(^-^)ノ~~


スポンサーリンク
(Visited 12 times, 1 visits today)

合わせて読みたい関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ