痛風を毎日ビール3リットル飲んで治す!薬学者の実践秘伝

 


やあやあサイ象です。

ひょっとして痛風持ち?

あるいはその予備軍?

ともかく「尿酸値」が高ければ、いつ
発祥してもおかしくないのが痛風。

Sponsored Links


そしてビール、もちろん
お好きですよね。

で、このビールって奴が大量に含む
ところの「プリン体」が体内に入ると
どんどん「尿酸」を創り出して、
みるみる「尿酸値」を上げててしまう。

だから痛風が怖ければビールは飲むな
(または控えよ)……というのが、
まあ一般常識であるわけです。


でもこの”常識”、ほんとは怪しいので、
鵜呑みにする必要は全然ありません。

なぜそういえるのか、その根拠を
これから述べますので、よろしく
お付き合いください。


Ψ 「ビール悪玉説」は根拠薄弱

その根拠というのは、実は以前の記事に
すでに書いているのですが、今回は
そこでも紹介した学者先生たちに
再度登場願って「ビールを愛飲しても
痛風にならない」ことの根拠と方法を
さらに詳しく紹介していきます。

その記事はこちら。是非ご参照を。

「ビールで痛風 」は迷信?尿酸値は プリン体だけで決まらない


前回のこの記事で特にオドロキだった
と思われるのは元昭和薬科大学教授・
病態科学研究所長の田代眞一さんが
自ら実践して成功された痛風治療法が、
なんと「ビールを毎晩3~4リットル
飲む」ことだった(ノ゚ο゚)ノ
という衝撃の報告でした。
 


これには目を見張りますよね。

実際、極楽のような話ではありませんか。

「痛風」に悪いと医者が言うので我慢して
いるだけで、ほんとうは大好きなビールを
毎晩、浴びるほど飲んで、それでも、
というかそれによって「痛風」を抑えこむ
ことができるとは!


でもこの説、ビールみたいにグイグイ
呑み込んじゃっていいんでしょうか。

田代流治療法をあわてて「鵜呑み」に
したために痛風を発症させてしまった例は、
実は上記の著書でも紹介されているんです。

6a662827887bd3df7c88caefdadf1bdf_s

やはり「鵜呑み」はいけません。
ビールのガブ飲みはよくても……。


では、田代流・痛風治療法を実践する場合、
どういうところに注意すればよいのか、
今回はそれを調べましょう。


 

Ψ 「プリン体番付」も鵜呑みにしない

まず、痛風はなぜ起こるかというところから、
おさらいしておきましょう。

《ビール⇒プリン体⇒尿酸⇒痛風》という
等式的理解ももちろんデタラメ
ではありません。

体内の尿酸が過剰(すなわち「高尿酸血
症」)にならなければ痛風の発作が
起こることはなく、プリン体の摂取が
体内の尿酸を増やすことも事実です。

068677

だから要するにプリン体含有量の多い
飲食物を控えればいい、ということに
なって、「ビール悪玉説」が
出てくるわけです。

下記の番付に明らかなとおり、
ビールは堂々の横綱を張っていますからね。


プリン体含有量による食品番付
〔数値は食品100g、飲料100mlあたり〕

(魚肉・野菜類)

【横綱】
(300mg以上)
鶏レバー、マイワシ干物、イサキ白子、
あんこう肝酒蒸し

【大関】(200-300mg)
豚レバー、牛レバー、カツオ、
マイワシ、大正エビ、
マアジ干物、サンマ干物

(関脇~前頭は省略して「含有量の
少ない」方へ飛びます)


Sushi-s

【十両】(50-100mg)
ウナギ、ワカサギ、豚肉(ロース、
バラ)、牛肉(肩ロース、タン)、
マトン、ハム、ベーコン、つみれ

【幕下】(50mg以下)
スジコ、カズノコ、コンビーフ、
魚肉ソーセージ、かまぼこ、
さつま揚げ、豆腐、乳製品、
鶏卵、海藻類

西(飲料)

【横綱】(7mg以上)
紹興酒、(大半の)ビール

【大関】(1-7mg)日本酒(清酒)、(大半の)発泡酒

(関脇~前頭は省略)

焼酎

【十両】(0.1-1mg)ブランデー、
ワイン、ウイスキー

【幕下】(0.03mg以下)焼酎
ジュース類
〔鳥居薬品パンフレット「生活習慣病
としての高尿酸血症」に拠る〕


でも、これらの数値をあまり杓子定規に
受け取るべきではないんです。

たとえばビール100mlあたりのプリン体
含有量が約5mgだから、1リットル飲めば
50mg、豚ロース100g食べたぐらいの
プリン体が入って、すべて尿酸として
体内に残る……という単純な話ではない、
というのです。

ここで、そもそも「尿酸」とは
どのような物質なのかを押さえて
おく必要が出てきます。



Ψ 尿中に捨てられるから「尿酸」

「プリン体」(purine base。いわゆる
「プリン」〔pudding〕とは無関係)の
新陳代謝の作用による老廃物が「尿酸」
だということは前の記事で説明しました。

これがなぜ「尿酸」と名付けられたかと
いえば、老廃物として尿中に大量に
捨てられていくものだからで、したがって
これは「水に溶ける」物質だ
ということになります。

110162

そして、田代さんの上記の著書によれば、
人間の体内には通常、つねに約1200mgの
尿酸が体液に溶けた状態で存在しており、
これが「尿酸プール」と呼ばれます。

毎日その半量にあたる600-700mgの尿酸が
つくられ、かつほぼ同量の尿酸が主に尿と
いっしょに排泄されることで、
「尿酸プール」がほぼ一定に
保たれているわけです。


「高尿酸血症」はこの「尿酸プール」の
バランスが崩れた状態とも言えます。

そこで、崩れる原因によって
  • 産生過剰型

  • 排出低下型

  • 混合型


の3タイプに分けられるのですが、
日本人に多いのは「排出低下型」だ
というのです。

Sponsored Links



ですから、「排出低下」の原因として
  • なんらかの病気による腎機能の低下

  • アルコールや肥満などによる排泄機能の低下

が考えられる場合は、それらをなんとか
しなければいけないわけですが、その
いずれもないとしたら、たんに
「尿酸排出能力が低い」(これがまた
日本人に多い)とうことなので、要するに、
なんとかしてどんどん排尿すればいい。

ということになるようです。

>



Ψ 敵を知り己を知らば……

どうでしょう、もう見えてきましたね。

ビールをあえて多飲する田代流・
痛風治療法の立脚地が。

ビールには利尿作用もあり、また水や
ほかの飲料ではなかなかこなせない
1日3~4リットルという量も、
人によってはヘッチャラ……
だからどんどん飲めばいい。


ただ、ビールのアテに白子やあん肝を
パクつき、仕上げに豚骨ラーメンの
スープを飲み干す……というような食生活を
続けてたんじゃ意味ないけど……
ということですね。

フ繧噬潟塔g

ちょっと待った!

でもさっき「アルコールや肥満などによる
排泄機能の低下」っていうのが
問題にされてたよね。

それにアルコールには、それ自体で尿酸を
増やす働きがあるんじゃなかった?

ビールに含まれるアルコールは
どうなるんだよ?


はい、そうでしたね。

でも大丈夫。

もうひとりの”呑兵衛”痛風先生、
元鹿児島大学病院長の納光弘(おさめ・
みつひろ)さんは、果敢な自己「人体実験」
の結果、少量のアルコール(日本酒に
換算して1日3合(540ml)まで)はむしろ
尿酸値を下げる効果があることを
突き止めていますし、ビール程度のアルコール含有量なら
排泄機能に差し障ることもないようで……。
  


というわけで、二人の”呑兵衛”痛風先生は
それぞれ独立に、別々の理論と手法により、
身をもって「ビール悪玉説」を排撃され、
その後、健康な愛飲生活を
続けておられるわけです。


だから、あなたも大丈夫!

と言ってしまいたいところですが、
やはり言い切ることまではできませんね、
残念ながら……。



あなたの体格・体質・食習慣・職業・
性格など、細かいところまでは
わからないからです。

なので、実践に移される場合は自分の
体についてのデータをしかっり把握した
上で、2先生のご著書をすみずみまで
精読される必要があろうかと思います。


敵を知り己を知れば、百戦危うからず」、
やはり、これですね。

前回と同じオチになりましたが……(^-^)ノ

Sponsored Links

One Response to “痛風を毎日ビール3リットル飲んで治す!薬学者の実践秘伝”

  1. […] ・「「ビールで痛風 」は迷信?尿酸値は プリン体だけで決まらない」 ・「【ビール毎日3リットル】飲んで痛風を治す!薬学者の実践秘伝と」 で、痛風予防の観点からいっても、 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ