風邪の原因は冷え?よりむしろ… 絶対予防の3ポイントを知ろう


だんだん冷えてくると、風邪を
ひく人も増えてきますよね。

風邪をひくことを英語で”catch a cold”
というぐらいなので、「寒いから風邪を
ひく」「風邪の原因は冷えだ」といささか
短絡しておられる方が昔から、そして今も
結構いらっしゃるようです。

スポンサーリンク



「寒いから風邪をひく」のではない

だから風邪をひくまいとしてやたらと
厚着し、戸外を歩くなど冷えることは
極力避けようとする……

でもよく見ていると、そういう人に
かぎって毎年ひどい風邪をひいていて、
逆に雪が降っても半袖で歩くというような
人はぜんぜん風邪なんか引かないわけです。

  隠れ猫Kitten-s

このこと一つ取ってもわかるとおり、
「冷えのせいで風邪をひく」という考えは
科学的に正確とはいえません。

むしろ迷信とさえ言っていいくらいなんです。



では、風邪の原因は何だというのが、
科学的により正しいのでしょうか。

風邪(インフルエンザを含めて)は、
各種のウィルス(一万種以上ある)が
体内に侵入・増殖して炎症を起こす
ことによって発症する病気です。

ということは、どれほど寒くても
ウィルスの存在しない地に生息していれば
風邪は引きようがないのですから、
寒さが原因とはいえないのです。



ただ、冬の寒さが(すくなくとも日本の
気候では)ウィルスの活動に有利に働く
ため、寒さが「風邪」の発症を助長して
いるという面はたしかにあります。

なので「寒さは関係ない」とも言いにくく
なるわけですが、その「関係」は決して
全面的ではなく、いくつかの点に
局限されるものなのです。

だから、なんとなく漠然と「冷えるから
風邪をひくんだー」と思い込んで生活する
のは不合理で、結局いろんな面で自分が
損をすることになるんです。


そこで、ここは一つ、「風邪の発症」と
「寒さ」とが関係する局面を科学的に
明確化しておくのが有益でしょう。

専門家の所説を私なりに総合しますと、
「人間が風邪をひく」という自然現象の
直接的な原因は、下記の3つに絞られます。


  1. ウィルスの活動・繁殖は空気の
    低温化・乾燥により活発化する。

  2. 気候の影響で体温が低下すると、
    身体が交感神経優位の状態になり、
    免疫力(ウィルスなど体内に侵入した
    異物に抵抗する力)が低下する。

  3.         のど痛い ダウンロード

  4. 喉の粘膜上には「繊毛運動」で
    ウィルスなどの異物を粘膜で
    包んで、体外へ排出する機能が
    あるが、低温化・乾燥により
    この機能が低下する。

上記(3)の観点から「喉の粘膜」を
徹底的に保護することで絶対的に
風邪を予防するのが、臼田篤伸
先生発案にかかる「ぬれマスク法」
の考え方ですね。

詳細はコチラ。

絶対に風邪をひかない方法!感染しても発症させない裏ワザとは

033417

とりあえずこの3つが主な原因だとすると、
これら3つの局面さえ注意して対策を
怠らないかぎり、寒さはなんら恐れるに
足りない、「冷えるから風邪をひく」とは
まったく言えないということになります。

スポンサーリンク



「免疫力」「抵抗力」を高める方策

ところで、「冷えるから風邪をひく」という
考えは、上記(2)「免疫力」に関係する
いろんな経験から来るものと思われる
わけですが、ここで忘れてはならないのが
この「免疫力」を含めた「風邪への
抵抗力」の強弱は、その人の日頃の
生活習慣によってずいぶん違ってくる
ということです。

       

風邪の予防として「うがい・手洗い」のほか
十分で適切な「栄養」「睡眠」「運動」が
以前からよく言われ、最近では「笑うこと」
「ストレスをためないこと」も挙げられ
ますが、これらはみな「免疫力」「抵抗力」
を高めるための方策なのですね。

 

👉 寒い朝こそ、外に出て……

これらのうち、たいがいの人にとって最も
効果てきめん、すくなくともやるか
やらないかで断然違ってくるのが、
ズバリ「運動」ですね。

「運動」するだけで
「免疫力」が高まるのです。

    Creative-Photo-s


なぜ高まるのかといえば、体内に侵入して
きたウイルスを攻撃するのが白血球
(免疫担当細胞)ですが、身体の運動が
この白血球の活動を活発化させるから。


さて、ここで問題ですが、「運動」の目的が
「免疫力」を高めることだとすると、
「冷え」による「免疫力」低下は当然避ける
べきであるから、寒い場所での運動は
回避すべきなのでしょうか。

  Missing-You-s

いえいえ、そんなことありません。

「運動」によって体が温まることは
みんな経験していますよね。

まずいのは、かいた汗を放置すること
などによる「冷え」で、そうした点さえ
ケアすれば、「免疫力」は上がる一方で
下がることはありません。

さらに推論すれば、あえて寒い外気を
呼吸しながら運動することは「免疫力」を
高めるばかりでなく、上記法則の(3)
いわれている喉の粘膜を鍛えることで、
繊毛運動の機能維持にも有利に
働くはずなんです。

    29771a670a011674d4d94e15f5cf8269_s

ですから、「寒い朝こそ、外に出て冷水
摩擦や乾布摩擦をやれ」
という明治・大正
からの老人の説法は、決して不合理な
精神論の類ではなく、科学的根拠の
あることだったんです。

さあ、みなさんも、風邪をひくのが嫌
だったら、日頃からやりましょう。

え? 「冷水摩擦や乾布摩擦」は
周囲との「摩擦」を起こす?

なるほど。

それなら、いちばんいいのは
ジョギングですよ。

走ればイヤでも呼吸が激しくなり、
そのぶん喉および呼吸器全体が鍛えられ、
寒さと「風邪」への抵抗力は総合的に
高まります。

 Fences-Shoes-s

え? 走るのもイヤ?

それなら、歩きましょう。

息が上がるくらいのスピードで
鼻を赤くしながら。

やる気になった人はすぐ始めましょう。

まだそれほど寒くないうちに
始めた方が習慣化しやすいですよ。

予防もむなしく風邪を引いてしまったら?

その場合、卵酒なんか飲むのは治りを
遅らせる可能性が高いです。

飲むべきは「般若湯」(お坊さんたちの
隠語で、要するに酒のこと)ではなく、
生姜湯なんです。

こちらの記事を参照してください。

生姜湯の効果で風邪を治す!体温上昇+喉のウィルスを殺菌!

卵酒で風邪は治る?アルコールによる3つのマイナスも考えて


でも、お酒なんかに頼らずに、
カラダ作りから始めるのが一番です。

私も今朝、ひとっ走りやってきました。
気持ちよかったですよォ~~(^-^)ノ

スポンサーリンク
(Visited 85 times, 5 visits today)

合わせて読みたい関連記事


One Response to “風邪の原因は冷え?よりむしろ… 絶対予防の3ポイントを知ろう”

  1. […] 自分は引きたくない! と思う人のために、当ブログでは ・「風邪をひく原因はこの3つ!寒さから逃げれば逆に引きやすい」 ・「絶対に風邪をひかない方法!感染しても発症させない […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ