カレースパイスの効能 種類別一覧!🍛どれが何に効く?

 


やあやあサイ象です。

ヒーヒー( ̄□ ̄;)、カレーってやっぱ、
おいしいですよね~。

特にスパイスたっぷりのインド風
本格カレー!

しかもこれ、おいしいばかりでなく
健康上の効能もいろいろとあるんです。

Sponsored Links


インド人が数学やITに強いこと、
またインド人女性のほぼ例外のない
美しさ:*:・( ̄∀ ̄)・:*:……

これらも多分に彼らが毎日、口にしている
スパイシーなカレーの効能なのでは……
とその諸々の効果が近年ますます
注目を集めているんですね。

それもそのはずでしょう、なにしろ
カレーに配合されている多種多様の
スパイスのほとんどは、古来、中国で
漢方薬に調合されてきた種々の
薬草とほぼ同じもの。

効能がないはずはない……
って話なんですよね。


🍛 スパイス色々、効能もいろいろ

さて、この「スパイス=薬草」にも
各種あって、それぞれの効能には、
健胃・発汗など互いに重なる部分も
多々あるんですが、他と重ならない、
そのスパイスならではのユニークな
効果もあります。

dc583de068dcb35640a2d7ef705f8d41_s

たとえばフェンネル(茴香・ういきょう)
には母乳分泌・月経促進・利尿の効果が
あるとされますが、すべてのカレーに
フェンネルが多く含まれているわけでは
ないので、ごく普通のカレーを食べて
これらの効果が出るのを待っても
期待薄……でしょうね。

(そんな人いないか…;^^A)

逆に生姜(しょうが、ジンジャー)は、
体を温めて各種の症状を緩和する効能が
ありますから、風邪を引いた人が生姜を
多量に仕込んだカレーを作って食べる
のは大いに理にかなっているわけです。


となると、どんなときにどんなカレーを
食べるのが健康上、最も効果的かを知る
には、どのスパイスにどんな作用が
あるのかについて、ある程度の知識を
持っておく必要があるということに
なってきますね。

そこで以下では、   f2ad2efa344f44dc247feb8a6f50b7c7_s

カレーに含まれる代表的なスパイスに
ついて、その主な効能・薬効を順次
紹介して行こうと思うんです。



🍛 各種スパイスの効能

まず、これなしにカレーはできない
といえる基本的なスパイスとして
挙げられるのが、


  • ターメリック(うこん)
  • コリアンダー(パクチー)
  • クミン
  • 唐辛子(とうがらし、チリペッパー、
    チリ、カイエンペッパーとも)
  • 胡椒(こしょう、ペッパー)

でも、本格的なインドカレーになると
この5種のほかにも多種多様、30種以上
ものスパイスが配合・調合されています。

スパイス5518228-Le-total-des-diverses-pices-color-es-Assortiment-de-cuisine-des-ingr-dients-dans-des-r-cipients-en-c-Banque-d'images

以下では、上に挙げた5種の
基本スパイスに続いて


  • 生姜(しょうが、ジンジャー)
  • にんにく(ガーリック)
  • クローブ(丁子・ちょうじ)
  • カルダモン(小荳蒄・しょうずく)
  • フェンネル(茴香)

の各スパイスの効能について
概説していきますね。


ちなみにこれらのカレースパイスの、
どれでも、手っ取り早く手に
入れるには楽天市場が便利です。

種類や価格はこちらで
ご覧ください。
★楽天市場でのカレースパイス販売状況はこちら★



🍛 ターメリック(うこん)

ショウガ科の多年草で、たいがいの
カレーが黄みがかっているのは、この
ターメリックの色から来ています。
(実は「たくあん漬け」の黄色も)

二日酔い防止の「ウコンの力」はすっかり
有名になりましたが、その”力”となって
いる成分がすなわちクルクミン

このクルクミンの第一の効能が、胆汁の
分泌を促して肝機能障害を予防し、
肝機能を強化してくれること。

そのほか鎮痛、抗酸化作用、抗炎症作用
また皮膚炎の殺菌作用も認められ、
漢方では止血効果もあるとされています。

3d012737e70ab5d7ad859a4f95761c11_s

また近年わかってきた効能として、脳内の
神経細胞の損傷を修復する作用、また
「アミロイドβ」というタンパク質を
分解する効果があります。

この「アミロイドβ」は脳内で沈着して
いわゆる「老人斑」を発生させるもので、
これがアルツハイマー病患者の脳に多く
見られ、認知症の発生に関係すると
考えられているんですね。

つまりターメリック(うこん)は
アミロイドβを叩いてボケ防止にも一役
買ってくれる、というわけです。


🍛 コリアンダー(パクチー)

セリ科の一年・二年草で、白こしょうに
似た果実が熟すにつれて芳香を放ちます。

葉・茎にも特有の香りがあって     ad402edc169409269d2f72e1418371f8_s
タイ料理ではこれが「パクチー」と
呼ばれて、トムヤムクンの浮き実などで
大活躍しますが、インド料理でも
同じように使うんですね。

薬効としては、消化を助ける健胃作用、
食欲増進作用のほか、鎮痛、血液浄化、
発汗作用があり、かゆみ止めにも
応用されているとか。


👉 クミン

古代ギリシャ・ローマ時代から栽培
されていたセリ科の一年草の種子で、
キャラウェイに似た香りと辛み。

その辛み成分クミナールに消化促進や
解毒作用があって下痢や腹痛の治療、
胃腸内にガス溜まることの予防、
肝機能強化などの効能があります。

Sponsored Links




🍛 唐辛子(チリペッパー)

世界の料理に広く用いられている”最強”
のスパイスですが、意外にもビタミン類
(ビタミンC、カロテンなど)も豊富。

消化酵素ジアスターゼを活性化する作用
で唾液や胃液の分泌を促進することに
よる健胃・整腸・食欲増進のほか、
抗酸化作用、老化防止などの効能も
期待できます。

漢方では感冒、頭痛、歯痛、吐き気、
かっけ、蛇の毒の解毒にも効果が
あるとされてきています。

さらに辛み成分のカプサイシンに   f552e256f26e45775a4084f3222f0056_s
新陳代謝を活発にして体内の脂肪を
燃やす効果も大です。

カプサイシンのこの効能を
利用したダイエットも有効ですし、
反面、摂り過ぎは「毒」になります。

詳しくはこちらを参照してください。

唐辛子ダイエットって効果あるの?カプサイシンの性質を知って
辛い料理で腹痛・下痢?カプサイシンの毒性と効果を知ろう

またダイエット効果はほかの
スパイスにも期待できます。

カレーダイエットの効果は?どのスパイスがどう効くのかを見きわめて




🍛 胡椒(ペッパー)

コショウ科のつる性植物で、加工方法により
ブラックペッパー、ホワイトペッパーなどに
分けられます。

風味のより強いブラックペッパーが
カレーの主要なスパイスとなっており、
辛み成分ピペリン(アルカロイドの
一種)に健胃、腸内ガスの排出、食欲増進、
強精などの効果があり、漢方では発汗や
感染症にも用いられます。


🍛 生姜(ジンジャー)

最も古くから世界的に重宝されてきた
スパイス=薬草で、タンパク質分解酵素
(これが”生姜焼き”などに応用される)
のほか「自家ジアスターゼ」を含むため、
健胃・整腸作用は抜群です。

体を温める効果のほか、頭痛、鼻づまり、
嘔吐、腹痛、咳を緩和する効能が
漢方薬に応用されてきています。

ですから、風邪にはただの      5aa421ff44936cfbeaea9a5e7b48c0dc_s
”生姜湯”(ホットジンジャー)もよし。

これにレモンやハチミツ、あるいは
おろし大根などを加えればもう
バッチリの効果が期待できるのです。


🍛 にんにく(ガーリック)

これも世界的な、最古のスパイス=薬草、
また強壮剤ともなるユリ科の多年草。

難点は後に残る強い臭いですが、臭いの
元になる物質アリシンが体内の
ビタミンB1と結合してできる
「アリチアミン」の効果がまた強烈。

疲労回復のほか、かっけ、便通、精力
増強、コレステロール低下、血圧降下
にも効く、まさに万能薬なんですね。

マイナス点も含め、ニンニクについて
さらに詳しい情報はコチラへ。
ニンニクの臭いを消す方法!強烈成分アリシンを抑制するには?

           c7d5b0a732e457be5ae521f075fc753b_s



🍛 クローブ(ちょうじ)

ミックススパイス”ガラムマサラ”の
主体となるスパイスの一つ(ほかには
ナツメグ、シナモンなど)で、バニラに
似た芳香があります。

   「丁」字型だから丁子(ちょうじ)  b542a235253a1ee14d3824ca2e7984f3_s

含有成分オイゲノールの抗酸化作用が
老化防止に高い効果があるほか、
消化機能を促進する健胃・整腸効果、
体を温める効能もあり、歯痛鎮静にも
応用されています。


🍛 カルダモン(しょうずく)

インド・マレーシア半島が原産地で、
樟脳(ナフタリン)に似た特有の芳香が
あり、含有成分シネオールは防腐作用、
消臭効果のほか、脳の血流を増やす
ことによる強壮効果もあり、物忘れの
防止や解熱の効能もあるといわれます。

      右下がカルダモン  810b6672536ca6f7c2b503ba0500ecac_s

チャイ(マサラティー:インド風紅茶)や
中近東のコーヒーの香り付けや
デザートにも使われる芳香が命。


🍛 フェンネル(茴香)

英語で”fennel”なので「フェネル」とも
書かれる、草全体に独特の甘い香りを
もつセリ科の多年草。

上でふれた母乳分泌・月経促進・利尿の
ほか、腎臓・膀胱の疾患、蛇の毒に、また
視力強化にも効能があるといわれます。

        黒胡椒とフェンネル    胡椒・茴香pepper-and-fennel

種子から抽出される茴香油には健胃のほか
去痰、鎮痛、循環促進などの薬効があり、
健胃剤やリキュールに利用されています。

インドでは食後の口臭を消すために
口に含んで噛む習慣もあり、日本の
インド料理店にも出してくれる
ところがありますね。


🍛 最後に:セロトニン増殖効果

スパイスはまだまだありますが、
主なものは以上でだいたい紹介
できたものと思います。

はじめにも述べましたように、各スパイス
独自のユニークな効能というものもあり、
また多くのスパイスが共有している
総合的な効果もあるわけですね。

そこで最後に是非ふれておきたい、
大きな総合的効能が、”幸せホルモン”
と呼ばれるセロトニンを腸内に増殖
させるという、まことにありがたい効果。

すなわちスパイス含有量の多い…つまりは
香りと辛さのそこそこに強いカレーを
食べれば、もうそれだけで幸せな
気持ちになれるという次第。

この効能について詳しくは
こちらの記事をご覧ください。
カレースパイスにセロトニン増やす効能!辛さの幸福の秘密とは

          3a1efb0a508a2ecb0217d2f08898e6e6_s


さあ、いかがでした?

もうおわかりでしょう、健康に
いいことずくめのカレー!

これはもうせっせと食べない
理由はありませんね。


ただ、激辛の食べ過ぎはやはり危険を
伴いますし、一定のスパイスの特殊な
効果に関しては、どんなカレーでも
期待できるわけではない、という点に
注意してくださいね。

それでは失礼して、
いただきま~す(*~▽~)ノ

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ