卒業式は袴にブーツ?本格「はいからさん」を目指そう!

 


やあやあサイ象です。

卒業式もそんなに遠くはありませんね。

関係者の皆さんには、前もって
お祝いを申し上げます。

さて、晴れのその式やその後の謝恩会などで
何を着るかということも、楽しみ……
または頭の痛いところですよね。

Sponsored Links



もちろん制服のある学校ならそれでいいわけ
ですし、なければ黒のスーツなどが最も
適切ともいえるわけですが、なかなか……

特に女性はいろいろとお考えに
なるようで……

041003


👉 オヤジの目から見ると……

実はこれまで、縁あって大学の卒業式に
顔を出すことがよくあったので、だいぶ
見てきたのですが、とても素敵に
装われてる方と、そうは申し上げ
にくい方とが(T_T)
(まあ当然といえば、当然ですが)
いらっしゃいますね。

でもまあ、”素敵”に見えたかどうかは
すでにくたびれたオヤジの主観的判断に
すぎませんので、完全に時代遅れな感覚で
話にならないかもしれませんけど、一応の
参考にしてもらえれば、と思います。

梅と女aba7b9f9f04abdaa370dbc5c94ab03b5_s

女性で多いのはやはり和装で、
大半の方は袴を付けられますね。

もちろんほとんどはレンタルと思われ、
大学生協なんかでも扱ってますので、
わざわざ買うことはありません。
(もちろん買ってもよいのですが)

で、どうも”素敵”に見えないケースの
第一は、着物と袴とがマッチしてない
という場合ですね。

非常に華美な花柄の振り袖に
濃紺の袴とか……。

その着物なら袴はない方がいいのにな、
と思えてしまいます。


👉 「はいからさん」って誰?

で、こうした問題をめぐる女子大生たちの
会話やネット上の相談コーナーなどに
出てくるのが「はいからさんみたいに
したいんだけど……」といった言い方。

そりゃあ、あんだけ着飾れば誰だって
「はいから」だよ、妙なことを言う
女子だな……などと最初は間抜けたことを
思っていたのですが、これが大きな間違い。

この「はいからさん」は、大和和紀さんの
マンガ作品「はいからさんが通る」
(1975-77)およびその映画化・テレビ
ドラマ化のヒロインを指しているのです。
(わかりましたか? オジンたち)


この表紙に描かれている人がそれで、
大正期の女学生ということになって
いますが、着物の色・柄、袴の色ともに
派手すぎて、当時の女学生としては
ありえないんじゃないかなんて、
うるさいオヤジは思っちゃいますね。

また現代ファッションと割り切るとしても、
実際これを着こなせる人がどれだけ
いらっしゃるか……

一つの絵としては”素敵”ですけどね。


その点、映画作品(1987)での南野陽子
さんは、さすがにもう少しもっともらしい
格好をされています。

はいからさんが通る 【DVD】

はいからさんが通る 【DVD】
価格:3,888円(税込、送料別)


ただこの映画、南野さんの女学生姿は最初の
部分だけですし、あとはいかにも少女漫画
チックなメロドラマが続くだけなので、
作品としてはあまり期待しない方が
いいかもしれません。

見どころと言えば、相手役の阿部寛さんが
若くて、風貌も声も今とだいぶ違うので
(無理に高い声を出していたのかも)、
阿部ファンなら一見の価値ありですけどね。


👉 「袴にブーツ」は正解

さて、着物のことはさておくと、どちらの
「はいからさん」も「袴にブーツ」の
スタイルですね。

現代の女子大生たちのいう「はいからさん」
も要するにこのファッションを
指すようです。

Sponsored Links


でも「袴にブーツ」って
大正のころもアリだったの?

と首をひねる向きもあるかもしれませんが、
これは明治からあったので、それ自体は
問題ありません。


ただ卒業式など式典でもOKかというと、
それは正統とはいえないでしょうね。

うるさい人に言わせれば、
式典での正式な袴スタイルは、
色無地紋付に紺の袴、足元は草履

袴055018

ということになるそうですから。

これに徹することで個性美を発揮する
という手もアリかもしれませんが、
「はいからさん」で行くならば、
草履にこだわることはありません。

草履の場合、当日の天候のことなども
考えると、それなりの覚悟が
必要になりますね。

だいいち卒業式を「正式な式典」と見なす
人自体が現代ではむしろ希少ですから。



👉 “本物っぽい”はいからさん

この意味でも「袴にブーツ」は結構なので、
それ用のブーツもいろいろ
取り揃えられています。

ブーツの色はたいがい黒か茶色で袴の色に
合わせて選択すればよいと思いますが、
さて、肝心の袴のほうはどうでしょう。

ワイン070177

上に見たマンガ『はいからさんが通る』の
鮮紅色は見たことありませんが、映画の
南野陽子さんが召されている臙脂(エンジ)
のほか、紺、緑、紫などは卒業式でよく
見かける(ということはレンタルでも
流通している)色です。

袴上の着物は、正統で行くなら「色無地」
ですが、実情は、振袖、訪問着、付け下げ、
小紋など様々で、要するに「なんでもあり」
の様相を呈しています。


ただ、もし多少とも“本物っぽい”
「明治・大正時代にほんとにいた」と
思わせる「はいからさん」を志向する
のであれば、ここももう少し
こだわりたいところです。



👉 「海老茶式部」の登場

ここで明治の小説を3点、
拾い読みしてみましょう。

鈴の音高く、現れたのはすらりと
した肩の滑り、デートン色の自転車に
海老茶の袴、髪は結流しにして、
白リボン清く、着物は矢絣の風通、
袖長けれど風に靡いて、色美しく
品高き一八九の令嬢である。
 (小杉天外『魔風恋風』 明治36年)

    575004

ある女教師はまた、〔もらった
ばかりの俸給を〕海老茶袴
ひもの上からなでて、人知れず
ほほえんでみるのであった。
     (第一章)

さすがに大祭日だ。

町々の軒は高く国旗を掲げ渡して、
いずれの家も静粛にこの記念の
一日(ひとひ)を送ると見える。
〔中略〕
女生徒は新しい海老茶袴
紫袴であつた。(第五章)

 (島崎藤村『破戒』 明治39年)

『破戒』という作品について
詳細はこちらをどうぞ。

島崎藤村 破戒のあらすじ:簡単/詳しくの2段階で解説

                

女子教育の勃興、女子大学の設立、
今まで深窓にのみ閉籠められた
女子は、籠から放たれた鳥の
やうに、自由に快活に、
新しい世に出た。

海老茶の袴を着けて、紫メリンスの
風呂敷をかゝへて、庇髪にリボン
といふ、かひがひしいいでたちは、
老た人々の眼を驚かせた。
 (田山花袋『妻』 明治42年)

 
    
紫は高貴なお方の召される色として
敬遠されたのだそうで、この「海老茶の袴
というのが定番となり、「紫式部」ならぬ
海老茶式部」が女学生の代名詞
ともなったわけですね。

そのことを踏まえると、現代の卒業式
ファッションはどうもこの「海老茶」への
こだわりが希薄のように思われます。


で、実際にはどういう色だったのかを
知る上で参考になるのが、たとえば当時の
雑誌『風俗画報』の口絵「女子高等師範
学校附属高等女学校第九回秋季運動会」。

女学校運動会J148_02_02
(『風俗画報』279号〔明治36年12月10日〕復刻版より)

見渡すと、ほとんどの生徒が
海老茶の袴にブーツ」ですね。

そう、これが「海老茶」なんですよ。

大正期の絵画でもこんな感じ。

IMG_20141209_0008
白滝幾之助画。『明治 大正 昭和
日本のポスター』〔京都書院〕より)


しかるに現今、「女袴」として入手しやすい
範囲で「海老茶」と称するものには、
例えばこんなのがありますが、


はて、どうなんでしょう。

だいぶ違うんじゃないでしょうか。

まあ業者さんもそこは先刻ご承知で、
ほんとの「海老茶」じゃ地味すぎて流通しない
とのご判断なんでしょうけどね。


👉 「地味」に徹してシックに光る

というようなわけで、本気で「明治・
大正風」を再現しようと思ったら、
誂えるしかなく、これはまた大変な
コストだということになりそうですね。

なので、そこまでは求めないとしても、
多少なりと本物志向のある人は、上の雑誌
口絵などを参考に、やはり派手さは避けて
着物は無地か矢絣、または細かい柄、袴は
もちろん「海老茶」に近い臙脂かなんかで
どうかな~なんて思う次第です。

となると、上の映画DVDでの南野陽子
さんのファッションが一応、正解という
ことになってくるわけなんですが(;^_^A


さて、ともかくも、もし逆に「地味」に
こだわることでシックに決めることが
できれば、たいがいの学校の卒業式で、
あなたはじわりと深い光を放ち
審美眼ある者の目を釘付けにする
ことになるでしょう。

いっちょ挑戦してみませんか(^-^)ノ

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ