春琴抄で感想文 🐈佐助犯人説を谷崎先生、どう思います?


吾輩は猫である。
名前はまだない。
どこで生まれたかとんと……

       猫男kadnip_medium

いや、挨拶はもう抜きにさせてもらうが、
本日しゃしゃり出たのは、わが漱石先生
なきあとの日本で文豪と呼べる数少ない
作家の一人、谷崎潤一郎先生(1886-1965)の
名作『春琴抄』(1933)のことでである。
  


すなわちこの小説で読書感想文を書こうと
されている諸君のために、谷崎先生とは
いささかの面識もある、明治生まれの
“妖猫”吾輩の”猫の手”を貸りたいという
サイ象君の指令である。

スポンサーリンク



「感想文」の書き方は?

同君の頼みとあらば無下に斥けるわけにも
ならず、今回は吾輩が「感想文の書き方」
を請け負うことにしたんであるが、気が
つけばこのシリーズも、な、なんと
第133回を数えるんであるな((((((ノ゚⊿゚)ノ

さて、その「感想文」であるが、
猫なんかに教えられて、ハイわかりました
と言うことを聞いてくれる人が
ほんとにいるのかしらん。

いないようにも思われるんで、ここは
いっそのこと、”妖猫”の魔力を発揮して、
冥界の谷崎先生を訪ね、ご自身にお会い
して話を聞いてくるのが、便宜かつ読者
にもありがたいんではあるまいか。

A gray domestic cat looking serene

え? そんなことがほんとにできるのか?

それはお読みくださればわかる。


なに? 「感想文」云々以前に、
まだ作品の内容を知らない?

呵呵、是非もない。

それならばサイ象君が汗水たらして
仕上げたこちらの「あらすじ」記事を
読まれるとよい。

谷崎潤一郎 春琴抄のあらすじ:簡単/詳しくの2段階で



吾輩、谷崎先生に再会す

―やあやあ谷崎先生、これはこれは
久方ぶりでござる。

―おお、これは夏目先生んちの
”吾輩”ではないか。

どうだ、あちらの「この世」では
元気にしておるのか。

―はい、お陰様で。

       866c4d06c7079278d3cbad65b7a0fe38_s

ご承知のように酔っ払って溺死
しましてから、こちらのいわゆる
「あの世」へ参りまして、その後新しく
おいでになった谷崎先生ともお近づきに
なった次第ですが……

―うんうん、そうであったな。

―またその後、サイ象という妙な男の霊力で
「この世」に呼びもどされまして……

―ああ、そうであった。

どうだ、生きることはやはり楽しいか。

―はは、それはやはり、楽あれば苦あり、
苦あれば楽あり…といったところで
ございましょうか。

―ふむ、さすがにうまいことを言う。

「楽」即「苦」、「苦」即「楽」とは
わが谷崎文学の世界を端的に表現した
ようで、言い得て妙であるな。

―まさにそれを申したつもりでござる。



佐助犯人説

―さて先生、本日は先生の稀代の傑作
『春琴抄』についてお聞きしたいことが
あって参りました。

―ふむ、よろしい。

生前はまあ、謎は謎のままに残した方が
”谷崎神話”のさらなる増殖を呼ぶだろう
というような魂胆もあって、あまり
多くを語らぬようにしておったんだが、
死んだからにはもうかまわん。

なんでもバラしてしまうぞ。

―ははは、さすが谷崎大明神、豪気な
ものでござるな。

さて、それでは単刀直入に
お尋ねします。

たぐいまれなる盲目の美女、春琴の      
顔面に熱湯を注いで二目と見られぬ
顔にしてしまった犯人は結局、
誰だったんでござるか。

   やかんcopper-kettle-276939_640

―ふむ。それを小生に言え、と。

―はい。と申しますのは、先生がこちらの
「あの世」へいらして10年ほどしましてから
犯人は実はあの佐助ではないか、という説が
河野多恵子、野坂昭如といった有力な作家や
多田道太郎、千葉俊二という学者らによって
唱えられ、「この世」はその噂で
もちきりとなったのです。

はい。事件のあと自ら目に針を入れて春琴と
同じ盲目となり、事実上の夫ともなった
あの佐助。

映画では三浦友和さんや斉藤工さんが
演じられた、モト丁稚の佐助です。


春琴は松子夫人のイメージで書かれた?

―フッフフ、嗅ぎつけられたか。

いや、しっかり読んでもらえて
ありがたいことだ。

完全にそのつもりで書いたわけではないが、
そうも読める、その可能性も残るように…
というつもりでは書いておったな。

―ははん、これはしたり。
吾輩の睨んだとおりですな。

―ん? 生意気を申す猫だな。

どう睨んだのか、それなら
一つ、説明してもらおうか。

 f6c48030c0fccabbd684d12e9c2f61aa_s

―はは、それでは猫の分際で
はばかりながら、申しあげます。

『春琴抄』は、驕慢な美女に拝跪する
男の、完全に隷属しかつ痛めつけられる
ことの喜びを追求した至純の芸術品で
ございますね。

これと比肩しうる小説といっては
ザッヘル=マゾッホの『毛皮を着た
ヴィーナス』以外に見当たりません。

―ふむ。まあ、そんなところだろう。

なかなかよく読んでおる猫だな。

―はい。そして先生はこの芸術的理想を
文学の世界にとどめておくことなく、
実生活においても追求されました。

第3の妻であり終生の伴侶となった
松子夫人は『春琴抄』を書くときも
つねに念頭に置かれていましたよね。

―ああ、そのことは随筆などに書いた。

スポンサーリンク



身を亡ぼしても無上の幸福

―そしてまた松子夫人に寄せられたお手紙も
”芸術的”というか、芸術世界に属する
ような文章ですよね。

一生あなた様に御仕へ申す
ことが出来ましたらたとひその
ために身を亡ぼしてもそれか
(が)私には無上の幸福で
ございます
〔中略〕
私には崇拝する高貴の女性か
(が)なければ思ふやうに創作
か(が)出来ないのでござい
ますがそれがやうやう今日に
なつて始めてさう云ふ御方様に
めぐり合ふことか(が)出来た
のでございます

   (1934/09/02 書簡)

―ぐっふふ、懐かしいのう。

―少し後にはこんなことも 
お書きになりましたね。

御寮人(ごりょん)様にお願いが
あるのでござりますが、今日より
召し使ひにして頂きますしるしに
御寮人様より改めて奉公人らしい
名前をつけて頂きたいので
ござります、

「潤一」と申す文字は奉公人
らしうござりませぬ故「順市」
か「順吉」ではいかがで
ござりませうか。

柔順に御勤めをいたしますことを
忘れませぬやうに「順」の字を…

        031698
   
―も、もうよかろう。

顔に血が上るではないか、血液は
一滴もないはずながら、ハハ(;^^A)…

―いやいやスサマジイ”芸術的”追求に
畏れ入るばかりでござる。

―そうだ、”芸術”だ。


中絶を強いられた松子?

―ですから、その松子夫人が「産みたい」
とおっしゃっていたお子を、妊娠5ヶ月
という危ない時期に、ついに中絶おさせ
になったのも……ひとつの”芸術”。

というか、あくまでも”芸術”第一で、
松子夫人のイメージがいささかでも
壊れることを許さなかった、という
ことでござるな。

―そのことも書いたし、松子も
自分の随筆に書いておるだろう。

―はい。それで、松子夫人が先生の
命令に従われたのだとしますと、
事実上、夫人の方こそ「御仕へ申」して
いらっしゃる「召し使ひ」であって、
ご夫人の方で、命令する側…権力者は
実は先生の方だった、ということに
なりませんか……

   

―うーむ。猫のくせに…というか、
いや、むしろ猫ならではの傍若無人、
反=権力的ツッコミというべきか…。

―いやいや吾輩は先生を吊るし上げ
ようと思って「あの世」へ来た
わけではござらん。

あくまで”芸術”信奉者でござる。

―そうか。ふむ。それならば
あけすけに申してやろう。

『春琴抄』を書く5年ほど前に、
マゾヒズムを分析したエッセイを
発表しておるんだが…。

       126133

―「日本に於けるクリップン事件」(1927)で
ございますね。

―なんだ、持ってきておるのか。
手回しのいい猫だな。

結局、そこに書いたことがすべてだ。

多少修正したいところがないではないが、
本質的な部分は変わっておらん。

マゾヒズムは、少なくとも小生に
あってはそのようなものであるから、
小生の作品であれ、生き様であれ、
そこに述べた内容に沿って理解して
もらってかまわん。

―さようでござるか。

それではこれから、その論旨を
かいつまんで述べさせていただき
ますので、ご確認願えましょうか。

―よろしい。



谷崎自身のエッセイから

―ここで先生が問題にされておるのは、
マゾヒストが喜ぶ「虐待」が肉体ばかり
でなく「心」の領域で「軽蔑」のような
形で加えられる場合でござるな。

それを「喜ぶ」のだといっても

実のところはさう云ふ関係を
仮に拵へ、恰(あたか)もそれを
事実である如く空想して喜ぶので
あって、云ひ換へれば一種の
芝居、狂言に過ぎない。

              tristan-eaton-interna

と先生は言い切っておられます。

第一「心から彼を軽蔑する」女なら彼を
相手にするはずもないし、そんなことは
マゾヒスト自身にもわかっている、と。

つまりマゾヒストは「実際に女の奴隷に
なるのでなく、さう見えるのを喜ぶ」
のだ、という論旨です。

故に彼等は利己主義者であって、
狂言に深入りをし過ぎ、誤って
死ぬことはあらうけれども、
自ら進んで、殉教者の如く女の
前に身命を投げ出すことは
絶対にない。
〔中略〕
彼等は彼等の妻や情婦を、女神の
如く崇拝し、暴君の如く仰ぎ見て
ゐるやうであつて、その真相は
彼等の特殊なる性欲に愉悦を
与える一つの人形、一つの
器具としてゐるのである。


    IMG_0024
       博多人形  


女王様も「真相」は「人形」であり
器具」にすぎないんであるから、
子を産む自由など認められなくても
当然…と、こういう論理になると見て
よろしゅうございますか。

―うーむ。なかなか切っ先するどい
爪をもつようだな。

まあ、そういうことだ。

―であれば、佐助にとっての春琴も
「女神/暴君」として仰ぎ見て喜び
ながら、究極的には彼に愉悦を与える
ための「人形器具」にすぎない。

だから、自分の喜びをより大きくして
いくためなら、それを毀損すること、
美を壊してしまう行動に出ることも
十分ある、と。

―ふむ。いやらしい猫め…
ああ、そのとおりだ。

佐助を犯人と見る解釈の余地というか
一種の”亀裂”を小生はあえて残した。

それは、マゾヒズムのこの側面も
消さずに生きのびさせようという
意識があったからだ。

消してしまった方が芸術としての
純度は高くなったかもしれん。

だが、人間の真相を描いたもの
としては、いくぶん嘘になる。

     仮面masks-310474__180

―はい。『春琴抄』以前の傑作に『痴人の愛』
(1924-25)がございましたが、あそこでの
「女神/暴君」ナオミと主人公の関係
などは”亀裂”の入りまくりと申しますか、
むしろそこが面白かったわけで……

―ハハハ、そうであろう。
『春琴抄』ではそいうった”亀裂”のない
最高純度の芸術品を目指したんだが、
やはり残ってしまった、ともいえる。

―そこもまたご愛嬌で。

いや今日はお疲れのところ、
まことにありがとう御座いました。

今後とも、といいますか、なお一層の
ご冥福をお祈り申し上げます。



で、どう書く? 感想文

とまあ、このようにして吾輩は谷崎先生への
インタビューを終え、またふらりと「この
世」へ戻って来たんである。

さて、いかがかな?

読書感想文を書こうとされる方に
いささかなりと参考に
なったであろうか。

ただ、念のため云っておくが、上記は
冥界の谷崎先生に語らせる形で述べた
吾輩の妄言にすぎんので、だから
あまり鵜呑みにしてはいかん。

それにそちらでの話題はマゾヒズムに
集中してしまったけれども、それ以外
にも、もちろんいろいろとテーマは
見つけられるはずである。

  インド神話2e0f0b7b03083d3362c8c6cd759cc379

とまれ、マゾヒズムを考えるなら
『春琴抄』に表現されたその傾向の愛を
たたえるもよし、またそれを、結局は
男の勝手な願望として断罪するもよし……
といったところが吾輩の進言となる。


もしこれを機にマゾヒズムに興味を
もたれたなら、これについてもっと
勉強して書くのがよろしかろう。

第一にはやはりこの言葉の由来に
なった人物、19世紀オーストリアの
作家レオポルド・フォン・ザッヘル=
マゾッホ(1836-95)であるな。

こちらの記事を参照されたい。

マゾヒズムの元祖 マゾッホの指責めで痛いほど笑って感想文?

        蜘蛛女 pet_spider_girl


もちろん谷崎先生の他の作品と
比べてみるのもよい方法である。

初期の短編『刺青』にはすでに
「マゾヒズム」が燦爛としておる。

こちらの記事を参照されたい。

谷崎潤一郎 刺青のあらすじと考察:若尾文子主演映画も鑑賞

    tattoo-papers-co-aq60-anime-tatoo-girl-illustration-35-3840x2160-4k-wallpaper           


そのほか谷崎先生の本を早く安く
手に入れたいという場合は、近ごろでは
Amazonが便利である。
こちらから探してみられよ。


谷崎潤一郎の本:ラインナップ€

vampiros_goticos_04-1


マゾヒズム的な趣向を作品に採り入れて
いった日本の作家としては、(文学の
質は大違いながら)江戸川乱歩君を
挙げることもできる。

『陰獣』がその代表的なものだが、
その他の作品にもチラホラ出るので
こちらから発見されるとよい。

江戸川乱歩 陰獣のあらすじ:ネタバレ御免で結末まで

江戸川乱歩 人間椅子のあらすじ(ネタバレあり)とその解釈

芋虫(江戸川乱歩)のあらすじ:伏字だらけの問題作!内容は?

パノラマ島奇談[奇譚]乱歩最高作(?)あらすじをネタバレ御免で

     どくろ skull-766899_640

江戸川乱歩 孤島の鬼のあらすじ:ネタバレ御免で結末まで

黒蜥蜴(江戸川乱歩)のあらすじ:三島由紀夫戯曲の映画も鑑賞

影男(江戸川乱歩)のあらすじ:ネタバレ御免で結末まで


🐈 まとめ

さあ、これでもう書けるであろう、感想文。

なに? 書けそうなことは浮かんで
きたものの、具体的にどう進めていいか
わからなん( ̄ヘ ̄)?

それならば当シリーズ中「感想文の
書き方《虎の巻》」を開陳している
記事のどれかをご覧くだされ。

当ブログでは、日本と世界の種々の
文学作品について「あらすじ」や
「感想文」関連のお助け記事を
量産しておる。

参考になるものもあろうかと思うので、
こちらのリストから探されよ。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧

                 5310d096f609031a6d0438290db4e5ba_s
ではまたどこかで
お目に掛かりたいものである。

スポンサーリンク
(Visited 25 times, 1 visits today)

合わせて読みたい関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ