眠れる森の美女 原作のあらすじ叫び王子の母は人食い女だった?

 


やあやあサイ象です。

おなじみ「あらすじ」暴露サービスも
今回でついに第100弾に到達!((((((ノ゚⊿゚)ノ

「感想文の書き方」シリーズとしても
大台突破の第152回となります。

Sponsored Links



さて、記念すべき今回はディズニー映画
『マレフィセント』(2014)の元ネタでもある
『眠れる森の美女』(アニメ映画は1959年)
の原作で言ってみましょ~!

とはいっても話はやや複雑で、その主な
元ネタとなっているグリム童話(1812~)
でのタイトルは『いばら姫』。

グリムより100年以上前に出ている
『ペロー童話集』(1695)でのタイトルが
『眠れる森の美女』(La belle au bois
dormant
)なんですね。

それぞれこちら(⇩)でお読みいただけます。

       



もともと民話として語り継がれて
いたものをペローやグリム兄弟が
自分好みに語り直した物語。

その違いがまた面白いわけですが、
最大の違いは、下記のあらすじでは
【後日談】としてまとめています
ペロー版での後半がグリム版では
完全にカットされていること。

そこではなんと母親が息子の嫁を食い殺す
という、ショッキングではありながら
心理的にはどこの国にもありそうな
テーマが物語化されているんですね。

たいへん面白いと思うんですが、
ロマンティックなグリムには
切り捨てられたようで……。


映画でももちろんそうです。
とりあえず、予告編をどうぞ。   






👉 かなり詳しいあらすじ(グリム+ペロー)

さて、能書きはそれくらいにして、
「あらすじ」に入りましょう。

ごく大まかなストーリーはみなさん
ご存じでしょうから、ここでは
「かなり詳しいあらすじ」です。

基本的にグリム版にもとづき、
大きく異なる部分は【CHECK】印の
あとにペロー版では……という注釈を
入れる形で進めます。

なお分かりやすさのため、私の勝手な
判断でストーリーを「起・承・転・
結(+後日談)」に分けています。

では、どうぞ。

【起】
子どもができないことを悲しむ
王と王妃がいました。

やっと女の子が生まれ、
喜んだ夫妻は祝宴を開き、国中の
魔法使いを招待しました。

     castle-832543_960_720

ところが、一人の魔法使いだけ
招待されなかったのです。


魔法使いは『ペロー』では「仙女」。

『グリム』も初版では「妖精」、
第五版では「魔女」と異同があります。

ともかく『グリム』では
そういう人たちの総数が13人で
招待されたのが12人。

『ペロー』ではこれが8人中
7人と、どちらも縁起のいい数。

招待されなかったワケは、
『グリム』ではお皿の数が
足りなかったからですが、
『ペロー』では50年以上も
塔の外へ出なかったので
死んだと思われていたから。


お祝いの席で魔法使いたちは順に
「きよらかな心」「美しさ」などを
王女に授けていきます。

ところが、最後から2人目の贈り物が
終わったところで、突然、例の
招待されなかった魔法使いが現れて
「王女は15歳で錘(つむ/spindle)に
刺されて死ぬ」と言って去りました。     

            gothic-1454219_960_720

すると、まだ贈り物をして
いない最後の魔法使いが進み出て
「王女は死なない。100年の深い
眠りに落ちるだけ」と告げます。

王は国中の錘をすべて捨てる
よう命令しました。


【承】
美しく育った15歳の王女が
一人で城の中を歩いていくと、
塔の最上階の小部屋で一人の
老婆が錘を使って紡いで
いるのを見つけます。

自分もやってみたくなって
手を延ばすと、たちまち錘に
刺されて深い眠りに落ちました。

     spindle-spinning-thread--Stock-Vector
     左手から下がっているのが錘(つむ)

すると、王夫妻をはじめ城の人々も
動物もすべて眠りに落ちてしまいます。


なぜみんな眠ってしまうのかに
ついて『グリム』には説明が
ありませんが、『ペロー』では
生誕祝いの席で最後に
「王女は死なない」と言った
あの「やさしい仙女」によって、
王女と同時に目を覚ますように
魔法をかけられたのですね。


また城の周囲には茨(いばら)が
どんどん繁って、ついには城全体を
包み隠すほどでした。

Sponsored Links



【転】
100年近くが過ぎ、この国を訪れた
別の国の王子が、茨の森に囲まれた
城に王女が眠っているという
話を聞きます。  

747b372c0da70b48702465985781b288_s

奮い立った王子が茨の森に
分け入ろうとすると、茨たちは
自分から道をあけて王子を通し、
通りすぎると、また閉じます。


この不思議が起こったのは、
ちょうど100年が過ぎて
「呪いがとけた時だった」
からだと『グリム』第五版に
ありますが、初版にこれはなく、
『ペロー』にもありません。



【結】
例の塔に行き着き、眠っている
王女の美しさに驚きます。

王子がおもわずキスすると、
王女は目をさましました。

Sleeping


『ペロー』では「キス」はなく、
王子はひざまづくだけ。

王女が目をさますのは
「ちょうど魔法のとける
ときが来て」いたから。


同時に王夫妻をはじめ、城の人々と
動物たちもみな目ざめ、二人は
結婚して幸せにくらしました。



【後日談】(『ペロー』のみ)
王子は自国へ戻らぬまま
二人の子をもうけましたが、
それは母親が実は「人食い種族」
で(父が結婚したのも財産目当て)、
子らが食われるのを恐れたから。


二人の子の名は姉が
オーロール(Aurore。暁、
オーロラの意)で弟がジュール
(Jour。日の意)。

ディズニー版でヒロインが
オーロラ(Aurora)と名付けられ
ているのはおそらく
ここから採ったもので、
原作では名前はありません。


が、2年後に父に死なれた王子は、
新王として妻子とともに都入り。

戦争が勃発し、王は母の王太后を
摂政に任じて出陣しますが、母は
留守中にオーロールとジュールを
料理せよと料理長に命じます。

vampiros_goticos_04-1

料理長の機転ですり替えられた
子羊と子山羊の肉を食べた母は、
今度は王妃を食べたいと言います。

今度は牝鹿の肉を出して事なきを
えましたが、ある夜、王太后は
子らの声を聞きつけ、生きていると
知って激怒。

大桶の中をヒキガエルや蛇で
一杯にし、その中に子どもたちと
王妃と料理長夫妻を投げ込むよう
役人に命じます。

      viper_snake

そこへ王が帰城して驚きます。

逆上した王太后は大桶に身を投げ、
蛇どもに食いつくされました。


👉 眠らされるのはつねに美女?

さて、いかがでした。

100年間眠るといっても、現代で
いえば「冷凍保存」のような仮死状態。

だから若さと美貌が保たれる
わけですね。

この点は『白雪姫』の場合と同じ。

『白雪姫』については、
こちらをどうぞ。

白雪姫は怖い?こんなに違う原作(グリム童話)とディズニー映画


このような「死」と接した「眠り」の
主題はあの村上春樹氏が短篇「眠り」
(1989)や『アフターダーク』(2004)で
追求されたところですね。

またやや古くは川端康成にズバリ
『眠れる美女』(1960)という
妖しい傑作もありました。
   ⇩


この場合は、キスで目ざめさせよう
なんて意思はなく、ただただ眠って
いるままを鑑賞したい…という

人によっては「いやらしい」と
嫌悪されるかもしれない世界。


いずれにしろ、眠らされるのは
「美女」と相場が決まっているようで…


が~ん、美しくなければ眠る権利も
ないのでしょうか?!

いえいえもちろん眠る自由はありますが、
眠りながら男を引き寄せるだけの魔力は
(残念ながら)ない…という現実が
そこにあるだけです(/_;)/~~。

         4edd6b8b82a403c7c7d4ebbc88e92bb1_s

そして「美女」はその魔力を武器に
寝ながらにして男を得るけれども、
その挙げ句には、男の母親に食い
殺されることもあるよ…というのが
ペロー先生の教えだったのでは
ないでしょうか;^^A。



👉 まとめ

ま、恋愛や結婚の問題を離れても、
「眠る」ということは人類始まって以来、
あるいはそれ以前からの、永久不滅の
大問題…のはず。

ともかく眠るというのは、こんな楽な
ことはないはずで、日本でも昔から

「〔世の中に〕寝るより楽はなかりけり
浮世の馬鹿は起きて働く」

とか

「世の中に寝る程楽は無きものを
知らぬうつけが起きて働く」

とか言われてきています。

Panda-s

感想文やレポートを書く場合は、
上に述べましたことなどを参考に、
自分にとっての「眠る」ことの
意味を、一度じっくりと考え直して
みてはどうでしょうか。

ペローとの比較を含め、
グリム童話について考えたい
場合は、こちらも
参照してください。

シンデレラのガラスの靴:小ささの意味は?原作は中国起源?
ラプンツェルのあらすじ💛グリム原作初版は何がヤバかったの?


あるいはアンデルセンなど、
との比較もアリですね。

赤い靴(アンデルセン童話)原作のあらすじ:怖いのはどこ?
童話 人魚姫(アンデルセン)のあらすじ💛本当は怖い恋物語
雪の女王(アンデルセン)のあらすじ💛€”アナ雪”原作の怖い童話
ピーターパン原作のあらすじ:怖いのは子供が○○されるから?
ピノキオのあらすじ:怖くて”悪い”原作の世界を結末までご案内
星の王子様のあらすじ☆キツネの秘密とは?

             peterpan_syndrome


ん? 書けそうなテーマは
浮かんできたけど、具体的に
どう進めていいかわからない( ̄ヘ ̄)?

そういう人は、「感想文の書き方
《虎の巻》」を開陳している記事の
どれかを見てくださいね。

当ブログでは、日本と世界の
種々の文学作品について、
「あらすじ」や「感想文」関連の
お助け記事を量産しています。

参考になるものもあると思いますので、
どうぞこちらからお探しください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧

ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ