ユーモアの意味は?原義「体液」♨で腹から笑って考える

 


ユーモアって、どうも意味がよく
わからない。

人をよく笑わせる人が「ユーモアの
ある人
」といわれるんだから、要するに
「笑わせる技術」のことかしら?

でもそれなら、ジョーク(冗談)、ギャグ、
ボケ、天然ボケ、ウィット(機知)、
アイロニー(皮肉)、エスプリなど
色々とある「技術」の中でユーモアには、
ほかと違うどんな意味があるんでしょうか。

Sponsored Links



👉 もともとの意味は“体液”

今日はこの、ユーモアとは何か、という
問題についてクソマジメに考えていきたい
と思います。

ん? もう笑いました?

だって、ユーモアクソマジメに考える
なんて、矛盾してるようでオカシイ?

ハイ、そうですね。

私はあえてボケをかましたつもりなんですが、
笑わそうと思わないでやってたとしたら、
いわゆる「天然ボケ」ということに
なりますね…Y(^0^)Y。

「笑わせる技術」としてのユーモアは、
上記の色んな技術のうちでは、この意味での
ボケ(天然を含めて)に大きく重なる
ものだといっていいと思います。

        peterpan_syndrome

というのも、この英語”humor/humour”の
もともとの意味は“体液”。
(現在では「ヒューマー」という発音が
普通ですが、昔の発音は「ユーモア」に
近かったとのこと)

人のからだ全体を満たしているもの
ということから、心と体をまるごと覆う
”気分”というような意味になり、それが
やがて笑える”気分”というところに
落ち着いていったらしいのですね。


このような語源からしても、ユーモアには
チクリと刺すような笑いや、上っ面の
引きつった笑いとは違う、いわば
腹からの全身な楽しさという
ニュアンスが伴っているはずなんです。

     40c6f67a3524f000c040937cbaa90a7f

ユーモアのセンスがある」人と
ない」人とがあって、それは天性のものだ、
というようなこともよく言われますが、
まあこれも“体液”からして違うんだから
仕方ない…という見方もできるわけですね。

でも、それなら「センスがない」といわれて
いる人は、これからどう頑張っても
ユーモアを身につけていくことは
できないんでしょうか?


いえいえ、そんなことはありません。

“体液”からして違うなら、その“体液”を
変えていくことを考えればいいんです。

そんなわけで、これから見ていくのは
ユーモアの意味とその磨き方、身につける方法。

楽しいジョークや逸話を通してそれを学び、
より洗練されたユーモリスト(ユーモアの
持ち主)になることを目指しましょ~\(^0^)/



👉 一瞬でも心が救われる

ではまずジョークをどうぞ。

朝、その日のうちの処刑を
告げられた死刑囚が
淹れられたお茶を見ていわく、
「お、今日は縁起がいいぞ。
茶柱が立っている」

            d1e493a39cf9f8d19a2aa82b50aa1afd_s

もう一つ。

断頭台への階段を一歩一歩
上っていく死刑囚が
つまづいていわく、
「ちぇ、今日はついてねえや」
               086385

さらにもう一つオマケです。

第二次世界大戦勃発の翌年、
破竹の勢いのドイツ軍に
押されたイギリス軍は
母国まで撤退した。
(ダンケルクの敗走)
            兵士images

イギリス兵の一人が言うには
「これで敵をやつけるため
遠くまで出かけていく
必要がなくなった」

ん? 3つともちっとも笑えない?

うーん、困りましたね。

ひょっとして「ユーモアのセンスがない
と言われる人ですか?


まあ、それはそれでかまわないのですが、
これらのジョークを笑える人は、
長い人生全体でみると、笑えない人より
得をするんではないか…とは思うんです。

なぜなら(ほんのわずか、一瞬だけで
あっても)心が救われるから。

              a61a30f87277c07d82e71ad2106d6004_s

一つ目のジョークはフロイトの著作『機知』
(『フロイト全集8』所収)に出ている
ジョークに「茶柱」という日本的要素を
トッピングしたもの。

あとの二つは織田正吉さんの名著
『笑いとユーモア』(ちくま文庫👇)から
拝借したものですが、フロイトと織田さんが
ともにユーモアの核心に見ているのが、
この救いということのように思えます。





👉 いっしょにボケて腹から笑う

「笑わせる技術」ということで言いますと、
すでに見たように色んなタイプのものがあって、
そこには、人を救うどころかチクリと刺したり
イジったりする攻撃的なものもあります。

人の失敗や不細工な姿・言動をあざ笑う
(子供は無遠慮にやってしまう)場合に
その攻撃性は典型的に現れますよね。

smack1

主としてそのような場面に注目して、
笑う人の「優越感」に笑いの本質を見よう
とした哲学者にアリストテレスや
ホッブスがいます。


でも、赤ちゃんが生まれてまもなく
授乳後などに見せる笑い(いわゆる
“天使の微笑”)に、何かに対する
「優越感」なんてあるんでしょうかね?

何かに優越する…その「何か」という
対象の認識さえまだない段階で、
人間はもう笑うわけです。

     kid-849363_640

してみると「優越」理論では説明
しきれないことがたくさんある…

というわけで、カント、ショペンハウアー、
スペンサー、ベルクソンなど錚々たる
哲学者たちが笑いの包括的な説明を
試みてきたんですね。

それらを一つ一つ紹介していく余裕は
ありませんので、今回は、「ユーモア」に
ついての織田さんの深い考察に学びたい
と思います。


「ユーモア」の笑いは「優越」理論で
考えている笑いからかなり遠いというか、
ほとんど正反対の位置にあるようにも
思えます。

というのも、「笑われる(笑わせる)人が
その言動や容姿で自分の価値を低下させ
(漫才ならボケて)、それを見た人が
笑う」…というのが「優越」理論の
基本的な見取り図。

これが、「ユーモア」においてはむしろ
「笑う人」も「笑われる(笑わせる)人」と
いっしょにボケる(価値低下する)ことで、
両方が同時に全身な楽しさを得る。

つまりは救われるという
ことだと思うんですね。



👉 「呵々大笑」に説明はない

実際には「ユーモア」の語はとても広範囲に
使われていて、どんな笑いも「ユーモア」に
含めてしまう人もいますが、本来の
「ユーモア」は、そのような救いをもたらす、
ありがたいもの。

この意味では「宗教」とも通じ合うはずで、
たとえば禅で古来重んじられてきた
呵々大笑というのも、この意味での
ユーモアと決して別物ではありません。

    laughing-buddha-1041993_640

禅のお坊さんは、勝手に笑い出すのが
基本パターンで、なぜ笑うのか、どこが
可笑しいのかを相手に説明してくれる
ことはありません。

それは「不立文字」(ふりゅうもんじ)
という禅の伝統に反するからです。


だから笑えない人はいつまでたっても
笑えず、「縁なき衆生」ということに
されてしまうことにもなりますね。

「ユーモアのセンスがない」というのも
これと同じ意味で「縁なき衆生」という
ことになるのでしょうか?


そのへんもまた微妙な問題で、うかつに
どうこう言えません。

でも、もし日本史上の有名人物のうちから、
「ユーモアのセンス」ゼロだった者を
挙げてみよ、という問題を出されたら
どう答えます?

私の回答は、これ。

源義経です!

Sponsored Links



👉 戦いのさなかにもユーモア?

義経率いる源氏軍が屋島(香川県)の
平知盛の軍を急襲し、激戦となったのが
有名な「屋島の戦い」。

弓の名手、那須与一が扇の的を射落とす
という有名な逸話が発生するのは
この戦さの期間中のことでした。

屋島の戦い300px-Yasima
    「扇の的」 『平家物語絵巻』より


でも、これちょっと不思議な話では
ないですか?

戦争の最中に相手方が「射てみよ」と
船上に扇をかかげるなんてこと、
あったんでしょうか。


今ではちょっと考えられないことですが、
このころの日本にはあったのです。

少なくとも『平家物語』にはそう語られて
いて、これは、日没後の休戦時間に
平家側から余興として提案された
一種のゲームだったんですね。



👉 風流心もユーモアもない義経

ゲームは開始され、絶対しくじるな
という義経の厳命を受けた与一は
ものの見事にこれを射落とします。

問題はそのあと。


与一の金メダル級の射的を寿ぐかのように
平家の船上に50歳ほどの武士が出て、
長刀を振るう舞いを舞い始めたのです。

ためらった与一に伝達された
義経の命令は「やれ」。

与一の放った矢がたちまちこの武士の首を
射抜いたことは言うまでもありません(ドクロ)。

「あ、射たり」といふ
人もあり、又
「情けなし」といふ
者もあり。

          fan

まあ「情けない」というか、なんというか…
それは義経にも種々の事情があったでは
ありましょう…。

ではありましょうが、それにしても
『平家物語』に描かれた義経にはユーモアの
カケラも見ることができないわけですね。


いや、これはむしろが貴族化して武士的
精神を失っていた平家側を責めるべきだ?

いやいや源氏側にも、この余興をともに
楽しもうとした人もいたはずで、だから
与一もためらったし、家来たちは
どうしましょうかと義経にお伺いを
たてたわけですね。

義経はそんな躊躇を問題にしなかった…。

そんなヤツだから兄貴の頼朝に
嫌われ(警戒され)たんだ
とかいう憶測は控えるべきと
しても、義経さん、牛若丸
時代から相当に厳酷な
荒ぶる人であったことは
たしかのようです。

こちらの記事もご参照を。

京都のつつじなら蹴上浄水場!🌸2016GWも義経激怒の地へ
平家物語のあらすじを簡単に!€”滅びの美”を現代語訳で読もう




👉 ユーモアのある人生の方がいい

義経の頭の中は「戦さに勝つ」という
クソマジメな一事に完全に塗りつぶされて、
それ以外の光は一切さすことのない、
真っ暗闇だったのかなあ…と思えてきます。

このようにまったく脇目を振らない心理・
性格を(クソ)マジメと呼ぶとしたら、
この意味でのマジメと「ユーモアの
センスがない」という事態とは、
とてもよく似ていますね。

         groucho-marx-309396_640

もちろんマジメをやめなさいとは
言えませんし、戦場のような場所では
へたにユーモアをもとうとすれば、
長刀の舞を始めた平家の武士のように
瞬殺されてしまうのかもしれません。

ただ、いつでもどこでも義経のような
一方向的なマジメさだけに生き続ける
なんて、なんともやりきれない。

人間、苦しむために生まれたのでは
ないはずですから。


👉 物事のウラを見る

だから適度に楽しい人生のためには、
上手に(ドジを踏まないよう臨機応変に)
ユーモアをもつことを心懸けるのが
よろしいんではないでしょうか。

でもワタシ、人にもよく言われるんですが、
どうもそのセンスがないんです?


ハハハ、そうですか;^^💦

でも、そういう風に自分から言えた
だけでも、ユーモアのセンスが少しは
あったんだともいえますよ。

そういう人がユーモア・センスを鍛えて
いくのにも色んな方法があるんでしょうが、
とりあえずここでお勧めしておきたいのは
”物事のウラ(裏面)を見る”視線を養うこと。


たとえばこんなジョークはどうでしょう。

求愛する男「僕はあなたに
 この胸のうちを見せたい」
             シャツ ノータイ1f414e2db2462fc5c9b856b1e79c25c1_s

女「まあ、素敵なシャツね」

もう一つ。

アメリカ人「うちの農場を一回りすると
5日もかかっちまうんだよ」
             accident-1265869_960_720

ドイツ人「私も持っていましたよ、
 そういう欠陥車」

どちらも相手方は、最初の人物に見えていない
ウラ(裏面)をひっくり返して
見せてくれているわけですね。


あるいはもう少しマジメに、こんな話。

小学校の庭によく像の置いてある二宮金次郎
(尊徳)について、鋭敏なユーモリスト、
芥川龍之介がこんなことを書いています。

     f3e8b462ed39ae0657b8ade7a8caf284_s     

貧家に育った尊徳は昼も夜も大人のように
働きながら「健気(けなげ)にも独学を
つづけて行ったらしい」が…

けれどもこの立志伝は尊徳に
名誉を与える代りに、当然
尊徳の両親には不名誉を
与える物語である。

彼等は尊徳の教育に寸毫の
便宜も与えなかった。
〔中略〕これは両親たる
責任上、明らかに恥辱と
云わなければならぬ。
    (「侏儒の言葉」)

そのことを忘れて尊徳を鑑(かがみ)と
たたえる親や教師は「無邪気」なものだ、
と芥川は憫笑するのです。

たとえばこれが二宮金次郎物語のウラ
ですが、ウラを発見したからといって
いちいち口に出さなくてもいい。
(言えば怒られるかもしれない)

心に思って、ひそかに笑っていれば
いいんですよ。

       santa 5_5307_797eba540bab68c

こういう物の見方が習慣化していけば、
あなたの視線は”複眼”になり、一つの
物事もいろんな風に見えてきます。

そうなると、上で義経に見たような
一方向的で暗~いマジメさは薄れて
行くことでしょう。

それと同時並行的に「ユーモアの
センス」も育ってくるはずなんです。

一般的な物語のウラ
見る小説を芥川はもちろん、
太宰治も多く書いています。

こちらの記事などを
ご参照ください。

桃太郎の真実は悪?「悪くない鬼を退治した」から?
かちかち山のあらすじ💛兎は怖い?太宰治版”カチカチ山”はもっと怖い?

            桃太郎002



👉 まとめ

ハハハハ、もうわかりましたよね。

人間、基本的にマジメに生きるべき
なのは当然ですが、クソマジメ一色で
笑いの入り込まない人生なんて…
う~ん、どうなんでしょうか。

人生で出会う物事の一つ一つにウラ
発見してフフッと一人で笑う。

それを繰り返すうちに、あなたの
「ユーモアのセンス」は徐々に鍛えられ、
同時に備わってくる”複眼”によって
あなたの知性にも磨きがかかるはずなんです。

        脳images

一人で笑うなんてできない…という人は
無理にでも(可笑しくなくても)
やってみましょう。

むりやり口角を上げてガハハハハー
ヾ(。`∀´。)ノと笑ってみるんです。

とにかく笑うことだけで、
「センス」はともかく健康を
増進することはたしかです。

それが作り笑いであっても
効果があると科学的に
証明されているんです。

こちらを参照してください。

笑いは脳を活性化する!(^▽^)大笑いしてから頭を使おう!

  osn0039-049

また落語などの笑いの世界に
興味をお持ちの方は
こちらもご覧ください。

シュールの意味と使い方:お笑いの世界から芸術的”超現実”へ
ピース又吉 火花のあらすじ:笑いながら泣く芸人哲学の世界
又吉直樹 火花で感想文・批評文を☆火花を散らす”ボケ”師弟
京都のお茶漬けは「帰れ」の意味?桂米朝師匠の落語に学ぼう


ついでにいうと、笑い方は、ヒヒヒとか
フフフとかでなく、口を大きく開けた
「ガハハハハー」という豪快な笑いが
呼吸も筋運動も最大になって効果的!

さあやってみましょう、
ガハハハハー///(^0^)///


”まじめ”にやってる自分が可笑しくて
笑えたら、しめたもの。

あなたはもう立派な
ユーモリストですよ(*~▽~)💦



Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ