夏目漱石 草枕:冒頭の名言を意味付きで解説「智に働けば…」

 


吾輩は猫である。

名前がまだないこと、どこで
生まれたか見当もつかぬことは、
以前に申した通りである。

さて吾輩は、      猫男kadnip_medium

主人の苦沙弥(くしゃみ)先生の勉強を
横から覗くうち、徐々に知識を増殖して
今や無類の学者猫となったんであるが、
なにしろ自分の生みの親の顔も知らぬ
とあって、近ごろは無性に人生の
(いな、猫生の)意味というような
ことを考え込むことが多くなった。

Sponsored Links




👉 吾輩は旅に出る

そこで一つ、人間界で流行中という
「自分探しの旅」とやらに出かけてみようと
眼鏡にネクタイなどして人間に
化けたんである。
(なにしろ猫では列車にも
乗せてもらえんので)

さて、どこへ行くか。

と考えて、ただちに吾輩の脳裏に去来
したのは、苦沙弥先生のモデルである
夏目漱石先生の名作、
『草枕』(1906)
  


のかの有名な冒頭の数行である。

山路(やまみち)を登りながら、
こう考えた。

智(ち)に働けば
角(かど)が立つ。

情(じょう)に棹(さお)させば
流される。

意地を通(とお)せば
窮屈(きゅうくつ)だ。

とかくに人の世は住みにくい。


住みにくさが高(こう)じると、
安い所へ引き越したくなる。

どこへ越しても住みにくいと
悟(さと)った時、詩が生れて、
画(え)が出来る。


人の世を作ったものは
神でもなければ鬼でもない。

やはり向う三軒両隣(りょうどな)
りにちらちらするただの人である。

ただの人が作った人の世が住みにく
いからとて、越す国はあるまい。

あれば人でなし人でなし
国へ行くばかりだ。

人でなしの国は人の世よりも
なお住みにくかろう。

越す事のならぬ世が住み
にくければ、住みにくい所を
どれほどか、寛容(くつろげ)て、
束(つか)の間(ま)の命を、
束の間でも住みよくせねばならぬ。


ここに詩人という天職が出来て、
ここに画家という使命が
降(くだ)る。

あらゆる芸術の士は人の世を
長閑(のどか)にし、人の心を
豊かにするが故(ゆえ)に
尊(たっ)とい。

 (下線部は原文では傍点の振られた部分)

    漱石が実際に立ち寄った「峠の茶屋」 Exif_JPEG_PICTURE
    熊本市「峠の茶屋公園」内に復元されたもの 


ふーむ( ̄ヘ ̄)。なるほど。

そうすると、サイ象君の顧問を引き受けた
この吾輩にしても、住みにくい世を
どれほどか「束の間でも住みよく」したいと
思って今日もこうして肉球でキーボードを
打ってるんだから、「芸術の士」と
言われんこともない訳だ。

猫ピアノCat-s

なに? 日本語が難しくて分からん?

それでは吾輩が、せめて紫字の部分だけでも、
わかりやすい現代語で解説して進ぜよう。

理知・理屈で割り切った行動ばかり
していると世間と摩擦が生じるし、
個人的な感情を優先させれば、それに
引きずられて事態を悪化させる。

「棹」は船を進める櫂のことで、
「棹差す」とはこれを川底に突き
立てて、力を入れて進めること。

流れのあるところへ「棹差」せば、
推進力は倍増して流される、という
ことであって、「流れに逆らう」
という意味ではない。

また意志を強く持ってそれに固執
すれば、窮屈な生き方を強いられる。

そのようなわけで(「知・情・意」の
いずれに力点を置いても)、人間社会に
生きてゆくことは容易ではない。

0383802fe2bd1cd689234453a911b862_s

お分かりいただけたかな?



👉 那美さんの「きじるし」な魅力

さて、そのようにして始まる『草枕』だが、
上に見た冒頭の文章ような、いささか
難しい人生論や芸術論が多く書き込まれ、
そのぶんストーリー的な展開には乏しいので、
ラノベなんかを読み慣れた今の若者には
なかなか読みづらいかもしれん。

とにかく全体のあらすじを早く知りたい
という向きは、まずはこちらをご覧あれ。
夏目漱石 草枕のあらすじ☆感想文に向けて内容を解説

ただ「読書感想文」などを書こうという
場合は、筋を押さえるばかりでなく、
何らかの面白味を見つけていかねばならん
だろうが、その場合、イチ押しの方法は
ヒロインの那美さんに目を付け、彼女の
言動を追ってゆくことだろうと思う。

Sponsored Links


なにしろこの人は、「狂印(きじるし)」
とまで称される(五章)奇矯な
キャラクターながら、「ミレーのかいた、
オフェリヤの面影」竍凪∮竍凪∮

Exif_JPEG_PICTURE
“Ophelia”(部分)ロンドン、テート美術館蔵 
(この写真は、吾輩が渡英して撮ってきたんである)

にも重ねられる(二章)、
たぐいまれな美女である。 

この那美さんにももちろんモデルがあって、
それは前田卓子(つなこ)といって、
熊本の有力者、前田案山子(かがし)の娘。

漱石が熊本の第五高等学校(現在の熊本
大学)の教授であったころ、近郊の温泉郷
「小天(おあま)」の前田家を訪ねて
二人は知り合い、その後もいささかの
因縁があったようである。

熊本大学構内に保存されている「第五高等学校記念館」Exif_JPEG_PICTURE

その前田別邸は、現在は温泉旅館に
改造されており、⇩

「小天温泉 那古井館」

その横には実際に漱石が使った
部屋や浴場も残されておる。


『草枕』の「余」が湯に浸かっている
ところへ那美さんがいきなり裸で入ってくる
(七章)とか、部屋で英語の小説を読んで
やっていると「女の呼吸(いき)が余の髭に
さわ」るほど接近してしまう(九章)とかの
際どいシーンは、『草枕』の強烈な魅力を
なしているわけだが、これらを実地検分して
臨場感を味わいたい向きは、実際、そこへ
足を運べばできてしまうんである。

そこで吾輩もこの旅館に一泊し、二人に
ニアミスのあった浴場も見学したん
であるが、使用をやめて久しいようで、
浴槽に湯は張ってなかった。




👉 絵になって、小説も終わる

さて『草枕』のストーリーだが、
「きじるし」那美さんの行動に沿う形で
【あらすじ】をザッと見ておこう。

上記の「呼吸が余の髭にさわ」るほど接近
する場面のあとで、那美さんは「私が身を
投げて浮いている所を……奇麗な画にかいて
下さい」などと言い出して、それこそ
(伏線通りというべきか)「ミレーの
かいた、オフェリヤの面影」に
重なってゆく。

   “草枕の里”熊本 小天温泉山腹からの風景 Exif_JPEG_PICTURE

で、主人公は画工(えかき)であるから、
近辺の「鏡が池」(これも現存するが、
現在、私有地のため立ち入り不可)に
美女の浮いている絵をかこうと考え、
やがて那美さんの顔を思う。

が、それがどうも、どこか物足りない。

足りないものは何かと考えるうち、
それは「憐れ」の情緒だと気づく。


この情が彼女に「ひらめいた瞬時に、
わが画(え)は成就するであらう」

そう画工は考え(十章)、いくらかの
人間ドラマを経た後、結局、その通りに
なって(十三章)、小説は終わる。

132766

この展開には賛否両論、いろんな見方が
あろうから、それを書いていけば
「感想文」は難しくあるまい。

まあ、ややこしいことは抜きにしても、
漱石先生が実際に歩いたこの小天温泉周辺、
『草枕』にも出る「峠の茶屋」あたりなど、
美しい自然の緑のなか、ゆるりと
散策するのは心の健康によいこと、
この上なさそうである。



一度お出かけになっては、いかがかな( ̄∀ ̄)

それでは吾輩はこれで失礼する。

またどこかでお目にかかりたいものである。

mew-s

漱石先生の世界にさらに入って
いこうとされる読者には、こちらの
記事のご参照もお願いしておく。
漱石の名言でたどる恋愛💛『吾輩』猫が読み直す『こころ』etc.
夏目漱石「月が綺麗ですね」の出典は?I love youはこう訳せ?
夏目漱石 吾輩は猫であるのあらすじ:簡単/詳しくの2段階で
夏目漱石 坊っちゃんのあらすじ&簡単なポイント解説
夏目漱石 草枕の感想文へ:現地写真入りであらすじを解説
漱石の夢十夜で感想文?第一夜のあらすじと考え方から
漱石 夢十夜のあらすじと解釈:第三夜で感想文ならどう書く?
夏目漱石 三四郎のあらすじ:「簡単/詳しい」の2段階で解説
漱石 それからのあらすじ:簡単/詳しくの2段階で解説
門(夏目漱石 )の簡単なあらすじと小論文へのヒント
門(夏目漱石)の詳細なあらすじ:登場人物に入り込んで解説
夏目漱石 こころのあらすじ:「簡単/詳しい」の2段階で解説


また当ブログでは、漱石以外にも
日本と世界の種々の文学作品について、
「あらすじ」や「感想文」関連の
お助け記事を量産しておる。

こちらで探索してみられよ。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧

ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/

Sponsored Links

2 Responses to “夏目漱石 草枕:冒頭の名言を意味付きで解説「智に働けば…」”

  1. […] 品やエピソードに関心のある人はこちらもご覧ください。 ・「漱石『草枕』の意味を解く旅:”吾輩”猫、熊本の小天温泉へ」 ・「漱石の「月が綺麗ですね」の出典を求め、「朝顔に」 […]

  2. […] 漱石『草枕』の意味を解く旅:”吾輩”猫、熊本の小天温泉へ 2014年12月10日 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ