松坂桃李は性格いい?大河の黒田長政役では「悪」の色気♥

 


2014年NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』を
ウォッチしてきた当ブログでは、
官兵衛役の岡田准一さんや高山右近役の
生田斗真さんなど、超イケメン俳優たちの
惚れ惚れするような演技に特に注目して
きましたが、

終幕を迎えるにあたって忘れては
ならないのが、官兵衛の息子、黒田長政を
演ずるもう一人の超イケメン俳優、
松坂桃李(とおり)さんですね。

Sponsored Links


彼の演技も素晴らしかった。

何がよかったかって、一番はやはり
宇都宮鎮房(しげふさ。城井〔きい〕
鎮房とも。役者は村田雄浩さん)
謀殺のシーンですね。

酒を飲ませておいて集団で斬りつける、
この汚いといえば汚い謀殺。

浪人 剣47-Ronin-s

すでに父の片腕として働きつつあった
長政が、父子間の微妙な齟齬というか、
コミュニケーション不全も生じていた
ため、官兵衛は知らない間に
(ドラマではの話。実際はたぶん父の
指図でしょう)独自の判断でやってしまう
のですが、このときの表情の作り方が
なかなかのものでした。

(関連記事はこちらです。)
「NHK大河『軍師官兵衛』より面白い坂口安吾『二流の人』」
「軍師官兵衛のキリスト教入信:ほんとに”二流の人”だった?」
「軍師官兵衛の頭皮は?:敬老の日を前に気遣う」



Ψ 若い武将の野望と悪

美しい大きな両眼に、若い武将の
野望と狡猾さ、またそれらへの
怖れといったものが同時に表現され、
「悪」の色気のようなものをじわりと
浮ばせていたと思うのですね。

いやー、ステキ:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
イケメンは「悪」でもステキだから、
いいよな((((((ノ゚⊿゚)ノ


ついでにいうと(ついでで申し訳ないんですけど)
この宇都宮鎮房謀殺の前後あたり、
オヤジの官兵衛の方は、暴走する秀吉
(竹中直人さん)の抑え役という
役回りも絡んでかなり「いい人」に
なっちゃってましたね。

そのぶん岡田准一の魅力全開とはいかない、
いくぶんもどかしい感じも
ないではなかったんですよ。

殺害Assassins-Creed-III-s

いや、それがここ数回、ドラマの終盤に来て
一挙に挽回した感じですねー(*~▽~)ノ

というのも、すでに長政に家督を譲って
「如水」と名乗っていた官兵衛、
家康(寺尾聰)側と石田三成側との決戦が
避けられない情勢となるや、
家康に付いた長政と袂を別ち、
どちらにも付かない第三の道で、
独自に天下取りを模索します。

Sponsored Links

ついに本音をむき出しにして、自分の
やりたいことをやってしまおうとする
男の豪快な「悪」の魅力。

岡田准一さんの美しくも不敵な笑いが
その見事な表現になっていると思うのですよ。



Ψ 桃は英語でピーチ。では……

いかんいかん、松坂桃李さん記事でしたね。

いや、彼も素晴らしい。

だいいち名前からしてステキです。
桃李。これが本名なんですね。

桃(もも)と李(すもも)。

スモモもモモもモモのうち…… スモモ068616

テレビのあるクイズ番組で
某ベテラン歌手がこんな名回答で
盛り上げてくれたことを思い出します。

――は英語でピーチ、ですね。ではスモモは?
――……(ちょっと考えてから、真剣に)ピーチ
(_ _。)



Ψ 桃李もの言わざれども……

いかんいかん、また脱線してしまいました。

松坂桃李さんその人のことを
語ろうとしていたんでしたね。


はい、「桃李」という本名の読みは「とおり」。
「とうり」が正しいように思われますが、
ご両親のこだわりで、こうなんだそうです。

だいぶこだわりのあるご両親のようで、
この名の由来は、一つには司馬遷の
『史記』にある「桃李不言下自成蹊」
(とうりものいわざれども、した
おのづからこみちをなす)
の喩えのとおり、自ずと人に慕われる
有徳の人物になってほしいとの父の願い。

桜 蝶Butterfly-Flower-s

もう一つは、『古今著聞集』や日蓮の
説法に出てくる「桜梅桃李」。

すなわち「桜梅桃李の己己の当体を
改めずして無作三身と開見す」
と日蓮聖人も諭されたとおり、
桜は桜らしく梅は梅らしく、それぞれの
「当体」を受け入れて、「自分らしさを
大切に」という母の願いから
名づけられたというんですね。



Ψ 桃の節句に旬の役者

素晴らしいではありませんか。

両親の願いのトーリに、すくすくと
伸びた(身長183cm!)「花のある」若者、
陰影ある演技もできる、いい役者へ
と大成しつつありますね。


桃の節句、ひな祭りともなれば、
お内裏様になっていただくのに、
彼以上の「旬の役者」はあるまいと
思われます。

引っ張りだこで八つ裂きに
ならないよう(◎◎;)お祈りする
ばかりですv(^_^;)

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ