梶井基次郎 檸檬のあらすじ🍋簡単/詳しくの2段階で


やあやあサイ象です。

「感想文の書き方」シリーズ、
今回は梶井基次郎の『檸檬』
(1925)で参りましょう!
  👇


さて、一口に「あらすじ」を
知りたいといっても、
話の骨子だけでいいという場合から、
読書感想文を書くんだから
もう少し詳しくないと書けない、
という場合まで、千差万別でしょう。

そこで出血大サービス((((((ノ゚⊿゚)ノ

スポンサーリンク



「ごく簡単なあらすじ」と
「やや詳しいあらすじ」の
2ヴァージョンを用意しましたよ~(^^)у



ごく簡単なあらすじ(要約)

まずはぎゅっと要約した
「ごく簡単」ヴァージョンの「あらすじ」。

「不吉な塊(かたまり)」に心をおさえ
られるような憂鬱のなか、京都の街を
さまよう「私」は、寺町の果物屋に
珍しく置いてあったレモンを買う。

レモンのおかげで心が軽くなって、
近ごろ避けてきた丸善に入ると、
その幸福感も消え、また憂鬱になる。

  bb604f879016caf87bd45b385e0d65a5_s

ふと袂の中のレモンを思った私は、
手当たり次第に積み上げた画集の
頂きにレモンを据え、できた情景に
「上出来」と満足し、これを
そのままにして店を出て行く。

え? なんだか要領を得ない?

まあ、そうでしょうね。

というわけで、「やや詳しい」
ヴァージョンの方を見ていただく
ほかないのですね。


やや詳しいあらすじ

では参りましょう。

原作に切れ目はありませんが、わかり
やすさのため、私の判断で「起承転結」
の4部に分けています。


🍋 【起】

「えたいの知れない不吉な塊が私の
心を始終圧(おさ)えつけていた」。

「宿酔(ふつかよい)」のような心身の
この不調は、肺尖カタルや神経衰弱や
借金のせいではなく「いけないのはその
不吉な塊だ」と「私」は考える。

    酔漢 alcohol-428392_640

「以前私を喜ばせたどんな美しい音楽も、
どんな美しい詩の一節も辛抱がならなく
なった」私は京都の街から街を浮浪する。

以前、好きでよく訪れた文具書店の
丸善も重苦しい場所に変わって、
そこにある商品や人も借金取りの
亡霊のように見える。


🍋 【承】

ある朝、裏通りをさまよっていた私は、
ふと、前から気に入っていた寺町の
果物屋の前で足を止め、美しく
積まれた果物や野菜を眺める。

その店には珍しいレモン――その
色や形が私は好きだ――が出ていたので、
1個を買い、その感触や匂いを楽しむ。

   レモンlemon-148241_640

「始終私の心を圧えつけていた不吉な
塊がそれを握った瞬間からいくらか
弛(ゆる)んで」、憂鬱も紛れる。

「それにしても心という奴は
なんという不思議な奴だろう」。

スポンサーリンク



🍋 【転】

いつか丸善の前に来ており、あんなに
避けてきたこの店に、この時の私は
やすやすと入れそうに思える。

       f699f56bcbee75f9d28c8768d6883dcf_s
       京都の古い街並み

が、入っていくと、先刻の幸福感は
だんだん逃げ、憂鬱がまた立ちこめて
来て、画本の棚から本を出すのにも
いつもより力が要ると思う。

好きだった画集を次から次へと
開いて見ても、憂鬱は晴れず、
積み重ねた本の群れを眺めるばかり。


🍋 【結】

その時、ふと袂の中のレモンを思い
出した私は、「本の色彩をゴチャ
ゴチャに積みあげて」このレモンで
「試してみたら」……と思いつき、
「また先ほどの軽やかな昂奮が
帰って来た」。

手当たり次第に積み上げた画集で
できた「現像的な城」の頂きに
おそるおそるレモンを据えると、
「その檸檬の色彩はガチャガチャ
した色の階調をひっそりと紡錘形の
身体の中へ吸収してしまって、
カーンと冴えかえっていた」。


続いて浮かんだアイディアは
それをそのままにしておいて
何喰くわぬ顔で出ていくこと。

  

それを実行した私は、あのレモンが
爆弾で、もう十分後には丸善が
「大爆発するのだったらどんなに
面白いだろう」と愉快に想像しながら、
京極を下っていく。


まとめ

え? やっぱりよくわからない?

それじゃあもう、全文を読んで
もらうしかありませんね。

え? それはしんどくていやだ?

そういう人には朗読を聴いて
いただきましょうか。⇩



さあ、これでもう書けますよね、感想文。

え? どこをどう突っ込んでいいのか
わからない?

うーん、まあ、そうかもしれません。

なにしろ登場人物がほぼ一人。

人と人との間のドラマがある
わけではないですからね。

ここは、ちょっと視点を変えて、
たいがいの小説とは違うアプローチを
試みる必要がありそうですね。

こちらの記事で、その視点を
3つばかり検討していますので、
是非ご参照ください。
 
梶井基次郎の檸檬は爆弾だ!危ない小説で感想文どう書く?

         


ん? 書けそうなテーマは
浮かんできたけど、具体的に
どう進めていいかわからない( ̄ヘ ̄)?

その場合は、当ブログで開陳してきました
「感想文の書き方《虎の巻》」を見直して
いただければと思います。

「あらすじ」や「感想文」関連の
お助け記事のリストです。

参考になるものもあると思いますので、
自分に合いそうなものを探してください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧

ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/

スポンサーリンク
(Visited 43 times, 4 visits today)

合わせて読みたい関連記事


2 Responses to “梶井基次郎 檸檬のあらすじ🍋簡単/詳しくの2段階で”

  1. […] ・「三島由紀夫の名作『金閣寺』:「猫=虫歯=美」で感想文(8)」・ ・「梶井基次郎『檸檬』は危ない青年の”爆弾”だ!”高等”感想文(9)」・ ・『太宰治『人間失格』に読む「世間」への抗議:”高等”感想文(3)』 […]

  2. […] レモン爆弾の不吉さ:梶井基次郎『檸檬』で感想文(8) | 笑いと文学的感性で起死回生を!@サイ象 より: 2014年12月12日 4:34 PM […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ