就活 面接での質問例と対策 👌どんな場合も対応できる自信の作り方


サクラさん
いよいよ明日は面接。自己PRは
やはりガンガンやるべき?

ハンサム 教授
それはそうだが、言いっ放しにならないようにね。

サクラさん
というと(🐱)?

ハンサム 教授
君の言ったことを受けて面接官が何か聞いたり
するから、君はそれにまた答えるよね。 

勝負はむしろそこからだ。
             

相手の言ったことを十分に理解した上で
自分ならではの答えを返して意見交換する…
そういう君の言葉にリアルなパワーがあるかどうか。

面接官が見ようとするのはそこなんだ。

サクラさん
なるほど。 聞く耳👂も大事…ということですね。

ハンサム 教授
だから、固くなりすぎて人の
言うことが頭に入らない…(叫び)
なんて状態だとマズい。

リラックスだよ、サクラさん;^^💦


Sponsored Links



👉 ”できる”人と見てもらうには…

というわけで、本日のテーマは就活
(就職活動。主に大学生の)での面接。

その対策アレコレについて、ハンサム教授と
おなじく大学教員(ハンサムではないが😿)
として、長年、学生さんたちの相談に乗ってきた
わたくしサイ象とともに考えていきましょう。


さて、冒頭のサクラさんの志望はマスコミ系…

ということは個人プレーの能力が
モノを言う業界なので、ハンサム教授の
回答もそれを意識しているようです。

でも、個人技より集団的な協調性のほうが
重要とされる業界であっても、事情は
そんなに変わりません。

    

どんな職種であれ、会社がほしいのは
仕事のできる、あわよくば将来、
会社を背負って立てるような人材。

面接官の意図を読めない人だと
集団(チーム)プレーの能力にも「?」が
ついてしまいますからね。


というわけで、以下は就活面接で
仕事のできる人間と見てもらうための
戦略・対策集となります。

もくじ

  1. 予想される質問例
  2. 👉ストレート
    👉変化球
    👉クセ球

  3. 答え方、考え方
  4. 👉自己表現の物語を
    👉態度・服装は?

まとめ


1.予想される質問例

まずは、企業などの面接ではどんな質問を
されることが多いのか、だいたいのところを
頭に入れておきましょう。

あるサイトの「面接で聞かれる質問」
(👉就プラ/面接質問一覧集
をもとに100の質問を「ストレート」
「変化球」「クセ球」の3グループに
分類してみます。

       ボール020905

「ストレート」はたいていの人が答えを
用意していそうな直球の質問ですが、
「変化球」は相手の虚を突いて、空振りを
取ろうとする感じのあるもの。

「クセ球」はそれをさらに高度化した、
見ようによっては意地悪な質問…
ということになります。

ストレート

・自己紹介をしてください
・自己PRをお願いします
・あなたの強み・長所を教えてください
・誰にも負けないと思うことは何ですか
・成功体験を教えてください

・今まで一番感動したことを教えてください
・今までで一番うれしかったことは?
・今までで一番悔しかったことは何ですか
・あなたが一番長く続けてきたことは?

・学生時代で最も頑張ったことは?
・学生時代に出した成果を教えてください
・卒業研究の内容を教えてください
・学生時代に学んだ事は何ですか
・自分の大学生活を一言で表現すると?
・△△大学に入った理由を教えてください
・最も得意であった授業を教えてください
・研究室(ゼミ)に入った理由は?

     

・アルバイトの内容を教えてください
・課外活動の内容を教えてください
・サークルやクラブ活動の内容を
教えてください
・所属している組織でのあなたの役割は?
・リーダーシップを取った経験は?

・あなたにとって仕事とは何ですか
・仕事で大切だと思うこと何ですか
・仕事のやりがいは何だと思いますか
・仕事を通じてどのように成長したい?

・趣味を教えてください
・尊敬する人を教えてください
・あなたの大切にしている言葉
(座右の銘/モットー/好きな言葉)は?
・あなたの夢を教えてください
・今後のキャリアプランを教えてください
・5年後、10年後の自分のイメージは?

・当社の業界を志望する理由は?
・当社の業界の存在意義は
何だと思いますか
・当社の業界に必要なものとは
何だと考えていますか
・当社の業界は今後、
どうなっていくと思いますか
・当社の業界を興味を持ったきっかけは?
・この職種はどのような仕事だと
考えていますか
・この職種で最も大切なものは
何だと思いますか
・この職種を希望する理由は?

     


・当社を志望する理由を教えてください
・当社に興味を持ったきっかけは?
・当社の印象/イメージを教えてください
・当社の理念や、ビジョンについて
どのように考えていますか
・当社の強みや事業戦略について
どのように考えていますか
・当社のサービス、商品の魅力とは?
・当社に入ってやりたいことは?
・当社から最も何を得たいですか
・一生、当社で働きたいと考えていますか

・パソコンのスキルを教えてください
・語学のスキルを教えてください
・TOEICの点数を教えてください

変化球

・あなたを一言で表現してください
・失敗体験を教えてください

・新しいビジネスモデル(サービス)を
提案してください
・会社のあるべき姿は?理想の会社とは?
・大企業のメリット、デメリットに関して
どのように考えていますか
・ベンチャー企業のメリット、デメリットは?

        


・当社の説明会の印象を教えてください
・当社のHPを見た感想(印象)は?
・当社の志望順位は何番目ですか
・他にどのような企業を受けていますか
・なぜ、△△社(同業他社)は
受けてないのですか
・あなたを採用したら当社にどんな
メリットがありますか

・残業はありますが大丈夫ですか
・土日勤務もありますが大丈夫ですか
・休みの日はどうやって過ごしますか
・結婚しても仕事は続けたいと
考えていますか
・出産後も仕事は続けたいと
考えていますか

・あなたは周りからどんな人だといわれますか
・友達の中でのあなたの役割、ポジションは?
・休学/留年した理由を教えてください

      Job Hunting

・普段、情報収集をどのような手段で
行なっていますか
・最近、気になったニュースは?
・最近読んだ本を教えてください
・理想の社員は、どんな人ですか

・最後(逆に)に何か質問はありますか

クセ球

・まわりの方のあなたへの評価を教えてください
・あなたを色(物/動物)に例えると何?
・あなたはどのような人が苦手ですか
・仕事とプライベートはどちらが
大切だと思いますか
       028955

・△△にキャッチコピーをつけてください
・1000万円あるとしたら、何に使いますか
・一つ夢が叶うとしたら何をお願いしますか
・死ぬときに何を考えると思いますか

・あなたは他社へいった方が活躍できる
と思うのですが、いかがですか
・もし当社に採用されなかった場合、
どこの企業にいきますか
・当社に内定したら就活をやめますか
・決断するとき何を基準に決断しますか

・今日の面接で学んだこと、
成長したことは何ですか
・本日の面接は何点だったか教えてください
・あなたが面接官なら、
自分自身を採用しますか
・私があなたのことをどのように
評価していると思いますか

Sponsored Links




2.答え方、考え方

そんなわけで、上記の約100個の質問に
すべて答えられるよう想定問答集を
作っておければ、まず安心。

本番で固くなったり慌てたりもなく、
どっしりと対応できるはずです。


でも、間違えないでくださいね。

すべて答えられれば必ず高く評価される、
というわけではありません。

その答え方が、用意しておいた文章を復唱
していることがバレバレだったり、あるいは
そもそも面接官の意図を理解していない
トンチンカンな回答だったりしたらどうでしょう。

仕事のできる人には見えませんよね。


👉 自己表現の物語を

たとえば
・自己PRをお願いします
・あなたの強み・長所を教えてください


という系の質問に対して、

・がんばり屋です
・人をまとめるのが得意です
・サークルの長をしていました


などと答えるとします。
それはOKですが、問題はその先。

これまでどんなふうにがんばって来、
人をまとめて来、サークルの長として
どんなよいことをしたのか…

そういう具体的な”自分の物語”を
描き出さないと、面接官の目にはあなたが
実際にがんばり屋人をまとめるのが
得意
な人として見えてこないのです。

    

ですから、上記のような回答に対して
「具体的には?」などと突っ込まれた場合は
もちろんですが、そうでなくても自分から
積極的に語ること。

そのためには、その場で繰り出せる
”自己表現の物語”をあらかじめ頭の中に
まとめて準備しておくのがよいでしょう。

言葉でそれを描くことができてはじめて、
面接官の側にも「なるほど、そういうヤツか。
それなら、ウチでも活躍してくれるかな」
というイメージが湧いてくるのですね。

         

具体的にはどんな物語?

そうですねえ…。たとえばこんな
経験を語ってもよいでしょう。

私の長所は組織力だと思っています。

それがいちばん発揮できたのが
サークル合宿の運営について
議論した時で、方針が対立して、
合宿自体取りやめになりそうでした。

でも、議論するうちに一人の
“声の大きい人”の意見だけが
通っていく傾向に気づいたんです。

   Photo-Manipulation-s

そこで私が考えたのは、その人を
抜いた場を設定して、おとなしい
人たちの本音を聞き取ってみよう
ということでした。

これをやって、みんなの声をまとめ、
その上で、あらためて”声の大きい
人”に持ちかけてみたら、彼も
納得してくれて、サークルに
和が戻ったんです。

これは「自己PR」系の質問への応答例
ですが、ほかのどんな質問に対しても
考え方は基本的に同じです。

上のようなエピソード的な話で
なくてもかまいません。

意見・感想・ビジョンなど、なんであれ
自分の回答の”理由”として、自分にしか
繰り出せない”自分の物語”を生き生きと
描き出せるかどうか。

    

面接官にアピールするかどうかの
分かれ目はそのあたりにありそうです。

さあ、上の質問集をもう一度見直し、
“自分の物語”を繰り出して語れるかどうか、
一つ一つ考えておきましょう。


もちろん全質問について今すぐそれが
できるという人は、まずいないでしょう。

少しづつ”自分の物語”を考えていき、
ぜひ入社したい会社の面接の日までに
なんとか完成まで持っていければ
いいんですよ。


このように”自己表現の物語”を
語れる人は強いわけですが、
そのことはもちろん面接ばかりでなく、
エントリーシートの記入にはじまって、
試験での作文・小論文など、言葉を
使うあらゆる機会について言えます。

こちらの記事も参照してください。

エントリーシートの書き方と例文✒通過率の高い自己PRとは?
就職試験の作文 ✒よく出るテーマとその書き方【例文つき】
就活 小論文の書き方 ✒よく出るテーマとその対策【例文つき】
       
             


👉 態度・服装は?

さて、面接での回答の仕方、考え方については
以上であらかた分かってもらえたと思いますが、
もう一つ大事なのが、服装を含めてどういう
態度で入室するかということですね。

まず服装。

これはもちろん職種によるのでしょうが、
一般的にいえば、ルックス(見かけ)で
点を稼ごうなんて思っても無理。

いかにバッチリ決まっていたとしても、
服装や化粧で自己主張するのは、中身で
勝負できないからだと思われてしまう
というリスクもありますね。

        


悪目立ちせず、清潔感がある方がいい。

というのが、私(サイ象)の取材に答えて
くれた某出版社編集企画部長のポリシー。


次に「態度」ですが、上記の部長さんは
こんなふうに答えてくれました。

態度は、学生ですから偉そうでいいのです。

しかし面接官の意見を聴けてるかどうか。

それを自分の中で解釈でき、
プラスに持っていける人間かどうか
ということを、こちらは考えます。

なるほどね。

しっかり聴けて解釈でき、かつ「プラスに
持っていける
人間」というのは、まさに
上記で私が行ってきた”自分の物語”の
語れる人間でもあるでしょう。

そういう人であれば、その人の自信は
おのずと「態度」にも表れるもの。

だから、特にあれこれ考える必要もない…
ということでもありますね。


まとめ

さあ、これでもう大丈夫ですよね。

・質問例はできるだけ多く頭に入れて
どんな奇問が飛んできても慌てない
だけの度胸を養っておくこと。

・”できる人間”とわかってもらうための
”自己表現の物語”を準備しておくこと。

・でもそれが言いっ放しにならないよう、
面接官の意図をよく理解し、お互いに
「プラスになる」ような意見交換が
できるよう心がけること。
            野球猫matsui-anime

これだけのことができて、服装・態度にも
難がなければ、あとはもう人事を尽くして
天命を待つのみ。

面接官があなたを放っておくわけは
ありません。

自信をもって臨みましょう(Y😸Y)。

就活関連を含め大学生活全般を
充実したものにするためのヒントを
こちらの「まとめ記事」に結集させて
います。

ぜひ参照してください。

大学生活は楽しい??👉充実した4年間にするための徹底ガイド

        


そのほかわからない点があれば、
遠慮なく「コメント」欄から質問を
送信してくださいね。

ともかく頑張ってやりぬきましょ~(^O^)/

Sponsored Links

合わせて読みたい関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ