東野圭吾 変身 ☯原作小説のあらすじ⦅ネタバレ📢⦆と感想


サクラさん
『変身』といえばカフカ…
洋物ですよね。

ハンサム 教授
いやいや、和風も
ありますよ;^^💦

サクラさん
へー、あるんすか(🐱)

ハンサム 教授
直木賞作家、東野圭吾
さんの傑作サスペンス・
ミステリー((((((ノ゚⊿゚)ノ

サクラさん
それ、やっぱ虫(🐞)に
変身ですか? 

ハンサム 教授
いや、もっとリアルな話。

              

脳移植手術で起こって
しまう”心”💕の変身……

サクラさん
ゲゲッ、それは虫になる
より怖いかも(叫び


Sponsored Links


というわけで、おなじみ「あらすじ」
暴露サービスの第135弾、
(“感想文の書き方”シリーズ第194回)は
東野圭吾さんの傑作『変身』
(1993)で行ってみましょ~。



2005年に映画化され(佐野智樹監督、
玉木宏・蒼井優主演)、2014年には
神木隆之介さん、二階堂ふみさんの共演で
WOWOWの連続ドラマにもなりましたね。


さて、その原作のあらすじです。
まずはごく簡単な方から。


👉 ごく簡単なあらすじ(要約)

ぎゅっと要約してしまうと
こんな感じになります。

成瀬純一(24歳)はある不動産屋で
少女を助けようとして強盗に撃たれたが、
世界初の成人脳移植手術によって
一命をとりとめる。

だが、かつての自己の記憶が戻らない
ばかりか、気弱だったはずが粗暴と
なるなど、性格も嗜好も感性もすっかり
変わってしまい、職場でも嫌われる。

やがて入れ替えられた右脳のドナーが、
例の事件の自殺した強盗犯であったと知る。

    

恋人の恵には魅力を感じず、移植手術
した堂元教授の助手、直子に心惹かれ、
やがて深い仲になるが、彼女のスパイ
行為を疑って、絞殺してしまう。

追われる身となった純一のもとに
恵が戻って来て、隠れ家へ導く。

そこで本来の純一に戻ろうと、
得意だった絵画に懸命に取り組むが……

え? これじゃなんにもわからん?

まあそうかもしれません、ラストの
一行まで行ってませんしね;^^💦

なので、結末まできっちり知りたいという
場合は、やはり下記の「かなり詳しい
あらすじ」の方を読んでいただく必要が
あるんですね。


👉 かなり詳しいあらすじ

では始めましょう。

こちらは感動の盛り上がる「ラスト一行」まで
包み隠さず完全ネタバレありで参りますので、
そこまで知りたくない人は読まないで
くださいね;^^💦


私の判断で「起・承・転・結」の4部に分け、
ひっかかるかもしれない部分には
【CHECK!】印で注釈を入れています。

うっとうしいと思う人は飛ばしてください。

なお「 」内及び「”」印のグレーの
囲みは原文(上記文庫本)からの引用です。

【起】(1~11)
僕(成瀬純一、24歳)が目をさますと、
そこは病室のベッドの上で、医者らしい
白髪の男に話しかけられていた。

だが、意識を失う前の記憶が薄く、
やっと思い出せたのは、拳銃で撃たれた
ことと「ジュン」と呼ばれていたこと、
気弱だった少年時代の思い出ぐらい。

白髪の男は東和大学病院の堂元(ドウゲン)
教授で、脳神経外科の権威だといい、
彼の話では、奇蹟的に命をとりとめたあと、
3週間も昏睡状態にあったとのこと。


回復するにつれ、自分は不動産屋で
強盗に遭遇し、その場にいた女の子を
かばって撃たれたのだという記憶が
次第によみがえってくる。

が、鏡に映る顔が自分の顔だとわかる
まで時間がかかったり、飲食物の好みが
変わっていたりして、以前の自分と
違う人間になったような感覚に
つきまとわれる。

   

ある夜、缶コーヒーがほしくなって、
病院内のあちこちを歩くうち、ドアが
わずかに開いている部屋を見つけ、
入ってみると、大きな冷蔵庫がある。

中にはガラスケース入りの人間の脳が
2つあって、1つには「ドナーNo2」、
もう1つの小さい方には「「ホスト NJ」
と書いたラベルが貼られていた。

「NJ」が「成瀬純一」ならば、
この脳片は自分から取り出された
ものなのか…


その場に嘔吐してしまったことから、
脳を見たことが知られ、堂元と話すと、
自分が世界初の成人脳移植手術を受けた
人間だと告げられる。

それは10万分の1の確率といわれる適合者が
幸運にも見つかったからできたことだと
堂元は言うが、そのドナーについては
「詮索すべきではない」と口を閉ざす。

     

検査を受けるばかりの退屈な日々が
何週間も続いたあと、恋人の葉村恵や
同僚の葛西三郎と面会。

娘の命を助けられて恩に着る
裕福な弁護士の嵯峨道彦氏にも会う。

捜査に来た倉田刑事の話から、事件の
犯人である京極瞬介はその不動産屋の
社長、番場哲夫の非嫡出子(未認知)で、
事件後に自殺したのだと知る。


【承】(12~20)
退院しアパートに戻り、
待ち受ける恵と抱き合う。

ただ、以前には魅力と感じていたはずの
彼女のソバカスについて「なければ
いいのに」というふうに感じる。

        

その後も、無駄なおしゃべりなど彼女の
いろんな面に微妙な違和感を覚え続け、
やがて恵といても楽しくないという
自覚が明確になる。


職場にも復帰したが、同僚たちがみな
無能で怠惰としか思えず怒りを感じる。

恵をモデルにしてさかんに描いていた
絵に再着手したものの、以前の感覚が
戻らないためうまく描けず、視覚よりは
聴覚の方が鋭くなった自分を意識する。


退院祝いの飲み会で、先輩と喧嘩になって
酒瓶で殴ろうとしたり、隣人の言動に
殺意を抱いてナイフを持ち出したりという
行動が続き、自分でも異常に感じる。

定期的な検査のため訪れた大学で、
堂元教授に、この現象は脳移植の
副作用ではないのかと疑問をぶつける。

あの冷蔵庫内にあった「ホスト NJ」の
脳片の部分に別人の脳が移植されたのなら、

「その移植された脳片が、元々そこに
あった脳の部分と同じ働きをする
とは限らないんじゃないですか。

むしろ違っていて当然だという
気がしますが」

「同じではないだろうね」と
博士はこの点はあっさりと認めた。

「しかしその違いは、プログラムを
変えるほどのものではない。
〔中略〕
まず表面化しないと考えている」

ここがポイントですね。

要するに「その違いは表面化
しない」という堂元博士の
見立てはとんでもない見当違い
だった、というのがこの
ドラマのミソになります。

       

いくら説明されても腑に落ちない僕は、
堂元が5分間席をはずすと言って出た
隙に、本棚のファイルから脳のドナー
らしい関谷時雄の情報を手に入れる。

5分以内でそんなにうまく
見つかりますかね?

病院内の冷蔵庫に脳を発見して
しまうこともそうですが、
ちょっと都合の良すぎる
ストーリー展開ですね。

純一に用事ができてすぐ大学に
行けば、日曜でも夜でも
教授らがいるというのも驚き;^^💦

喫茶店を営む関谷時雄の父、明夫を訪ね、
堂元のもとで働く者と偽って話を聞くが、
生前の時雄の性格や嗜好は新しい疑いを生む。

今の自分は以前の純一と別人のようだと
恵や同僚に言われるが、その新しい自分と
まるで共通点がないし、“脳の父”である
はずの明夫にもテレパシーめいたものは
何も感じない……

ドナーは別の人間なのではないのか?

Sponsored Links


【転】(21~30)
僕は職場で孤立していき、それについて
注意した班長に「あんたは最低だ」と
吐き捨てて酒場へ向かう。

ウィスキーを飲みながら聞くピアノ演奏に
新鮮な感動を覚えていたのに、若者が
入って来てさわぐので俺は怒り、喧嘩に。

酒場に入って飲みだした
あたりで、語り手の一人称
代名詞はさりげなく「僕」から
「俺」に変更されています。

ビール瓶で相手を殴り倒し、ブランデーを
瓶ごとかけてライターで火をつけかけると
ピアニストに止められたが、その隙に
逃げ出した相手をなおも追う。

路地を出たところで角材で殴られたが、
痛みは感じず、相手に火をつけた
ところで逮捕される。



釈放のため労を取ってくれた嵯峨弁護士
に迎えられて警察署を出ると、いつか恋人と
二人で食事に来てほしいと招待される。

アパートに戻って夕方になると、
入院中世話になった堂元の助手で、
好意を感じていた橘直子が訪ねて来る。


自分の脳についての真相を聞き出そうと
するが、彼女も知らないのだと言い、
「何とか先生の本心を調べて」報告する
と約束して両手で俺の手を覆う。

心が落ち着き、以前から彼女が似ている
と思っていた女優の名前を思い出す。

「ジャクリーン・ビセットだ」

ジャクリーン・ビセットの顔が
思い浮かばない人はこちらの
動画をご覧ください。

息をのむ素敵さです。
    👇



夜、俺の心の「変身」に絶望している
恵が来て、「しばらく田舎へ帰る」から
今夜だけ泊っていきたいという。

久しぶりに抱いてみても興奮せず……
その事実が悲しい。


恵でなく橘直子を同伴して嵯峨家へ。

あの事件で命を救った少女、典子の
顔を見た瞬間、激しいめまいに襲われ、
典子も「前に会ったおじちゃんじゃない」
と口にする。


ピアノを聴いてコメントした俺の音感の
鋭さにみなが驚き、二人をアパートまで
送る車の中で、嵯峨は京極瞬介も
「音楽家志望だったそうです」と言う。

   

自分の新しい性格、嗜好、感覚のすべてが
ドナーは関谷時雄ではなく、自殺した
京極瞬介ではないかと疑わせる。

この仮説を検証すべく、倉田刑事から
京極の妹、亮子のことを聞き出し、
彼女に会いに行く。


目があった瞬間に全身が硬直して
「見えない何かで繋がれている」
と確信し、相手も同じように感じて
いることがわかる。


夜の大学で堂元に会い、問い詰めると、
ようやくドナーは京極だと認め、
脳の適合性について「十万分の一の
奇跡が起こった」からだという。

その「奇跡」が惜しくて「犯罪者の
脳だという点には目をつむったのか」

それもあるが、バックにある政府関係の
「大きな力」から「是非実施するように
という指示が出されたのだ」

「君には同情している」「症状の改善に
全力で取り組もうじゃないか」という
堂元を殴りつけて、俺は出ていく。

   

心を寄せてくる橘直子と食事し、
彼女を愛し始めていることを自覚。


買い物の途中でふと思いついて、例の
不動産屋へ行き社長に会わせろと怒鳴ると、
番場社長が出てきて「これを納めて帰って」
と十万円を差し出す。

貴重品らしい置物の壺を投げつけたが、
彼はよけて壺は割れ、俺は十万円を
細かく破り、投げつけて立ち去る。


【結】(31~43)
直子に頼んで堂元以外の医者を訪ね、
診察を受けた結果、純一本来の右脳の
意識が消滅しつつあることを知る。

直子と初めて行為におよび、虚脱した
彼女の顔が京極亮子に似ていると気づく。

「直子を抱いたことで、もはや脳が
京極に支配されてしまったかもしれない」

      

が、その直子が、自分の留守の間に日記を
コピーして内容を誰かに報告しているのを
目撃した俺は、彼女の首を絞めて殺す(ドクロ)。

その死体に強烈な魅力を感じた俺はそれを
犯し、コトが終わると犬の首を切ったのと
同じ鋸でからだを切断し(叫び)、生首に最後の接吻。

バラバラにした死体をビニール袋に入れ、
隣室の大学生に車を借りて、秩父山中に
捨てに行く。



翌日、会社の外で待っていた堂元の
もう一人の助手、若生に呼びとめられ、
直子が君に接近し「肉体を餌として
投げだし」たのも「データを収集する
ため」だったと告げる。

「彼女をどうした?」
「知らない。…あの女に惚れてたのか」
「やっぱり殺したんだな。…貴様を
必ず殺してやるからな」
「やってくれ」


アパートに帰ると、犬殺しのニュースに
驚いた恵が来ていたが、自分は人間も
殺した、君は関係ないから帰れと
突き放す。

「死ぬなら……あたしの前で」と懇願する
恵は、借りてあるウィークリー・
マンションに隠れようと俺を導く。


マンションから大学に電話を入れて
若生を呼び出すと、彼は不気味に笑う。

「失敗作のフランケンシュタインは、
失敗だと暴露(ばれ)る前に闇に
葬られるわけだ。
…必ず見つけだしてやる」

「フランケンシュタイン」
をめぐっては、こちらを
ご参照ください。

フランケンシュタインのあらすじ 👻原作小説をネタバレありで

                            


消えそうな純一の意識を取り戻そうと
俺は絵を描き続けていたが、カンバスを
踏んだ恵に怒り、首に手をかける。

と、激しい頭痛に襲われて気絶。

目覚めると、恵に不思議な刺激を感じ、
恵を裸にならせ(以前は拒否していた
ことだが…)裸体画を描き始める。

   

恵の留守中、殺し屋集団に拉致され
恵の裏切りを告げられた上で倉庫ごと
焼かれそうになるが、なんとか脱出。


帰宅して、裏切った恵を殺そうと首を
絞めるが、前回よりさらに凄まじい頭痛に
襲われ「かわいそうだ」という思いが浮上。

意識下に潜んでいた純一が戻ってきた感覚…。

「あのジュンなのね」
「君を愛したことを忘れない」

恵の手を放し、自分を「取り戻しに
行くんだ」と闇に向かって走る。

【堂元ノート】
成瀬純一から突然連絡があり、
研究室で会うと「京極の亡霊を
取り去る」べく「移植した部分を
そっくり取り除いて」という依頼。

そうすれば君は廃人になるか
死ぬかだと答えると「無意識の
世界」で生きられる、そこから
別の世界が開ける、などと言う。

    

私が断ると「仕方ありませんね」
と出て行ったが、その直後、
銃声がし、飛び出して見ると、
頭の右側が破裂していた(叫び)。

銃は直前に警官から奪った
ものだった、と後に判明。

葉村恵が礼を言いに来て純一の
描いた絵を見せてくれたが、
その裸婦像は「葉村恵のソバカス
まで丹念に描いたものだった。


この「ソバカス」云々が
『変身』のラスト一行。

はじめから強調されていた
恵のソバカスがラストで
見事に生かされたわけですね。

それからこの「堂元ノート」
ですが、ここで初めて出るわけ
ではなく、章の終わりに何度も
短く挟まれてきたもの。

「葉村恵の日記」も同様に
何度か挟まれ、小説に
「僕/俺」以外の視点を導入
する役割を果たしています。

       



👉 作品のミソは脳みそ

さあ、いかがでした?

「あらすじ」中の【CHECK】でもふれましたが、
要するにこの小説のミソは、部分的脳移植
(右脳のみ)によって人格の変化などは
発生しないと踏んでいた施術者(堂元)の
見解は見当違いで、実際にそれが起きて
しまうというストーリー設定にあります。

もしそれがあるなら人間はどう変わって
しまうか、という思考実験を進める形で
悲劇性と恐怖が盛り上げられていく
わけですね。

       

ただその表現の過程で、いくらなんでも
それは科学的にありえないんじゃないの? 
と突っ込みたくなったり、性格の
変化などが極端・強引でついていけ
なかったりする読者もいるかな?


たとえば動物や人間を殺していくのに
なんら感情の動揺もないらしい「俺」
(成瀬純一)の新しい部分がすべて
ドナーの京極瞬介のものだったという
話なら、京極の人物像をもっと明確に
してくれないと納得できない。

読まれるかぎりでは、京極は音楽好きで
妹とも深く愛し合っており、たしかに
凶悪な犯罪に走ったけれど、それは自分を
捨てた父への憎悪からであって、そんなに
冷血なサイコパスとは見えないわけです。

   

そんなわけで、突っ込みどころをさがせば
色々あるわけですが、それらがあってもなお、
この作品は、脳を含む臓器移植の倫理問題という
現代的課題に取り組んだ先駆的な問題作として
記憶されることでしょう。

またその一方で、作品中で「俺」が自ら
語るように「二重人格」(多重人格=
解離性障害)という古くからのテーマに
果敢に挑戦した意欲作でもあります。

「二重人格」を扱った小説として
最も有名な古典がスティーヴンソンの
『ジキル博士とハイド氏』ですね。

これについてはこちらを
ご参照ください。

ジキルとハイドのあらすじ ☯スティーヴンソン原作を簡単に…
ジキルとハイドで感想文?書けます!だって経験あるでしょ?

   

このテーマをぐっと科学的にした
現代作家がダニエル・キイス。

そのヒット作がこちら。

アルジャーノンに花束を(キイス原作) あらすじ【ネタバレ注意】

おっとそれから「変身」という
ことでは、サクラさんも言っていた
カフカの『変身』を忘れるわけに
いきません。

これについてはこちらで。

カフカ 変身のあらすじ 🐞簡単/詳しくの2段階で解説
カフカの変身をどう解釈?「兄=虫を介護する妹」で感想文?

       

また日本の古典的な変身物語としては
こんなのもありますので、参考までに。

安珍清姫の物語 🐍道成寺伝説のあらすじを能(謡曲)で辿ると

          


👉 まとめ

さあ、いかがでした?

ともかくそんなわけですから、読書感想文や
レポートを書くにも持って来いの素材でしょう。

その場合はもちろん本文全体をしっかり読む
必要があるでしょうけど、その場合も上の
「かなり詳しいあらすじ」とその中の
【CHECK!】の情報が大いに役立つはず。

ぜひ見返してくださいね。



東野さんが『変身』に続いて
発表された『分身』は、内容上、
対をなすようでもありますので、
ぜひこちらもお読みください。

またそのほかの傑作、『手紙』や
『秘密』やと比べ合わせても
きっと発見があります。

こちらでどうぞ。

東野圭吾 分身のあらすじ⦅ネタバレ📢⦆簡単/詳しくの2段階で
東野圭吾 秘密のあらすじ⦅ネタバレ📢⦆妻が娘で娘が…???
手紙(東野圭吾)のあらすじ:ネタバレ御免で感動を最後まで!

          

そのほか東野圭吾の本を早く安く
手に入れたいという場合は、
Amazonが便利です。
こちらから探してみてください。


👌東野圭吾の本:ラインナップ👌

ん? 書けそうなことは浮かんできたけど、
でも具体的に、どう進めていいか
わからない( ̄ヘ ̄)?

そういう人は、「感想文の書き方
《虎の巻》」を開陳している記事の
どれかを見てくださいね。

当ブログでは、日本と世界の種々の
文学作品について「あらすじ」や
「感想文」関連のお助け記事を
量産しています。

参考になるものもあると思いますので、
こちらのリストからお探しください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧

ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/



Sponsored Links

合わせて読みたい関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ