テンペスト(シェイクスピア)のあらすじ💘魔法と赦しのロマンス


サクラさん
『テンペスト』といえば
仲間由紀恵さん主演の
琉球王朝ドラマですよね。

ハンサム 教授
いやその作者、池上永一さんが
そもそもタイトルを拝借した
というシェイクスピアの
『テンペスト』の話;^^💦

主人公は魔法使いなんです。

サクラさん
ゲッ、魔女ですか?(🙀)

ハンサム 教授
いやいや、男ですけどね。

タイトルになっている
「テンペスト」(大嵐)自体、
主人公が魔術で起こしたもの。

          

その嵐がもたらす一目惚れの
ラブ・ロマンスあり、復讐劇
ありのスリリング・ドラマ
なんです;^^💦

サクラさん
あ~それなら面白そ~。

私も大嵐に巻かれてみたい~(😻)


スポンサーリンク


というわけで、おなじみ「あらすじ」
暴露サービスも第137弾。

“感想文の書き方”シリーズとしては
ついに大台に迫る第196回((((((ノ゚⊿゚)ノ


今回はシェイクスピア最後の作品と
いわれる”ロマンス劇”の傑作『テンペスト』
(1612年ごろ初演)に挑戦です。
 👇


さて、一口に「あらすじ」を、といっても、
話の骨子だけでいいという場合から、
読書感想文あるいは論文を書くんだから、
ある程度詳しくないと……という場合まで、
千差万別でしょう。

そこで出血大サービス((((((ノ゚⊿゚)ノ

「ごく簡単なあらすじ」と
「やや詳しいあらすじ」の
2ヴァージョンを用意しましたよ~(^^)у


ごく簡単なあらすじ(要約)

まずはぎゅっと要約した
「ごく簡単」ヴァージョンのあらすじ。

ナポリ王アロンゾー、ミラノ大公
アントーニオらを乗せた船が
大嵐にあって孤島に漂着。

この嵐は実は12年前にこの二人の
結託により大公の地位を奪われた
アントーニオの兄、プロスペローの
魔術によるもの。

ナポリ王子ファーディナンドの死を
見込んだアントーニオは、王弟
セバスチャンをそそのかし、国王
暗殺による王国乗っ取りを画策。

    
        人物関係図

父らとは別のところに漂着した
ファーディナンドは、プロスペローの
15歳の娘ミランダとたちまち恋に落ちる。

プロスペローの現地人奴隷キャリバンは
別個に漂着した執事ステファノーらと
投合してプロスペロー殺しを企てる。

二つの悪だくみはいずれもプロスペローの
魔法と空気の妖精エアリアルの活躍で
食い止められ、ナポリ王父子は再会し
王子とミランダは結婚する。

う~ん、やっぱりよくわからない…

というか、これではなんだか子供だましの
メロドラマで、文豪シェイクスピアの偉さが
どこにあるのか全然わからん┐( ̄ヘ ̄)┌?

    William_Shakespeare
    シェイクスピア

それはそうでしょうね。

話を単純化しちゃうと、
どうしてもそうなります。

でも、もう少しストーリーに分け入って
登場人物の言動を細かく見ていくと、
ああ、さすがはシェイクスピア(🙀)…
という感動も起こってくるはずなんです。


とりあえず、雰囲気を知るために
2010年イギリス映画『テンペスト』の
予告編を覗いておきましょうか。

ただしここでは主人公が女性(プロスぺラ
=ヘレン・ミレン)に置き換えられて
いますが、それは原作とは違うので要注意。



ん? ますます原作のもっと詳しい
ストーリーを知りたくなった?

そうでしょう、そうでしょう、
そう来なくっちゃいけません。


かなり詳しいあらすじ

それでは、そろそろ幕を開けましょうか。

「”」印のあるグレーの囲みの中は原作
(上記「ちくま文庫」の松岡和子訳)からの
引用で、名言として有名なものを
含んでいます。


👑 【第一幕】

ナポリ王アロンゾーの船は、チュニス王に
嫁ぐ王女の結婚式を済ませての岐路に
あったが、大嵐にあい沈没寸前。

同乗の弟セバスチャン、顧問官
ゴンザーローやアントーニオ
(現・ミラノ大公)らは死を覚悟。

   

近くの島では、15歳の娘ミランダが
父のプロスペローに「これもあなたの
魔法による嵐ならば鎮めて」と頼んでいる。


「そのとおりだが」とプロスペローは答える。
「それは12年前、アロンゾーと結託して自分の
地位を簒奪した弟のアントーニオへの復讐だ。

そのころ学問と魔術の研究に没頭し、
政治は弟に任せていたら裏切られた俺は、
まだ乳飲み子のお前を抱いてミラノを
逃げ出さねばならなかった。

そして漂着したこの孤島で、なんとか
生活を切り開いてきたのだ」と。


空気の妖精エアリアルが戻ってきて、
船中で炎に化けるなどして(🔥)
暴れてきたと報告。



12年もの間松の幹の中に閉じ込められて
いたのを助けられた恩義から忠実は召使いに
なっているエアリアルに、プロスペローは
次の任務を与える。


奴隷のキャリバンが出てきて
プロスペローに「この島はおれの
もんだ」と悪態をつく。

    
「お袋のシコラクスに譲られたのに
お前が横取りしやがった」

はじめは大事にしてくれたから
「この島のことは全部教えてやった」
のに、今は固い岩穴に閉じ込めて…と。

      

それはお前が「俺の娘を犯そうとした
からだ。例の罰(体を痙攣させる)を
加えてやろうか」とプロスペローは威嚇。


アロンゾーの息子ファーディナンドは、
島に流れ着いてミランダに出会う。

プロスペローが「心に念じたとおり」に
エアリアルがはからい、二人は互いに
一目で恋に落ちる。

    


ミランダを「ナポリの王妃にします」
とまで言うファーディナンドに、
プロスペローは「ひと苦労させなくては
なるまい」と考え、過酷な労働を課す。



👑 【第二幕】

 
アロンゾー一行は島の別の場所に漂着。

息子は死んだと思い嘆くアロンゾーと
忠実な老顧問官ゴンザーローらはやがて
寝つき、目覚めている公弟セバスチャンに
アントーニオが話しかける。


ナポリの王子が死に王女は遠方へ嫁した
以上、ここで「一芝居打って」王を
暗殺すれば、王位はあなたのもの。

なるほど「君がミラノを手に入れたように
俺もナポリを頂戴しよう」とセバスチャン。


二人が剣を抜いたところへ「何もかも
魔法の力でお見通し」のプロスペローに
派遣されたエアリアルが「見えない姿で」
登場し、ゴンザーローを起こす。

二人は「身辺の警護をしていた」などと
ごまかし、暗殺は未遂に終わる。


薪を運んでいたキャリバンは
アロンゾーの道化トリンキュローを
妖精だと思い、上着をかぶって身を隠す。

   

すると雷鳴が鳴り、トリンキュローが
キャリバンの上着に潜り込んところへ
アロンゾーの執事ステファノーが来て
「脚が四本、声ふたつ」の化け物だと思う。

飼いならして売り飛ばそうとキャリバンの
口に酒を流し込んでいると、トリンキュローが
上着の下から出てきて二人は再会を喜ぶ。


飲まされた「天国の飲み物」に驚いた
キャリバンは、ステファノーを崇拝し、
「俺の神様になってくれ。家来になる」
と誓う。

スポンサーリンク




👑 【第三幕】

ファーディナンドとミランダは
ますます愛し合い、夫婦約束をする。

        


キャリバンはステファノーに、
プロスペローを殺して、あんたが
「島の王」になれとそそのかす。

「本がなけりゃあいつもただの馬鹿、
俺と同じだ」から、日課の昼寝を
している間に本を取り上げれば、
もう妖精たちを動かすこともできない。

あいつらもほんとは「心底あいつを
憎んでる」んだから、と。


アロンゾー一行は一縷の望みを抱いて
ファーディナンドを探し続けているが、
その陰でセバスチャンとアントーニオは
「やるなら今夜」と密議。


突然、不思議な音楽とともに、
「不思議な姿をした者たち」が饗宴の
(豪勢な食事)の場をしつらえる。

アロンゾーたちが食べ始めようとするや、
ハーピーに姿を変えたエアリアルが現れ、
食卓の上で羽ばたくと料理はすべて
消えてしまう。

ハーピー(Harpy)はギリシャ
神話の怪鳥ハルピュイア。

顔は女、足には鉤爪、体は
猛禽で、卓上の食物を
あっという間に平らげる。

「お前たち三人は罪びとだ」とエアリアルは
アロンゾー、セバスチャン、アントーニオに
呼びかけ、お前たちを「発狂させて
やったぞ」と告げる。

それは死をも呼ぶ狂った勇気で、
心から悔い改めなければ神罰が下ると。


大波や風や雷に罪状を言い渡されるのを
聞いたアロンゾーは息子とともに
「海底の泥に埋もれ」ようと考えるが、
残りのふたりは「悪魔の全軍とでも
戦ってやる」と去ってゆく。


👑 【第四幕】

プロスペローはファーディナンドに
苦しい思いをさせたのは愛を試すための
試練だったと告げ、ミランダとの結婚を許す。

やがてアイリス、シーリーズ、ジュノーら
の女神を演じる妖精たちの壮麗な劇が上演
されるが、それは自分が魔法で「呼び出し、
頭に浮かぶ空想をそのまま演じさせた」
ものだとプロスペローは説明する。

この地上のありとあらゆる
ものはやがて融け去り、
あの実体のない仮面劇が
はかなく消えていったように、
あとにはひとすじの
雲も残らない。

我々は夢と同じ糸で
織りあげられている。

ささやかな一生をしめくくる
のは眠りなのだ

   

何人かのニンフ(nymph。乙女姿の精霊)も
呼び出されて踊るうち、プロスペローは
「キャリバンとその一味が俺の命を狙う」、
その時刻が近いことを思いだす。

妖精たちを去らせ、エアリアルに命じて
きらびやかな衣裳を木にかけておかせる。


通りがかったステファノーたちが
臭くなった衣服をその衣裳に替えるべく
運ぼうとしているところへ、何人かの
妖精が猟犬に姿を変えて現れ、追い回す。



👑 【第五幕】

閉じ込められたアロンゾーたちは
「狂乱の体」で、特にゴンザーゴーの
あご鬚からしたたる涙は雨のようだと
エアリアルの報告。

プロスペローは「連中が後悔していると
あれば、唯一の目的はもう遂げた」、
「荒々しい魔術はこの場で捨てる」
と宣言。

四人の前に現れたプロスペローが
経緯を語ると、アロンゾーは
「ミラノ公国はお返ししよう、そして
私の犯した罪をお赦し願いたい」と言う。


プロスペローが帳を開けると、ミランダと
ファーディナンドがチェスの真っ最中。

息子の生存を喜んだアロンゾーが、
自分を「父」と呼ぶミランダに過去の罪を
わびようとすると、プロスペローが止める。

いや、もういい。

お互いの思い出に、過ぎ去った
悲しみの重荷を負わせるのは
よしましょう。


多数の人を初めて目にしたミランダは、
「人間はなんて美しいのだろう」と感動。

  

プロスペローはエアリアルに命じ、
盗んだ服を着たステファノーらを連れて
こさせ、主人のアロンゾーと再会させる。

彼らもキャリバンも赦してやり、
エアリアルにはアロンゾー一族の快適な
航海を最後の仕事として「そのあとは
大気のなかへ自由に帰って行け」と命令。


👑 【エピローグ】

(プロスペローが観客に向けて語る)

祈りは天に達し、神のお慈悲に
訴えかけ、すべての罪は
赦されます。

皆様も罪の赦しを乞われるからは
ご寛容をもってこの身を自由に。






“魔法”とは話がうますぎる?

さあ、どうでしょう。

面白いところを挙げていったらキリが
ないでしょうが、たとえば主君殺しの
陰謀が
  • アントーニオ➽プロスペロー
  • セバスチャン➽アロンゾー
  • キャリバン➽プロスペロー
と3つも重なり、それらが引き起こしていた
不幸な事態が一挙に解消されるという
ストーリー展開なんか、さすが
シェイクスピア! と言いたくなる
鮮やかさではないでしょうか。

ん? でもそれもこれも結局は魔法の
威力で何もかも主人公の思い通りに
事が運ぶわけだから、ご都合主義の
子供だましだともいえるんじゃないか?



まあ、そこを突っ込めばそうですよね。

でもそのへんこそこの戯曲が
「ロマンス劇」と呼ばれるゆえん。

『ハムレット』『マクベス』『オセロ』
『リア王』など息詰まる傑作悲劇の制作を
潜り抜けて来た文豪の息抜きという感じは
たしかにします。

しかもこれが最後の戯曲だという意識を
持ちながらの執筆だったことは
「エピローグ」での挨拶からも窺われますね。


考えてみれば、小説や戯曲の作者が
登場人物を自由に動かすのは、「魔法」を
使っているのとよく似ていますよね。

長年にわたってそういうことをやってきた
自分自身をパロディ化してみようという
意図もあったんじゃないでしょうか。



復讐からも主従関係からも解放されて

結末でのプロスペローが「みんな赦そう」
という寛容の気分に満ちてくるのも、
最後の作品だという作者の意識を
映しだすものかとも思われますね。

アントーニオ、セバスチャン、そして
キャリバンら悪だくみをした奴らが十分
悔い改めたようにも見えないまま
赦されていくのもそれまでの
シェイクスピアにない展開では?…と。


このことと重なって、現代的な批評の
的になっているのがキャリバンの扱い。

   leg-irons-%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

つまり彼はプロスペローという”西洋”
によって支配されてきた”植民地人”の
比喩(メタファー)として読めるわけで、
そのキャリバンも赦され解放される。

奴隷を解放しなければ主人の解放も
ないという弁証法的真理がみごとに
表現されているとも読めるわけです。

上記の四大悲劇をはじめ
シェイクスピアの名作についての
情報はこちらを参照してください。

ハムレット (シェイクスピア )の名言:英語原文では何と?

マクベスの名言 英語ではなんと?シェイクスピア最高傑作は何を教える

シェイクスピア オセロのあらすじ ☯漱石講義のコメントつきで

シェイクスピアのオセロを講義:漱石の名言「白砂糖の悪人」?

        

リア王のあらすじ(簡単/詳しく) 👀シェイクスピア悲劇のフーガ

シェイクスピア ロミオとジュリエットのあらすじと名言 感想文はこれで

ロミオとジュリエットの名言・名セリフ:英語原文では何と?

シェイクスピアの本を早く安く
手に入れたい場合は、Amazonが便利。
こちらから探してみてください。

👻シェイクスピアの本:ラインナップ👻

 0739815002427_p0_v1_s192x300


👉 まとめ

さあ、これでもう大丈夫ですよね、
感想文だろうがレポートだろうが…。

え? 書けそうなテーマは浮かんできたけど、
でも具体的に、どう進めていいか
わからない( ̄ヘ ̄)?

当ブログでは日本と世界の多くの
作品について「あらすじ」や「感想文」
関連のお助け記事を量産しています。

お役に立ちそうなものをこちらの
リストから探してみてくださいね~(^^)у

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧

ともかく頑張ってやりぬきましょ~~(^O^)/

スポンサーリンク
(Visited 75 times, 3 visits today)

合わせて読みたい関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ