夏目漱石 坊っちゃんで感想文:『菊と刀』で人の上を行こう

 


やあやあサイ象です。
いよいよ尻に火ですか? 宿題の読書感想文。

どうせ出さなきゃいけないものならば、
「出しゃいいんだろ、出しゃー」みたいな
投げやりなものでなく、よいものを出して
評価されたいわけですが、でも、評価は
時の運(読む先生次第)。

Sponsored Links


よいものが評価されないことも当然
ありますから、それはそれで仕方ない。

評価されなかった場合も、 それは読む人の
側の問題だ、とふんぞりかえって言える
ような、 自分にしか書けないユニークな
ものを書きましょう。

猫鶏Rooster-and-Cat-s


Ψ ”高等”感想文の書き方

というわけで今回は 「ユニーク」な感想文を
目指して、素材としては少しもユニークでない
夏目漱石の『坊っちゃん』で行ってみます
(知ってますよね?(^^;))。
  



「ユニーク」なものにするにはまず、
人の目をつけないところに目を
つけたいわけですが……、

でも、実はちゃんと読んでなくて
内容も知らない?

そういう人はまずこちらで「あらすじ」を
頭に入れてください。

夏目漱石 坊っちゃんのあらすじ&簡単なポイント解説



Ψ 『坊っちゃん』のどこに目をつけるか

たとえば…… 東京から松山の中学校に赴任
した「おれ」(この人が「坊っちゃん」)、
に同僚の「山嵐」が下宿を紹介し、帰りに
「氷水を一杯」おごりますね(二)。

d90d1aab8d97d0d9909d92d5a6b3ee4a_s

その後、宿直で「おれ」が寝ていると
「蒲団の中からバッタが五六十飛び出」す
という事件が起こり(四)、これについて、
教頭の「赤シヤツ」とその腰巾着
「野だ」が、山嵐が生徒を「煽動」
してのことだ、と示唆します(五)。

あの山嵐がそんな「いたずら」をするかなあ
と不審には思いながら、一本気な
「おれ」は、「そんな裏表のある奴から、
氷水でも奢って貰っちゃ、おれの顔に関わる」
と考え、氷水代一銭五厘を翌日学校で
返すことに決めます。

ツ格ツ本 CMYK

「一と角の人間と見立てて」の「厚意」
あればこそ、おごってもらった
のであって、それがなければ、もはや
おごってもらう理由はない。

だから金は返す(六)、という論理。

ところが、翌日また多少の経緯があって、
「おれ」が出した一銭五厘は山嵐の机の
上に置かれたままになり、そのまま
数日たちます。

と、やがて誤解がとけ、 赤シヤツらこそ
陰謀家であると発覚するんですね。

すると「おれ」は山嵐の目の前で、無言の
まま、机上の一銭五厘をとってガマグチに
入れ、「君それを引き込めるのか」
という山嵐の問いに

「君に奢られるのが、いやだった
から、是非返す積りで居たが、
その後段々考えて見ると、
やっぱり奢って貰う方がいい
様だから、引き込ますんだ」

これに山嵐は大笑い。

こうして二人は友情を回復する
ことになります。(九)


この経緯、どう思いました?

 

Ψ ”定石”で行けるなら、行く

学校で評価される感想文の定石はといえば、
この「”感想文の書き方」シリーズで
毎度紹介してきました
「ikemen_busaku」さん説のとおり、
その場合「自分ならどうするか」を考え、
それを機に自分のこれまでの行動や
性格を「反省」し、「これからは
こうしよう」と前向きの決意表明
つなげてゆくことです。
自分にはこんなところはないか……疑問009093

『坊っちゃん』でもそれができそうなら
大変けっこうなのですが、できそうにない
という人、 あるいは、それではつまらない、
もう一つ上を行きたいという人に、ここで、
奥の手を紹介しましょう。

Sponsored Links


この作品について書かれた批評・評論等の
文章を導入するのがその一法です。


ここではその一つとして、 広く読まれてきた
日本文化論の古典、ルース・ベネディクトの
『菊と刀』(1946)をのぞいてみましょう。

原文を見ないとわかりにくい部分もあり
ますので、なるべく図書館などで原書を
探して見るのがよいと思いますが、英語が
高度すぎるという人には、平易に
書き直したものもあります。

菊と刀 Level 3〈1600‐word〉

菊と刀 Level 3〈1600‐word〉
価格:972円(税込、送料別)



Ψ 「高徳の物語」?

そこではこの経緯が「高徳の物語」
(a tale of a high virtue) として
読み解かれているのですね(第5章
過去と世間に負い目を負う者」)。

すなわち

恩を受けた者は、自分の謝意を
「百万両より尊とい御礼」と見なし、
それに見合う行動を取ってはじめて
恩義から解放される。

にもかかわらず、「おれ」が
山嵐について誤解したように、
「恩人」(’on man’)が
「一と角の人間」たる資格を
失えば、 そうした行動が
取れなくなるため、この場合は
憤る(resent)ことこそが
「徳」(virtue)となる。

というのです。

たとえばこのような論点について
自分はどう考えるかを述べて
いったらいいんですよ。

1ec32153d705e114e090341f161a611e_s
   「菊」と「刀」が日本を象徴する…  d6c7f14841d65c91ab54024bf10d0d4d_s


例を挙げろ、ですって? 
そうねえ……

・このような場合に憤る人間を日本人が
実際に「高徳」と見ているかどうか。



・「おれ」をそのまま「作者自身の肖像」とする
ベネディクトの読みは認められるのか。


とかですね。

そこからベネディクトを批判しまくります?


でもそこまでいいくと、”論文”としては
面白くなっても、「読書感想文」としての
評価は期待しにくいでしょうね。

だから、やはり結論部では、 自分のこと、
または作品のことに戻りたい。

 

Ψ 「田舎者」差別でねえの?

たとえば、

・ベネディクトが日本人の「高徳」と見なす
「おれ」の性向について、作品はむしろ
「江戸っ子」の特質と見なして、「田舎者」と
差別している
ようにも読めるが、 この点はどうよ。

・「赤シヤツ」と「野だ」が完全な悪者に
されているが、実際的に考えれば、彼らにも
彼らの言い分がある
のではないか(見えないだけで)。


浪人 剣47-Ronin-s

といったところかな……

『坊っちゃん』をはじめとした
漱石の作品を早く安く手に入れたい
場合は、Amazonが便利です。

こちらから探してみてください。

夏目漱石の本:Amazonラインナップ


ん? 書けそうなテーマは
浮かんできたけど、具体的に
どう進めていいかわからない( ̄ヘ ̄)?

そういう人は、「感想文の書き方
《虎の巻》」を開陳している記事の
どれかを見てくださいね。

当ブログでは、
漱石のほかの作品をはじめ、
日本と世界の種々の文学作品について、
「あらすじ」や「感想文」関連の
お助け記事を量産しています。

参考になるものもあると思いますので、
どうぞこちらのリストからお探しください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧

ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/


Sponsored Links

2 Responses to “夏目漱石 坊っちゃんで感想文:『菊と刀』で人の上を行こう”

  1. […] 菊と刀で読む日本人:夏目漱石『坊っちゃん』で感想文(10) 19 views […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ