ニーチェ ツァラトゥストラは読みやすい?😹訳本選びがカギに


サクラさん
「ツァラトゥストラ」って
なんすか?(🐱)

ハンサム 教授
ニーチェでいちばんよく
読まれてる本の主人公。

サクラさん
ああ、ニーチェってあの
「超人」とか「永遠回帰」
とかワケわかんないこと
言ってる人?

   

なんだかむずかしくて
読めそうにないな(😿)

ハンサム 教授
いやいや、そんなこと
ありませんよ。

一つの物語になっているので
楽しみながら読めるんです。

エンデイングでは主人公と
いっしょにバカ笑いする
ことになるかも…(😹)

サクラさん
ええ~(🙀)そういう
世界なんですかあ?

難解そうに見えるのは
翻訳のせい?

ハンサム 教授
そういう面もある。

訳本も多様なので、自分に
合った良いものを選べば、
きっとスイスイ頭に入って
ニーチェ哲学もわかって
くるんじゃないかな;^^💦


Sponsored Links


というわけで本日のオススメ本は
フリ-ドリヒ・ニーチェの特異な著作
『ツァラトゥストラはかく語りき』
(1885)です!



1. どの訳本で読む?

楽しんで読めて内容も理解できるかどうか。

そのカギになってくるのが、どの翻訳で
読むかです。

そこでまず本を選ぶ必要がありますが、
実際どれが読みやすいかも、読者個人の
教養や嗜好によって違ってくるので
一概には決められません。

ただ私が見渡したところでは、哲学・思想の
基礎知識が十分でない人でも入りやすく、
内容もつかみやすい翻訳は、2015年に
出たばかりのこの本ですね。
   👇


訳者の佐々木中(あたる)さんは1973年
生まれのまだ若い文学博士(哲学専攻)で、
よくこなれた日本語の書ける才人。

その文才はたとえば、ハンサム教授のいう
「バカ笑い」するような部分で読者も笑える
感じで訳出できているところなどに
遺憾なく発揮されています。

      Nietzsche_c1897

論より証拠、その訳文を何か所か抜き出し、
要所をほかの訳者の文章と比べてみましょう。


2.笑える驢馬のいななき

キリスト教を根幹にもつヨーロッパ社会の常識を
根底からくつがえすニーチェの哲学を教祖的な
人物ツァラトゥストラ(語源はゾロアスター教の
神)の言動を通して表現していく…

というのがこの本のおおまかなあらすじ。

その過程で色々と変な人(動物・怪物もですが)
も出てきて、クスっと笑える部分も少なく
ないんです。

             

全4部のうち、特に最終の第四部は
ドラマチックな構成になっていて
文学的にはいちばん面白いと思います。

すでに世に知られ、教えを乞う者が慕い寄る
ようになったツァラトゥストラは、次々に
奇妙な連中に出会って対話していくのですが、
その連中というのが、

  • 一匹の驢馬(ろば)を連れた二人の王
  • 老いた魔術師
  • 最後の教皇
  • 最も醜い人間(神を殺した者)
  • (キリストを思わせる)すすんで
    乞食になった人
  • (ツァラトゥストラ自身の)影

といった、へんてこりんな者たち。

      

彼らはこの本で「賤民」とさげすまれる
奴隷根性のキリスト教徒よりは高い
(英訳では”higher”)者とされ、いわゆる
超人(英語の”superman”はもともとその訳語)
への橋渡しが期待される位置にあるんですね。


それはともかく、この中でいちばん笑わして
くれるのが、二人の王(右の王と左の王)に
仕える驢馬さん。

「われらよりも高貴な人間を探している」
という王たちの言葉に感銘を受けた歌を
つくろうとした時、突然、この驢馬が
言葉を発するんです。

驢馬ははっきりと、そして
悪意を持っていなないた。
「良いなあ(イ・アー)」と。


     

この「イ・アー」はドイツ語の”ja”(英語の
“yes”に当たる)が驢馬的になまったものと
思われますが、これをどう訳すかにも訳者の
解釈とセンスの違いが出るので、比べて
みると面白いんですね。

たとえば手塚富雄訳(中公文庫)では
「イ・アー(然り)といなないたのだ」と
直訳的ですが、氷上英廣訳(岩波文庫)では
「『さよう、さよう』と嘶(いなな)いた
のである」。


2011年の丘沢静也訳(光文社古典文庫)だと
これが「ヒヒーンと鳴いて肯定した」になるん
ですが、それよりは「良いなあ」と発語させた
佐々木訳に軍配を上げたいですね。

その方が、ただの阿呆とも「悪意」の皮肉とも
とれるこの驢馬の曖昧さが保たれますし、
このあとの「覚醒」の章で例の奇妙な連中の
「連禱」(れんとう)に驢馬が全く同じ答えを
9回も繰り返すところも、もっと笑えるものに
なるからです。

ツァラトゥストラが自分の洞窟に戻った時、
連中が揃ってこの驢馬に祈りを捧げているん
ですが、それにこたえて驢馬は「イ・アー」を
繰り返すんですね。

アーメン!

賞賛と栄光と知恵と感謝と賛美と力とが、
永遠無窮ににわれらの神にあらんことを!

――驢馬はこたえていなないた、
「良いなあ(イ・アー)」と(叫び)。

かの御方、われらの重荷を背負い、
下僕の姿をまとい、心より辛抱づよく、
決して「否(ナイン)」とは仰せられぬ。

かくして神を愛する者は、これに鞭を加える。

――驢馬はこたえていなないた、
「良いなあ(イ・アー)」と(叫び)。 

       
〔中略〕

みすぼらしいお姿で世界を歩まれる。

その身は灰いろ、そのなかに徳を
お包みになる。

精神を持つがお隠しになる。

だが万人はその長い耳を信ず。

――驢馬はこたえていなないた、
「良いなあ(イ・アー)」と(叫び)。

   

〔中略〕

御身はまっ直ぐな道も曲がった道も行かれる。

人間が何をまっ直ぐとし何を曲がっていると
するかは、御身はあずかり知られぬ。

御身の国は善悪の彼岸にあり。

御身の無垢は、無垢とは何かをご存じないこと。

――驢馬はこたえていなないた、
「良いなあ(イ・アー)」と(叫び)。

「覚醒」の章でこの連禱(れんとう)が9回も
繰り返されてから、「驢馬祭り」の章に入ると
ツァラトゥストラはたまらず、自ら「良いなあ
(イ・アー)」と叫んで飛び込んでいきます。

「神の死」を知っているおまえたちは、今度は
驢馬を偶像に祭り上げて新しい宗教を創始
しようとするのか、というような議論になる
のですが、ここで「最も醜い人間」がこれは
あなたから学んだのだと答えます。

「徹底的に殺す者は、笑う」と
あなたはかつて言ったではないか…
「怒りによってでなく、笑いによって、
人は殺す」のだと。

    

ツァラトゥストラに手を引かれて外へ出た
「最も醜い人間」がやがて「ふかい、あかるい」
言葉を発し、聞いた者の心を揺さぶります。

わたしははじめて満足した。
いままで生きてきた、全生涯に。
〔中略〕
この大地に生きることは
意味があることなのだ。

ツァラトゥストラと共にあったひと日、
一度の祭りが、大地を愛することを
教えてくれた。

これが――生だったのか』。
わたしは死に向かって言おう。
よし! ならばもう一度!』と


というわけで、作品中いくどか言及されて
きた「永遠回帰」の思想が結論づけられる
形になり、これを心から欲する者こそが
「超人」だ…という話になるわけですね。

   

なお上記引用の「連禱」で驢馬がイエス・
キリストの代役のようになっていることは
わかりますよね。

だからこれは敬虔なキリスト教徒からすれば
とんでもない瀆神(神への侮辱)いうことに
なるわけですが、牧師の子に生まれたニーチェが
キリスト教批判に生涯をかけた人だという
ことも先刻ご承知と思います。

それから中途に出てくる「善悪の彼岸」が
ニーチェの別の本(道徳の成り立ちについて
分析・解説した重要な著作)のタイトルに
なっていることもご存じの方が多いでしょう。

Sponsored Links


もちろんこれだけで「永遠回帰」とか
「善悪の彼岸」とかの意味内容がよく
分かるという人は少ないでしょうし、
それらは『ツァラトゥストラ』を
通読してもなお納得できない
可能性が高いかもしれません。

これらについて徹底的に考え抜きたい
という人には日本最高の哲学者の一人、
永井均さんこの本がオススメです。
  👇



3.女性の愛のなかには…

ところでニーチェといえば、生涯独身で
通したことも有名で、ルー・ザロメという
才色兼備の女性にふられ、そのせいで
女嫌いになったのだとかの噂もあり…

ともかくその独自の女性観もよく
知られるところです。


『ツァラトゥストラ』の第一部に戻って
その女性観がさっそく顔を覗かすあたりの
文章を見ておきましょう。

「友について」という章で、「奴隷」にも
「専制君主」にも「友を持つ」ことはできない
としたあとで、ツァラトゥストラは
こう断じるのです。

 あまりにも長いあいだ、女性の
なかには奴隷と専制君主が住んでいた。

だから女性はまだ友情を
むすぶことができない。

知っているのは愛だけだ。

      

 女性の愛のなかには、彼女が
愛しないすべてのものに対する
不公平と盲目がある。

そして知的な女性の愛にすらも、
光とならんで、まだ奇襲と稲妻と
夜がある。
〔中略〕
今も女性は猫だ、小鳥だ。
もっともよくて、牝牛だ。

このような「蔑視」とも見られかねない
女性観は、上でふれた『善悪の彼岸』
など別の著作でも繰り返されます。

「女性はそもそも、事物を客観的に
みる視点というものをもてない。

女性が性愛にあまりに大きな期待を
かけるからであり、その期待の
大きさに羞恥心を抱くからである」
とか、

「復讐と恋愛にかけては、女は
男よりも野蛮だ」とか。
(『善悪の彼岸』中山元訳、114、139節)

詳細はこちらの記事を
ご参照ください。

ニーチェの格言に学ぶ 👩女は男より野蛮…だがそれも事実ではない?

Photo-Manipulation-s


ところで、上記引用の部分では他の訳本と
大差はないようなのですが、いちいちの
訳語を見ていくと、やはり違いがあります。

「不公平」は手塚・丘沢とも同じですが、
氷上訳では「不正」で、やや女性に
対して厳しくなっている感もあります。


分かれたのは「奇襲」で、氷上訳「不意討」、
丘沢訳「不意打ち」は大差ない訳語ですが、
手塚訳ではこれがなんと「発作」(叫び)。

「発作」は英語の”attack”にそういう意味も
ある(”heart attack”で「心臓発作」)
ことから見当がつくと思いますが、ともかく
他の訳者とまったく違う解釈ですね。

女性のいわゆる「ヒステリー」が連想
されていることは明らかでしょう。


4.漱石の書き込みが面白い

そういえば、わが夏目漱石が妻の「ヒステリー」の
発作に悩まされていたことも有名ですが、
その漱石が『ツァラトゥストラ』の英訳
(日本語訳はまだない時代)をじっくりと
読み込んでいたんですね。

所蔵本へのおびただしい書き込みが『漱石全集
第27巻』(岩波書店、1997)にすべて収録されて
いて、だれでも読むことができるんですが、
すべて英語です。

それらの書き込みは哲学的だったり、文学的
だったりして、いずれも示唆に富むものですが、
ズバリ、上記の女性観を語った部分にも
書き込みがありますので、私の訳で紹介して
おきましょう。

女性は彼女に可能な愛のすべてを
一つの対象に集中させる。

それ以外のものに対して
与えるものを何一つもたない。

     

だからこそそれ(女性の愛)を
もつ者にとってそれは貴重なのだ。

さすが漱石先生…これはその後書き継がれた
『こころ』などの恋愛小説に生かされていく
認識ではないでしょうか。

このような興味深い書き込みは沢山ありすぎて、
すべてを紹介するわけにもいきませんので、
ここではあと一つだけ、最初に引用した第四部
「覚醒」の驢馬が「良いなあ(イ・アー)」を
繰り返す部分へのものを見ておきましょう。


イエスを思わせる人について「まっ直ぐな道も
曲がった道も」行くが、彼の「無垢」は
「無垢とは何か」を知らないことだとした
文章に触発されて、漱石はこう書いています。

無垢なるもの(the innocent)が好かれる
のは、彼らが無垢だからではなく、技巧
(artificialness)を免れているからだ。

阿呆は無垢である限りにおいて
付き合いやすい。

       

女性は自らの言動につねに意識的
であるがゆえに付き合いづらい。

彼女らは消して無垢ではなく、
あまりにしばしば技巧的すぎる。

何世紀も前に孔子は言った、
「女人と小人は養い難し」と。

漱石も結構、女嫌いなんだなあと驚かれた
かもしれませんが、それはまあそうだと
言うほかなく、こういう認識をもっていた
ことは事実なんですよ。

この女性観が『三四郎』の美禰子から
『こころ』のお嬢さんに至る「無意識の
偽善者」(アンコンシャス・ヒポクリット)
タイプの登場人物を生んでいったとも言えます。

     

ただ漱石が偉いのは、女はだからイヤだと
一方的に突き放して終わるのでなく、なぜ
そうなってしまうのかという原因を深い
ところまで探る文学を築き上げていった
ところにあるのではないでしょうか。

漱石の描いた女性については
こちらの記事もご参照いただけると
幸いです。

漱石の名言でたどる恋愛💛『吾輩』猫が読み直す『こころ』etc.
三四郎(漱石)で感想文💔美禰子の真意は?”無意識の偽善者”とは?
漱石『こころ』のお嬢さん問題と河合奈保子「けんかをやめて」

           



📚 まとめ

さあ、ここまで読み進めたあなたは、
すでにツァラトゥストラの世界に片足を
踏み入れています。

あとはもう一本の足もズブズブと入れ、
腰を据えて読んでいくばかり。

    Feline-White-Lions-s

オススメの訳本はすでに紹介しましたが、
これもすでに申しましたとおり、読む人に
よって違うことなので、佐々木訳でなければ
絶対にダメというような話ではありません。

いちばんいいのは、大きな書店か図書館で
いくつかの訳書を手に取って比べ読みして
みることでしょうね。


ともかく『ツァラトゥストラ』は哲学的な
著作にはちがいありませんから、多少難解な
部分に出会うことは避けられないでしょう。

でも、そこで投げ出さず挑戦する気持ちで
読み進んでいけば、誰でもきっと何か
得るものがあると思いますよ~。

ニーチェにはほかの記事でも
しばしばふれています。

興味をもたれたら、ぜひ
こちらも覗いてみてください。

マンガ・ドラマCD『ニーチェ先生』をもしニーチェが読んだら
嫌われる勇気(本)の内容と感想😸アドラー心理学の源流にニーチェ?
刺青(タトゥー)を入れて後悔しないには?ニーチェ先生に聞く
芥川『羅生門』の主張は?ニーチェ的”遠近法”で感想文
芥川龍之介 河童で感想文:生まれたくないという名言からニーチェへ


ではまたお目にかかりましょう~~(^O^)/

Sponsored Links

合わせて読みたい関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ