棒(安部公房)の考察と解説 :前衛性を読み取ってテスト対策

 


やあやあサイ象です。

「感想文の書き方」シリーズもはや第22回。

今回は高校現代文の教科書に採用されて、
生徒も教師もホトホト困らせているいる
難物、安部公房先生の短編小説、『棒』
(1955。『安部公房全作品 5』新潮社、
所収)に挑戦で~す。

Sponsored Links


いや、なにが難物かって、ともかく
何が言いたいのかサッパリわからんお話。

テストに出るとあっては、何をどう
考えておけばいいかわからず……
それも無理のない話で、実は先生の側でも
指導案が」できなくて困ってたりします。

それをこのサイ象めが、なんとか
致しやしょう、としゃしゃり出た次第。


え? 実はまだ読んでない?

読んだけどサッパリ筋がわからん?

ハイ、そういう人はまずこちらで
「あらすじ」を仕入れてくださいね。

安部公房 棒のあらすじ:このわからない短編で感想文だって?



👉 感想文《虎の巻》

さて、感想文対策ですが、まずはこの
シリーズでしばしば紹介してきました
方法論、サイ象流・感想文の書き方
《虎の巻》
を今回も広げさせて
もらいますね。

  • 学校で評価される感想文は作品を
    読んでの素直な「感想」など
    ではなく、それを機に
    自分の生活を反省する
    作文である。
  • これを書くには、まず、たとえば
    登場人物が何らかの行動を
    とったとき、
    「自分にはこんなことはできない」
    のではないかとか、あるいは
    性格的に「自分にはこんな
    ところはないか」と反省する。
  •   自分にはこんなところはないか…… 疑問009093   

  • その上で、「これからは自分も
    こうしよう」という類の
    前向きな結論
    を決め、
    決めてから書き始める。
(これは「Yahoo!知恵袋」での
「ikemen_busaiku」さんの
回答に触発され、構成して
いったものです。)

ということなんですが、でも、この原則が
どうも通用しにくい…のは前回扱った
川上弘美さんの『神様』の場合と
同じのようですね(;^_^A

『こころ』と『神様』に関する記事は
こちらです。
夏目漱石『こころ』:”感想は書かない”感想文《虎の巻》
川上弘美 神様(+神様2011)で感想文?くまの解釈はコレで




👉 「でくのぼう」だから棒になった?

というのも、主人公兼語り手である「私」は
駅前のデパートの屋上から墜落し、落下して
気づくと「一本の棒になっていた」
のですが、墜落にかんしても「棒になった」
ことについても、原因がわからない
ままなのです。

その後、「白い鼻ひげ」の「先生」と双子の
ように似た二人の「学生」とに拾われて
研究されますが、なにしろ「棒」になって
いるので、動くことはもちろん、
しゃべることもできません。

つまり「行動」しませんから、「自分なら…
と反省してみる
」という《虎の巻》
適用するのは至難のワザ…ですよね。

では、どうすればいいか。 467e4d1397bb76af1e4eb5d7e1faad4f_s

困ったときは「Yahoo!知恵袋」((((((ノ゚⊿゚)ノ

というわけで「知恵袋」の回答例を
紹介させてもらいますが、その一人、
「kmkr69218」さんは「棒は社会で疎外
された人間を象徴して」おり、墜落は
「自殺」によるもの、という明快な
解釈を下しています。

男を棒といっているだけです。
おそらく「でくのぼう」
(必要のない人間)とかけて
いる
んでしょう。
屋上から落ちる瞬間と最後にも
子供の叫び声がありますよね。
あれで自殺ということが
強調されています。
〔中略〕
主題は社会に必要とされない人、
無用な人が溢れている社会を
危惧しているのでしょう。
また、男自身も自殺をする
ということは、生きる意味を
見出せていないということです。

よし、しめた。これで行こう!
kmkr69218さん、ありがとう~(^O^)/

Sponsored Links


え? でも、なんだかなあ……( ̄ヘ ̄)
ですか?

よろしい。この解釈に納得しきれない人は、
もう少し考えてみましょう。



👉 何かの「寓意」と解釈すべき?

まず、墜落が「自殺」だったとは
どうしてわかるんでしょうか。

「ふわりと体が宙に浮き、『父ちゃん』
という叫び声を聞きながら、私は墜落し
はじめた」とあるわけですが、その直前の
「私」は「ぐっと上半身をのりだしていた」
とはいえ、「危険なほどだったとは
思えない」と明記されています。

この場合「危険」をあえて犯さなければ
死ねないはずなので、自殺するつもり
だったとは読めないと思うんですけどね。

weatherman-849792_640  
 

また教授と学生が「生きる意味など」
について考えていたとしても、それが
「自殺した」ことの証拠になるん
でしょうかね?


「私」は動けない「棒」ですが、意識は
あって、意識内容を記述し続けているわけ
ですから、「自殺」であれば、その経緯や
現在の状況との関係などについてまったく
語らないのも不自然ではないですか?


ともかく「kmkr69218」さんの解釈は、
「棒」のイメージは「でくのぼう」という
慣用句から発想されたもので、要するに
「必要のない人間」の隠喩(メタファー
=類似性に依拠した比喩)である…
という認識に基づいています。

この認識の網を作品全体にかぶせることで
見えてくる「意味」のシステム
(つながったまとまり)を物語の「寓意」
と解釈し、それがを作品の主張であり
主題だとする立場ですね。

囚人 images

あるいはあなたの先生も、そういう
説明をされたかもしれません。

それで納得できる人はその線で
感想文もでっち上げればいいですし、
もしテストに出たら、その線で
回答すればいいと思います。


でも、どうもしっくり来ない、違うような
気がする……という人には、この先をお読み
いただきたいと思うんです。



👉 語りの流れの異様さ

「棒」に目をとめた白ひげの先生と二人の
学生は「この棒から、どんなことが分るか」
考えてみよう、と分析を始めます。

はじめ、「棒」をあくまで棒として扱って
いますが、「なにか一定の目的のために、
人に使われていた」という分析のあたり
から、学生の言葉は、いわばねじ曲がって
ゆき、先生もその流れに乗ります。

「しかも捨てられずに使いつづけ
られたというのは、おそらく
この棒が、生前、誠実で単純な
心をもっていた
ためでは
ないでしょうか」
「君の云うことは正しい。
しかし、幾分、感傷的になり
すぎているようだね」


つまり「棒」をあたかも    098760
「人間」であるかのように見る意識は
ここではじめて発生しているのであって、
それ以前にはなかったものです。
(棒は棒としてしか認識されていなかった)

「棒=人間」というこの新しい意識で
二人の学生が議論を進めてゆくと、
やがて先生が笑い出します。

「君たちの言っていることを要約
すれば、つまりこの男は棒だった
ということになる。
そして、それが、この男に関しての
必要にして充分な解答なのだ…
すなわち、この棒は、棒であった」


ここでは、もはや「棒」でなく   羊博士082984
この男」の方が主語になってしまった
ところが、いささかショッキングです。

ここで認識は「棒=人間」から
「人間=棒」へと反転した、
ともいえますね。

「棒」の形をした「この男」こと「私」は、
人間と認識され、研究されているにも
かかわらず、依然として「棒」としてしか
扱われない、という奇妙にねじくれた
状況が現出しています。

終わりの方では、「この棒は、ぼくらの
云うことを聞いて、なにか思ったで
しょうか?」という学生の声や
「父ちゃん、父ちゃん、父ちゃん……」
という子供の叫び声をも認識しますが、
それらに対するなんらの感情的な反応も
記述されないまま、小説は終わります。

Puppy-s


安部公房の前衛性、新しさを鑑賞することが
求められているのなら(教科書に採用される
理由がそれ以外にあるんでしょうか?)、
味わうべきは、このような語りの流れの
異様さ、それを仕掛ける意匠の新奇性
といったところではないでしょうか。

寓意を読むとしたら、むしろそういう作品の
構造自体に見るべきなんじゃないかと。

「棒=必要のない人間」という隠喩として
読むだけなら、そこになんの新しさも
ないわけですから。


👉 新しい文学として読む

なので、すぐれた感想文やレポートを書こう
という志のある人なら、この異様な語りの
構造に自分がどう反応したか、どんな感じを
もったか、といったところをなんとか言葉に
して行きたいですね。

たとえば……登場人物の言葉や思考は、
他の人物の言動や状況からなんらかの
「暗示」を受け、それに突き動かされる
ように移動していっているようにも見えます。

脳human_brain_in_action

その動きは「シュルレアリスム」的でも
あり、語りは「意識の流れ」を直接に
映し出すようでもあります。

この「シュルレアリスム」とか「意識の
流れ」とか、20世紀に入って生まれた
新しい文学の考え方が採り入れられている
ことは明らかですので、そのあたりを
調べてから読み直せば、また新しい発見が
あるはずですよ。

「シュール」という日本語を産み
落とした芸術運動、シュルレアリスム
に関しては、こちらもをご覧ください。

シュールの意味と使い方:お笑いの世界から芸術的”超現実”へ
原民喜 夏の花で感想文:夢が交錯する”超現実派”の文体を解説
又吉直樹 火花で感想文・批評文を☆火花を散らす”ボケ”師弟

シュールな顔 mural-464229_640

また『棒』の世界にも顕著なのが「暗示」を
受けてしまうことの恐ろしさ。

これを描ききった傑作の一つに
シェイクスピアの『オセロ』があります。

詳しくはこちらで。

シェイクスピア オセロのあらすじと名言:漱石の解説つきで
シェイクスピアのオセロを講義:漱石の名言「白砂糖の悪人」?

むずかしいかもしれませんが、
やりがいのある仕事ではないですか。

なんにせよ、全文をじっくり
読みなおすところから始めるしか
ないかもしれませんね……( ̄_ ̄ i)

多少とも突っ込んだ感想文やレポートを
書こうという人は、そのへんを調べて
みるといいんじゃないでしょうか。



👉 まとめ

さて、いろいろと情報提供してきました。

これでもう大丈夫ですよね。

テストだろうが、感想文だろうが、
はたまた授業のための指導案だろうが。


安部公房の作品ではもう一つ、『鞄』を
載せている教科書もあり、これについても
記事を書いていますので、多少は参考に
なろうかと思います。

こちらです。
安部公房 鞄のあらすじ… 簡単/詳しくの2段階で解説
安部公房 鞄をどう解釈 ? 主題は? 問題を見つけて感想文へ


そのほか安部公房の本を早く安く手に
入れたい場合は、Amazonが便利です。
こちらから探してみてください。

Ⓐ安部公房の本:ラインナップⒶ

え? 書けそうなことは浮かんできたけど、
でも具体的に、どう進めていいか
わからない( ̄ヘ ̄)?

そういう人は、「感想文の書き方
《虎の巻》」を開陳している記事の
どれかを見てくださいね。

当ブログでは、日本と世界の種々の
文学作品について「あらすじ」や
「感想文」関連のお助け記事を
量産しています。

参考になるものもあると思いますので、
こちらのリストからお探しください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧

ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ