サクラさん
『君たちはどう生きる
か』で読書感想文を
書かないといけません。

著者の言いたいことは、
結局「おじさんのノー
ト」に凝縮されている
ので、そこを押さえて
行こうかな…と

ハンサム 教授
なるほど。

でもそれだと”読書レ
ポート”にはなっても
“感想文”として花丸
(💮)のもらえる文章
にはならないんじゃ
ないかな;^^💦

サクラさん
オヨヨ(🐱) では
花丸ゲットにはどう
したら…?

ハンサム 教授
やはりストーリーを
追って主人公の心に
入り込んでみる。

そしてこの場合、自分
なら…と考えたことを
書いていくんですよ。

サクラさん
ふ~む。コペル君は
ここぞという時に怖じ
気づいて友だちを
裏切る形になった
ことで苦しみます。



でもあそこで飛び出さ
なかったことで、結果
的には怪我人も出ず、
不良たちは処罰される
方向へ進んだのだから、
よい選択だったとも
いえるんじゃない
でしょうか。

ハンサム 教授
そういう議論も
アリだよね。

この視点から入って
いけば「おじさんの
ノート」も”感想”の
対象になってくるん
じゃないかな。


Sponsored Links




というわけで、おなじみ”感想文の書き方”
シリーズ第241回は、2017年に漫画化
されて話題になった吉野源三郎の小説
(児童文学。1932 👇)で行ってみます!
  



こちらはその漫画版((((((ノ゚⊿゚)ノ
   👇




👉全文を読み返す時間がない人や
要点を整理したい人は、こちらで
ストーリーをインプットして
くださいね。

君たちはどう生きるか(原作)のあらすじ おじさんのノート解説

      


さて、これで話の流れはわかってもらえた
ことにして、さっそく感想文に
取りかかりましょう。

高校生の感想文なら、やはり中学生には
ここまでは書けないだろうと思わせる
高度な部分を含んでいなければ、
高い評価は得られません。


そこでハンサム教授にお願いして
(かなり優秀な方の)高校生に変身して
もらい、字数制限1200字の場合を想定
してご試作をお願いしました。

さすがの仕上がり、批判的な部分も
含んで大学生の読書レポートなどと
しても使えそうな、かなり高度な
感想文がこちらです。



高校生の読書感想文(1200字)


 『君たちはどう生きるか』を
物語として読む場合、最大の
山場は「六、雪の日の出来事」
でのリンチ事件にあると思う。

主人公のコペル君が日ごろ仲良く
している北見君と水谷君が、
上級生の不良グループに因縁を
つけられ、何度も謝らせられる。

そこへもう一人の友、浦川君が
出てきて弁護しようとするが、
いきなり殴打されてしまう。

自分も隠れてないで出ていかなく
ては…と思いながら、結局その
勇気が出ず、コペル君は三人が
雪のつぶてを投げつけられるのを
離れて見守るばかりだった。



三人に合わせる顔のなくなった
コペル君は翌日から学校へ行けず、
実際、感冒で高熱も出たので、
半月もの間、病床で悩み続ける。


その間、母親と叔父(父親代わり
として頻繁に「おじさんのノート」
を書いてくれている)から、
それぞれ助言をもらって、三人に
謝罪の手紙を書くなどし、
和解ができていく。


 物語の幕間に6回もはさまれる
「おじさんのノート」は、特に
この問題について論じた部分で
大いに考えさせられた。

たとえば「人間が、元来、何が正しい
かを知り、それに基いて自分の行動を
自分で決定する力を持っているので
なかったら、自分のしてしまった
ことについて反省し、その誤りを
悔いるということは、およそ無意味な
ことではないか」とある。

つまりコペル君は「何が正しいか」
を知っていたからこそ、自分の
犯した「誤り」を悔い悩んでいる
という見方だが、本当にそう
いえるのか、疑問に思ったのである。


 あの場合に自分も出て行って
殴打を受けるのが「正しい」という
判断は、あくまで一つの立場であって、
人間が誰でも生まれながらに身につけて
いる普遍的な正義だとまでは言い
切れないのではないだろうか。

世界各地でくすぶり続け、一向に
消滅しそうにない戦争にしても、
敵対する双方が「正義」を主張
しているわけで、どちらが
「正しい」という普遍妥当的な
判断は不可能ではないか。



 ここで私が思いだすのは、
『アンパンマン』の生みの親、
やなせたかしさんの言葉である。

ばいきんまんにも彼なりの
「正義」がある、それを知って
いるからアンパンマンは彼を
殺したりはしないのだ、と
やなせさんは語っていた。

それなら「絶対的な正義」という
ものは存在しないのかと問うなら、
やなせさんは、それはあると言う。

たとえば川で溺れかけている人を
見たら、それが誰だろうと、
後先を考えないで飛び込む。

それで自分が死ぬことがあっても、
それは仕方ない。

こういう場合の人間の動きこそ
「絶対的な正義」と呼べると。


 コペル君の苦しみが「正義」への
違反から来るというのが叔父の
見方だが、私が十分に納得でき
なかったのは、その「正義」が
どれほど普遍的で「絶対的」か
について、やなせさんほどに
掘り下げた検証の跡が見受け
られないからではないかと思う。

もちろん戦争前、1937年の著作に、
戦争から帰還して弟の戦死を知った
やなせさんの叡智を求めるのは
ないものねだりなのではあるが。
         (1194字)

Sponsored Links




どうです?

なかなかのもんでしょう。

これをそのままコピペすることは
もちろん厳禁ですが、適宜、自分らしい
ものに文章を変えて使ってもらうのは
かまいませんよ~;^^💦


もっと短い字数で要求されている場合は、
あらすじを書いているところとか、
必要なさそうな部分を切り捨てて
スリム化してください。

逆にもっと字数がほしい場合は、
それこそ自分の経験や考えを入れて
膨らましていけばいいわけです。

👉文中で、アンパンマン原作者の
やなせたかしさんの発言に
ふれていますが、それは
『わたしが正義について
語るなら』(ポプラ新書、
2013)に出ています。

詳しくはこちらの記事を
ご参照ください。

アンパンマン 原作絵本は怖い!? 首なしヒーローが体現する正義とは?

       



🐥 まとめ

さあ、どうでしょう。

上記のハンサム教授の試作は
あくまでヒントですよ、ヒント。

なるほどこんなのもありか…
というところだけ学んで、あとは
自分なりの”感想”の世界を
作り上げていってくださいね。


80年も前の旧制中学での話とはいえ、
現代の中学・高校生に通ずる問題は
たくさん含まれていますよね。

そう、たとえば”いじめ”です。

  

いつの時代もあったんだなあ、
と思わされますが、その様態、
やり方・考え方が微妙に違うと
思いませんでした?

そのへんを自分の経験とからめて
書いてみるのもいいんじゃない
でしょうか。

👉“いじめ”の問題を心理学や
脳科学の観点から考察して
みようとお考えの場合は
こちらの記事もご参照
ください。

いじめは楽しい…の心理をまず認めよう//中野信子流脳科学の対策論

ゴシップ好きはイジメ好き?その心理に潜むねたみ/平等主義とは
      


さあ、これでもうバッチリですね。
読書感想文だろうが読書レポート
だろうが…。

ん? 書けそうなテーマは浮かんで
きたけど、でもやっぱり感想文は
苦手で、具体的にどうやっていいのか
かわからない( ̄ヘ ̄)?

なるほど。

そういう人はまず、そもそも「感想文」
とはどういうもので、自分はなぜそれが
苦手(嫌い)なのかというところから
考え直してみてはどうでしょう。
👉こういった「感想文」問題で
悩んでいる人はまず、こちらをの
記事を読んでみてください。

きっと目からウロコですよ。

読書感想文 入賞のコツ4条⦅評価されるのは感想ではなく…何?⦆

      

👉また当ブログでは日本と世界の
種々の文学作品について
「あらすじ」や「感想文」関連の
お助け記事を量産しています。

参考になるものもあると思いますので、
こちらのリストからお探しください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧


ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/


(Visited 10,732 times, 1 visits today)
Sponsored Links