サクラさん
読書感想文の宿題を
『美女と野獣』で
やろうかな…と。

ハンサム 教授
ボーモン夫人の
童話ですね。

サクラさん
いえ、ディズニー
映画です(😸)

ハンサム 教授
それじゃあ読書感想
文にならないじゃ
ないですか;^^💦

サクラさん
でもストーリーは
だいたい同じだから
読んだことにして
書いちゃえるんじゃ
ないかと…(😹)

ハンサム 教授
原作も長くはないんだ
から読みましょうよ。

でも、映画だけ見て
書くってのも不可能
じゃないだろうね;^^💦

サクラさん
へへ(👅) それで聞き
たいんですが、村人
や貴族の間にアフリカ
系の人が混じってる
のは原作通りなん
ですか?

ハンサム 教授
まさか;^^💦

あれは保守的で差別的
と批判されてきた
ディズニーが「もう
差別してませんよ~」
と叫ぶ(叫び)世間向け
のアピールでしょう。

サクラさん
はは~ん、そういう
ことですか。

その問題に絡めて
書こうかと思ったん
ですよ。


だって”人の見かけ
重要かそうでないか”
というのはまさに
原作の主題でも
あるのでは?

ハンサム 教授
なるほど、それは
よい着眼ですね。


Sponsored Links




というわけで、おなじみ”感想文の書き方”
シリーズ第243回はボーモン夫人版
(1756)またはヴィルヌーヴ夫人版
(1740)の『美女と野獣』!
   👇 



どうしても読むのが面倒なら、これを
ディズニー映画(エマ・ワトソン主演、
2017年)で代用してしまおうという
いささか安直な企画です。
   👇 


その紹介動画をご覧ください。👇





👉全文を読み返す時間がないとか
あらためてポイントを整理したい
とかの人は、こちらで
ストーリーをインプットして
くださいね。

美女と野獣 原作のあらすじ ディズニーとの違いを結末まで

       beauty_and_the_beast_2


さて、これで話の流れはわかって
もらえたでしょうから、さっそく
感想文に取りかかりましょう。

今回は字数制限1200字での読書感想文を
要求された高校生のサクラさんが
ハンサム教授のアドバイスを受けながら
なんとか完成させた文章を
お目にかけましょう。

教授の助けがあっただけに、さすがの
仕上がり、読書レポートあるいは批評文
としても通用しそうな、かなり高度な
感想文になっていると思います。

それでは、じっくりとどうぞ。



読書感想文『美女と野獣』(1200字)


 ボーモン夫人の『美女と野獣』
を読んでみる気になったのは
ディズニーの実写映画『美女と
野獣』を見て驚いた点があり、
原作はどうなのかを確かめたく
なったからだ。

驚いたのは、ヒロインのベルの
住む村や王宮の舞踏会に集う
人々を演じる俳優に、アフリカ
系としか見えない人がかなり
多く混じっていたことである。

ボーモン夫人の作品は18世紀
半ばの出版であり、素材に
なった伝説はもっと古い。

18世紀以前のフランスの
一般市民や貴族のうちに
アフリカ系の人もいたのか
と目を疑ってしまったのだ。


          

 そこで目を皿のようにして
ボーモン夫人作を通読したの
だが、人種への言及などは
一切なかった。

それなら、登場人物はすべて
当時のフランスにいたはずの
白人にするのが自然であって、
アフリカ系俳優を使うのは
ディズニー映画の作為と
見るほかない。


なぜそのような作為が
行われるのかについて色々と
調査してみると、どうやら
これは、ディズニー映画の
傾向として従来から「保守的」
との指摘があり、時には
「人種差別的」との批判さえ
受けてきたことへの配慮らしい。

つまり「人種差別的ではない」
というアピールなのだろう。


 だが、アフリカ系俳優が一人や
二人ではなく、また特に舞踏会
などで華麗に歌い踊る女性に
何人も採用されているのを
見せつけられると、私は正直な
ところ、げんなりした。

ここまでやられると、「ほらほら
差別してないでしょ。だからもう
文句言わないでね」と釘を刺す
ようで、むしろイヤ味に感じる。


 それに加えて気になるのは、
映画でこういう”見せ方”をする
ことが、はたして原作あるいは
その素材となった民話の心、
というかメッセージにかなう
ものなのか、ということである。

 

つまり原話の教訓は明快で、
要するに「人を見かけで
判断してはいけない
(特に娘が結婚相手を
受け入れる場合)。
人の心の中身は外見と
全然関係ないのだから」
ということだろう。


 しかるにディズニー映画
『美女と野獣』が登場人物の
人種的外見に強いこだわりを
見せたのは、はたしてこの
精神に合致したものといえる
のだろうか。

製作者側は合致していると
強弁するかもしれないが、
私にはそう思えない。

人間の中身が外見と関係
ないのなら、俳優の人種に
ついて作為を持ち込む必要も
またないのではないだろうか。

自然にフランス人らしく
見える人を使えばよかった
と思う。


 もっともそういうことを
言い出せば、醜い野獣が
最後に美しい王子に戻る
というのがそもそも原話の
メッセージに沿わないという
気もしてくる。

野獣は醜いままで、ヒロインは
その醜い男を夫として受け入れて
こそ教訓は説得力をもつのでは
ないだろうか。

子どもに現実を教えるには
それが正当だと私は思うが、
しかしそれでは”夢”がなく、
“お話”にならないので、
映画にもできないという
こともわかる。

そうであればアフリカ系の
俳優たちも、ラストでは野獣の
変身と同時に白人に変化する
ということにしても面白かった
のではないだろうか。
        (1199字)

Sponsored Links




どうです?

さすがによく書けていると
思いませんか?

これをそのままコピペすることは
もちろん厳禁ですが、ところどころ
つまみ食いして、自分らしい文章に
変えて使ってもらうのはかまい
ませんよ~;^^💦


もっと短い字数で要求されている
場合は、あらすじを書いているところ
とか、必要なさそうな部分を切り捨てて
スリム化してください。

逆にもっと字数がほしい場合は、
自分の経験や考えをどんどん入れて
膨らましていけばいいわけです。




父親からの離脱と同時に…?

ん? これじゃあやはり純粋な
読書感想文といえないから、やはり
映画からの情報は抜きにして書きたい?

そうですねえ、それなら…

ヒロインと父親との関係に注目
してみてはどうでしょうか。


映画でもベルは父親を深く愛して
いることがよくわかりますよね。

原作でもそうで、こちらでは姉が2人
いて、その2人と対照されることで
父への強い愛がいっそう強調されます。

   

この点に注目すると、このドラマは
《はじめは醜く恐ろしく見えた男性への
愛に徐々に目覚めることで、親からの
呪縛を解かれる娘の物語》として
読むこともできてきます。

つまりベルは野獣の許可を得て、父を
助けに村へ戻りますが、たとえば
心理学者ブルーノ・ベッテルハイムは、
この展開を「父親との繋がりが弱まり、
愛が野獣に移ったことのシンボル」
と見ています。

こうして父との結びつきを断ち切って
はじめて「以前はいとわしいもの
だった性が、美しく見えてくる」
というのですね。

詳しくはこちらの本でどうぞ。
    👇



同意するにせよ、しないにせよ、
この解釈を我が身に当てはめて考察
してみるというのも、感想文を書く
ためのヒントになってくるでしょう。

実は『美女と野獣』の映画化は同じ
ディズニーのアニメ版(1991)を含め、
これまでに何度も映画化されている
のですが、それらの中でも、今回の
エマ・ワトソンは特に深く父を愛する
ように演出されていたと思います。

父親役の俳優さんがかなりの
(元)イケメンだというのも
それに関わるんでしょうね;^^💦

Sponsored Links




この点について(あるいはそのほかの
ポイントでも)確かめたいという人は
ぜひ映画『美女と野獣』の比較を
試みてください。

まず新しいところでは、宮崎駿監督の
影響を公言しているクリストフ・ガンズ
監督による『美女と野獣』(フランス・
ドイツ合作(2014)。

予告編をどうぞ。 👇




そしてジャン・コクトー監督、ジャン
・マレー主演の古典的名作(1946)。

ここではガストンは善玉で王子役
マレーの一人二役なんですね。 👇




それから1991年のディズニー・アニメ。

👉この作品なら今や全編を
タダで見ることも
できちゃうんですよ;^^💦

今すぐ、こちらをクリック! 👉 U-NEXT




異類婚姻譚

『美女と野獣』の物語に流れている
テーマとして《父親(あるいは家族)
からの離脱》というものもあることを
指摘してきましたが、さらにもう一つ
忘れてならないのが…

この物語が「異類婚姻譚」だという
ことですね。

     

つまり人間と人間でない存在(もともと
人間だったり、あとで人間になったり
するものを含めて)との恋愛、結婚…。

「鶴女房」「たにし長者」など日本にも
結構ありますが、ヨーロッパはもっと
多かったようで、たとえばグリム童話の
「カエルの王様」なんていうのも
それですよね。

カエルに求婚された王女がカエルを
嫌って壁に投げつけると、それが
美しい王子様に変身します。

    Amphibians-Frog-s

これら異類婚姻譚は恐怖とないまぜの
ロマンティックな好奇心をそそり、
人々を惹きつけてきました。

👉「異類婚姻譚」系の物語に
ついてはこちらで情報提供
していますので、ぜひどうぞ。

童話 人魚姫(アンデルセン)のあらすじ💛本当は怖い恋物語

小泉八雲の怪談 雪女のあらすじ⛄破局を呼び込む”宿命の女”?

   熊と女 20150424001059_0

異類婚姻譚(小説)💛本谷有希子💛芥川賞受賞作のあらすじは?


ともかく、『美女と野獣』のキモが
《ほとんど人間と思えないほど醜い
男をどのように愛し始めるか》という
ところにあることはたしかでしょう。

この意味では同じメッセージを伝える
のに、男は必ずしも「野獣=異類」
である必要はありませんね。


れっきとした人間であってもかまわない
わけで、この系統の「野獣的な男」の
物語が、たとえば「青髭」ですね。

👉その「青髭」をはじめ、
恋愛や結婚にかかわる教訓を
含んだ童話なら、こちらの
記事で情報提供していますので、
ぜひ覗いてみてください。

青髭(童話)のモデル ジル.ド.レの実話とあらすじ(ペロー/グリムの違い)

  

シンデレラのガラスの靴:小ささの意味は?原作は中国起源?

白雪姫は怖い?こんなに違う原作(グリム童話)とディズニー映画

赤ずきんのあらすじ: グリム童話とペロー童話でどう違う?

      

赤い靴(アンデルセン童話)原作のあらすじ:怖いのはどこ?

雪の女王(アンデルセン)のあらすじ💛アナ雪”原作の怖い童話


Sponsored Links





まとめ

さて、読書感想文ですが、
もう大丈夫ですよね。

書けそうなことはあちこちに
転がっているでしょう。

上記で提案したこととしては、
たとえば…
  • 人種問題(ディズニー映画
    とのからみで)
  • 家族(特に父親)から夫への
    愛の移動
  • 異類婚姻譚の問題
  • 人の見かけ(特に顔)と
    心(性格)の不一致
などなどですね。


ん? 書けそうなテーマは
浮かんできたけど、具体的に
どう進めていいかわからない( ̄ヘ ̄)?

そういう人は、「感想文の書き方
《虎の巻》」を開陳している記事の
どれかを見てくださいね。

👉当ブログでは、日本と世界の
種々の文学作品について、
「あらすじ」や「感想文」関連の
お助け記事を量産しています。

参考になるものもあると思いますので、
どうぞこちらからお探しください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧

ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/

(Visited 250 times, 2 visits today)
Sponsored Links