ついに来てしまいましたね、
運動会シーズン。

運動会での日よけや服装のことで
記事を書いてきてましが、
さて、今日は……

え?
親の格好なんかどうだっていい、
運動会は子どもが主役だ!?
 
       

うーん、それはそうです。

でもね。

ズラリ居並ぶママさんたちの中には、
ドン小西ばりの「ファッションチェック」に
目を光らせていらっしゃる方が、結構
いらっしゃるようなんですよー(゚_゚i)。

Sponsored Links




運動会でもファッションチェック

いや、ママさんに限定するのは差別かもね。
近頃は男性、特に若いパパたちにも
その種の「眼」を感じることがあります。

なかなか侮れません、人の「眼」は。


そしてその辛辣な「眼」はめぐり
めぐって、あなた自身のお子さんに
突き刺さってくる可能性もあるのです。

「なにあれー、あんたのパパって乞食ィー?」
とか、「わ、派手! あんたのママって
ゲイノウジンー?」とか、「運動会と
入学式と間違えてない?」とか……



いやほんとに、近頃の子は何を言い出すか
わかりません。

で、それがイジメに発展する可能性だって
あるのです、いや冗談でなく。


というわけで、ともかく今回は、
運動会でのパパの服装について
経験者からのアドバイスを
試みたいと思います。


ハイヒールで闊歩する役員

ある人の話では、幼稚園の運動会で
役員になっていたママさんが、
ハイヒールを履いてきたのですね。

で、みんなの目が点に(・・)なったことは
いうまでもありませんが、それで終わらず、
その学年では「レジェンド」(伝説)として、
子どもが中学校へ進むまで長く語り継がれて
いるとのこと。

    バッグ images

まあ、役員や係になっててなおヒールで
行きたい人は、スニーカーなど運動に
適した靴を持参して、履き替えるのが
よろしいんじゃないでしょうか。

グラウンドを闊歩するヒールからは、
「手伝う気も運動する気もないからね」
という「意味」が発散して伝わって
しまいます、本人の意図はどうあれ;^^💦

Sponsored Links




この意味では、スカートというのも、
どうなんでしょうね。

「競技に出る予定はないから」
といってもねえ……。

やっぱりKY(空気を読まない)と
見られちゃうんじゃないですか?

  Creative-Photo-s


奥様のチェックでパパのやる気を

でもまあ、たいていのママはそこそこに
オシャレでファッションセンスがおあり
ですから、そんなに心配いらない
だろうとは思います。

問題は、むしろパパの方でしょうね。

放っておくと、ひどくだらしない格好とか、
あるいは逆に気合が入りすぎた
ファッションで人目を集めすぎて
しまったりと、困ったケースが
往々にして出てきます。

パパ・ママの当日の服装は、子どもも含めて
一家での運動会参加への士気、その場での
やる気の出方をも左右してきますので、
決して軽視してはいけません。

そこはやはり奥様が、しっかりと監督
なさる必要がおありかと……。

  綱引き048080

そこで、第一に推奨されるパパの服装は、
やはりやる気満々のスポーツウェア姿
でしょうね。

ジャージでもなんでもかまいません。
学生時代の部活で着てたものもよい
でしょう。
(野球部なら野球のユニフォーム、
相撲部なら◯◯ド◯だ!)

    063022

とにかくいつ呼び出されても走りだすぞ、
という態勢をばっちりと誇示している
わけで、子どもたちから見ても、
頼もしいことこの上ありません。

ただ難点は、やる気が前面に出すぎてて
引かれる場合があること
(まあこれは主にママの場合なので、
男はそんなに気にしなくていい)


それから格好をつけてるわりに活躍
できなかった場合、ちとカッコ悪い
ことぐらいでしょうか。
(まあこれもお愛嬌なので、
気にしなくていいんですが)

  cde8d8d90741f9534b227a1fd3aa0a92_s

クールでスマートなパパを演出

いやー、そんな気合の入った格好はウザい、
オレはあくまでクールに、スマートに
行くんだと主張されるパパには、
たとえば……

「ポロシャツ+ハーフパンツ」のスタイル
なんかどうでしょう。







「Tシャツ+ジーンズ」も決まってれば
結構でしょうが、やや普段着的すぎて、
ヘタすると、それこそダラシナク見える
可能性もあるかな?

ここは爽やかな「ポロシャツ」で知性と
健康を演出し、スポーティな
「ハーフパンツ」で気合を示しましょう。

  29771a670a011674d4d94e15f5cf8269_s

ボトムは寒くても「ハーフ」で決まりです。

男の引き締まったふくらはぎが
ファッションチェック・ママをうっとり
させる場合もあるそうですから、自信の
あるパパはそれらしい人の目前に
進み出て、背を向けて仁王立ちに
なってあげましょう……( ̄^ ̄)……。


色やデザインの選択にも爽やかさを
意識したいですね。


とにもかくにも、かわいい子どものためです。

少々の気恥ずかしさなどふっ飛ばして、
ここはひとがんばりするしかないでしょう!

(Visited 91 times, 4 visits today)
Sponsored Links