やあやあサイ象です。

「感想文の書き方」シリーズも、
早くも第36回。
「あらすじ」暴露サービスとしては
第13弾を数えます。

今回は安部公房の短編小説で、
高校現代文の教科書に採用されている
『鞄』(1976。『笑う月』所収)です。
   👇


さて、一口に「あらすじ」を、といっても、
話の骨子だけでいいという場合から、
読書感想文を書くんだから少し詳しくないと
という場合まで、千差万別でしょう。

そこで出血大サービス((((((ノ゚⊿゚)ノ

「ごく簡単なあらすじ」と
「やや詳しいあらすじ」の
2ヴァージョンを用意しましたよ~(^^)у

Sponsored Links





👜 ごく簡単なあらすじ(要約)

まずはぎゅっと要約した「ごく簡単」
ヴァージョンのあらすじ。

私の事務所に、求人広告に応募する
という青年が現れたが、その広告は
半年以上も前に出したもの。

事情を尋ねると、彼は大きな鞄を
指し示し、この「鞄の重さ」が
行く先を決める結果だと答える。

奇妙な問答の末、鞄を持ち込まない
ことを条件に採用することとし、
下宿さがしのため周旋屋に電話して
やると、青年は下見に出て行き、
鞄が残される。

   103201

鞄を持ち上げ、歩いてみると、
肩や腰にこたえて、急坂などでは進めず、
方向転換して事務所に引き返そうと
してもうまくいかない。

とにかく歩ける方向へ歩いていると、
どこを歩いているのかも分からなく
なるが、「鞄が私を導いて」いる
と感じて不安も迷いもないので、
私は自由だった。


え? なんだかよくわからん?

ま、それはそうかもしれませんね。
全文をちゃんと読んでも「なんだかよく
わからん」というのが大半の人の反応
でしょうし、むしろその「わからん」
ところこそが持ち味だともいえる
ような作品ですからね。



👜 わからんでも、感じればいい

ですから、これが「わからん」でも
自分はバカなんじゃないか、なんて
気に病む必要はありませんよ;^^💦

     115733

昔、夏目漱石は、初期の「一夜」という
作品について、やはり「わからん」と
知人に言われましたが、「分からんでも、
感じてもらえばいい」という風に
その人に回答しました。

公房先生も、たとえば愛人として長く
そばにおられた女優の山口果林さんから、
「先生、これわからんよ」といわれたら、
やはり同じように答えたんじゃないかな?

👉山口果林さんとの関係については、
こちらをどうぞ。
 



それはさておき、ともかくここは
「分からんでも、感じる」という場合の
「感じる」……その感じ方にもまたいろいろ
あるでしょうが……ともかく何かを
「感じ」ようという姿勢で読み込んで
いったらいいと思うんです。

Sponsored Links



👜 やや詳しいあらすじ

そこで「やや詳しい」ヴァージョンの
あらすじに移ります。

ただしいこれはよく「わからん」人間が
「でも、こう感じながら読めば楽しめる」
という立場から書いたものですので、
そのつもりで(絶対視しないで)
お読みください。

切れ目のない原作を「起承転結」の4部に
分けていますが、これも上記のような
「楽しみ方」からくる判断です。

「 」内は原文の引用です。


💼【起】

私の事務所に、新聞の求人広告を
見てきたという青年が現れたが、
その広告は半年以上も前に出したもの
なので、その非常識さに私はあきれる。

あきらめて帰ろうとした青年を私は
引きとめ、「考慮の余地はある」から、
「なぜ、いまさら応募する気に
なったのか」説明してほしいと要求。

       097778

「一種の消去法」でここしかないと
わかった…とさりげなくいう青年に
私も「妙に素直な気持ち」になる( ̄_ ̄ i)。


💼【承】

具体的に言うよう求めると、彼は足元の
大きな鞄を指し示し、急な坂などでは
「もう駄目」なので、選べる道が
制約されてしまう……つまりこの「鞄の
重さ」が行く先を決めるのだと答える。

それなら、その鞄を持たずにいれば?…
との問いには、それは「あり得ない
仮説」で、「いつだってやめられる
からこそ、やめない」などと
不得要領のことを言う。

   Heggllo-l_medium

採用されなかった場合は?

と問うと、またあらためてお願いする
だろう、地形に変化でもないかぎり……
と答える。


「しばらく、あずかってみてあげよう
か」と提案し、強盗に目をつけられた
場合などに言及すると、青年は無言で
小さく笑い、私も笑って、
鞄を持ち込まないことを条件に
採用を決める。

勤務中の鞄の置き場所は「下宿」になる
だろうというので、周旋屋に電話して
紹介してやると、青年は下見に
出て行き、鞄が残される。


💼【転】

「なんということもなしに」
鞄を持ち上げ、歩いてみる。

   0a4c9820dffaec1af314816692bc4f17_s

しばらく歩くと、肩と腰にこたえて
一歩も進めなくなったが、気づくと、
そこは急坂にさしかかっている。

方向転換するとまた歩けはじめるが、
事務所に引き返そうとしてもうまく
いかず、道順を思い浮かべても、
ふだん意識しなかった坂などで
寸断されてしまう。

とにかく歩ける方向へ歩いていると、
どこを歩いているのか分からなくなる。


💼【結】

不安は感じなかった。

「ちゃんと鞄が私を導いて
くれている」。

ただ歩きつづければよく、
「選ぶ道がなければ、迷うこともない。
私は嫌になるほど自由だった」


Sponsored Links




👜 まず、問題を発見しよう

え? やっぱりよくわからん、
何をどう感じればいいのか……?

それならもう一回、本文または
上記の「詳しいあらすじ」を読み返して、
自分に関わりのありそうな問題を
何か一つ見つけてください。


たとえば上の「詳しいあらすじ」の
【結】の終わりに言われている、
「選ぶ道がなければ、迷うこともない。
私は嫌になるほど自由だった」……。

これなんか主題に直結している
ようでもあり、自分なりに問題発見
していけそうではないですか?

     

え? ダメ? 

それなら、他の何でも……主題と全然
関係なさそうと思えるものだって
かまわないんですよ。


たとえば? そうですねえ( ̄ヘ ̄)……

手っ取り早いのは、誰かの示した
解釈を参考にすること。

👉こちらの記事で、いくつかの問題を
抜き出して解釈を試みていますので、
参考にしてみてください。

安部公房 鞄をどう解釈 ? 主題は? 問題を見つけて感想文へ

       
また同じ作者の『棒』についても、
書いていますので、ご参照ください。

安部公房 棒のあらすじ:このわからない短編で感想文だって?

棒(安部公房)の考察と解説 ◕前衛性を読み取ってテスト対策

          


👉そのほか安部公房の本を早く安く手に
入れたい場合は、Amazonが便利です。
こちらから探してみてください。

   👇
◕安部公房の本:ラインナップ◔

👉なお当ブログでは、安部公房
作品ばかりでなく、日本と
世界の種々の文学作品に
ついて「あらすじ」や
「感想文」関連のお助け記事を
たくさん書いています。

参考になるものもあると
思いますので、どうぞ
こちらからお探しください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧

ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/

(Visited 6,490 times, 13 visits today)
Sponsored Links