蜜柑(芥川龍之介)のあらすじ 🍊簡単/詳しいの2段階で解説

 


やあやあサイ象です。

「感想文の書き方」シリーズも
はや第39回にして
「あらすじ」暴露サービス
としては第16弾。

今回は芥川龍之介の『蜜柑』(1919)で
行ってみましょー!
(集英社文庫『地獄変』所収)
    ⇩



さて、一口に「あらすじ」をといっても、
話の骨子だけでいいという場合から、
読書感想文を書くんだから
多少詳しくないとという場合まで、
千差万別でしょう。

そこで出血大サービス((((((ノ゚⊿゚)ノ

Sponsored Links


「ごく簡単なあらすじ」と
「やや詳しいあらすじ」の
2ヴァージョンを用意しましたよ~(^^)у



👉 ごく簡単なあらすじ

まずはぎゅっと要約した
「ごく簡単」ヴァージョンの「あらすじ」。

ある曇った冬の日暮れ、「疲労と倦怠」
を抱えた「私」は、汽車の発車直後に
入ってきた13~4歳の下品で不潔な
小娘を不快に思う。

数分後、小娘がなぜか窓をあけようと
しはじめ、あいた時には汽車が
トンネルに入ったので、私は
煤煙を浴びて咳き込む。

713647a480219031599fbd4ba290cda0_s

トンネルを抜けると、踏切りの柵の
向こうに3人の男の子が並んで手を
振って声を上げており、その瞬間、
蜜柑が5~6個、子供たちの上へ
降ってくる。

これから奉公先へ行く小娘が弟たちに
与えた蜜柑だ、と理解した私に
「朗(ほがらか)な心もち」が
湧き上がり、この時はじめて
「疲労と倦怠」を忘れる。


え? なんだか要領を得ない?

ですよね~。

作品に埋まっている問題を見つけて
感想文でも書こうという人には
これでは足りません。

どしても「やや詳しい」ヴァージョンの
「あらすじ」を見ていただかないと、
内容の解説もできないわけなんですね。


原作に切れ目はありませんが、
わかりやすさのため、私の判断で
「起承転結」の4部に分けています。



👉 やや詳しいあらすじ


【起】
ある曇った冬の日暮れ、横須賀発の
二等客車で発車を待つ「私」(芥川
自身を思わせる)の心には周囲の情景
によく似合う「疲労と倦怠」があった。

発車直後、13~4歳の小娘が慌ただしく
入って来、私の前の席に腰を下ろす。

628408c2931faa03f360dc99c1169967_s

罅だらけの両頬を赤くほてらせて、
「三等の赤切符」を握って二等客室に
入ってきた、いかにも田舎者らしく
「下品な顔立ち」で不潔なこの小娘を
私は腹立たしく思う。

夕刊を読み出すと、汽車はトンネルに
入ったが、この汽車と、平凡な記事
ばかりの夕刊と、この小娘とが
「不可解な、下等な、退屈な人生の
象徴」と思える。


【承】
数分後、小娘が窓をあけようと
悪戦苦闘するのだが、私にはその
理由がわからず、冷然と眺める。

汽車がまたトンネルに入ると同時に
窓があき、煤煙を浴びて(叫び
咳き込んだ私は腹を立てる。

Sponsored Links


【転】
トンネルを抜けると、踏切りの柵の
向こうに頬の赤い3人の男の子が並んで
立っていて、汽車を仰ぎ見ながら、
手を振って声を上げる。

その瞬間、「暖(あたたか)な日の色に
染まっている蜜柑」が、五、六個、
子供たちの上へ降ってくる。

090384

私は息をのみ、これから奉公先へ行く
小娘がその蜜柑で弟たちの見送りに
報いたのだと理解する。


【結】
私の心にはこの瞬間の光景が焼き
つけられ、「ある得体の知れない朗
(ほがらか)な心もち」が湧き上がる。

120612

小娘を見ると、私の前の席に戻って
いて、あいかわらず三等切符を
握っている。

私はこの時はじめて「疲労と倦怠」、
「不可解な、下等な、退屈な人生」を
忘れることができた。



👉 この小説のミソは?

え? やっぱりよくわからない?

それじゃあもう、全文をじっくりと
読み直すしかありませんね。

え? それはしんどくていやだ?

ウーム、そういう人には朗読を
聴いていただきましょうか。



この上手な朗読にもにじみ出ている
と思いますが、『蜜柑』のミソ(いや、
ミカンに味噌は入ってませんが、要するに
小説が面白くなるように作者が狙った
ポイント、ということですね)を
拾い上げるなら……

第一に、
「不可解な、下等な、退屈な人生」への
「疲労と倦怠」で一杯だった「私」の心が、
ある光景の出現によって一変する、
その変化の面白さ。

第二には、
その光景自体の美しさ。
(またはそれが映し出す姉弟間の感情)

といったところになるんでは
ないでしょうか。


いや、第三、第四の問題もあると
思いますので、それはどんどん、
あなた自身が見つけていってください。



👉 まとめ

さあ、もう書けますよね……。

え? まだダメ?

なんだか話が地味すぎて、
どう突っ込んでいいかわからない……

作者の芥川っていう人、こんな
渋い文章ばかり書いてたの?…


いやいや、そんなことありません。

もっと奇想天外で、アッと驚くような
小説もたくさんあるんですよ。

ほかの作品と比べてみるというのも、
感想文を書く上でウマい方法です。

ほかの芥川作品については
こちらを参照してください。
蜘蛛の糸(芥川龍之介)のあらすじ◎簡単/詳しくの2段階で
芥川龍之介 蜘蛛の糸で感想文:「一本の葱」か「因果の小車」か
トロッコ(芥川龍之介)のあらすじ:簡単/詳しくの2段階で
芥川龍之介 鼻のあらすじ:「簡単/詳しい」の2段階で解説
芥川龍之介 羅生門のあらすじ:「簡単/詳しい」の2段階で解説
芥川 羅生門の主張・テーマは?感想文の書き方を解説
芥川龍之介『河童』をニーチェ先生に聞く:”高等”感想文(4)
感想文で抜け出そう:太宰『人間失格』から芥川『河童』へ

            蜘蛛 Bird-eating_spider
芥川の本を早く安く手に入れたい
場合は、Amazonが便利です。

こちらから探してみてください。

🍊芥川龍之介の本:ラインナップ🍊



ん? 書けそうなことは浮かんできたけど、
でも具体的に、どう進めていいか
わからない( ̄ヘ ̄)?

そういう人は、「感想文の書き方
《虎の巻》」を開陳している記事の
どれかを見てくださいね。

当ブログでは、芥川以外にも
日本と世界の種々の文学作品について
「あらすじ」や「感想文」関連の
お助け記事を量産しています。

参考になるものもあると思いますので、
こちらのリストからお探しください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧

ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ