三島由紀夫 潮騒のあらすじ 簡単/詳しくの2段階で解説

やあやあサイ象です。

「感想文の書き方」シリーズも
ついに第40回到達!
「あらすじ」暴露サービスとしては
第17弾となります。

今回は三島由紀夫の長編小説で、
何度も映画化されている人気作品、
『潮騒』(しおさい/1954)で行ってみまーす!
  



さて、一口に「あらすじ」を、といっても、
話の骨子だけでいいという場合から、
読書感想文を書くんだから多少詳しくないと
という場合まで、千差万別でしょう。

そこで出血大サービス((((((ノ゚⊿゚)ノ

「ごく簡単なあらすじ」と
「やや詳しいあらすじ」の
2ヴァージョンを用意しましたよ~~(^^)у

スポンサーリンク





ごく簡単なあらすじ(要約)

まずはぎゅっと要約した
「ごく簡単なあらすじ」。

貧しい18歳の漁師・久保新治は、村の
有力者である宮田照吉の娘、初江と
恋仲になり、裸で抱き合うなどする
ものの、一線は越えない。

新治と初江のそれぞれに横恋慕する
千代子や安夫に噂を広められたせいで、
二人は会うことを禁じられてしまうが、
周囲の援助もあって二人の愛はつづく。

  whisper-408482_640

新治と安夫とは照吉の持ち船に
乗り組んで沖縄往復の航海に出る。

航海中、暴風のためワイヤーが切れる
という危機に見舞われ、新治は果敢に
海に飛び込んで、船を救う。

新治を見直した照吉は、ついに二人の
仲を認める。
メデタシ、メデタシ(^^)у


どうでしょう?
わりあいシンプルな物語で、
わかりにくくはないですよね? 

古代ギリシャを賛美した三島が
『ダフニスとクロエ』(ローマ時代に
ギリシャ語で書かれた物語)を下敷きにした
といわれているだけあって、ほとんど神話的
ともいいたいストーリー・ラインですね……。

      def19571d97d793ac47676bd6046ecb2_s

え? でもこれじゃあまるで
NHK朝ドラ『あまちゃん』の世界じゃん……

近代小説として評価されるゆえんは?

あのひねくれて病的な三島由紀夫の
世界はどこにあるの?┐( ̄ヘ ̄)┌

ハハハ、当然そう突っ込みたいですよね。

で、そのへんを見るには、これまた当然、
「やや詳しい」ヴァージョンのあらすじが
必要になるというわけです。

スポンサーリンク




やや詳しいあらすじ

では参りましょう。

原作は全16章からなっていますが、
わかりやすさのため、私の判断でこれを
「起承転結」の4部に分けています。

🌊【起】(第一~四章)

鳥羽の神島の漁村。
戦争で父を失い、母と弟を養う18歳の
漁師、久保新治は、ある日、砂浜で
見知らぬ美しい娘を見そめる。

     島と鳥 bora-bora-701840_640

娘は村の有力者である宮田照吉の娘、
初江で、跡をとるはずの兄が急死した
ため、養女に行っていた家から
戻されたばかりだった。

数日後、二人は「観的哨」跡で
偶然出会って話し、笑い合う。

※「観的哨」は正しくは「監的哨」で、
旧陸軍が伊良湖岬から撃つ大砲の
試射弾の弾着観測をした
コンクリート製の施設跡。

  82b17696c389a934a730d3ae7b00cadb_s
  和歌山 友々島の砲台跡 



🌊【承】(第五~九章)

その後、新治が落とした給料袋を初江が
拾って届けたり、灯台長の家で
鉢合わせたりといったことが重なって、
お互いの惹かれあう気持ちが高まり、
軽い接吻も交わす。

その一方で、村の名門の生まれで青年会
の支部長、19歳の川本安夫という若者が
「初江の入婿になる」という噂を聞いて
新治は心を乱し、また春休みで東京の
大学から帰省した灯台長の娘、千代子が
新治を「好き」と聞いて初江も
心穏やかでなくなったりする。


雨で漁が休みの日、観的哨跡で初江と
会う約束をしていた新治は、早く着いた
ので焚火し、その暖気で居眠りをし、
気がつくと、そこに雨でぬれた肌着を
脱いで乾かす初江がいる(◎◎;)

  d04fef09f94b2957f6a084cc003724d6_s

裸を見られた初江は、新治にも裸になる
ように言い、新治がそうすると、今度は
「その火を飛び越して来い。その火を
飛び越して来たら」と要求。

新治は躊躇なく飛び込み、裸の二人は
抱き合うが、「嫁さんになるまで」と
初江が「道徳的な言葉」で制止し、
道徳への「やみくもな敬虔さ」をもつ
新治はこれに従う。

スポンサーリンク




🌊【転】(第十~十三章)

新治と初江とがすでに一線を越えている
との噂が村に流れ、初江は父により
新治に会うことを禁じられる。

噂のその出どころは実は千代子で、
観的哨から帰る二人を目撃した彼女が
安夫に告げたことが発端だった。

このことへの罪の意識に苦しむ千代子は、
春休みが終わって東京へ戻る前に、
「寛恕をねがう」べく新治に会いに行く。

「あたし、そんなに醜い?」と問うて、
「なあに、美しいがな」と新治に
即答されると、千代子は幸福になり、
自分の悪事を償おうと思う。

        

新治と初江は秘密裏に手紙の交換をし、
二人を応援する新治の親方や漁師仲間、
初江の海女の先輩たちにも助けられて、
愛を育てていく。



🌊【結】(第十四~十六章)

照吉の持ち船、歌島丸での沖縄往復の
航海に、新治と安夫はともに「炊」
(かしき。甲板見習い)として
乗り組むことになる。

航海中、暴風のためワイヤーが切れる
という危機があり、このとき
「泳いでって命綱を浮標(ブイ)に
つなげ」という船長の要請に
新治のみが応え、この難事を見事に
やり遂げる((((((ノ゚⊿゚)ノ

  c855aa2606b360c32ad5c4f94c54cbb6_s

歌島丸に新治と安夫をともに
乗せたのは、実は、二人を試そう
という照吉の「策」であった。


東京の千代子から母に届いた手紙には、
新治と初江を苦境に陥れたのは自分で、
二人が幸せにならなければ自分は島に
帰れない・゚゚・(≧д≦)・゚゚・とあった。

母はただちに、新治と初江の仲を
認めさせるべく照吉の家に向かい、
その様を見て義侠心に駆られた海女たち
も同行し、乗り込んで直談判する。

すると照吉いわく、
「その話ならもう決っとるがな。
新治は初江の婿になる男や」( ̄ヘ ̄)

船長からの話で新治の「気力」を
知ったからである。

スポンサーリンク




三島由紀夫の世界は?

どうでしょう。

近代小説らしさ、三島由紀夫らしさを
感知していただけたでしょうか?

え? やっぱりよくわからん?

うーん( ̄ヘ ̄)、それでは、本文全体を
読み通してもらうしかありませんね。

え? それはしんどくていやだ?
全文は読まないで感想文を書きたい?


ハハハ、かなりの離れ業になってきますが、
まあ、どうしてもといわれるなら、
方法がないわけではありません。

上記の「やや詳しいあらすじ」のうち
自分の気になったところをピック・アップ
して、そこだけ本文を読み込んで、
何か書いていけばいいんですよ。

   Sailing-Ship-s

たとえば?

たとえば私なら、千代子という
脇役に目をつけますね。

新治も初江も「まっすぐ」な人で、
それなりに魅力的な個性を発揮しては
いますが、やはり三島文学としては物足りない。

全体に牧歌的・健康的で「三島らしくない」
ともいわれるこの作品で唯一「三島らしい」
人が出てくるとすれば、この女性
なんじゃないでしょうか。



「仮面」の女、千代子?

「あたし、そんなに醜い?」と聞かれて
「なあに、美しいがな」と即答した新治は
「お世辞を云えない男」とされています
から、実際「美しい」のではないでしょうか。

にもかかわらず、

千代子は自ら醜いと
信じている顔の効能を
信じていた。

それはひとたび固化すると、
美しい顔よりも、ずっと
巧みに感情をいつわることができた。

醜さと信じているものは、
この処女の信じている石膏
であった。   (第八章)

          0e08e4fbdbb5605bb04d4be53ff92eee_s

新治と初江を苦境に陥れておいて、
その後、新治の「美しいがな」の
言葉によって「彼の寛恕をねがう」
気持ちが実は「かれのやさしさに
触れたい」という久しい希望の
「仮面をかぶったもの」と気づく
(第十一章)……

という千代子の心理には、上記引用文の
ような「石膏=仮面」があったのですね。

この「石膏」は三島の最初の長編『仮面の
告白』(1949)で描かれて”肉付きの仮面”
などと評されている、多重人格的な
パーソナリティに通ずるものでしょう。

      

十分な展開を見なかったことが残念とも
いえますが、千代子という登場人物には
このような”三島的”屈折が与えられて
いたのです。

いよ、これぞ三島!
と私なんか声をかけたくなりますね。


もちろん千代子だけではありません。

ほかの人物なり、情景描写なり、探せば
いろいろとポイントは見つかるはずです。



まとめ

数多い作品のなかで、これぞ三島由紀夫!
というべき最高傑作が『金閣寺』ですね。

この『金閣寺』と照らし合わせてみる、
というのも高度な感想文へ向けての
すぐれた方法になると思います。

『金閣寺』についてはこちらの
記事を参照してください。

三島由紀夫 金閣寺の簡単なあらすじ:難解な長編を短く解説

三島由紀夫 金閣寺の詳細なあらすじ:難解な柏木も読み解く

三島由紀夫 金閣寺をどう解釈?”悪友”柏木の「猫=虫歯=美」説で感想文
               
              5fe9085a3d332554246f157b8d69fec6_s


この『金閣寺』で大きく花開いた
妖しくアブナイ三島ワールドの
先鞭をつけたのが『仮面の告白』
『禁色』などのLGBT文学。

それについてはこちらで。

三島由紀夫 仮面の告白のあらすじ:LGBT文学の先駆作を解説

       sebastin 3b8c6a8c-s


難解な小説が少なくない三島文学の
なかで読みやすくかつアブナい
エンターテインメントといえば……

はい、『命売ります』ですね。
これについてはこちらで。

三島由紀夫 命売ります【解説+あらすじ】シュールな冒険小説笶」

  bomb        


そのほか三島の本を早く安く手に
入れたい場合は、Amazonが便利です。
こちらから探してみてください。

三島由起夫の本:ラインナップ


ん? 書けそうなテーマは
浮かんできたけど、具体的に
どう進めていいかわからない( ̄ヘ ̄)?

そういう人は、「感想文の書き方
《虎の巻》」を開陳している記事の
どれかを見てくださいね。

当ブログでは、
日本と世界の種々の文学作品について、
「あらすじ」や「感想文」関連の
お助け記事を量産しています。

参考になるものもあると思いますので、
どうぞこちらのリストからお探しください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧


ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/

スポンサーリンク
(Visited 1,206 times, 4 visits today)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ