谷崎潤一郎 刺青のあらすじと考察 🐉若尾文子主演映画も鑑賞

 


やあやあサイ象です。

「感想文の書き方」シリーズもはや第41回。
「あらすじ」暴露サービスとしては
第18弾となります。

今回は谷崎潤一郎のデビュー作『刺青』
(しせい/1910)で参りましょう。



さて、一口に「あらすじ」を、といっても、
話の骨子だけでいいという場合から、
読書感想文を書くんだから
もう少し詳しくないとという場合まで、
千差万別でしょう。

そこで出血大サービス((((((ノ゚⊿゚)ノ

Sponsored Links


「ごく簡単なあらすじ」と
「やや詳しいあらすじ」の
2ヴァージョンを用意しましたよ~~(^^)у




👉 ごく簡単なあらすじ(要約)

まずはぎゅっと要約した
「ごく簡単なあらすじ」。

若い刺青師、清吉の「宿願」は、美女の
肌に「己の魂を彫り込む事」だった。

心に適う女を捜し続けて4年目の夏、
駕籠(かご)をはみ出した白い素足を
見て、この足を持つ女こそは
と思ったが、駕籠は消え去る。

翌年の春、家に使いに来た16,7歳の
美しい娘の素足を見て、
あの駕籠の女だと悟る。

清吉は娘に、男の惨状を喜ぶ女を
描いた二つの絵を見せて、
「お前の心が映って居る」などと言い、
娘自身もそこに「真の『己』」を
見いだす。

tattoo-papers-co-aq60-anime-tatoo-girl-illustration-35-3840x2160-4k-wallpaper

一昼夜をかけて娘の背中一杯に巨大な
女郎蜘蛛を彫った清吉の心は、
「刺青の中へ己の魂をうち込んだ」ため
夜明けには「空虚(うつろ)」。

男は「みんなお前の肥料(こやし)に
なるのだ」などとつぶやく。

意識の戻った娘は、湯殿での仕上げの
痛みにも耐え抜き、私はもう「臆病な
心」を捨てた、あなたは「真先に私の
肥料になったんだ」と瞳を輝かす。

「帰る前にもう一偏」との願いを
いれて、女が肌を脱ぐと、朝日が
射して「女の背(せなか)は燦爛
(さんらん)とした」。


どうでしょう?

え? なんだかよくわからん?

いったい何が言いたいのか?


ハハハ、まあそうでしょうね。
これだけでピンと来る人がいたら、
その方がむしろコワイ……

その方面に趣味をお持ちの方かしら(;^_^A
ということになるかも……ですね。

というわけで、    628e687bdc88aba657f5d9ed05239f85_s

ピンと来なかった人には、
「やや詳しい」ヴァージョンの「あらすじ」
を読んでいただくことが必要になりますね。

原作は全10ページほどの短編ですが、
行あけによって3部に分けられる形に
なっています。

なので今回は、いつもの「起承転結」でなく
「序破急」の3部に分けて、随所に原文を
引用しながら記述していきますね。



👉 やや詳しいあらすじ


【序】
「それはまだ人々が『愚(おろか)』
と云う貴い徳を持っていて、世の中が
今のように激しく軋み合わない時分」。

「美しい者は強者」で「醜い者は弱者」
だとする考えが支配的で、「刺青」
(ほりもの)も「美」として追求された。

    これは現代の彫師 f2ffdb0f367c669e75ea6643515cb48f_s

若い刺青師、清吉は「人知らぬ快楽と
宿願」を潜ませていたが、その「快楽」
とは、自分の針に刺される者の呻き声に
愉快を感じること・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。


【破】
「宿願」は「光輝ある美女の肌を得て、
それへ己の魂を彫り込む事」
だった:*:・( ̄∀ ̄)・:*:。

その「美女」を捜し続けて4年目の夏、
駕籠(かご)からこぼれる白い素足を
目にし、この足を持つ女こそ永年求め
つづけたその美女だと確信し、追跡
するが、駕籠は消え去ってしまう。

憧れが激しい恋に変わって    6320642c82d2763b6c2195c2ce1518e2_s
年を越し、春も半ばに、16,7歳の
美しい娘が家に使いとして現れる。

縁側に掛けた娘の素足を眺めて、清吉は
「顔を見るのは始めてだが、お前の
足にはおぼえがある」と言う。

Sponsored Links


清吉は娘を二階に上げ、
二本の巻物の絵を見せる。

一つは、暴君紂王の寵姫、末喜
(ばっき)が大杯を傾けて、今しも
処刑されようとする男を眺める様を
描いたもの(叫び)。

見入る娘の顔はみるみる末喜の顔に
似て来、娘自身もそこに
「真の『己』」を見いだす。

唐獅子牡丹Fotolia_49261778_XS

「この絵にはお前の心が映って居るぞ」
と笑う清吉は、「この女の血が
お前の体に交って」いるとも言う。

もう一つの「肥料」という絵は、
若い女が桜の幹へ身を寄せて、足下の
多くの男たちの屍骸を見つめて
いるもので(ドクロ)、「これはお前の未来を
絵に現わしたものだ」と清吉。


娘は突っ伏してわななき、「お察し
通り、その絵の女のような性分を
持っています」と白状し、恐ろしい
から「帰しておくれ」と繰り返す。

まあ待て、「己がお前を立派な器量の
女にしてやるから」と引きとめる
清吉の懐には麻酔剤の壜が……。


【急】
一昼夜をかけて娘の背中一杯に巨大な
女郎蜘蛛を彫り、夜の白むころ、
その女郎蜘蛛を眺める清吉の
「心は空虚(うつろ)」であった。

「己はお前をほんとうの美しい女に
するために、刺青の中へ己の魂を
うち込んだのだ」と清吉は言う。

「男と云う男は、みんなお前の
肥料(こやし)になるのだ」

     蜘蛛 Bird-eating_spider

意識の戻った娘は早く刺青が見たいと、
湯殿での仕上げの痛みにも耐え抜く。

「親方、私はもう今迄のような臆病な
心を、さらりと捨ててしまいました。
───お前さんは真先に私の肥料に
なったんだねえ」と女は瞳を輝かす。


「帰る前にもう一偏」という清吉の
頼みに、女は黙って頷いて肌を脱ぐ。

「折から朝日が刺青の面(おもて)に
さして、女の背(せなか)は燦爛
(さんらん)とした」。


👉 文学的意味は?

どうでしょう。
少しはピンと来たでしょうか?

え? やっぱりダメ?

うーん( ̄ヘ ̄)、それでは、本文全体を
読み通してもらうしかありませんね。


ともかくこれが、わからない人には
わかりにくい、谷崎潤一郎の世界
なんでして、外国語訳も多い「文豪」
として世界に名を轟かせながら、母国の
大衆には忘れられがちな理由も、
このへんにあるわけですね。

      刺青 top_2013_05

つまり、学校の教科書にあまり出ない
ということが大きいんでしょう。

ぶっちゃけていいますと、現代の日本人が
俗に「S」だの「M」だのと、きわめて
いい加減に称する傾向の、その突き詰めた
いわば真性・究極の「S/M」
(サド=マゾヒズム)こそ谷崎ワールドの
核心をなしているわけなんですから……。


ですので、その文学的意味とか存在価値とかを
考察しようとするなら、まじめ一方の人が
イヤラシイ(≧д≦)とかオゾマシイ(=`(∞)´=)
とか言って目を背けるような世界に踏み込む
必要がどうしても出てくるわけなんです。

ただ、素足へのこだわり    d04fef09f94b2957f6a084cc003724d6_s
(つまりフット=フェティシズム)は
サド=マゾヒズムに通有というのではなく、
谷崎個人のもので、彼はついに最晩年の
『瘋癲老人日記』(1961)まで半世紀に
わたってその表現に精を出し続けたん
ですから偉いといわなくてはなりません。

マゾヒズムにかんしてはコチラも…。
マゾヒズムの元祖 マゾッホの指責めで痛いほど笑って感想文?


ともかく「美」の追求には「痛み」なり、
「支配/被支配」とその逆転なり、
それなりの代償を伴わずにはいないよ……
といったことを教えられるん
ではないでしょうか。



👉 若尾文子の背に女郎蜘蛛

なるほど、そういう世界も面白そうだ、
ぜひ一度、探求してみたいが、でもこの
『刺青』という作品、やっぱり難しくて……
ですか?

それでは、これをご覧いただきましょう。

増村保造監督による、かなり忠実な映画化
作品『刺青』(1966)のさわりです。

主演はなんと若尾文子さん…… 
え? 知らない?

ホラあの人ですよ。

ソフトバンクのCMで「お父さん」の郷里の
母親役で時々出る、あの「美女」ですよ。



全編を見たいという人はこちら。



また文豪谷崎の代表的な中・長編
『痴人の愛』『春琴抄』『細雪』に
ついてはこちらをご参照ください。
谷崎潤一郎 痴人の愛のあらすじ笶」ナオミと譲治のM的結末…
谷崎潤一郎 春琴抄のあらすじ:犯人は?簡単/詳しくの2段階で
春琴抄で感想文:佐助犯人説を谷崎先生、どう思います?
谷崎潤一郎 細雪のあらすじ:€美女雪子の下痢はなぜ止まらない?

そのほか谷崎の本を早く安く
手に入れたいという場合は、
Amazonが便利です。
こちらから探してみてください。

◇谷崎潤一郎の本:ラインナップ◇€


奥の手として、作品の世界からはやや
離れ、文化としての「刺青」を考える、
というのも場合によってはアリで
しょう。その場合はコチラへ。

蛇にピアス(小説)のあらすじを結末まで:身体毀傷の喜悦?
刺青(タトゥー)を入れる理由:EXILE、オバマ大統領に聞く
タトゥー(刺青)を入れて後悔しないには?ニーチェ先生に聞く
浅草の三社祭では神輿見物も安全注意!喧嘩と刺青にご用心  

 蛇のtattoo-170896_640 



👉 まとめ

さあ、どうでしょう。

読書感想文を書こうという人も、
もうOKですよね……。


うーん、書けそうなテーマは
浮かんできたけど、でも具体的に、
どう進めていいかわからない( ̄ヘ ̄)?

そういう人は、「感想文の書き方
《虎の巻》」を開陳している記事の
どれかを見てくださいね。

当ブログでは、日本と世界の種々の
文学作品について、「あらすじ」や
「感想文」関連のお助け記事を
量産しています。

参考になるものもあると思いますので、
こちらのリストからお探しください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧

ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ