金閣寺のあらすじを簡単に 三島由紀夫の名作は放火の話?


やあやあサイ象です。

「感想文の書き方」シリーズもはや第42回。
「あらすじ」暴露サービスとしては
第19弾となります。

今回は,文学史上に燦然と輝く名作ながら
難解との評判も高い三島由紀夫の
『金閣寺』(1956)に挑戦です。 
 


さて、一口に「あらすじ」を、といっても、
話の骨子だけでいいという場合から、
読書感想文を書くんだから
もう少し詳しくないと書けない、
という場合まで、千差万別でしょう。

そこで出血大サービス((((((ノ゚⊿゚)ノ

スポンサーリンク



「ごく簡単なあらすじ」と
「やや詳しいあらすじ」の
2ヴァージョンを用意しましたよ~~(^^)у

で、今回は「ごく簡単なあらすじ」。

「詳細なあらすじ」はコチラ。

三島由紀夫 金閣寺の詳細なあらすじ:難解な柏木も読み解く




ごく簡単なあらすじ(要約)


舞鶴に近い貧しい寺の住職の子に
生まれた「私」(溝口)は、吃音を
嘲笑されることなどから自閉的と
なっていたが、金閣ほど美しいものは
ないと父から聞かされてきたその
金閣寺に、父の死後、徒弟として
住み込むことになる。

5fe9085a3d332554246f157b8d69fec6_s

終戦後、大谷大学(仏教系)に入学し、
内翻足の障害をもつ柏木と親しく
なるが、彼は高度の学識と詐欺師的な
悪辣さを備えた人物で、童貞の「私」に
女をあてがうこともする。


ある日、老師が芸妓を連れて歩くのを
目撃したことから関係が悪化し、
老師は「お前をゆくゆくは後継に」と
思っていたが、もうその気はない
と通告。

柏木に借金して出奔した「私」は、
舞鶴湾の荒れる海を眺めるうち、
「金閣を焼かねばならぬ」という
想念に包まれる。

荒海Sunset-s

警察によって金閣寺に連れ戻された
「私」は、借金のことで寺に来た
柏木と議論し、「この世界を変貌
させるのは認識だ」と説く柏木に、
「世界を変貌させるのは行為
なんだ」と反駁する。

準備を整えた「私」は、万一の
死の支度に刃物と薬も買って、
計画を実行に移す。

着火し、「この火に包まれて究竟頂で
死のう」と扉をあけようとするが、
開かない。

戸外へ駆け出して左大文字山の
頂きまで来た「私」は、火の粉の舞う
夜空を眺めて「生きよう」と思う。

スポンサーリンク




三島由紀夫のアブナイ世界

どうです?

え? なんだか要領を得ない?

まあ、そうでしょうね。

ただでさえ難解をもって鳴る観念的作品を
無理に凝縮しているわけですから、
わかりやすく書けという方が無茶でしょう。


ですので、もう少し内容に入りたいという人は
次回の「やや詳しいあらすじ」の方へ進んで
いただかなくてはなりません。


その前に一応断っておきますと、この
小説は、発表の6年前となる1950年の
7月に実際に勃発した金閣焼失事件に
取材したものです。

下の動画でご覧いただける現在の金閣寺は
その後、再建されたものなんですね。



で、放火犯として逮捕された青年僧の供述に
「美に対する反感」が動機だったという
報道があり、それに刺激を受けた三島が、
この観念を独自の三島ワールドに取り込んで
屈曲させ、壮大な建築物を構築していった
結果がこの小説であったように思われます。


ですから、主人公の「私」は犯人その人より
ぐっと三島自身に近いわけで、自伝的と
いわれる長編『仮面の告白』(1949)を
読んだ人ならそのことは十分に
見て取れると思うんですね。

1fc67380a634de1037bbf2d791e68457_s

さあ、もう書けるという人はどんどん
書いていきましょう、読書感想文。


この『金閣寺』で大きく花開いた
妖しくアブナイ三島ワールドの
先鞭をつけたのが『仮面の告白』
『禁色』などのLGBT文学。

それについてはこちらで。

三島由紀夫 仮面の告白のあらすじ:LGBT文学の先駆作を解説

  sebastin 3b8c6a8c-s


難解ともいえる三島文学のなかで異例に
読みやすいエンターテインメントながら、
やはりすごくアブナイ小説としては
『命売ります』があります。

これについてはこちらで。

三島由紀夫 命売ります【解説+あらすじ】シュールな冒険小説

      bomb        


もう一つ、読みやすい作品で
映画化もされている名作に
『潮騒』ありますね。

こちらを参照してください。

三島由紀夫 潮騒のあらすじ:「簡単/詳しい」の2段階で解説

そのほか三島の本を早く安く手に入れたい
場合は、Amazonが便利です。
こちらから探してみてください。

🔥三島由起夫の本:ラインナップ🔥




まとめ

ん? 書けそうなテーマは
浮かんできたけど、具体的に
どう進めていいかわからない( ̄ヘ ̄)?

そういう人は、「感想文の書き方
《虎の巻》」を開陳している記事の
どれかを見てくださいね。

当ブログでは、日本と世界の
種々の文学作品について、
「あらすじ」や「感想文」関連の
お助け記事を量産しています。

参考になるものもあると思いますので、
どうぞこちらからお探しください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧

ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/

スポンサーリンク
(Visited 55 times, 1 visits today)

合わせて読みたい関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ