夏目漱石 草枕のあらすじ ♨ 感想文に向けて内容を解説

 


やあやあサイ象です。

「感想文の書き方」シリーズもはや第47回、
「あらすじ」暴露サービスとしては第24弾。

今回は国民的作家、夏目漱石の
『草枕』(1906)で参ります。



智(ち)に働けば
角(かど)が立つ。

情(じょう)に棹(さお)させば
流される。

意地を通(とお)せば
窮屈(きゅうくつ)だ。

とかくに人の世は住みにくい。

冒頭のこの名言は聞いたことがある
けれども、全編を読み通したことは
ないし、またその気にもならない。

だって文章がムツカシそうで……
という人が多いのではないかと思います。

Sponsored Links


まあ実際、漱石作品の中でも言葉遣いが
古臭いですし、芸術や文学にまつわる
議論もはさんでストーリーはウロウロと
まどろっこしく進むので、現代小説の
スピードになれた人が付き合いきれない
としても、無理からぬところ(;^_^A、


さて、一口に「あらすじ」を、といっても、
話の骨子だけでいいという場合から、
読書感想文対策として詳しいものがほしい、
という場合まで、千差万別でしょう。

そこで出血大サービス((((((ノ゚⊿゚)ノ

「ごく簡単なあらすじ」と
「やや詳しいあらすじ」の
2ヴァージョンを用意しましたよ~~(^^)у



👉 ごく簡単なあらすじ(要約)

まずはぎゅっと要約した
「ごく簡単なあらすじ」。

日露戦争中、30歳の画工(えかき)
である「余」が、那古井の志保田家に
逗留し、出戻りのお嬢さんという
奇矯な美女、那美と親しくなる。

那美は美人ながら
「何だか物足らない」
と余は思いつづける。

橋口五葉 tumblr_lpq0jpKN081qaz1ado1_1280
   橋口五葉画「髪梳ける女」(1920)  
   五葉は漱石の多くの本を装丁しました

が、満州へ出征するいとこの久一を
停車場で見送る際、汽車が出て窓から
久一の顔が消え、続いて思いがけず
那美の元夫の「野武士」のような顔が
出た瞬間に、那美の顔に「憐れ」が
浮かび、「胸中の画面」は完成する。


どうでしょう?

え? なんだかよくわからん?
いったい何が言いたいのか???


というわけで、やはり「やや詳しい」
ヴァージョンの「あらすじ」を読んで
いただくほかない、ということになります。

   Exif_JPEG_PICTURE
   熊本大学構内の「第五高等学校記念館」

さてこの『草枕』、第五高等学校
(現・熊本大学)の教授であった」漱石が
実際に宿泊した前田案山子(かがし)家
別邸での経験をもとに書かれたことは
よく知られています。

現在の前田家別邸周辺の地図を置きますので、
参考にしてください。

熊本県玉名市天水 前田家別邸


原作は全13章構成ですが、わかりやすさの
ため、各章を私の判断で「起承転結」の
4部に割り振って記述していきますね。

「 」内は原文の引用です。

なお、以下に挟む写真はすべて私の撮影に
かかるもので、熊本・小天温泉に保存され
ている前田家(『草枕』では志保田家)
別邸とその付近、およびロンドン、
テート美術館での取材の成果です。



👉 やや詳しいあらすじ

【起】(一~二)
「とかくに人の世は住みにくい」と
考える30歳の画工である「余」が、
人生と芸術をめぐって思考をめぐらし
ながら、「すこしの間でも非人情の
天地に逍遙したい」と山道を歩く。

  漱石が実際に立ち寄った「峠の茶屋」 Exif_JPEG_PICTURE
  熊本市「峠の茶屋公園」内に復元されたもの 
 
一休みした茶屋で、一里ほど先の
那古井の志保田家に逗留するつもりだ
と話すと、婆さんは志保田の「嬢様」が
高島田を結い、馬で嫁入りした姿が
いまだにちらつくという。

余が花嫁の顔を思いつけないでいる
うち「ミレーのかいた、オフエリヤの
面影が忽然と出て来て、高島田の下へ
すぽりとはまつた。」

     J.E.ミレー「オフィーリア」(部分)  Exif_JPEG_PICTURE
    ロンドン、テート美術館蔵 

二人の男に一度に惚れられて川へ身を
投げた、土地の伝説「長良の乙女」の
再来のようだ、と婆さん。

京都へ修行に出ていた頃に関わった男を
思いながら、親の意向で「城下で随一の
物持ち」の男に嫁がされ、その後、
日露戦争で旦那の勤める銀行がつぶれて
出戻っているのだという。



【承】(三~七)
志保田に宿を取り寝ついたものの、
夢に「長良の乙女」が現れ、現実にも
「女の影」が部屋を出入りしたらしい。

朝湯に入って出てくると、
「お早う」の挨拶で美人に迎えられる。

美貌に違いないが、「悟りと迷いが
一軒の家に喧嘩しながら同居して居る」
「心の統一」のない「不仕合せな女」
と思う。

      前田家別邸の離れ部分 Exif_JPEG_PICTURE
      右上が漱石の寝泊まりした部屋 


やがてその美しい「嬢様」すなわち
那美が、昼間にも「御茶を入れに」
来て、才気煥発に話す。

「長良の乙女」の話になると、自分なら
二人の男をともに「男妾にする許
(ばか)り」だという。


那美は「気狂(きちげえ)」だとみな
言っている、彼女に懸想した納所坊主に
抱きついて死なせたこともある、
と床屋の親方。

だから、からかったりすると
「大変な目に逢いますよ」

    前田家別邸の浴場跡  Exif_JPEG_PICTURE

  
余が一人で湯に入っているところへ、
「女の影」があらわれる(叫び)。

その裸体は西洋の裸体画のごとく露骨に
ではなく「一種の霊氛(れいふん)の
なかに髣髴(ほうふつ)として」
余を打つが、女は飛び上がって去り
「ホヽヽヽヽと鋭く笑う」声が残る。

Sponsored Links




【転】(八~十一)
志保田家を訪ねた観海寺住職の禅僧、
大徹と、那美の従弟の久一とで雑談し、
久一が絵をたしなむこと、近く満州へ
出征することを知る。


部屋で英語の小説を読んでいるところへ
「御勉強ですか」と那美が来て
話し込む。

「何ならあなたに惚れ込んでもいい」
が、夫婦になる必要はないと言う
「余」に、「不人情な惚れ方」
ですねと那美。

「不人情」でなく「非人情」だ、小説も
「非人情で読む」のだと教えると、
「読んで下さい」とせがむので、
英語を和訳しながら読む。

    漱石の寝泊まりした部屋の内部 Exif_JPEG_PICTURE

「女の呼吸(いき)が余の髭にさわ」る
ほど接近するも、「非人情ですよ」
「無論」と互いに居住まいを正す。

やがて、近辺の「鏡が池」について
那美は「身を投げるに好(い)い所
です」、「私が身を投げて浮いている
所を……奇麗な画にかいて下さい」
などと言い出し、「驚いたでしょう」
と笑って去る(叫び)。


「余」は鏡が池へ行き、ここに「美しい
女の浮いている所」をかくなら那美の
顔が一番似合うが、「しかし何だか
物足らない」と思う。

観海寺で大徹と話し、出戻ってからの
那美が禅門に入っていると知る。




【結】(十二~十三)
海を見下ろす草原を歩いては寝そべり、
漢詩を一篇仕上げたところへ、
野武士のような髭づらの男が現れ、
続いて那美が現れて男に財布を渡す。

二人が別れたあとで、那美は余に、
彼が元夫で、貧乏で日本にいられず
満州に行くから金をくれ、
と言って来たのだと説明する。

  山腹の前田家本邸あたりから有明海を見下ろす Exif_JPEG_PICTURE

那美と「余」を含む数名で川舟に乗り、
久一を停車場まで見送る。

汽車が入ってきて、「それでは
御機嫌よう」と久一が言うと、
「死んで御出で」(ドクロ)と那美。

久一を乗せた汽車が動きだし、久一の
顔が去ると、もう一つ、あの野武士の
顔が出て、那美と顔を見合わせる。

茫然と見送る那美の顔に浮いている
「憐れ」を見て、「それだ!それだ!
それが出れば画になりますよ」

「余の胸中の画面」もこの瞬間に完成。



👉 現地見学もできますよ

さあ、どうでしょう。

ストーリーはこれでほぼ押さえられたと
思うんですが、『草枕』という作品全体
の魅力が伝えられたわけではありません。

というのも、物語の流れよりむしろ、
随所に挟まれてゆく芸術論・文学論や
人生論、さらには漱石自作の俳句や漢詩の
方にこそ「西洋にはまだない俳句的
小説だ」と漱石自身が胸を張ったこの
作品の命がある、とも見られるからです。

だからそこを見なければ『草枕』を
読んだことにはならない、と。


たしかにごもっともなのですが、
この記事ではそちらへ分け入る
余裕がありません。

是非にという方は、こちらの
別記事をご参照ください。

冒頭部分の現代語訳と解説も
こちらにありますよ。

夏目漱石 草枕:冒頭の名言を意味付きで解説「智に働けば…」

そこでも紹介していますが、前田家別邸は
現在、誰でも見学可能です。



ただ残念なのは、那美さんが「身を投げるに
好い所」と称する「鏡が池」が、私有地の
ため立ち入り禁止になっていることですが、
でも前田家別邸すぐ近くにある、『草枕』
から名を取った温泉旅館「那古井館」で
じゅうぶん雰囲気は味わえます。

「小天温泉 那古井館」

こちらで湯治しながら周辺を散策して
勉強されてもよろしいんじゃ
ないですか~( ̄∀ ̄)。



👉 まとめ

さあ、いかがでしょう。

書けそうでしょうか、読書感想文。

『草枕』ばかりでなく、ほかの
漱石作品にも当たって、共通点や
違いについて考えるというのも
いい方法ですね。

人に差をつける高度な感想文に
なる可能性大ですよ。

漱石の本を早く安く手に入れたい
場合は、Amazonが便利です。
こちらから探してみてください。

夏目漱石の本:Amazonラインナップ
    ƒvƒŠƒ“ƒg

ほかの漱石作品をめぐっての
より詳しい情報は、こちらを
ご参照ください。

夏目漱石 吾輩は猫であるのあらすじ:簡単/詳しくの2段階で
夏目漱石 坊っちゃんのあらすじ&簡単なポイント解説
夏目漱石 草枕の感想文へ:現地写真入りであらすじを解説
夏目漱石 夢十夜の第一夜をこう解釈💛美しい短篇で感想文を!
漱石 夢十夜のあらすじと解釈:第三夜で感想文ならどう書く?
夏目漱石 三四郎のあらすじ:「簡単/詳しい」の2段階で解説
漱石 それからのあらすじ:簡単/詳しくの2段階で解説
門(夏目漱石 )の簡単なあらすじと小論文へのヒント
門(夏目漱石)の詳細なあらすじ:登場人物に入り込んで解説
夏目漱石 こころのあらすじ:「簡単/詳しい」の2段階で解説


うーん、書けそうなテーマは
浮かんできたけど、でも具体的に、
どう進めていいかわからない( ̄ヘ ̄)?

そういう場合は、「感想文の書き方
《虎の巻》」を開陳している記事の
どれかを覗いてみてほしいんですね。

当ブログでは、漱石以外にも
日本と世界の種々の文学作品について、
「あらすじ」や「感想文」関連の
お助け記事を量産していますので、
こちらで探してみてください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧

ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ