横浜みなとみらい花火大会 2016年日程:穴場スポット8選!

 


横浜みなとみらい花火大会
正式には神奈川新聞花火大会なんですが、
ともかくその第30回、2016年の
開催日程は8月2日(火)
と決定しています。

首都圏の花火大会では唯一、2尺玉が
打ち上げられるほか、新しい趣向の
花火が次々にくりだされて、
みなと横浜の夜景とあいまった感動の
夜空を演出しますy(◎◎)y。

これを見ずして何を見ましょう!

Sponsored Links



たとえば第28回(2013年)は
『少年ジャンプ』創刊45周年を記念して
こんなシリーズもありました。

こち亀・両さんの”つながり眉毛”
花火は傑作でしたよ。





Ψ 日程・アクセスなど


主催者の神奈川新聞が発表している
日程等は以下のとおりです。

【日程】2015年8月2日(火) 午後7時00分から8時30分
    小雨決行/荒天時は翌8月5日(水)に延期

【会場】横浜みなとみらい21 臨港パーク前面海上
    みなとみらい21エリア

【人出】例年約20万人

115942

【花火情報】打ち上げ数:約15,000発
      花火の種類:二尺玉/尺玉/大スターマイン 他

【アクセス】
・JR/東急電鉄/横浜高速鉄道/横浜市営地下鉄「横浜」駅東口から徒歩20分
・JR/横浜市営地下鉄「桜木町」駅から徒歩15分
・横浜高速鉄道「みなとみらい」駅/「新高島」駅から徒歩10分

【問い合わせ】
神奈川新聞花火大会実行委員会事務局
電話:045-227-0744(平日10:00~17:00)

Sponsored Links



さて、この華麗な花火をどこから
見るかですが、一番いいのは
やはり有料席。

チケット入手方法は以下のとおり。



Ψ 花火鑑賞券・個人協賛者席の入手方法


【花火鑑賞券】
場所:臨港パークおよびカップヌードルミュージアムパーク
席種:自由席
料金:大人(高校生以上)2,600円
   子供(小中学生)500円
   小学生未満は無料(保護者同伴)
定員:(券1枚につき)1名
※入場時に1名に1枚アウトドア用ポータブルシートを配布
(その他のシートは持ち込み禁止)

前売り:ローソン店頭Loppiで6月上旬から大会当日正午まで販売予定。

当日:14時から下記の3か所で販売予定。
①臨港パーク入口(パシフィコ横浜ホール)
②カップヌードルミュージアムパーク入口
③はまみらいウォーク(横浜そごう,
スカイビル間の2階デッキ)

8da1c3e495752f6e550258c458508b2e_s

【個人協賛者席】
場所:臨港パークの最前列
席種:全席指定イス席
料金:7,200円
定員:1名
※おつまみと飲み物が付きます。

発券については神奈川新聞
花火大会実行委員会事務局
電話:045-227-0744
(平日10:00~17:00)事務局に
お問合せください。

個人協賛者席はおつまみと飲み物付き
一人当たりの料金は7,200円です。



Ψ 穴場スポット7選

さて、有料席の設けられる臨港パークおよびカップヌードルミュージアムパーク以外で、
よく見えてかつひどい混雑にはならない
”只見”の穴場スポットとしては
どこがあるでしょうか?

横浜在住の方からの情報では下記の
いくつかのスポットが挙げられます。

1.ポートサイド公園

横浜駅から徒歩約10分。

打ち上げ場所から少し離れるものの、
二尺玉や尺玉、大スターマインなど
スケールの大きな花火が主体なので
問題なく観覧できます。

混雑も少なくベンチや芝生が多いので、
早めに行って場所取りすればカンペキ!

横浜市中区 ポートサイド公園



2.大観覧車「コスモクロック21」

みなとみらい線「みなとみらい」
駅から徒歩約2分。

日本最大級の大観覧車(定員480名、
全高112.5m、直径100m。料金700円)
のゴンドラに揺られながら、横浜の
夜景と花火のコラボを楽しめます。

デートにはカンペキの穴場ですね!

横浜市中区 大観覧車「コスモクロック21」



3.横浜ランドマークタワー展望フロア

「みなとみらい」駅または
「桜木町」駅から徒歩10分弱。

横浜ランドマークタワー69階の
展望フロア「スカイガーデン」
(高さ273m)が花火大会当日には
解放されます。

大きな窓から横浜の夜景と花火を
一緒に見下ろすという、ほかでは
味わえない奇妙な体験のできるスポット!

横浜市西区みなとみらい2-2-1 横浜ランドマークタワー



4.大黒ふ頭のスカイウォーク駐車場

目の前は海ばかり!
視界をさえぎるものは何一つない
絶景スポットです。

横浜市鶴見区大黒ふ頭 スカイウォーク



5. 高島水際線公園

打ち上げ場所からさほど離れず、
しかも打ち上げ方向に視界をさえぎる
ものなく視界がよく開けています。

横浜市西区みなとみらい6-4 高島水際線公園



6.野毛山公園の展望台

入場料無料で早く行けば場所取りも
できるのが野毛山動物園。

その展望台なら、会場からは少し
離れても打ち上げ花火は
バッチリ観賞できます。

横浜市中区 野毛山公園



7.唐沢公園

みなとみらいの全体を一望でき、
どこからでも夜景の楽しめるこの公園。

花火とのコラボは、まさに絶品です!

横浜市南区 唐沢49-9唐沢公園



8.横浜ベイクォーターと横浜そごうの間

建物と建物の間なので日陰もあって
意外な穴場スポットなんです。

横浜市横浜市神奈川区金港町1-10 横浜ベイクォーター



Ψ 屋台の出るところは?

はい、なんかもうワクワクしてきますね。

当日は、どこで見るかを決めてから
計画的にお出かけ下さい。


え? 屋台ですか?

そうそう、お祭りですから、
それを忘れちゃいけませんね。

屋台が多く出るのは山下公園方面でなく、
パシフィコ横浜の道路を挟んだ向かいの
空き地,万国橋手前あたりですので、
そちらを目指してください。

50店くらいもの屋台が
出店するらしいですよ~。

横浜市西区みなとみらい1-1-1 パシフィコ横浜


90dfe4215f344b5c96006e949d9fe7f4_s

ともかく首都圏最大級の壮大な花火大会!
足を運んで決して損はありません。

さっそく予定に入れておきましょう!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ