京都の節分 2018!吉田神社~壬生寺の狂言のハシゴはいかが

「節分」前後(2月2~4日)の観光ですか?

それなら京都で決まりですよ~~(^O^)/

スポンサーリンク



この時期の京都には、「節分祭」「節分会」
(せつぶんえ)「追儺式」(ついなしき)
などと銘打って伝統にもとづく行事を
盛大に催す社寺が結構あります。

それらのうち、文化的、芸術的に最も
価値あるように思われるのが、無料で
公開される「狂言」の鑑賞ですね。



狂言が無料で鑑賞できます

なかでも盛大で有名なのが、吉田神社。

2018年の日程も例年のごとく
2月2日(金)~4日(日)と決まって
いますので、ぜひお出かけください。

吉田神社の追儺式はこんなふうです。



京都大学のお隣、というかお向かい
なので、森見登美彦さんの小説
なんかにもよく出ますね…。


そして「壬生狂言」として知られる
壬生寺(みぶでら)の狂言も
見逃せません。

なんとこの両スポットの間は、
節分期間のみ連絡バスが運行されます
ので、狂言のハシゴも十分可能です。


壬生寺のはこんなふう。



このほか、八坂神社、北野天満宮、
千本釈迦堂(大報恩寺)などで無料鑑賞
できる可能性が高いです。

詳細は下記サイトなどで確認してください。
京都観光ナビ(http://kanko.city.kyoto.lg.jp/)

スポンサーリンク




懸想文を買って良縁をゲット

ただまあ、こういったスポットが
この時期、たいへんな人出になって
しまうことは確実ですので、お子さんが
迷子になったりしないよう
ご用心をお願いします。

その意味では、狂言も静かに鑑賞はでき
ませんし、落ち着きのないお子さんには
そもそも無理かもしれません。

ただ舞台の下でも、赤鬼・青鬼の笑える
パフォーマンスなど、それぞれの社寺で
各種のお楽しみが用意されていますので、
退屈はされないことと思います。


そうしたお楽しみのうち、伝統文化に
ふれるという点で特にオススメなのが、
「懸想文(けそうぶみ)売り」で有名な
須賀神社ですね。
(日本刀や十手での演舞も見られます)




「懸想文」とは要するにラブレターで、
平安時代はこれを書きたくても文字の
書けない人が多かったので、誰かに
代筆してもらうことが風習となっていました。

これが続いて、江戸時代になると
「懸想文売り」がラブレター代筆業
として職業化していたんだとか。

この「懸想文売り」から「懸想文」を
買うと「懸想」が叶って良縁にめぐまれる
というお話で、若い女性およびその
母親に大人気のようです。


またこの須賀神社、ご祭神のうちに
道案内の神様、久那斗之神(クナトノカミ)
が含まれていることをもって、日本で唯一
「交通安全の神様」を祭る「交通安全の社」
とも称しています。

縁結びばかりか「交通安全の神様」にも
ご利益があるんですから、これは一石二鳥、
一挙両得。

猛然ダッシュで参詣しない手はありません。

ただ、あんまり慌てて到着前に事故って
たんじゃ、「交通安全の神様」もすでに
救いようがないと思いますので、
そこはくれぐれもご注意を。

スポンサーリンク




え? そんなのどうでもいい?

京都といえば、あれじゃろ、あれ。
ほれ、もっとこう、ぐっと華やかな……

え? 京都大学ですか?

そう、例のノーベル賞候補の◯◯教授……
じゃねえよ!

あれだよ、あれ……
マ・イ・コ・はーん!ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ

ff70c6af8cc356496221cf87f2a240c5_s
なんだ、早く言ってよ。
それならありますよ。

狂言を鑑賞したうえに舞妓はんの撒く
豆に当たることもできるという
絶好のスポットが……。

それは、こちらで。 

「京都・祇園で舞妓はんに「会う」?「なる」?節分期がいいかも」

京都文化の奥をさらに
温(たず)ねたいという方は、
こちらもご参照くださいね。

川端康成 古都のあらすじと感想◎京都”観光小説”の哀切さ

京都のお茶漬けは「帰れ」の意味?桂米朝師匠の落語に学ぼう

花燃ゆ 久坂玄瑞(東出昌大)が妻より愛した京都・島原の芸妓

京都祇園祭の”生き神様” 歴代のお稚児さんはどこの坊ちゃま?

京都 葵祭の主役 第60代斎王代と歴代の美女たち

              
            

京都 時代祭2017年日程:有料観覧席チケットと只見の穴場は?

京都の夜桜ライトアップ🌺人気ランキング🌺ベスト5!

北野天満宮の梅€2017年の開花時期とお楽しみイベントは?

京都・祇園で舞妓”体験”?紗月さん、章乃さんに会えるかも

いや、京都にかぎらず、日本各地の
文化の奥を温ねたいという方は、
こちらで興味ある地域をお探しください。

全国のイベント情報一覧

それではまた~(ニコニコ)ノ

スポンサーリンク
(Visited 38 times, 1 visits today)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ