「谷崎潤一郎」の記事一覧

鍵(谷崎潤一郎)のあらすじ 原作小説が映画の何倍も凄いワケ

というわけで、今回でついに第150弾と なります”あらすじ”暴露サービス! “感想文の書き方”シリーズとしては 第226回)として採り上げますのは 世界数か国語に翻訳された・・・

谷崎潤一郎 細雪で感想文を ”下痢の美女”か”新しい女”か

「感想文の書き方」シリーズも なんと今回で第189回。 今回はかの文豪、谷崎潤一郎の大長編 『細雪』(ささめゆき。1943-48)に挑戦です!    英訳題をThe Makioka Sistersといって、 要するに蒔岡・・・

痴人の愛(谷崎潤一郎)で感想文 妖婦ナオミに抵抗できる?

やあやあサイ象です。 おなじみ「感想文の書き方」シリーズ 今回でなんと第163回((((((ノ゚⊿゚)ノ とりあげるのはなんと、かの文豪、 谷崎潤一郎の初期の傑作長編『痴人の愛』 (1924-25)で~~す((((((ノ・・・

谷崎潤一郎 細雪のあらすじ 映画とは違う原作の芸術性は?

やあやあサイ象です。 「感想文の書き方」シリーズも 早いもので今回で第149回となり… 「あらすじ」暴露サービスとしても いよいよ大台に迫る第97弾。 今回はかの文豪、谷崎潤一郎の 最大の長編『細雪(ささめゆき)』 (1・・・

谷崎潤一郎 痴人の愛のあらすじ⦅ナオミと譲治のM的結末⦆

やあやあサイ象です。 「あらすじ暴露」シリーズ第89弾 (感想文の書き方:第141回)の今回は いよいよかの大文豪、谷崎潤一郎の 初期の傑作にして問題作長編『痴人の愛』 (1924-25)に挑戦で~す!    え? 「痴・・・

春琴抄で感想文 🐈佐助犯人説を谷崎先生、どう思います?

吾輩は猫である。 名前はまだない。         どこで生まれたかとんと……いやもう 挨拶は抜きにさせてもらおう。 本日しゃしゃり出たのは、わが漱石先生 なきあとの日本で文豪と呼べる数少ない 作家の一人、谷崎潤一郎先生・・・

谷崎潤一郎 春琴抄のあらすじ 簡単/詳しくの2段階で

やあやあサイ象です。 「感想文の書き方」シリーズもはや第90回。 「あらすじ」暴露サービスとしては 第57弾となります。 今回はあの大谷崎、 潤一郎の最高傑作ともいわれる中編、 『春琴抄』(1933)に挑戦です。    ・・・

谷崎潤一郎 刺青のあらすじと考察 🐉若尾文子主演映画も鑑賞

やあやあサイ象です。 「感想文の書き方」シリーズもはや第41回。 「あらすじ」暴露サービスとしては 第18弾となります。 今回は谷崎潤一郎のデビュー作『刺青』 (しせい/1910)で参りましょう。 さて、一口に「あらすじ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ