やあやあサイ象です。 「感想文の書き方」シリーズもはや第41回。 「あらすじ」暴露サービスとしては 第18弾となります。 今回は谷崎潤一郎のデビュー作『刺青』 (しせい/1910)で参りましょう。 さて、一口に「あらすじ […]