「夏目漱石」の記事一覧(2 / 3ページ)

夏目漱石 門の簡単なあらすじ 鎌倉参禅で宗助の得たものは?

やあやあサイ象です。 「感想文の書き方」シリーズも はや第48回にして「あらすじ」暴露 サービスとしては第25弾。 今回は国民的作家、夏目漱石の 『門』(1910)で参ります。 これは漱石作品のなかでも”いぶし銀”と い・・・

夏目漱石 草枕のあらすじ 感想文に向けて内容を解説

やあやあサイ象です。 「感想文の書き方」シリーズもはや第47回、 「あらすじ」暴露サービスとしては第24弾。 今回は国民的作家、夏目漱石の 『草枕』(1906)で参ります。 智(ち)に働けば 角(かど)が立つ。 情(じょ・・・

夏目漱石 三四郎のあらすじ 🏫簡単/詳しくの2段階で解説

やあやあサイ象です。 「感想文の書き方」シリーズも はや第45回にして「あらすじ」 暴露サービスとしては第22弾。 今回は夏目漱石の長編小説 『三四郎』(1908)で参りましょう。     さて一口に「あらすじ」を、とい・・・

坊ちゃんのあらすじを簡単に 夏目漱石の名作 ポイントはどこに?

やあやあサイ象です。 「感想文の書き方」シリーズ第28回の 今回は「あらすじ」暴露サービスの第5弾。 夏目漱石作品としては『こころ』につぐ 2作目、『坊っちゃん』(1906)で 行ってみましょう。    ただ、あらすじを・・・

こころのあらすじを簡単に【下:先生の遺書だけやや詳しく】

やあやあサイ象です。 「感想文の書き方」シリーズもはや第24回、 今日は特別大サービスとして、感想文 “以前”の「あらすじ」暴露。 読者さんにかわって要約する安直 “出血”・・・

こころ(漱石)のお嬢さんはなぜよく笑う?先生はそれが嫌いだった?

やあやあサイ象です。 夏目漱石『こころ』(1914)を読んで 感想文とかレポートとか書こうとして いる人に話題や論点の提供をして いこうと思います。 さて『こころ』といっても、高校の 教科書に採録されているのはたいてい ・・・

夢十夜の第一夜で感想文どう書く?🌠800字の例文つき

「感想文の書き方」シリーズも はや第18回を数えます。 今回はいよいよ夏目漱石の異色作、 『夢十夜』に挑戦したいと思うんですね。 「こんな夢を見た」とはじまる十個の 夢語りを並べた作品集です。 ここでは高校現代文の教科書・・・

夏目漱石名言集『こころ』etc.に滲む独特の恋愛観とは?

吾輩は猫である。 名前はまだない。            どこで生まれたか……いや、挨拶は もう抜きにさせてもらおう。 その吾輩が本日は、猫の分際でヒト様の 恋愛に口を出させていただくことにした。 いや、ふつう人間には見・・・

小津安二郎(東京物語ほか) 独特のカメラアングルが漱石に通ず

やあやあサイ象です。 今日は「オズ」の話をしたいと思います。 といっても「オズの魔法使い」では ありません。 世界のOzu、そう日本映画の巨匠、 小津安二郎監督ですね。 代表作の一つがこれ。 「東京物語」 小津安二郎生誕・・・

夏目漱石「月が綺麗ですね」の出典は?🌝I love youはこう訳せ?

やあやあサイ象です。 ちかごろネット上に飛び交う問答。 「夏目漱石が”I love you”を 『月が綺麗ですね』と訳したそうですが、 それはどの作品に出てきますか?」 「漱石って意外に英語 でき・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ