江戸川乱歩 陰獣のあらすじ:ネタバレ御免で結末まで

 


やあやあサイ象です。

「感想文の書き方」シリーズも
はや第82回。
「あらすじ」暴露サービスとしては
第51弾となります。

Sponsored Links


今回はあの江戸川乱歩の代表作の一つ
『陰獣』(1928)で参りましょう。



映画化の試みもいくつかあって、
加藤泰監督、香山美子・あおい輝彦主演の
『江戸川乱歩の陰獣』(1977)は素晴らしい
映像と独特のカメラワークで出色の出来。

その予告編動画をどうぞ。



なんとフランス映画『陰獣』
(バーベット・シュローダー監督。
INJU, La bete dans l’ombre, 2008)
も制作されているのですが、
これはずいぶん思い切った翻案で、
原作からはだいぶ離れています。

よかったら、これも予告編をどうぞ。





👉 ネタバレありの詳しいあらすじ

ではさっそく、このやや長い推理小説の
あらすじを始めから結末まで同程度の
詳しさで記述していきます。

「結末まで」ということは、
ネタバレを避けるという
姑息な配慮は一切しない
ということでもありますので、
結末を知りたくない人は
絶対に読まないでください
(◎◎)。


原文は12章構成ですが、
わかりやすさのため、これを
「起・承・転・結」の4部に分けて
記述していきます。


【起】(一~二)
探偵小説家には、犯人の残虐な心理を
追求する「犯罪者型」と、理知的な
探偵の経路を追う「探偵型」との
二種類があるが、私がこれから書く
大江春泥(しゅんでい)は前者に属し、
私(寒川)自身は後者である。

私はある時、上野の帝室博物館で
優艶な美女に出会い、そのうなじに
赤あざのようなミミズ腫れが
あるのに気づく。

言葉をかわすうちに、    6ddf675745f8d25cc68e98d5cdb745e2_s
それが実業家小山田六郎の夫人、
静子で、私の探偵小説の愛読者と
わかり、二人は文通するようになる。

数ヶ月間後、静子から大江春泥の住所を
問われ、わからないと答えると「相談」
したいというので、面会すると、
彼女は以下のように話す。

7年前に10歳以上年長の小山田氏に
見初められて結婚したが、それ
以前、静岡の郷里での女学生時代、
平田一郎という青年と少しの間、
恋仲になっていた。

「十八の娘のちょっとした出来心
から」の恋にすぎなかったが、
捨てられた平田の方は真剣に
執着し、家には気味の悪い
脅迫状さえ舞い込んだ。

その平田から最近   letters-664009_640

「とうとう君を見つけた」に始まる
手紙が数通届き、そこで平田は
「大江春泥」は自分の筆名だ
と明かした上で、これから「着々
君への復讐計画を進めて行く」
と宣言していた。

しかも「家の中で君の身辺に
起こった」ことはすべて見えて
いると称して、「寝室の秘密」を
含む静子の行動を毎回、微細に
記述してくるのだが、気味の悪い
ことに、それがすべて
事実だった(゚_゚i)。


この手紙を見せられた寒川は、平田の
住所をつきとめてこの「いたずら」を
やめさせると静子に請け合う。



【承】(三~七)
雑誌編集者などから情報収集すると、
平田は極度の人嫌いで、編集者との
やりとりも妻に代行させるほど。

好男子の顔写真を著書の口絵に
出しているが、博文館の本田に聞くと、
それも「うそ」。

一年前からは小説を書かなくなり、
所在さえくらましていて、
居場所はまったくつかめない。

静子に届いた新たな脅迫状で、   斧 axe-149473_640

平田=春泥は「お前を殺すに先だって、
お前を愛している夫の命を、お前の
目の前で奪」うと宣言(叫び)。

手紙には、今も「お前の影である私は、
どこかの隅から、眼を細めてじっと
眺めている」ともあり、また静子は
実際、自宅の天井に人の気配がする
ともいうので、私は春泥の小説
『屋根裏の遊戯』を思い出す。

乱歩が3年前に発表していた小説
『屋根裏の散歩者』(1925)を
思わせずにいないタイトル。

この作品については、こちらの
記事をご参照ください。

屋根裏の散歩者(江戸川乱歩)のあらすじ:ネタバレ御免で探索


『屋根裏の遊戯』の主人公をまねて、
天井裏を探索してみたものの、
手がかりなし。


二日おいて、小山田六郎の変死体が
隅田川の吾妻橋下あたりで
発見される(ドクロ)。

事件担当の糸崎検事は、小山田家を
刑事に張り込ませるとともに、春泥の
行方を全力で探すうよう警察に指令。

1か月たっても手がかりは
なかったが、脅迫状はぱったりと
来なくなっていた。

eye-626870_640

一方、静子と私の関係は事件後、
親密の度を増し、ことに、ある日、
彼女の寝室から小型の鞭を見つけてから
「私の悩ましい欲望」は燃え上がる。

静子のうなじから例のミミズ腫れが
消えていることからしても、小山田が
そちらの趣味をもつ者であったことは
疑えないが、ひょっとして自分も
彼と同じ変質者かしら(((゜д゜;)))
と思い始める。

Sponsored Links




【転】(八~十)
数日後、私は事件について推理した
長い意見書を糸崎検事宛に書く。

【その要旨】
六郎が鍵を掛けていた書斎から
発見された証拠品
.「平田と静子の関係を
知れり」云々の日記の記述
.春泥短編集『屋根裏の遊戯』
.雑誌口絵の春泥の筆跡を
なすった爪あと
などから、以下の結論が得られる。

A.平田からの脅迫状は実は
小山田の書いたもの。

B.その変死は、静子との怪しい
遊戯の果てに軒蛇腹から滑落し、
塀に激突して隅田川に
転落したもの。


この意見書を見せられた静子は、 
赤面、茫然ののちに安堵の色を見せる。

私は彼女に接吻し、  女 カラフルwoman-163644__180
「秘密の逢瀬」をもちかけて
承諾される。

その逢瀬に静子は乗馬用の鞭を持参し、
それを私の手に握らせて、
打つようにと迫る。


その後また20日ほどして、やや冷静
になると、この事件全体が『屋根裏の
遊戯』のほか、いくつかの春泥作品の
モチーフで、いわば「春泥色」に塗り
固められたものに見えてくる。

春泥の妻について本田に尋ねると、
近眼鏡をかけ、頬には歯痛止めの
貼り薬をいつも貼っているといい、
不自然に感じる( ̄ヘ ̄)。



【結】(十一~十二)
事件全体を考え直した私は、定例化
していた逢い引きの場所へ行くと、
静子と並んで腰をおろし、
新しい推理を語る。

動揺した静子は中途で制止し、上半身を
うねらせて私の気をそらそうと
試みるが、私は応じない。

【その推理の要点】
.六郎の書斎に『屋根裏の遊戯』
を置いたり、日記に「平田と静子の
関係を知れり」との書き込んだり、
雑誌口絵に爪あとをつけたり
したのはあなただ。

.変装して春泥の妻を    094861
演じていたのもあなただ。

.春泥は実在せず、その作品は
あなたが書いていたのだ。

.六郎殺しを仕組んだのも、
もちろんあなただ。


グッタリして身動きさえしない静子に
「よく考えて、正しい道を選んで
ください。このままあなたとの関係を
続けていくことは、ぼくの良心が
許しません・・・・・・では、さようなら」
と言い置いて、私は去る。

その日の夕刊で     029150
私は静子の自殺を知る。

だが、それが他殺でないという証拠も、
また私の推理が間違いでないという
証拠も、実はない。

春泥=平田がどこかに生息している
のではないかという私の疑惑は
日々深まっている。



👉 作者が”自己抹殺”を試みた小説?

どうでしょう。
楽しんでいただけましたか?

え? やっぱりよくわからん?

まあ、それはそうかもしれません。

かなりの長さのある推理小説ですから、
「あらすじ」ではやはり、
仕組まれた「トリック」や仕掛けを
すべて説明していくことは無理なんですよ。

だからやはり、完全に理解したい人は
原作にあたってもらうしかないですね。

もう一つ面白いのが、    126133
最後に「結末」がつけられたあとで、
さらにもう一度、春泥はやはりいる
のかもしれない、と再び「疑惑」が
浮上してしまうことですね。

これについては批判があったそうで、
後の版では乱歩自身がいったん削除した
のですが、その後また「原形の方がよい」
と考え直して『江戸川乱歩全集』では
復活させたとのこと(「あとがき」)。


その「あとがき」をついでに紹介
しますと、「陰獣」とは「猫のような
『陰気なけもの』
」という意味だそうで
(猫さん、ゴメン)、この小説の
「楽屋落ちみたいなもの」が奇妙な
魅力になっていたと述べています。

Alice-in-Wonderland-Cheshire-Cat-s

つまり

この小説の犯人は江戸川乱歩に酷似
した人物で、しかも最後にはその
人物が女とわかり、結局、江戸川は
架空の作家だったということに
なってしまう。

つまり、私は小説の中で自己抹殺を
試みたのである。
 (『江戸川乱歩全集』(桃源社)第二巻「あとがき」)


いや、なかなか面白い冒険ではないですか。

つまり『屋根裏の散歩者』をはじめ、
いくつかの”変態心理”的な自作品を取り込んで
その作者を犯人に仕立て、けっきょく
破滅させるんですから……


なので、この作品を十分に理解するには
『屋根裏の散歩者』以外の主要作品も
読んでおくことが必要になるでしょうね。

こちらの記事で扱っていますので、
是非ご覧ください。

芋虫(江戸川乱歩)のあらすじ:伏字だらけの問題作!内容は?
江戸川乱歩 芋虫で感想文◎◎映画『キャタピラー』も鑑賞して
江戸川乱歩 人間椅子のあらすじ(ネタバレあり)とその解釈
人間椅子(江戸川乱歩)で感想文◎椅子になったストーカー…
パノラマ島奇談[奇譚]乱歩最高作(?)あらすじをネタバレ御免で
黒蜥蜴(江戸川乱歩)のあらすじ:三島由紀夫戯曲の映画も鑑賞
影男(江戸川乱歩)のあらすじ:ネタバレ御免で結末まで
江戸川乱歩 怪人二十面相☆少年探偵団結成までのあらすじ

どくろ skull-766899_640


乱歩の本を早く安く手に入れたい
場合は、Amazonが便利です。

こちらから探してみてください。

◎江戸川乱歩の本:ラインナップ◎


👉 まとめ

さあ、どうでしょう。

これだけの情報があれば、
感想文を書こうという人も、
もう鬼に金棒ではないですか? 


え? 書けそうなテーマは浮かんできたけど、
でも具体的に、どう進めて
いいかわからない( ̄ヘ ̄)?

それならまず、当シリーズの
感想文の書き方《虎の巻》の
適用例をご覧ください。  

乱歩以外にも多くの作家・作品をとりあげて、
「あらすじ」や「感想文の書き方」の
記事を量産しています。

こちらのリストをどうぞご覧ください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧

ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ