シェイクスピアといえば世界の文豪の
中でも、文句なしの大文豪。

その名言・名セリフとして燦然と
輝き、広く世界に知られたものも
少なくありませんよね。

そのような名言の一つを持ち出して、
「ガハハ、これはシェイクスピアの
言葉さ」とドヤ顔するのも結構ですが、
もし「ん? どの作品?」と突っ込まれて
答えられなかったら、どうでしょう。

Sponsored Links


というわけで、そういう場合にもバッチリ
対応できるよう、作品別に名言・名セリフを
採り上げ、対応する英語原文もつけて
しっかり解説していこうというのが、この
⦅シェイクスピア劇 名言・名セリフ
英語原文つき解説⦆シリーズ!

今回はその第弾、シェイクスピア
“四大悲劇”の最終作にして最高傑作の
呼び声も高い『マクベス』(1606)で
行ってみましょう((((((ノ゚🐽゚)ノ
👇

広告:クリックすれば楽天市場へ


原文の英語を知っておこう

さて、せっかくの名言も劇のストーリーが
頭になければその深い意味が響いて来ない
ので、記憶に残りにくいし、覚えても
ついてくる価値は半分しかありません。

なので、全体を読むか観劇するかするに
越したことはないのですが、残念ながら
その時間がない、あるいはもう忘れた…
という人は、下記の「簡単なあらすじ」で
物語の概要を頭に入れておいてください。

スコットランドの将軍マクベスは、
戦功により、ダンカン国王から
コーダー領主の地位を授けられる。

が、荒野で出会った3人の魔女の
「万歳、マクベス、いずれは王になる
お方」という予言と、マクベス夫人の
叱咤激励に導かれ、ダンカン王暗殺を
計画・実行する。

2人の王子は身の危険を感じて国外へ
逃亡し、マクベスは王座に就く。

しかし、「王にはならないが、王を
生み出す」と魔女に予言されていた
バンクォーに不安を抱き、これも暗殺。

      william-shakespeare-67764__180

その後、殺したバンクォーの幻影を
見るなど、心を乱すマクベスが3人の
魔女に再び予言を乞うと、
「マクダフに用心しろ」
「女から生まれたものは
マクベスを倒せない」
「バーナムの大森林がダンシネインの
丘に攻め上って来なければ」
などと予言される。

貴族マクダフがイングランドへ亡命
すると、マクベスはその城を奇襲し、
妻子をも殺させる。

イングランドでマクダフは、
マルカム王子とマクベス討伐を画策。

マクベスの味方は次々に寝返り、
マクベス夫人は夢遊病で狂死。


イングランド軍は、マクベスのいる
ダンシネイン城へ、バーナムの森が
実際に向かってくるように
見せかけつつ襲来する。

ついにマクベスと対決したマクダフは、
おれは「母の腹を破って出てきた」
とうそぶいてマクベスの首を取る。

マルカム王子が新王に即位する。

Sponsored Links


ん? なんでそうなるのか、
よくわからない?

まあ、それはぎゅっとつづめた
「簡単」版のあらすじなので
どうしてもそうなります。

詳しいストーリーを押さえておきたい
という人はぜひこちらをご参照ください。

マクベスのあらすじを簡単に【&詳しく】これぞシェイクスピア最高傑作!

             macbeth  b0209199_5652a49d7cc68

名言とその英語原文

それでは参りましょう。

日本語は、上記ちくま文庫の松岡和子訳に
より、前後の脈絡がわかるように少しづつ
説明をはさみながら、有名なセリフを
引用し、そのすぐ下に対応する英語原文を
置くという手順でやっていきます。

👑【第一幕】

第一場

最初に登場する3人の魔女たちが
並べる互いに矛盾した言葉たちの
うち、いちばん有名で、物語全体を
予告するようにも読める部分。

魔女全員 きれいは汚い、汚いはきれい。
飛んで行こう、よどんだ空気と霧の中。

Fair is foul,and foul is fair.
Hover through the fog and filthy air.

      

第三場 

「万歳、いつか王になるお方」と魔女に
予言されたマクベスは、スコットランド王
ダンカンに戦功を認められてゴーダー領主に
任命されますが、さらにダンカンの
王位自体を夢見ます。

マクベス 心に浮かぶ殺人は,まだ空想に
すぎないのに俺の五体をゆさぶり、
思っただけで体が利かなくなる。
何ひとつ無い、在るのは
無いものだけだ。


My thought, whose murder
yet is but fantastical,
Shakes so my single state of man, that function
Is surmise, and nothing is
But what is not.

Sponsored Links


第五場

手紙でマクベスの状況を知った
インヴァネス城のマクベス夫人。

マクベス夫人 でも心配なのは
あなたの気性。
人間らしい優しさというお乳が多すぎて
一番の近道が選べない。
〔中略〕
早く帰っていらっしゃい。
あなたの耳に私の性根をあげる

Yet do I fear thy nature,
It is too full o’th ‘milk of human kindness
To catch the nearest way.
Hie thee hither.
That i may pour my spirits in thine ear,

     

第七場

恩顧ある王を殺すことまでは…
とためらうマクベスに。

マクベス夫人 私はお乳を飲ませて
子どもを育てた。
だから、この乳を吸う赤ん坊がどんなに
可愛いかよく知っています。
それでも、私の顔に微笑みかけてくる
その子の柔らかい歯茎から乳首を
もぎ取り、子供の脳味噌を
叩き出してみせます。

さっきのあなたのように一旦やると
誓ったなら。

I have given suck, and know
How tender ‘ts to love the babe that milks me;
I would, while it was smiling in my face,
Have plucked my nipple from his boneless gums
And dashed the brains out,
had I so sworn
as you have done do this.

Sponsored Links


このあたり、どこの国にもありそうな、
ある特定のタイプの夫婦の相互関係を
みごとに表現しているんじゃ
ないでしょうか。

それにしてもマクベス夫人のド迫力(叫び)。


マクベスが帰着し、ダンカン王も翌日ここへ
来て一泊すると聞いたマクベス夫人は
王の暗殺に向け夫の尻を叩きます。

      5fb2e55021a202fedcb32501f49538d9_s

👑【第二幕】

第二場

暗殺に成功したマクベスですが……

マクベス 叫び声が聞こえたようだ、
「もう眠るな!マクベスは
眠りを殺した
」。

Methought I heard a voice cry
‘Sleep no more.
Macbeth does murder sleep’,


第三場    macbeth b69d0127230517440f3d9e0d0ade8113

マクベス 誰にできる?
分別を働かせて動転して、
穏やかに激怒し、
忠誠心に燃えつつ冷淡でいる、
それも同時に?無理だ。

Who can be wise,
amazed, temp’rate and furious,
Loyal and neutral, in a moment?

Sponsored Links


👑【第四幕】

第一場

親友だったバンクォーも疑心暗鬼から殺して
しまい、その息子の復讐に怯えることにも
なったマクベスは、魔女たちのところへ
行き、予言を乞います。

幻影2 マクベス! マクベス! 
マクベス!
マクベス 聴こう、耳が三つ
欲しいくらいだ。
幻影2 流血を怖れず、
大胆不敵になれ。

人間の力など笑いとばせ。

女から生まれたものは
誰一人マクベスを倒せはしない



2nd Apparition Macbeth, Macbeth, Macbeth,
Macbeth Had I three ears, Li’d hear thee.
2nd Apparition Be bloody, bold, and resolute;
laugh to scorn
The power of man.
For none of woman born shall harm Macbeth

👉「女から生まれた」(of woman
born)者というのは「あらゆる人間」
を指すはずで、例外はありませんよね。

だから、マクベスを倒す者は
いないという理屈になります。

にもかかわらず、最後はマクダフに
敗れるのでうが、これはなぜか
というと、この”born”に「自然の」
という意味もあり、かつマクダフの
出生は帝王切開という「不自然」
によっていました。

したがって”of woman born”
ではない、というワケ。

剣 images

なおここは「女の股から生まれた…」
とする訳もありますが、「股」に
当たる英語は原文にはありません
ので、悩まないよう。


Sponsored Links


👑【第五幕】

第一場

夢遊病に冒されたマクベス夫人、夜中に
起き出して、手を洗う仕草を繰り返します。

マクベス夫人 まだここに血の
においが。
この小さな手、アラビア中の香料を
ふりかけてもいい匂いにはならない。
ああ! ああ! ああ!

Here’s the smell of the blood still.
All the perfumes of Arabia
will not sweeten this little hand.
Oh, oh, oh.

手の木The-tree-hand-s

第三場

反=マクベスの軍勢が一挙襲来し、
マクベスはたちまち不利に。

マクベス 俺はもう十分長く
生きてきた。

俺の人生は黄ばんだ枯れ葉となって
散るのを待っている。

I have lived long enough;my way of live
Is fallen into the sear, the yellow leaf,
And that which should accompany old age,

      knight_two_kinghts_fighting-e1420560332221-740x230

第五場

夫人死去の知らせを受けたマクベス。

マクベス 明日も、明日も、また
明日も、とぼとぼと小刻みに
その日その日の歩みを進め、
歴史の記述の最後の一言にたどり着く。

すべての昨日は、愚かな人間が
土に還る死の道を照らしてきた。

消えろ、消えろ、束の間の灯火(ともしび)!
人生はたかが歩く影、哀れな役者だ
出場のあいだは舞台で大見得を切っても
袖へ入ればそれきりだ。

白痴のしゃべる物語、たけり狂う
わめき声
ばかり、筋の通った意味などない。


Tomorrow, and tomorrow, and tomorrow,
Creeps in this petty pace from day to day,
To the last syllable of recorded time,
And all our yesterdays have lighted fools
The way to dusty death.
Out, out, brief candle,
Life’s but a walking shadow, a poor player
That struts and frets his hour upon the stage,
And then is heard no more.
It is a tale told by an idiot,
full of sound and fury,
Signifying nothing.
👉sound and fury“(たけり狂うわめき声)
というのも有名でウィリアム・
フォークナーの小説『響きと怒り』
のタイトルはまさにこれから
採られているんですね。

Sponsored Links

城が落とされる一方で、敵を次々と倒して
いったマクベスがついに対戦するのが
魔女も気を付けろと言ったマクダフ。

   騎士 spectacular-knight-216680_640

マクダフはマクベスの首(ドクロ)を取り、
ダンカンの子であるマルカム王子に献上。

新王の即位でドラマは終息します。

Sponsored Links




さらに突っ込みたい人は…

いかがでした?

ともかく人をギクリとさせ、冷や汗
さえ名がさせるかもりれない
凄みのある悲劇ですよね。

結果として見ればマクベスは大悪党に
ちがいないわけですが、もともとは、
夫人も知るとおり、「人間らしい
優しさ」をもつ小心な男です。

    knight-273704_640

それが、見る見るうちに欠けていたはずの
「邪悪な心」を強めて悪逆非道の男になって
いくのは、魔女と、そしてマクベス夫人の
言葉の力――その暗示力――にどんどん
引きずられていった結果とも見えますね。

このような「言葉の暗示力」は前作
『オセロ』でも悪役イアーゴが善人
オセロに及ぼす恐るべき力として
追求されたところです。
👉この点について詳細は
こちらの記事を参照してください。

シェイクスピア オセロのあらすじ:漱石講義のコメントつきで

シェイクスピアのオセロを講義:漱石の名言「白砂糖の悪人」?

シェイクスピアの『オセロ』で読書感想文【1600字の例文つき】

       

で、ついでに漱石先生のシェイクスピアへの
こだわりについてもふれておきましょう。

この『オセロ』といい『マクベス』といい、
「言葉の暗示力」のテーマと連動して
恐れる男と恐れない女」という
漱石文学の一大主題が表現されている
とも言えそうなんですね。

👉これについてはこちらの記事をどうぞ。

漱石の名言でたどる恋愛💛『吾輩』猫が読み直す『こころ』etc.

          ƒvƒŠƒ“ƒg


👉『マクベス』『オセロ』に
『ハムレット』『リア王』を加えた
4作品が”シェイクスピア四大悲劇”
と呼ばれてきたもの。

これらのほか、喜劇やロマンス劇の
代表作いくつかのについて、それぞれ
名言・名セリフを英語原文つきで解説
した記事を並べていますので、
ぜひご参照ください。

ハムレットの名言 英語原文では何と? 生きるべきか死ぬべきかetc.

リア王(シェイクスピア) 15の名言/名セリフ!英語原文つき解説

             


ヴェニスの商人 10の名言【ポーシャらの名セリフを英語原文つきで】

夏の夜の夢(シェイクスピア) 12の名言/名セリフ!英語原文つき解説

ロミオとジュリエットの名言・名セリフ 英語原文では何と?

                    


テンペスト(シェイクスピア) 10の名言・名セリフ!英語原文つき解説

十二夜(シェイクスピア) 12の名言/名セリフ!英語原文つき解説

       

👉シェイクスピアの傑作は
これらにとどまりません。

当ブログでは各ジャンル17作以上について
「あらすじ」などの情報を提供しています。

気になる作品をこちらから
お探しください。

シェイクスピアの本でおすすめは?喜劇・悲劇…各ジャンル17作品の紹介!

          

そのほか、シェイクスピアの本を早く安く
手に入れたい場合は、Amazonが便利。

こちらから探してみてください。👇
  🔱シェイクスピアの本:ラインナップ🔱
 


👉当ブログでは日本と世界の多くの
作品について「あらすじ」や「感想文」
関連のお助け記事を量産しています。

お役に立ちそうなものをこちらの
リストから探してみてくださいね~(^^)у

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧


ともかく頑張ってやりぬきましょ~~(^O^)/

(Visited 20,555 times, 4 visits today)