サクラさん
人気映画『ファイト・
クラブ』(1999)は
前衛的なサブリミナル
画像の使用でも有名。

ハンサム 教授
中盤から主要人物になる
謎の男👺、タイラー
(ブラッド・ピット)が
序盤から時折、気づく
か気づかないかという
ほどの一瞬、姿を現す。

観客の意識下に侵入
していく効果とか…


Sponsored Links

サクラさん
で、ラストのそれがまた
キワメツケ👺だと聞いて
期待して観たんですが、
一瞬、肌色っぽい画面に
なるだけで、なんにも
見えませんでした(😿)

ハンサム 教授
観たのはDVD?

サクラさん
はい。

ハンサム 教授
それは残念;^^💦

日本版では(劇場・DVD
とも)、そこがカット
されてるんです。

サクラさん
オヨヨ… 表現の自由が
保証されているはずの
この国で👺…

じゃ、日本で見ること
はできない❔❓

ハンサム 教授
いえいえ、Blu-ray版
ではさすがに復活👺
したので見られます。




サクラさん
それはいいことを
聞きました(😹)

ところで、この会話で
時折挟まれる”👺”も
サブリミナルですか?

ハンサム 教授
ええ。何のシンボル👺
かを言う必要はあり
めせんよね;^^💦



というわけで本日の素材は、英語圏の
巨大サイトIMDb(インターネット・
ムービー・データベース)の評価集計で
2020年現在もなお史上全作品中第11位
という圧倒的人気を誇るアメリカ映画
『ファイト・クラブ』(Fight Club,1999,
デイヴィッド・フィンチャー監督)!
   👇 



⦅広告⦆DVD(上)とBlu-ray(下):クリックするとAmazonへ


DVDとBlu-ray、両方の広告を並べた
のは、冒頭の会話でふれたとおり、
サブリミナル効果を十分に味わうには
残念ながらDVD版では不十分だから。

本国公開当時「マッチョ・ポルノ」だ
なんて悪口を言われた理由も、日本の
劇場版やDVD版からはよくわからない
はずなんです。

だから、日本公開当初から「あ~、
あれはマッチョ・ポルノだよ」とか
したり顔で言ってた連中は、欧米人の
口マネをするだけのエセ評論家に
すぎなかったのかも…
という皮肉な実相も見えてきます。


ともかくそんなわけで、今回は映画
『ファイト・クラブ』のサブリミナル
画像をめぐって、DVDや劇場版の配信
では見られない映像も提供しながら、
徹底的に検証して参りますよ~((((((ノ👺)ノ

内容はザッと以下のとおり。


概要:簡単なあらすじ
(ネタバレなし)

まだ一度もご覧になっていない方の
ために、まずは概要を紹介
しましょう。

こちらの動画をどうぞ。  👇 
   

👉なお全編見たいという場合は、
もしhuluに新規契約されるなら、
試し見(無料)もできますよ~。
    👇
🤡huluはここをクリック🤡


これだけでは、なんのこっちゃ
ようわからん…
ということになるでしょうから、
以下に簡単なあらすじ(ネタバレなし)を
掲げます。

30歳過ぎの「僕」ことジャック
(エドワード・ノートン)は、
大手自動車会社の保険部門の
サラリーマンで、高層マンションの
自室にこだわりの高級家具を
買い揃えている。

業務は多忙でストレス多く、
不眠症に悩んで精神科に通う。

医師の冗談から思いついて始めた
休日の趣味が、睾丸がん患者や
アルコール依存症患者のグループ
・サポートの会合にニセ患者
として紛れ込むこと。

Sponsored Links

それらの会合でよく出会うマーラ
(ヘレナ・ボナム=カーター)という
不良っぽい女もニセ患者らしい。

ある日、出張から帰ると、自宅
マンションが爆発事故にあっており、
高価な家具も衣料もすべて焼失。

住居に困ったジャックは出張の
飛行機で知り合った石鹸の行商人、
タイラー・ダーデン(ブラッド・
ピット)に連絡し、彼の住む
廃屋同然の屋敷に同居を始める。

タイラーは、ジャックとは対照的な
ワイルドな男で、バーで飲んだ後、
駐車場で「力いっぱい俺を殴れ」と
言い出し、二人のふざけ合いは
やがて本気の殴り合いになる。

 
  ⦅広告⦆ポスター:クリックするとAmazonへ


痛みの中で生きている実感を取り
戻したジャックは以後、タイラー
との殴り合いを繰り返し、見物人が
そこに加わるようになる。

連絡を取ってきたマーラも廃屋に
同居するようになるが、いつか
タイラーとできていて、彼女の
性的な絶叫が聞こえてくる。

殴り合いの集いはやがて地下室に
集合して1対1で殴り合う
「ファイト・クラブ」へと発展。

タイラーは会則を整備してクラブを
育て、それはやがて社会的権威に
対する破壊工作(プロジェクト・
メイヘム)を実行するための
テロリスト集団に変貌していく(叫び)


Sponsored Links

サブリミナル禁止の流れに反逆

『ファイト・クラブ』はオープニング
タイトルで早くも観客の度肝を
抜きます。

不安をつのらせる、振動するような
ロック音楽にのせて映し出されて
いくのは、脳神経の顕微鏡映像。

脳神経倫理学(ニューロエシックス) と
呼ばれる学問が始まったのは2003年の
こととされていますが(👉 Wikipedia)、
それに先立つ1999年の『ファイト・
クラブ』はそれこそ脳神経倫理を
逆なでするような映画を作ろうと
していたわけで、このオープニング
タイトルはそのような挑戦の
宣告とも受け取れます。


それが終わるといきなり、ジャックの
口に拳銃を突っ込んでいるタイラー…
という衝撃的な場面に入りますが、
これはラストの一部を先取りする
序幕(イントロ)部分なのですね。

そこから何か月か前の「睾丸がん
患者」の会に、さらにそれ以前の
ジャックの日常生活へと遡って、
いよいよ本編部分の始まりに
なります。

 

タイラーと対面するのは映画開始後
23分あたりですが、もし観客が彼に
初めて会ったような気がしない
としたら、それは、彼がそれ以前に
何度も出現しては消えているから…❔❓


もし実際にそういう効果が上がって
いたのだとすれば、それがいわゆる
サブリミナル効果

この手法は、1950年代からテレビ
CMなどに使われてきたものですが、
その脳神経を冒すような洗脳的作用が
倫理的に問題視されるようになり、
90年代には各国で禁止などの
規制措置が取られていました。

『ファイト・クラブ』があえて
サブリミナル効果という実は新しく
ない手法に挑んだのは(現実に効果が
あったか否かは別として)、むしろ
時代の流れに反逆するような意味を
もっていたようにも受け取れます。

Sponsored Links

個々のサブリミナル画面

ともあれ、そのようなサブリミナル
効果
がどのような画像をどう入れ込む
ことで狙われ、実際に効果を上げている
のどうかについて、一つ一つ検証して
いきましょう。

まずは挿入されたサブリミナル画像
一つ一つ挙げていきます。

➊ 会社でコピーをとるジャックの姿に
「眠れないと、すべてが遠くに
かすんで何もかもがコピーのコピーの
ようだ」という語りが入るあたり
(4分過ぎ)で、画面やや左にほんの
一瞬、タイラーの姿が。

➋ ジャックに「苦しいんだ」と訴え
られた精神科医が、睾丸がん患者を
引き合いに出して「あれが苦しみだ」
と突き放した瞬間(6分過ぎ)、医師の
背後にやはりほんの一瞬、にやにや
するタイラーが。

  

➌ 睾丸がん患者の会で苦しい心情を
吐露した男の肩に手を置いて感謝と
慰めの言葉を述べた年配の男の
背後に、またタイラーが
(7分半あたり)。

➍ 結核患者の会から立ち去るマーラの
後ろ姿を見ながら、今度の会合では
「あの女にどなってやる」という
語りが入る直前(12分半あたり)で、
マーラの全身に重なるタイラーの姿。



➎ 空港のベルトコンベヤーで移動中、
「違う時間に違う場所で目覚めたら、
違う人間になれる?」という語り
(19分半あたり)に重なるように、
逆方向のコンベヤーで移動する
サングラス姿のタイラー。
(これは瞬間でななく、1秒以上
続くので誰でも気づく)

➏ ホテルで見ているテレビCMで、
多数のウェイターらが「ようこそ!」
と手を広げるが(20分過ぎ)、その
前列右端の男はタイラーと同じ顔。
(これは瞬間以上の長さながら、
ブラピと気づかない人も多そう)

Sponsored Links

タイラー出現後の諸々の暗示

飛行機内で隣席に姿を現してからの
タイラーは、いちおう実在の(ジャック
とは別個の)人物として動きますので、
サブリミナル画像としての出現は
なくなります。

その代わりに、現実にはありそうに
ない事態が連発していくことで
タイラーという存在の怪しさが
暗示され続けます。


まずは、機内で二人の足元に置かれた
二つの鞄が全く同じ製品で、
ジャックも「同じ型だ」と
言うあたり(23分過ぎ)。

次の山は、二人で飲んだ後の駐車場で
タイラーが「俺を殴れ」と言い出した
直後の「僕」(ジャック)の語り
(ナレーション)。

タイラーは「夜型」で「人が眠る
時間に働く」男で、映画館の
映写技師としての仕事ぶりが
映し出されます。

    

ここで「ファミリー映画に、ほんの
一瞬、ポルノ映像を入れるのが
タイラーの密かな楽しみ」だと
語られ、タイラーは男性器丸見えの
フィルム(DVD版ではボカシ入り
ですが;^^💦)を細工
しようとしています。

客席では親子の観客が変な顔を
見合わせ、タイラーは”Nice big
cock”(見事な大マラだ)と
にやつきます(33分台)。

ラストで例の際どい画像に出会う時、
前半のこの部分が伏線になっていた
ことがわかる…
という仕掛けですが、不幸にも私たち
日本人はこの仕掛けを楽しむ権利さえ
奪われていたのです。   
   
      

タイラーと同居する廃屋で、ある本を
手に取ったジャックは「僕はジャック
の脳の延髄です」と朗読を始め
(38分過ぎ)、これ以降の場面でも折々、
「僕はジャックの〇〇です」という
語りが入ります。

これらすべてが、タイラーがジャック
と別個の存在ではないことの、
かなり露骨な暗示とみられます。

Sponsored Links

暗示のきわめつけは、
マーラとの関係。

彼女はタイラーと交わって喜悦の声を
上げ続けているというのがジャックの
認識でしたが、マーラとの会話でこの
認識にふれるたびに変な顔をされます。

彼女はタイラーなど知らず、交わりの
相手はジャック以外にないというのが
実相で、やがてジャックもそれを理解
せざるをえなくなります。

大詰め近くでマーラを呼び出して
「僕は二重人格みたいだっただろ?」
と問うと、ズバリ「ええ、ジキルと
ハイドみたい」と言われて
しまいます。
👉本来”善”であったジキル博士が
“悪”の分身ハイド氏の暴走に苦しむ
というストーリーラインにおいても
『ジキル博士とハイド氏』と
『ファイト・クラブ』とは
重なり合います。

その内容はこちらでどうぞ。

ジキルとハイドのあらすじ//スティーヴンソン原作を簡単に【&詳しく】

           


これはもちろんマーラだけの話では
なく、テロリスト集団と化した
“ファイト・クラブ”の面々もみな実は
ジャック自身がタイラーを名乗って
いるものと認識していることが
徐々に露呈していきます。

元メンバーの一人が言うには、
タイラーは「何でも精神科病院で
生まれた奴で、睡眠時間は毎晩
1時間」という怪物…。

こうした強い暗示を含む
場面はまだまだありますが、これらは
サブリミナル画像を入れたシーンでは
ないとしても、観客の意識に混乱を
持ち込み、主人公の自己同一性
(アンデンティティ)を揺らがせて
いくという狙いにおいて共通だと
解釈できるでしょう。
👉このあたりのストーリーは
ほぼ原作(チャック・パラニューク
の同名小説、1996)どおりなのですが、
もちろん原作は小説ですから、
サブリミナル画像の挿入のような
ことはないのですが、それに
似た効果をもつ暗示的な手法が
多用されています。

詳しくはこちらをご参照ください。

ファイトクラブ 映画と小説の違い!俳句を詠みラストは死んで天国へ?

         
          ⦅広告⦆原作本:クリックするとAmazonへ


問題のラスト【動画あり】

ともかくこんな感じで、観客を
戸惑わせ、かつ楽しませながら
『ファイト・クラブ』は進行し、
危険度をぐんぐん膨らませて、
ついに例の衝撃のラストを迎えます。

拳銃を口に入れたジャックが発砲
しながら死なず、タイラーの方が
死んでしまうという例の不可解な
結末です。
👉「なぜ死なないのか」という
謎と、そのあたりをめぐる
作品評価については、こちらで
詳しく情報提供しています。

ぜひご参照ください。

ファイトクラブ(映画) の評価・意味を探る!ラストでなぜ死なない?

        



そして”問題の問題”はさらにそのあと。

テロ集団に案内され現場に駆け付けた
マーラと手をつないで立つジャック。

全面ガラス窓の向こうでは爆破された
ビル群が崩れ落ち、その一瞬、日本版
でカットされた例のサブリミナル画像
が映し出されるのです。

ともかく、ご覧ください。

こちらの動画では、上で問題にして
きたサブリミナル画像のほとんどを
収録しており、”問題のラスト”も
もちろん除外していませんので、
是非とくとご覧あれ。  👇



まとめ

さて、いかがでしょう。

『ファイト・クラブ』のサブリミナル
画像
とその狙い、効果について
細かく解説してきましたが、よく
ご理解いただけたでしょうか?

ん? 全然納得できない?

いや、わかります;^^💦

完全に納得はできませんよね、
特に、実際に効果があったのか
という部分については。

それからまた、作品中でタイラーが
ファミリー映画の中に紛れ込ませ、
かつフィンチャー監督もそれをなぞる
ように作品のラストに入れた
例の「ポルノ画像」(👺)。

これは一瞬とはいっても、それが何で
あるかが明確に認識されてしまう
画像ですが(だからこそ映画館の
親子は変な顔を見合わせた)、はたして
これがサブリミナル画像
呼べるものなのか❓…

等々、疑問は残りますよね。

Sponsored Links



ま、疑問は残るでしょうが(その方が
面白いという見方もできる)、
ともかく上に述べてきましただけの
知識があれば、『ファイト・クラブ』の
“サブリミナル”問題に関するかぎり、
あなたはもう誰にも引けを取る
ことはないはず。

誰かさんにちょいと知ったかぶりを
してやろうかという場合も、あるいは
感想文やレポートを書こうかという
場合も、もうこれで万全です!


ん? 書けそうなことは浮かんで
きたけど、具体的にどう進めていいか
わからない( ̄ヘ ̄)?

そういう人は、ぜひこちらを
ご覧くださいね。
👉当ブログでは、日本と世界の
文学や映画の作品について
「あらすじ」や「感想文」関連の
お助け記事を量産しています。

参考になるものもあると思いますので、
こちらのリストからお探しください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧


ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/


(Visited 431 times, 8 visits today)