ピース又吉 火花のあらすじ:笑いながら泣く芸人哲学の世界

 


やあやあサイ象です。

「感想文の書き方」シリーズも早くも第52回。
「あらすじ」暴露サービスとしては
第29弾となります。

今回とりあげる作品は、
学校が期待する「感想文」の素材からは
外れるかもしれませんね。

Sponsored Links




でも、学校や先生によっては「なんでも
いから本を読んで感想文を書きなさい」
なんていわれる場合もあるかもしれません。


それならこれだってアリでしょう、先生!
と胸を張っていえる作品がコレ。

はい、お笑いコンビ”ピース”の又吉直樹さんが
2015年春に放ち、同年上半期の芥川賞を
獲得してしまったあの『火花』です。



さて、「あらすじ」を暴露しちゃう
といっても、まだまだ売れ続けている
本ですし、完全なネタバレはやはり
営業妨害になりかねません。

ですので、ここはもちろんそれは控え、
ラストはネタバレ寸前((((((ノ゚⊿゚)ノ
で止めますが、そこへ行くまでは、
かなり詳細に内容を紹介しますね。

原作に章立てはありませんが、   139600

「*」(アステリスク)による区切りで
15の部分に分けられていますので、
便宜上、これに1~15の番号を振って、
私の勝手な判断で「起承転結」の4部に
分けています。

「  」内は原作からの引用です。


Ψ かなり詳細なあらすじ

では、さっそく参りましょう。

【起】(1~4)
東京の小さな事務所に所属する
漫才コンビ”スパークス”の「僕」
徳永。20歳)は、熱海の花火大会の
余興で漫才をするが、ほとんど
聞いてもらえぬまま引っ込む。

すれ違いざま「仇(かたき)とったるわ」
とつぶやいて登壇した見知らぬ芸人が、
観客を不快にしかねない過激な漫才で
これも失態をさらすが、仕事を終えると、
その男が「呑みに行けへんか?」と
僕に声を掛ける。

4歳年上のその芸人、神谷と   焼酎

呑みながら漫才を地で行くような会話を
続けるうち、「弟子にして下さい」
という言葉が僕の「心の底から
溢(あふ)れ出た」。

「いいよ」と即答した神谷は、条件として
「俺の伝記」を書くよう求める。


深夜アルバイトで生計を立てている僕は、  
その後、非番の夜にはしばしば神谷と
呑むようになり、ますます惹きつけられる。

神谷の「純真さ」を、僕は「憧憬と
嫉妬と僅かな軽蔑が入り交じった感情で
恐れながら愛するのである」。


【承】(5~9)
年末、泥酔した神谷に強引に連れて
行かれたアパートには、真樹(まき)
という女性がいて、やさしく僕を
迎えてくれる。

その後、真樹を交えての三人での交遊も続く。

神谷と自分とは「人におもねることの
出来ない」という点で同種だと僕は思って
いたのだが、やがてそれは間違いで、
実際は彼は僕と違って「おもねる器量は
あるが、それを選択しない人」だと知る。

「面白いかどうか以外の尺度に
捉らわれるな」を信条とする神谷は、
たとえば露骨な性表現を避けようとする
僕を「不真面目だ」と批判する。

知り合いから髪染めの     063022

練習台になってくれといわれて銀髪に
した僕は、衣装も全身黒にしたが、
それを見て神谷は「個性」と
「模倣」について論じる。

「自分とはこうあるべきやと思って、
その規範に基づいて生きてる奴」は、
結局は「自分のモノマネやって」いる。
だから自分は「キャラっていうのに
抵抗があんねん」。

「一切ぶれずに自分のスタイルを
全うする」神谷を見ていると、僕は
自分が「軽い人間」に思えてくる。

Sponsored Links




【転】(10~13)
所属事務所に大手事務所から後輩が
数組移籍してきて競争が激化し、
僕は劣勢に立たされる。


真樹に「男」ができて、その男がもう家に
いるから、荷物を取りに行くのに付き合って
ほしいと神谷にいわれたので、僕は同行する。

奇妙なドタバタ劇を演じながら
(これがまた面白い)荷物をまとめて、
二人で真樹の家を去る。

猿baby-monkeys-playing-s

28歳になった僕らの”スパークス”は
売れ始め、「注目の若手」として雑誌にも
取り上げられるようになったが、神谷たちの
”あほんだら”は売れないまま。

相方の話では、神谷は借金で首が回らない。

神谷がいかに特殊な人物かに気づくにつれ、
彼自身も「僕をキャンバスにして自分の
理論を塗り続けて」いる側面があり、
その意味で「僕も共犯関係にある」
ようにも思えてくる。



【結】(14~15)
久々に呑もうと待ち合わせた神谷が、
銀髪で全身黒の出で立ちなので、僕は驚く。

午前三時まで呑んでから神谷が連れて行った
アパートには由貴という女性がいて、
テレビで見知った僕を見て喜ぶ。

その部屋のテレビで”スパークス”が漫才を
やり始め、由貴は大笑いするが、
神谷は笑わない。

「徳永やったら、もっとできると
思ってまうねん」
「ほな、自分がテレビ出て
やったらよろしいやん」

といった口論のあと、神谷は
「徳永、すまんな」と小声で言ったが、
「どうせなら、殴ってほしかった」。

”スパークス”の相方、山下が    04101c51455c163fc4763d0f07395f10_s

彼の子を宿した恋人と入籍し、これを機に
漫才以外で「新しい挑戦をする」というので、
”スパークス”は解散を決める。

最後の漫才は傑作となり(実際、読んでも
面白い)
、演じる僕たち自身も、
また客席にいた神谷も笑い、泣く。


芸人を辞めてから、居酒屋で、ついで
不動産屋で僕は働き始めるが、神谷とは
連絡が取れない時期が1年ほど続く。

自己破産までした神谷とようやく再会し、
温泉旅行に連れ出すのだが、
神谷の身体には異変が……

※これ以上はネタバレになるので控えますが、
この異変についての神谷の弁明は、上記【承】に出た
「キャラ」否定の考えを覆すものです。

いわく「キャラクターに負けるような
面白いことは、全然面白いこと
じゃないねん」



Ψ 感想文・批評文のとっかかり

さあ、どうでしょう。

もうこれだけで、本文を読まなくっても
書けそうではないですか、
感想文でも批評でも…。


でもやっぱり本気で書くには
読まなきゃダメですよ。

読んで損はありません。
ほんとうに笑いながら泣けてくる、   a61a30f87277c07d82e71ad2106d6004_s

たいへん読み応えのある小説ですから。


ウーン、 でも何をどう書いていいか、
トッカカリがつかめない、ですって?

それならば、こちらの記事で
ヒントを出していますので、
ぜひ見てみてください。

又吉直樹 火花で感想文・批評文を☆火花を散らす”ボケ”師弟


え? なんとか書けそうなことは
浮かんできたけど、でも具体的に、
どう進めていいかわからない( ̄ヘ ̄)?

そういう人は、当シリーズ
感想文の書き方《虎の巻》の
適用例をご覧ください。

当ブログでは、
日本と世界の種々の文学作品について、
「あらすじ」や「感想文」関連の
お助け記事をたくさん書いています。

参考になるものもあると思いますので、
どうぞこちらのリストからお探しください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧


ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ