桃太郎さん,鬼が何をしたの?鬼退治は正義か悪か,いろんな理屈

桃太郎さん,鬼が何をしたの?鬼退治は正義か悪か,いろんな理屈

サクラさん
日本男児のヒーローと
いえばまず桃太郎です
よね~(😻)

ハンサム 教授
そうですね。

でも殲滅された鬼の方は
たまったもんじゃない
ですよね;^^💦


Sponsored Links
 
サクラさん
でも鬼は悪い奴だから
仕方ないんじゃない
ですか?

ハンサム 教授
え? 鬼さんどんな
悪いことしましたか?

  

もともとの昔話では
鬼が悪いことした
なんて一言も言って
ないんですよ。

サクラさん
え~(🙀)それじゃ
勝手に攻め込んだ
桃太郎の方が悪い
…と?

  
というわけで本日のテーマは桃太郎!

桃太郎物語にまつわる様々な疑問──

とりわけ彼の軍団が退治することに
なっている「鬼」たちというのは、本当に
退治されるに値したのか、値したとしたら、
どんな悪いことをしていたのか……

──といったあたりに突っ込みを入れ、
そこから見えてくる、実は以外に広い
「桃太郎世界」へのご案内を試みたいと
思うんです。

そんなわけで、内容はザッと以下の通り。


Sponsored Links
         

🍑 永遠のヒーロー?

まずは現代のカッコいい桃太郎を
ご覧いただきましょう。

今や人気絶頂 👀”松田翔太”桃太郎です! 👇


ただ桃太郎ファンもそう安閑として
いられなくなって来たのが、現代ですね。

当ブログでも、少し前に「桃」と「桃太郎」
について書こうとしたのですが、どうにも
書きにくくなって、いったん退却しました。

実はあの太宰治も、傑作再話集『お伽草紙』
(1945)で「桃太郎」も当然書こうと
思っていたけど、けっきょく書け
なかったと自白しているんですよね。
👉このあたりについては下記の記事も
ご参照ください。

ひな祭りに男の子を取り込もう!「桃/桃太郎」の霊力で

太宰治おすすめ作品「カチカチ山」💛名言《惚れたが悪いか》


いったい何が問題なんでしょうか。

桃太郎広告 2014-06-02-huffpost_140602_01-thumb

これは日本新聞協会広告委員会主催の
「新聞広告クリエーティブコンテスト」の
2013年度最優秀賞作品「めでたし、
めでたし?」の画像です。

念のため文字を書き出すと、こうなります。

ボクのおとうさんは、
桃太郎というやつに殺されました。

審査委員からは「鬼の子どもにとっては
そうなんだ、と読み手の心に小石を
投げるような作品だ」とか、
「“逆からの視点”で幸せとは何かを
考えさせる発想が抜きんでている」
といった評価が寄せられたそうです。
(引用元:2013年度 新聞広告クリエーティブコンテスト

  117947

Sponsored Links

👹 鬼からしたらたまらない❔

つまりこれは“逆からの視点”―鬼目線―で
見たら、このお話どうなのよ( ̄ヘ ̄)、
という異議申し立てですね。

たしかに、「鬼」になんの落ち度もない
ならば、これは正義に反するように
思われます。


なので、現代の絵本などでは、たいてい
前半のどこかに鬼の悪行(村を荒らすとか、
姫をさらうとか)が入れてありますよね。

テレビアニメ『日本昔話』でもそうでした。
👇

「鬼ヶ島の鬼が来て村で暴れている」
という設定により、桃太郎の「鬼」攻撃が
正当化されているわけです。


👹 「鬼が悪い」のはお約束

ただ、このようなシーンは近代になってから
入ってきたもので、江戸時代まで日本各地で
語り伝えられていた「桃太郎」物語の
ほとんどは、鬼がどんな悪いことを
したかを語っていません。

このことは、「鬼が悪い」というのは
日本人(「大和民族」と限定すべきか)に
とって自明のことで、いちいち断るまでも
なかった、ということを示してますよね。

つまりはじめから「悪役」と
決まっていたのですよ。

  鬼と桃太郎

そう、往年の西部劇におけるアメリカ
先住民(いわゆるインディアン)と
同じです。

したがって、事情は、アメリカ映画界と
まったく同様。

「悪役」にも生活があり家族もあって、
親が殺されれば子は悲しむ……という
現代的な視点が入り込んで来ることは、
時代の趨勢として止めようもありません。

広告作品「めでたし、めでたし?」も、
近代的なこの流れに棹さすものように
見えますね。

Sponsored Links

🍑 ももたろうはわるものなり
──福沢諭吉の教え

ところで、この視点が非常に新しく斬新
であるかといえば、そういうわけでも
ないんですよね。

鬼の視点に立とうとした「桃太郎」物語は
明治以来いくつも試みられているからです。




以下にその例をいくつか挙げてみましょう。

まずは福沢諭吉『ひびのおしえ』。

これは明治4年(1871)ごろ、6~8歳の
息子に語り聞かせた話をまとめたものと
されています。

ももたろうが、おにがしまに
ゆきしは、たからをとりに
ゆくといえり。

けしからぬことならずや。

たからはおにのだいじにして、
しまいおきしものにて、
たからのぬしはおになり。

ぬしあるたからを、わけもなく、
とりにゆくとは、ももたろうは、
ぬすびとともいうべきわるものなり

Sponsored Links


   095798

仮に鬼が「いったいにわろきもの」
だとしても……と福沢先生、話を続けます。

その宝を奪って帰還し、爺さん婆さんに
あげたというのは「ただよくのための
しごとにして、ひれつせんばんなり


まことにごもっとも(_ _。) 

ただこのご説、もし「その宝はもともと
鬼が村から略奪したものだった」という
一言を加えることができれば、それだけで
たちまち瓦解するわけですよね(^^)у

Sponsored Links

👹 鬼目線の「桃太郎」物語

福沢の場合は“逆からの視点”――鬼目線――を
説明してみせただけで、「物語」の形に
したわけではないのですが、その20年後
には、すでにこの“鬼目線”からする
物語が本になって世に出ています。


尾崎紅葉の『鬼桃太郎』(明治24年(1891))
がそれで、これは桃太郎に征伐された
「鬼ヶ島」で「日本の桃太郎」への
報復作戦が組織されるという趣向。

広告作品「めでたし、めでたし?」の
鬼の坊やも、大きくなったら、さぞや
勇んで従軍するだろうと思わせます。

   048
   アニメ映画『桃太郎の海鷲』(1944)広告  

ほかにも、明治・大正から昭和の
プロレタリア文学に至るまで、「桃太郎
=善/鬼=悪」の固定観念を反転させた
冒険的な作品は、探せばけっこう
見つかるんですよ。

全部紹介する余裕はないので、ここでは、
そのなかで最も有名な作者、芥川龍之介
の『桃太郎』を挙げておきましょう。

下はその絵本化(寺門孝之・画)。
(鬼の娘への暴行などの過激な絵も
あるので閲覧注意)


⦅広告⦆いずれもクリックすると楽天市場へ

この短編小説のきわめつけは、征伐された
鬼の首領が桃太郎にひれふして、自分たちは
「あなた様にどういう無礼を致した」ために
「御征伐を受けた」か合点がいかないので
教えてほしいと懇願し(iДi)、
これに桃太郎が返答する場面です。

「日本一の桃太郎は犬猿雉の
三匹の忠義者を召し抱えた故、
鬼が島へ征伐に来たのだ」
「ではそのお三かたを
お召し抱えなすったのは、
どういう訳でございますか」 

「それはもとより鬼が島を
征伐したいと志したが故

黍団子をやっても召し抱えたのだ。
――どうだ?、これでもまだ
わからないといえば、
貴様たちも皆殺してしまうぞ」

      桃太郎002

どうでしょう? 

完全な正義のヒーローとして提示された
桃太郎より、これらのように反転され、
ひねられた「桃太郎」こそ考える大人へと
子どもを育てる上で有益なのでは
ないでしょうか。

子どもの側でも「お、トーチャン
(かーちゃん)やるじゃん」(ノ゚ο゚)ノ
と見直す可能性大ですよ。

Sponsored Links

🍑 フランス版《MOMOTARO》絵本

子どもの理解力がまだそこまで行っていない
という場合は、上の動画で紹介したような
シンプルな絵本を読んであげればいいと
思いますが、なるべく美しい絵を
見せたいですよね。

この意味で最高レベルにあるものとして、
フランスで刊行された《Aventures de
Momotaro》(桃太郎の冒険)を紹介して
おきたいと思います。

  桃太郎2008-04-24 13.17.19

発行年は不明ですが、再話者ジュディット・
ゴーチエ(小説家テオフィル・ゴーチエの
娘)の没年が1917年ですので、それ以前
でしょう。

画家は諫山扇城。日本人なので、絵に
「日本一」などの日本語も入ってて
楽しいです(*~▽~)ノ

これはその1ページ。

IMG_20150125_0007

右上の日本語を書き出すと、こうなります。
桃太郎等奮闘シテ遂ニ魁鬼ヲ擒ニシ
国寇ヲ除キ巨多ノ金銀財宝ヲ得
本懐ヲ達スルノ図

要するに、日本国家に害をなす集団を
排除し金銀財宝を得て本懐を達した、と。

福沢先生の渋い顔が目に浮かぶ
ようですが……

Sponsored Links



え? 全体を見たい?
入手はむずかしいので、大学図書館などで
探していただくしかないでしょうね。

これで検索してみてください。
  👇
Le dragon imperial : roman chinois ; Aventures de Momotaro : tres ancienne legende japonaise / introduction de Brigitte Koyama-Richard
(Le Japon et la Chine dans les livres de Judith Gautier / choisies et avec une introduction de Brigitte Koyama-Richard ; v. 1)


まあ、とにかく「桃太郎」物語も
日本人の「財宝」の一つには
ちがいありません。

「鬼」の扱いが不当だという理由で
埋もれさせるとしたら、それもまた
不当ではないでしょうか~~(^O^)/
👉「鬼」の扱いをめぐっては、
こちらの記事もご参照ください。

節分の鬼は「怖い」それとも「可哀想」?豆まきは続けるべき?

  青鬼Grumpy-s

👉また「鬼」ばかりでなく、桃太郎に
従った「犬」「猿」「雉」の動物たちの
扱いも考え直すべきなのかもしれません。

それぞれの性格づけが、犬は犬、
猿は猿で、なんとなくもっともらしい
わけですが、でもそういう性格って
いったい何を根拠に創造(=想像)
されているんでしょうかね?

そのへんの問題はこちらで詳しく検討
していますので、ぜひご参照ください。

熊がかわいいのはなぜ?怖い猛獣にやさしく抱かれ…という心理の歴史


👉そのほか日本の昔話をめぐっては
下記の記事などもご参照を。

浦島太郎は意味不明?善行も”禁断の玉手箱”で罰せられ…

浦島太郎 玉手箱の意味は?パンドラの箱を重ねた太宰治

こぶとり爺さんの教訓を動画で:戦前アニメ,志の輔,太宰

     IMG_20150201_0004

👉当ブログでは、日本と世界の多様な
文学や映画の作品について「あらすじ」や
「感想文」関連のお助け記事を
量産しています。

参考になるものもあると思いますので、
どうぞこちらのリストからお探しください。

「あらすじ」記事一覧

「感想文の書き方」一覧

ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/


(Visited 11,000 times, 1 visits today)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ