シュールの意味と使い方:お笑いの世界から芸術的”超現実”へ

 


2やあやあサイ象です。

マンガやお笑い芸
――コント、漫才、落語etc.――、
いやどんなジャンルでもいいんですが、
ある種の笑い(ウケ方)が、シュール
呼ばれることがありますね。

でも、このヘンな日本語、もともと
どこから来ていて、本来はどんな
意味だったんでしょう?


今日はそのへんについて”シュール”に笑いながら
リサーチしていけたら、と思っています。

Sponsored Links




まずは今、静かな(?)ブームを呼んでいる
田中光さんのマンガ作品『サラリーマン
山崎シゲル』を覗いてみてください。







👉 イッツ・シュール?

さあ、いかがでした?

なかなか”シュール”でしょ?

でも、これを外国人に紹介しようとして
「イッツ・ヴェーリ・シュール!」
なんて言っても通じないんですよ。

英語で言いたければ、   salvador-dali-531813__180
“surreal”[サアル](にアクセント)
というのがいちばん近いんでしょう。

で、この”surreal”に”ism”をつければ
“surrealism”という英語になるわけですが、
その英語の起源は”surrealisme”
というフランス語。

発音は「シュルレアリスム」と伸ばすより
「シュルレアリスム」とつづめた方が
原音に近いようで……。


ともかく、それが日本語に入って
「シュール」という略語も生まれたわけで、
こんな短い短縮語は英語にもフランス語にも
ないわけです。
(日本語って、便利でステキ(;^_^A)



👉 シュルレアリスムとは?

さて、それではこの「シュルレアリスム」とはなんぞや、
という話になりますが、
これはもう、その創始者として
自他ともに認める”シュルレアリスムの法王”、
アンドレ・ブルトン御大のお言葉を
直々にうかがうのがいちばんでしょう。

シュルレアリスムの定義または
それが目指すものについて、
ブルトン先生、こういうふうにおっしゃってます。

[シュルレアリスムは]心の純粋な自動現象で、
それを通じて口頭、記述、その他あらゆる方法を用いて
思考の真の働きを表現する方向を目指す。

理性による一切の統御を取り除き、
審美的・道徳的な一切の配慮の埒外で行われる思考の口述筆記。

〔中略〕      太陽 symbol-337163_1280

これまでおろそかにされてきた
ある種の連想形式の高度の現実性や、
夢の全能性や、思考の無私な戯れへの信頼に基礎を置く。

これら以外のあらゆる心的メカニズムを決定的に打破し、
それらに代わって人生の主要な諸問題の解決に取り組む。

(『シュルレアリスム宣言』Manifeste du Surrealisme, 1924。巌谷國士訳)




なんか字づらが難解ですが、
かみ砕いて言えば、こんなところかな。

「夢」や「思考の無私な戯れ」の世界は
不条理で、ふつうは信頼されないけれども、
逆にそれらをこそ信頼して追求し、
「理性」や「審美的・道徳的」な枠組みは度外視しよう、
その外に出て遊ぼう、と。

だから危ないっちゃ、危ないんですが、
そこに不思議で不気味な笑いも生じるわけですね。

Sponsored Links




定義をこねまわすより、方法について
例を挙げた方がわかりやすいかもしれません。


👉 デペイズマン(転移)

たとえば上で見ていただいた『サラリーマン山崎シゲル』では、
部長のマグカップを割ってしまった山崎くんが
スターティング・ブロックに足を置いて
クラウチング・スタートの姿勢で謝っていましたね。

これなんか、シュルレアリストたちがさかんに試みた
「デペイズマン」(depaysement, 転移。転置とも訳す)を
やっていると、言っていいと思うんです。

つまり「おなじ平面の上で・・・    866c4d06c7079278d3cbad65b7a0fe38_s
意外な二項が結びついている状態」。

それこそがシュルレアリスムだ、
と喝破したのは澁澤龍彦さん
(巌谷國士『シュルレアリスムとは何か』)。
  


このような移動や置き換えによって
「本来あるべき場所にないものを出会わせ
異和を生じさせる」芸術的手法が
「デペイズマン」だということになります。


たとえば、この絵なんかどうでしょう。

シュール street-art-465306__180

その芸術性あるいは面白みの多くが
「デペイズマン」から生まれていることが
見て取れますよね。


この種の「デペイズマン」の巨匠として
ルネ・マグリット(1898-1967)という人がいて
いろいろと面白い作品を残しています。

で、2006年には出身地のブリュッセル(ベルギー)に
「ルネ・マグリット美術館」も設立されたんですが、
その開館後しばらくは、写真のような
特別な装いで建物を覆って
ご本尊、マグリットの芸術を礼賛していたんですね。

マグリット美術館 yjimage

つまりこれはマグリットが「光の帝国」というタイトルで
1950年ごろからシリーズ化していた
名作絵画のパロディー。

背景は白昼なのに、前景は闇夜の暗さ……
という意想外の「デペイズマン」ですね。

これについて、マグリットはこう述べています。

『光の帝国』に私は二つの異なる概念を写し出した。

すなわち夜の風景は、私たちにこの絵を夜だと思わせ、
空は昼間だと思わせる。

この昼と夜の同居は、人を驚かせ、魅了する力を持っている。

この力を、私はと呼ぶ。


ここでの「」は個々の詩歌(poem)をいうのではなく、
ポエジー(poesie, 英語ならpoetry)、
つまり「詩想」などとも訳されるような意味ですね。


マグリットの不思議な世界をめぐっては、
この記事でもふれていますので、
覗いていただけると、笑えるかもしれません。
シュールな料理「人魚鍋」はいかが?マグリット作品を鑑賞



👉 ファンタジーとの違い

でも、そういった「不思議の世界」(ワンダーランド)なら、
それこそ、たとえば『不思議の国のアリス』のような
ファンタジー(幻想物語)をはじめ、
いろんなジャンルのいろんな作品で表現されていますよね。

シュルレアリスムはそれらとどう違うのか。

シュールな顔 mural-464229_640

たとえばアリスはウサギの穴に落っこちて、
ワンダーランドへ行き、そしてそれを通って
現実の世界に戻って来ますね。

※芥川龍之介の『河童』も同じ。
これについてはこちらをご覧ください。

芥川龍之介 河童で感想文?ニーチェ先生の解説を聞こう^^

シュルレアリスムでは、そのような”通路”なしに
幻想の世界と現実とが同居・併存している……
そのような世界をブルトンは「超現実」
(surreal)と呼んだわけです。


👉 オートマティスム( 自動記述)

シュルレアリスムの方法として、もう一つ有名なのが
オートマティスム(automatisme , 自動記述)。

見たばかりの夢とか、半睡状態での意識経験を
そのままどんどん書いてしまうなど、
「あらゆる方法を用いて思考のリアルな働きを表現する」
(『シュルレアリスム宣言』)実験的な方法ですね。

Find-Your-Mother-s

日本でも、詩歌や小説の世界では
かなり試みられてきていると思います。

夏目漱石らによる”夢小説”の試みには
この意味でシュルレアリスムに通じる
ものがあるでしょう。

”夢小説”にかんしてはこちらの
記事を覗いてくださいね。

夏目漱石 夢十夜の第一夜をこう解釈笘關€ 美しい短篇で感想文を!
川上弘美 神様(+神様2011)で感想文?くまの解釈はコレで


ただ、「お笑い」の世界での
オートマティスムとなると、
かなりむずかしいかも……ですね。

へたするとこれ完全な”寝言”になってしまい、
そうなると、意味不明でウケようもないですから。

この意味での”寝言”スレスレの言葉で   139600

かろうじて意味を成立させて笑わせてしまう
会話を盛り込んだ小説といえば……

そう、又吉直樹さんの『火花』が
それをやっていますね。

この超話題作に関してはこちらをご参照ください。

ピース又吉 火花のあらすじ:笑いながら泣く芸人哲学の世界




👉 ”シュール”のなつかしさ

この、いわば、ぶっ飛んだ、
奇妙きてれつな”シュール”の世界ですが、
そこに私たちはある種の”なつかしさ”、
郷愁めいたものを覚えて安堵するような
心もちを覚える場合もありますね。

シュルレアリスムの目指すものについて
再説したブルトンのこのような言葉は、
この感覚について納得させてくれるものです。

シュルレアリスムに飛び込む精神は、
自分の幼年期の最良の部分を、高揚とともに再び生きる。

〔中略〕    Hearts-Love-s

幼年期その他あれこれの思い出からは、
どこか買い占められていない、
したがって道を外れているという感じがあふれてくるが、
それこそを私は、存在するもののうちで
最も豊饒なものと見なしている。
     (『シュルレアリスム第二宣言』
      Second Manifeste du Surrealisme,1930。前掲書所収)  


こういう「高揚」をもたらしてくれる
お笑い芸であれば、
それは”シュール”を超えて
シュルレアリスム芸術の域に達している
ともいえるんじゃないでしょうか。

芸人のみなさん、期待してまっせ~:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ