読書の秋!でもその由来は? 📚漱石先生に聞いてみよう

 


やあやあサイ象です。

さ~あ読書の秋、どんどん本を読みましょう!

ん? でもなんで”読書の
なんでしょうかね?

今日はその由来をつきとめてから、
あらためて上手で賢い読書の方法などを
探求していきたいと思います。

Sponsored Links



👉 「燈火親しむ」と漱石『三四郎』

まず「読書週間」というのがありまして、
これが毎年10月27日から11月9日まで
2週間に固定されています。

そこから「読書の秋」になった?

いや、そうじゃなくて初めに「読書の秋」
ありきで、それに合わせて「読書週間」が
設定されたんじゃないの?


ハイ、そちらが正解のようです。

そもそもの「読書週間」(期日は今と違う)が
始まったのが大正13年(1924)ですが、
朝日の『聞蔵』、読売の『ヨミダス』などの
新聞データベースで調べますと、
「読書の秋」というフレーズの用例が
それより早い大正7年から見られることが
わかります。

    99ab578785e254f84da1f7a371ccd3e2_s

これを裏返しますと、「読書の秋」は
けっこう新しい言い方であって、
明治以前の日本人はそんなことを口に
しなかった…ということなんですね。

それでは「なんでそう言いだしたか」
という問題ですが、これに関してよく
持ち出されるのが夏目漱石の小説
『三四郎』(明治41年)の次の一節。

そのうち与次郎の尻が
次第に落ち付いて来て、
燈火親しむべしなどという
漢語さえ借用して
嬉しがるようになった。
  (四の六)

「読書の秋」はこれに始まる!

なんて短絡しているサイトも散見しますが、
もちろんそんなことは言えません。

ただここからわかるのは「燈(灯)火
親しむべし」というフレーズが「秋」を
指す決まり文句として当時の日本人に
よく知られていたこと。

与次郎は三四郎の友達で、少し
オッチョコチョイな男なんですが、彼が
尻を落ち着け、「燈火親し」んで何をするか
といえば、やはり「読書」…それは
当時も今もそう思うのが常識なわけです。



👉 「燈火親しむ」はどこから?

さて、それでは「燈火親しむべし」という
漢語のルーツを突きとめておきましょう。

これ、唐代の文人、韓愈の「符読書城南」
という漢詩(『全唐詩』341巻)から
来ているんですね。

原詩と書き下し文は以下のとおり。

時秋積雨霽
新涼入郊墟
燈火稍可親
簡編可卷舒


時秋にして積雨(せきう)
霽(は)れ、
新涼(しんりょう)郊墟
(こうきょ)に入(い)る。

燈火(とうか)稍(ようや)く
親しむ可(べ)く、簡編
(かんぺん)巻舒(けんじょ)
す可(べ)し。


         623dd5c11f9c143e09e9ad5cae07a30d_s

いちおう注釈しますと、「積雨」は長雨、
「郊墟」は郊外の丘陵地、「簡編」は書物、
「巻舒」は巻いたり広げたりすること。

で、全体の意味は要するに
「秋の夜は燈火の下での読書すべきだ」
ということで、日本語にしてしまうと
なんてことなく、詩にもならない感じ
ですが、漢詩としては立派…なんでしょう。


ともかくこれが『三四郎』に注釈なしに
出て来るということは、当時の日本人が
たいがい知っていたことを示しています。

だから探せば明治期のいろんな文章に
出て来るはずですから、これが出ることを
もって「読書の秋」が『三四郎』に
始まったという話にはならないんですね。


要は、韓愈の詩の「時にして積雨霽れ…
燈火稍く親しむ可く」というフレーズが
古くから日本人に親しまれて来たことに
よる、というのが正解でしょう。



👉 何をどう読めばいいの?

ともかくそんなわけで、なにしろ”読書の“。

どんどん本を読みましょう。

でも、だからといって、なんでもかんでも
やたらとガバガバ読みゃーいい…って
もんでもありませんよね。


読んでる間は面白くても、読み終わって
みると、な~んにも残ってない…

もちろんそういう本も、娯楽に読んで心が
元気になるんなら、それはそれでいいんですが、
いつもそういうものばかりだと進歩がないので、
たまには”身になる”ものを読みたいですね。


勉強や仕事にただちに役立つわけではない
としても、今後生きていく上で、いつか
生きてくる…人生の肥やしになるようなもの。

5951b1f019a50121a82412cd0aed8a31_s

さて、それでは、いったいどんな本を
選んでどう読んでいけばいいのでしょうか。

これついても、いろんな人がいろんなことを
言っていて、あれこれ見ていくと混乱しそう
ですので、ここは一つ『三四郎』の漱石先生に
もう一度、ご登場を願いましょうか。


明治39年といえば『三四郎』の2年前ですが、
東京帝大講師の身で『吾輩は猫である』や
『坊っちゃん』で一躍スターダムに躍り出た
漱石がある雑誌に寄せた談話
「余が一家の読書法」です。

            ƒvƒŠƒ“ƒg

「読書の法」には種々あるが、自分が
効果あると思うのはこれだ…
と漱石先生、諄々と説くには

曰く自己の繙読しつつある
一書物より一個の暗示
(サゼツシヨン)を得べく
努むることこれ也。
〔中略〕
或暗示を得んことを心懸けて、
書に対すれば、吾人は決して
その書の内容以外に何等の
新思想、新感情を胎出する
こと能はざるやうなる
場少なかるべき乎(か)。

        Artistic-Book-s

古臭い文章でわかりにくくなって
いますが(これは雑誌記者のせい)、
要するにこういうことでしょう。

その本に書いてある「内容」をただ
そのまま受け取るのではなく、何か
それ以上の「暗示」を受け取ろうと
意識しながら読むとよい…

そこから自分独自の「新思想、
新感情」が芽を出すこともあるから。



ページに目をはわせて、ただ読むのでは
なく、そこに立ち上がる「暗示」を
キャッチしようと目を光らせて”創造的”
(クリエイティヴ)に読み込むのです。

       audrey original


👉 漱石のキーワード「暗示」

ところで、ここに出て来ている「暗示」は
“suggestion”という英語の訳語ですが、
私見では漱石の重要キーワードの一つです。

理論的な主著である『文学論』の後半とその
草稿としての意味をもった『ノート』は
このキーワードであふれかえっていますが、
そもそも「暗示」の効力を漱石が悟ったのは
俳句の修練を通してであったようですね。


俳人として認められ始めた明治29-30年の
ころ、漱石は熊本の第五高等学校の教授
でしたが、そこの生徒だった寺田寅彦に
「先生、俳句とは一体どんなものですか」
と問われて、こう即答したといいます。

扇のかなめのような集注点を指摘し
描写して、それから放散する連想の
世界
を暗示するものである。 
         
  (寺田寅彦「夏目漱石先生の憶い出」)

            fan
        
立ち上げられた「扇のかなめ」(集注点)から
放散し暗示される連想の世界
読者各自が心に描く。

ここに俳句の「暗示」力があるわけですが、
この力を俳句にとどめず、あらゆる作品、
あらゆる書物から受けとるようにしたまえ。

実際、自分はそういう読書をして
きたのだ、と漱石は言うわけですね。

「暗示」をキーとした漱石独自の
俳句観については、こちらの
記事もご参照ください。

松尾芭蕉の俳句「古池や」の意味は?太宰・子規・漱石に聞く
井伏鱒二 山椒魚:結末部分の削除を”俳句美学”で解釈すると



👉  ニュートンのりんご、ガリレオのランプ

ただ漱石の言う「暗示」は、むやみ
やたらに発生するものではありません。

『ノート』ではこれにいろんな説明を
加えていますが、わかりやすいのは
「ニュートンのりんご」「ガリレオの
ランプ」を持ち出して、これを仏教的な
「因・縁・果」の原理で説明したところ。

    newton  1-C-HOM556

これら「りんご」や「ランプ」は
「縁」として科学者の脳をヒットして
「暗示」(果)を発生させたわけだが、
それは彼らの脳にあらかじめそれを成立
させるだけの「因」が備わっていたから
こそ可能になった事態なのだ
、と。
(『漱石全集』21巻、p.190)


つまり、人はそれぞれ自分のうちに
自分でも十分には意識できていない、
持ち前の「因」を豊富に蓄えています。

それをヒットしてくれるような「縁」との
出会いがあってはじめて「暗示」という
果実が得られる。
            野球猫matsui-anime

だから、どんなものが来ても「縁」になる…
というわけではないのですね。


これは読書の場合も同じことで、この意味での
「縁」になってくれそうな、自分の「因」に
適した本を選ぶことができれば、それが
ベスト…ではありますよね。

ただこの「因」は自分でも意識できていない
部分が大きいので、何が「暗示」をくれそうか
(何に「縁」があるか)の見極めはやはり
なかなかムズカシイということになります。


そこで、みなさんが自分に適した本を
探していく上で少しでもお役に立てればと
書きためてきたのが当ブログの「あらすじ」
・「感想文」のシリーズなんです。

こちらのリストから自分に
合いそうなものをさがして
みてください。

本の≪あらすじ/まとめ≫記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧

   6daebd2a60d4c645293876b75a7db73f_s




👉 まとめ

いかがでした?

「燈火親しむべし」という漢語を
借用して与次郎も嬉しがるこの時節、
さあ、みなさんも読書に励みましょう。

ただ、漱石先生の教えのとおり、
なんでもかんでもやみくもに読むのではなく、
自分の「因」にヒットする「縁」のありそうな
本をさがし、そこからなんらかの「暗示」を
受けようと積極的に求めながら読むこと。

     書く ダウンロード

これに心懸けた読書を続ければ、
きっと未来が開けます。

漱石先生なみに偉くなれるかもしれない…
(保証はしませんが;^^A)

ともかく頑張って読みましょー~~(^O^)/

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ