寒さが増してきて、まわりに
風邪引きさんも増えてきましたね。

イヤだ!自分は引きたくない!

と思う人のために、当ブログでは
「風邪をひかない」ための
自己防衛手段を伝授してきました。

Sponsored Links

それらを完全に実践すれば、風邪を
ひくことは、まずなくなるのですが、
もちろん各人の体質や環境の差もあり、
絶対の絶対とは言い切れません。
👉ひいてしまう場合も当然あり、
その場合どうしたらいいかは、
こちらの記事で追求しています。

風邪をひく原因はこの3つ!寒さから逃げれば逆に引きやすい

絶対に風邪をひかない方法!感染しても発症させない裏ワザとは

     隠れ猫Kitten-s


風邪薬は「風邪を治す」わけではない

そこで今回は、不幸にして発症して
しまった場合にできるだけ早く
治すにはどうしたらいいか。

その方法を、その科学的根拠と考え方を
解説しながら提示して参ります。


まず基本を押さえておくと、
「風邪薬を飲む」、それからほとんど
同じことですが、医師の診断を受けて
薬を処方(または注射など)してもらう……

これらはすべて対症療法(症状を緩和する
だけ)なのであって、根本的に「風邪を治す」
ことを狙っているわけではありません。


「風邪」はウィルスが体内で暴れている
状態なので、ウィルスさんが死滅か退散か
してくれないかぎり「治る」ことは
ないのです。

     風邪059161

ですので、風邪を引いてしまった人に
できるのは、せいぜい「早くウィルスを
追い出す」ことだけなんですが、その
「早い/遅い」でモノをいってくるのが、
その人持ち前の「抵抗力」(その主体は
免疫力)ということになるわけです。

「免疫力」が高ければ、ウイルスに
感染した場合も発症しにくいので、
そもそも風邪をひかない、ということは
以前の記事で力説しましたが、発症して
しまった場合も、その時点から「免疫力」を
上げていくことは可能です。

だから早く治したい人が第一に考えるべきは
「免疫力」を上げることなので、実際、
それをうまくやる人は、ダラダラ薬を
飲み続ける人よりずっと早く風邪を
治してしまっているんです(゚_゚i)

Sponsored Links

発症後に免疫力を高めるには

では、発症後に「免疫力」を高めるには、
どうすればいいか。

これについて、基本的なことは
よく知られていますね。

体を温める(冷えないようにする)、
栄養と睡眠をしっかりとる、
安静にする(日頃の「運動」は
免疫力を高めますが、発症後は
体力温存を優先すべき)などです。

それから、あまり知られていないことでは、
熱が出た場合、解熱剤などで無理に
押し下げない
こともポイントです。

発熱はすなわち「免疫力担当細胞」で
ある白血球がウィルスと闘っている
ことによるので、これを無理に下げると
白血球の戦闘力も落ちてしまうのです。

     033417

なので、「早く治す」という観点から
すれば、命に関わる高熱(人によりますが、
38.5℃が目安)でもないかぎり、
解熱剤は使わない方がよいのです。

(医者はそう言わないかもしれませんが、
そこは利権が絡みますから)

卵酒で風邪が治った?

そのほか、「風邪を治す」方法として
いろいろな民間療法が伝えられていますが、
実際に効く方法は、ほぼすべて「免疫力」を
高める効果のあるものと考えられます。

なかで有名なのが卵酒ですね。

熱燗の日本酒に鶏卵を混ぜ入れたもの
(砂糖や生姜汁を加える場合もある)で、
昔から信奉者が多く、実際にこれで治った
という報告が今も多く聞かれます。

   ワイン卵Egg-Romance-s

しかし、これには(当然ながら)
疑問符もつきます。

Sponsored Links

これを飲んで寝たら翌朝、実際に治ってた
ということがあったとしても、それが
「卵酒」の効果だという確証はありません
(たまたまウィルスが退散する
時期だったかもしれず)。

その効能について科学的な裏付けは、
あるんでしょうかね?

あるとすれば、まずこんなところでしょう。

(1) 熱燗の日本酒で体が温まる
ことにより免疫力が上がる。

(2)日本酒と鶏卵の栄養と
カロリーで体力増強。

(3)€卵白に含まれる殺菌酵素、
リゾチウムが風邪ウィルスに
対しても働く。

    3c92d89018783e1f3d67993c6d4c2862_s

(1)(2)€€の効果はたしかにある
ものと思われますが、それも、
元気が出たと思って起き出して
活動し、体を冷やしたりすれば、
むしろ悪化につながります。

(3)の効果はどれほどのものか、
科学的に認定されては
いないようです。

Sponsored Links

アルコール摂取のマイナス要因

まあ、それより何より、大きな疑問は、
アルコールの摂取がマイナスに働かないか、
という点でしょうね。

考えられる主なマイナス要因として、
以下の3点が挙げられます。

(1) そもそも「免疫」を作り出す
臓器は肝臓だが、飲酒すると、
肝臓はアルコールの解毒に専念し、
免疫を作る働きがおろそかに
なってしまう。

(2)肝臓がアルコールを分解するには
大量の水分を消費するが、
アルコールが入ってくると、
の分解のために身体中の
水分を使おうとする。

そのため酒類を飲めば飲むほど、
体内の水分が奪われ、抵抗力が弱まる。

   110162

(3)€>アルコール飲料が入眠を
助けることはたしかにあるが、
アルコールには数時間後に体を
目覚めさせる働きもあって、
質の良い睡眠は得にくいため、
免疫力回復を妨げる。

そうなのか、それじゃ「卵酒」なんて
絶対ダメだよね((((((ノ゚🐽゚)ノ
って思いました?

でも、それは少々早計です。

アルコールは78℃で沸騰する

このことを計算に入れましょう。

「熱燗」ということを徹底し、
必ず78℃以上に熱するならば、
もはや「卵酒」にアルコールは
含まれていないはずなのです。
👉風邪を早く治したい場合の
最良の薬湯は、「般若湯」(お坊さん
たちの隠語で、要するに酒のこと)
ではなく、実は生姜湯なんです。

こちらの記事を参照してください。

生姜湯の効果で風邪を治す!体温上昇+喉のウィルスを殺菌!

     b74f8165c4b6e7ea5221ddeca0e3c585_s


でもまあ、オレは「卵酒」が楽しみで
風邪ひいてるんだ、「卵酒」飲めなかったら、
せっかく風邪ひいた意味がなくなる!

という人は、どうぞ。

ただし78℃以上の熱燗を
さましてから……

ま、味には期待できない
でしょうけどね(*~▽~)ノ

(Visited 828 times, 1 visits today)