島崎藤村 破戒のあらすじ:簡単/詳しくの2段階で解説

 


やあやあサイ象です。

「感想文の書き方」シリーズも
このほどついに100回を突破し、今回で
第107回((((((ノ゚⊿゚)ノ

「あらすじ」暴露サービスとしては
第66弾となります。

Sponsored Links


今回はいよいよ満を持して
島崎藤村の歴史的名作『破戒』
(1906)に挑戦です。




さて、一口に「あらすじ」を
知りたいといっても、
話の骨子だけでいいという場合から、
読書感想文を書くんだから
分析・解説つきの詳しいものがほしい、
という場合まで、千差万別でしょう。


そこで出血大サービス((((((ノ゚⊿゚)ノ

「ごく簡単なあらすじ」と
「やや詳しいあらすじ」の
2ヴァージョンを用意しましたよ~~(^^)у



👉 ごく簡単なあらすじ(要約)

まずはぎゅっと要約した
「ごく簡単なあらすじ」。

小学校教員、瀬川丑松は「新平民」
(被差別部落出身者)だが、その素性を
「隠せ」という父の戒(いましめ)を
守って生きている。

が、愛読する思想家、猪子蓮太郎は
部落出身の出自をなんら恥じないと
自ら公表している。

      仏像 images

父の死と葬式で帰省する前後、
蓮太郎との交流が深まるとともに、
新進政治家、高柳利三郎の結婚に
絡んで出自を知られることになり、
丑松は新平民だとの噂が広まる。

蓮太郎が暴漢に襲われて死ぬのを機に、
丑松は出自を告白する気になり、
生徒たちに謝罪して学校を退職し、
アメリカへと旅立つ。


どうでしょう?

え? なんだかよくわからん?

それでは市川崑監督、市川雷蔵主演の
映画『破戒』(1962)の予告編を
ご覧いただきましょうか。



え? やっぱりよくわからん?

まあ、そうでしょうね。

それに、仮にも感想文を書くとなれば、
やはり文章がないとお話になりませんよね。

ハイ、そういうわけで、やっぱり
「やや詳しい」ヴァージョンの
「あらすじ」を読んでいただくほかない、
ということになります。


この作品、全23章からなる長編ですが、
ストーリーは、主人公の居場所などに
よって「起承転結」と進んでいく
しっかりした構成になっています。

そこで以下の「やや詳しいあらすじ」でも
各章を「起・承・転・結」の4部に
割り振って記述していきます。

「 」内と「”」印の囲みは
原文の引用で、名言として知られる
ものを含んでいます。



👉 やや詳しいあらすじ


【起】(第一章~第五章)
「蓮華寺では下宿を兼ねた。」
(冒頭の一文として有名)

師範学校を出て信州飯山の小学校で
教員をする2の瀬川丑松が
この蓮華寺に引っ越してくる。

前の下宿を出たのは、大日向という
「大尽」(金持ち)が「新平民」だ
という噂によってそこを放逐された
からで、同じ身分の丑松が「明日は
わが身」となることを恐れたから。

   demon-201427_640

人里離れた牧場で牧夫をしている
父は、丑松が親元を離れるとき、
こう教えた。

世に出て身を立てる秘訣――〔中略〕
それは身の素性を隠すより
ほかにない、たとえいかなる
目を見ようと、いかなる人に
めぐりあおうと決してそれとは
自白(うちあ)けるな、
いったんの憤怒悲哀(いかり
かなしみ)にこの戒
(いましめ)を忘れたら、その
時こそ社会(よのなか)から
捨てられたものと思え。


が、愛読する思想家で同じく部落出身の
猪子蓮太郎の新刊書『懺悔録』は
冒頭から自らの出自を明かすもので、
丑松はこれを読んで「せつない苦痛
(くるしみ)を感ずる」。


同僚の士族出身の老教師、   stone-figure-174980_150
風間敬之進は酒びたりの生活がたたって
恩給が貰えるようになる半年前の
退職を余儀なくされていたが、
蓮華寺の養女になっているお志保は
実は風間の長女だと知る。

志保とその弟、省吾は死んだ先妻の子で、
現在の妻は何人もの子をなした強い女。

敬之進は彼女を恐れて外で呑んでいる。

風間一家の構成は、
ドストエフスキー『罪と罰』の
マルメラードフ一家に酷似
しています。
この点ばかりでなく、ストーリーの
構成方法で『罪と罰』に学んだ
形跡は刊行当時から指摘された
ところ。『罪と罰』については、
こちらをご参照ください。

ドストエフスキー 罪と罰のあらすじ:簡単版と【詳細版 前編】

また同じように”日本版マルメラー
ドフ一家”を登場させた小説に
江戸川乱歩の『影男』もあります。
これについてはこちらで。


影男(江戸川乱歩)のあらすじ:ネタバレ御免で結末まで

丑松は生徒に人気のある教師で、
校長からは「学校を取ろうという野心」
を疑われるほどだが、新平民の子、
仙太が差別とイジメを受けても
堂々と味方できないことに苦しむ。

Sponsored Links


 
【承】(第六章~第十一章)
父の死の知らせを受け、学校を休んで
郷里へ向かう丑松。

停車場で猪子蓮太郎夫妻と
次の選挙に出る市村弁護士の一行に
遭遇し、車内で話しながら行き、
再会を約して別れる。

713647a480219031599fbd4ba290cda0_s

叔父らに会い、葬式をすますと、
蓮太郎が一人で訪ねて来る。

旅館で食事を取りながら、丑松は
どれほど蓮太郎の著作を読んでいるかを
話し、二人は風呂で背中を流し合う。


学校の天長節で演説した新進政治家で、
停車場でも姿を見かけた高柳利三郎の
話になったが、蓮太郎によれば、
彼は被差別部落の金持ちの娘と結婚して
選挙資金を作ろうとしている。

それはいいが、   6eef22860c9ac5162b525852a41f273a_s
階級を越えた結婚という事実を
隠し通そうとしているのが
「新平民を侮辱した話」だと怒る。

師範学校時代からの親友で 
同僚の土屋銀之助からの手紙には、
農科大学の助手になることが決まった
とあり、丑松にもある「功名を慕う
情熱」がいたく刺激される。



【転】(第十二章~第十七章)
飯山の蓮華寺に戻った丑松を
高柳利三郎が訪ね、「一生のお願い」
としてこう依頼する。

「家内のことを世間の人にお話し
くださらないように」……そのかわり、
私もあなたのことを言わないから、と。

が、丑松はそれは「あなたの
誤解」だとしらばくれ通す。


郡視学の甥で校長の愛顧を受ける
若い教師、勝野文平が、校長に、
ある代議士候補から聞いた話として、
丑松が新平民であるという噂を話す。


「酷烈(はげ)しい、犯し難い社会
(よのなか)の威力(ちから)」が
次第に丑松の身に迫る。

Artistic-Book-s

勝野文平から猪子蓮太郎の本を
貸してほしいと言われた丑松は、
一冊もない、とまたシラを切る。

数日後、蓮太郎の本をすべて古本屋に
売り払い、泣きたい思いで
「先生、先生――許してください」と
繰り返す。



【結】(第十八章~第二十三章)
丑松が新平民だという噂が飯山の
町に広がり、学校でも蓮太郎について
文平から議論をふっかけられた丑松は
つい本音を吐いて、逆に疑惑を強める
結果となる。

「あゝ放逐――なんという一生の恥辱
(はずかしめ)であろう」と丑松は
沈み込む。

    def19571d97d793ac47676bd6046ecb2_s

まだ若い自分には
「願いもある。野心もある。
あゝ、捨てられたくない」と。   

なぜ、自分は学問して、
正しいこと自由なことを慕う
ような、そんな思想(かん
がえ)を持ったのだろう。

同じ人間だということを
知らなかったなら、甘んじて
世の軽蔑を受けてもいられ
たろうものを。


蓮太郎にだけ「自分のことを話」し、
それを「最後の別離(おわかれ)」に
しようと思いついた丑松は、
折しも開催中の演説会会場へ向かう。

殺害Assassins-Creed-III-s

市村弁護士を称揚するその演説で
高柳利三郎の「卑しい動機から出た
結婚の真相」を暴露した蓮太郎は、
その直後、暴漢に襲われて死ぬ。

丑松は死んだ先輩に手を
引かれて、新しい世界の方へ
連れて行かれるようなここち
がした。告白――
〔中略〕
急に丑松は新しい
勇気をつかんだ。

どうせもう今までの自分は
死んだものだ。

恋も捨てた、名も捨てた。

一新平民――先輩がそれだ――
自分もまたそれでたくさんだ。


翌朝、出校すると校長に辞表を出し、
教室で高等4年(数え年15,6歳)の
生徒たちに頭を下げる。

「今まで隠していたのは全く
済まなかった」が、私は「不浄な
人間です」と板敷きの上へひざまずく。

       島と鳥 bora-bora-701840_640

やがて、例の宿を放逐された人物、
大日向がアメリカ、テキサスで農業を
始めようとしており、いっしょに行く
青年を求めているが……という
市村弁護士の話を聞き、
丑松は乗り気になる。

話が決まり、「今は鳥のように自由だ」
と思いながら、銀之助や志保に
別れを告げ、「熱い涙」を落とす。



👉 どう書く? 感想文

さあ、どうでしょう。

書けそうですか? 読書感想文。

現代にもくすぶり続ける「差別」の
問題に正面から立ち向かった
作品ですから、真面目に取り組めば
大いにやりがいのある仕事・勉強に
なりますし、優良感想文の書ける
可能性も高いんじゃないでしょうか。


え? 何をどう書いていいか
さっぱり見当もつかない?

それでしたら、こちらの記事で『破戒』の
感想文を書く場合の考え方を検討して
いますので、まず覗いてみてください。

島崎藤村 破戒で感想文どう書く?野間宏の丑松批判をどう見るか


当ブログでは、そのほかにも
日本と世界の文学作品について、
「あらすじ」や「感想文」関連の
お助け記事を量産しています。

参考になるものもあると思いますので、
こちらのリストからお探しください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧

ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ