中島敦 山月記の創作意図は?🐯虎になった理由と原典『人虎伝』

 


やあやあサイ象です。

「感想文の書き方」シリーズもはや第71回。

今回は、高校現代文教科書の定番、
中島敦、『山月記』(1942)。



その創作意図などについて、作品の源泉
とみられる『人虎伝』をも参照しつつ
解説を試みたいと思います。

Sponsored Links


『山月記』の内容については、こちらで
詳しく紹介・解説していますので、
ご参照ください。
中島敦 山月記のあらすじ:「簡単/詳しい」の2段階で解説



👉 『人虎伝』と『山月記』の大きな違い

まず『山月記』で虎になる「李徴」
(りちょう)という人ですが、もとを
たどると、唐の張読が著した伝奇小説集
『宣室志』の一篇、「李徴」でやはり
虎になる人物、なんですね。

ただ、研究者によると、中島敦が『山月記』
のタネ本にしたのはそれではなく、明代の
『古今説海』か清代の『唐人説薈』
(『唐代叢書』ともいう)とのこと。

そして『唐人説薈』の方では、これが
晩唐の李景亮の作で、題して「人虎伝」、
となっているんですね。

虎 animal-158907_640

ともかく、これらでは『宣室志』の
「李徴」にかなりの潤色を加えている
のですが、李徴が虎になった原因として
自白する寡婦(やもめ)との密会や
放火の経緯(後述)もその一つ。
(参照サイト:http://www.sogogakushu.gr.jp/kosen/jissen_1_107sangetsuki.html)


つまり『山月記』では、虎になった李徴が、
再会した友人、袁傪(えんさん)に漢詩を
書き取ってもらったあと、こんなことに
なってしまった原因を語り出しますね。

『人虎伝』のストーリーもそこまではほぼ
同じなんですが、李徴がここで言い出す
のは、詩人として切磋琢磨しなかった
ことの反省などではなく、寡婦との密会を
禁じられた腹いせに放火したという…
まあ無頼漢的な行為なんですね。

5638b65beb55ba250174d5e4dbd9611e_s

『人虎伝』のその部分を「書き下し文」と
「現代語訳」でお目にかけますので、
ぜひ味読してくださいね。


👉 『人虎伝』ではなぜ虎に?

才能ある君がこのようになってしまったのは
「君平生恨むあるなきを得んや」
(君が日頃恨みに思っている原因があるの
ではないか)という袁傪の問いに、
李徴はこのように答えます。

書き下し文

若(も)し其自ら恨む所を反求せば、
即ち吾れ亦之(またこれ)あり。
〔中略〕

南陽の郊外に於て嘗(かつ)て
一孀婦(やもめ)に私す。

その家竊(ひそ)かに之を知り、
常に我を害せんとの心あり。

Tiger-Predator-s

孀婦是れより再び合うを得ず。

吾因(よ)って風に乗じて
火を縦(はな)ち、
一家数人尽(ことごと)く
之を焚(やき)殺して去る(叫び)。

之を恨となすのみ。
現代語訳

原因として恨むところを自問すれば、
それはまた自分自身にある。
〔中略〕

南陽の郊外で、かつて私は
一人の寡婦と密通した。

その家の者がひそかにこれを探知し、
つねに私を殺害しようとの
意志をもっていた。

その寡婦とはその後、
二度と会えなかった。

だから、私は風を利用して火を放ち、
一家の人すべてを焼き殺して逃げた。

Tiger-teeth-s

このことを恨む(残念に思う)
ばかりだ。

Sponsored Links


「書き下し文」は下記『李陵・弟子・
山月記』所収の「〔参考〕人虎伝」
に拠っています。全文読みたい
場合は入手しましょう。

  




👉 『山月記』の創作意図は?

『人虎伝』と『山月記』とでのこの大きな
違いが分かってみると、作者中島敦の
創作意図もぐっと考えやすくなりますね。


上でふれた別記事を参照してもらえると
ありがたいのですが、その「詳しい
あらすじ」の【転】の部分で『山月記』の
李徴はこんなふうに心中を吐露しますね。

「こんな運命になったことについて、
思い当たるのは、詩で名をなそうと
しながら、すすんで師についたり
詩友と切磋琢磨したりしようと
しなかった『我が臆病な自尊心と、
尊大な羞恥心』だ。

007026

己(おれ)は人から遠ざかることで、
この『臆病な自尊心』をふとらせた。

人間は誰でも自分の性情という猛獣を
飼い慣らす猛獣使いだというが、
己の場合、この『尊大な羞恥心』が
猛獣であり、虎だった。

これが自他を苦しめ、「己の外形」を
このように「内心にふさわしいものに
変えてしまったのだ」。


つまり『山月記』の李徴にとっての「虎」は
《人間が飼い慣らすべき「自分の性情」=
『尊大な羞恥心』》であったのですね。

このような「虎」は、詩人とかぎらず
あらゆるジャンルの芸術家に発生しうる
落とし穴でしょうから、それを鮮やかに
表現した『山月記』は、後進の者が傾聴
すべき教訓を含む秀作となったわけです。

046281

他方、『人虎伝』の方の「虎」はといえば、
これもまた《人間が飼い慣らすべき「自分の
性情」》ではあっても、芸術家の葛藤など
とは関わりのない、《人間界の掟(倫理)を
犯す野獣的傾向》といったもの。

「虎になる」ことはそれへの因果応報
(懲罰)という意味づけですね。

というわけで、『山月記』に持ち込まれた
「虎」の意味づけは、『人虎伝』には
カケラも見いだされない主題なのですから、
これこそが中島敦の創作意図の核心にある
ものだといって間違いないわけです。



👉 まとめ

さあ、どうでしょう。

これだけのことしっかり押さえれば、
レポートも感想文もバッチリではないですか?

え? もうすこし横道にそれて色をつけたい?

それでしたら、狂言師、野村萬斎さんの
ユニークな試み、『敦――山月記・
名人伝――』なんかを覗いてみてはどうかな?
 



2015年6月には公演もありました。



また当ブログでは、日本と世界の
多くの作品について「あらすじ」や
「感想文」関連のお助け記事を量産
しています。

こちらからお役に立ちそうなものを
探してみてくださいね~(^^)у


「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧

ともかく頑張ってやりぬきましょ~~(^O^)/

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ