やあやあサイ象です。


おなじみ「あらすじ」暴露サービスも
ついに大台を超えて今回で早くも
114

「感想文の書き方」シリーズ全体では
173回となります。

Sponsored Links



今回はなんと落語に挑戦((((((ノ゚⊿゚)ノ

明治落語の大立者、三遊亭円朝(1839-
1900)大師匠の傑作「死神」で参ります!

まずは文章による「あらすじ」を読んで
いただき、そのあとで現代の名匠による
実演の動画もお目にかけますので、
どうぞお楽しみに~(ニコニコ)。



落語『死神』のあらすじ

わかりやすさのため全体を
「起承転結」の4部に分け、
👉で私なりの注釈を入れています。

うるさいと思われる方は
スルーしてください。

では、どうぞ。


💀【起】

金が作れないで帰宅した男が女房に
「豆腐の角に頭ぶつけて死んじまえ」
などと罵倒され、また家を出る。

ぶつぶつ独り言をいいながら歩くうち、
ふと死ぬという考えが浮かび、死に方を
思案するうち、後ろから薄気味の
悪い声で呼び止められる。

振り返るとそこに、年の頃なら八十以上、
薄汚れた着物をはだけて痩せこけた胸を
出し、汚い竹の杖を突いた爺さん。

    death-1581267_960_720     


自分は「死神」だと名乗った爺さんは
「おまえはまだ寿命があるから、
死のうとしても死ねない」と告げ、
こんな「相談」をもちかける。

「金がないんなら、儲かる商売を
教えてやるから、やってみな。
それは医者だ」


脈の取り方も知らない俺にできっこない
と男は怒るが、死神の説明では…


「死にそうな病人の床には必ず
死神が座っている(ドクロ)。

もしそいつが足元にいればまだ寿命が
あるんだが、枕元ならもう臨終だ。

これからおまえにはそれが見えるから、
足元にいたら「アジャラカモクレン
キュウライス、テケレッツノパア」
と呪文を唱えて柏手を二つ打てば、
死神は消えて病人は助かるんだ」

👉呪文の「アジャラカモク
レン…」は現代では落語家が
それぞれ自分なりのものに
変形して笑いを取っています。

呪文のほかにも色んな所を
変形して新しい笑いを
生み出しているわけですね。

たとえばあとでYouTube動画を
見ていただく立川志の輔師匠の
噺では、主人公の男は独身
にするという思い切った
改変で大いに笑えます。


男が試しに呪文を唱え手を拍つと、
もう死神は消えている。



💀【承】

半信半疑ながら家に帰って医者の看板を
出すと、間もなく日本橋の豪商から使い。

「主人が長く患っており、江戸中の
名医に匙を投げられていましたが、
易者に言われたとおりに探すと、
こちらの先生が見つかりました。
どうぞ一つ」と頼む。


行ってみると果たして病人の
足元に死神がいる(ドクロ)。

しめたとばかりに、教えられた
通りにすると、病人はたちまち
全快して元気もりもり。

      165436d6361fcabf537b325db815603d_s

これが評判を呼んで往診依頼が殺到し、
たちまち左ウチワの生活。

妻子は離別して、愛人と京阪旅行と
しゃれこむが、女はもともと金めあて、
金を持ち逃げされてスッカラカンで
江戸へ戻る。


医者稼業を再開して稼ごうとするが、
どこへ往診しても死神は枕元にいて
金の儲けようがない。

Sponsored Links




💀【転】

ある日、江戸でも指折りの豪商、
麹町の伊勢屋から依頼があり、
出かけると、死神はやはり枕元(ドクロ)。

「これは無理です」と帰ろうとするが、
「そこをなんとか」と懇願される。

「お助けいただければ○○両差し上げ
ます」と泣きつき、その「○○両」は
どんどんつり上がって、ついに
「一万両」に。

       304804

ここで男に妙案が湧く。

力のある若者を四人そろえて蒲団の四隅に
座らせ、スキを見て蒲団を半回転すれば、
死神の位置は「足元」に変わる、その
瞬間に例の呪文を唱えれば…。


四人の若者を加えた五人と死神との
持久戦になったが、やがて死神が居眠り
したとみるや、機敏に計画を実行する。

死神は狼狽しながら消え去り、
病人は元気いっぱいで目覚める。



💀【結】

一攫千金でホクホクしている男。

そこへ例の儲け方を教えた死神が現れ、
祝いに飲みに行こうというような話に
なり、暗くて奇妙な(家から近いので
よく知ってるはずなのに見たことのない)
場所へ連れて行かれる。

地面に穴があいて、現れた階段を下りて
いくと、広大な空間があって無数の
ローソクが並んでいる。

長くてよく燃えているローソクもあれば、
あと少しで消えそうなのもあるが、
これらはすべて各人の「寿命」を
表していると死神は説明する。

👉この「寿命」を立川志の輔
ヴァージョンでは「運」と
言い換えて、はじめの出会いの
場面でも言及します。

美貌や知能に恵まれて生まれた
人間は、その時点で「運」を
大きく使ってしまっているが、
その点、お前はほとんど
使っていない、だからまだ
「運がある」、死ぬことはない
というふうに死神が説くので
笑えます。


「この今にも消えそうなローソクは誰?」
と尋ねると、死神は冷然と
「それはおまえのだ」(叫び

「約束を破ってあんなインチキをするから
おまえの寿命(志の輔では「運」)は
伊勢屋の旦那に移って行っちまったんだ」

  rakugo_shinigami

「なんとかしてください」と泣きつく男に
「それなら、特例だが」と死神は
チャンスを与える。

「おまえの火が消える前に、この新しい
ローソクに火を移すことができれば、
おまえは助かる」


男は言われたとおりに試み、
いったんは成功するものの……

👉もちろん成功してメデタシ
メデタシでは落語になりません。

結局火が消える、という下げ
(落ち)になるわけですが、
その下げ方が円朝師匠の
原作でもピリッとしていない
ので、後世の落語家たちが
それぞれに自分なりの
ものを工夫してきました。

    %ef%bc%92%e6%ad%bb%e7%a5%9e
    死神を演じる古今亭今輔師匠
     (下記CDから)

    

近年で上手なのが柳家小三治
師匠の「男が風邪気味で…」
というものですが、この
設定が「あざとい」という
立川志らく師匠は「第二の
誕生」を祝うバースデー
ケーキへというまったく
新しい奇想へ飛びます。

最近では千原ジュニアさんの
「家までもって帰って…」
というのもありますが、
それなら、立川志の輔師匠が
前からやってる「階段を上る
途中で死神に言われて…」
という落ちの方が鮮やか、
華麗ではないでしょうか。


Sponsored Links




録画・録音で「死神」に震えよう

さあ、いかがでした?

とても面白いストーリーではないですか?

その上、ニセ医者になる男や死神の
キャラクター作りや演じ方、それから
上の👉でもふれた落ちの
工夫などに、落語家の技量が大いに
発揮されることになりますよね。

だから昔から実力ある噺家さんたちが
続々と挑戦してきたネタなんですね。


でははじめの約束どおり、現代の
名匠の口演をご覧いただきましょう。

ここはやはり立川志の輔師匠に
ご登場願わなくてはなりません。

現代化された傑作「死神」です。




👉志の輔師匠に興味をもたれた
方はこちらの記事もご覧
いただけると幸いです。

こぶとり爺さんの教訓を動画で:戦前アニメ,志の輔,太宰治…

かぐや姫の罪と罰って何?原作『竹取物語』に秘められた鍵は?


もちろん志の輔さんの独壇場という
わけでは全然ありません。

昭和の名人では六代目三遊亭円生師匠や
古今亭今輔師匠のものが絶品。

CDなら値段もお手頃です。
👇







現代の落語家さんのものなら
DVDでも高くありません。

上の「あらすじ」でふれた名匠の
口演はこちらでご覧になれます。
   👇







なんとこれが西洋ネタだった

さて、円朝師匠作とされるこの「死神」の
ストーリーですが、西洋ネタを巧みに
落語化したものであることが今では
よく知られています。

そのネタとしてまず挙げられるのが、
19世紀半ばに初演されて世界的に
人気を博したというイタリアの歌劇
『クリスピーノと死神』。

     hamlet 141510221

で、グリム童話にもそれに酷似した
ストーリーの「死神の名付け親」
というのがあって、円朝師匠がどちらに
学んだかは調べがついていません。

ただ『クリスピーノと死神』では
「死神」が女性だということもあって
雰囲気としてはグリム童話の方が
近いように思えますね。

👉イタリア語で「死」は
“la morte”と女性名詞
(フランス語などラテン系
言語では大概そうですね)
だからどうしてもそうなる
わけで、これがドイツ語では
“der Tod”と男性名詞なので
爺さんなんですね。



グリム童話「死神の名づけ親」のあらすじ

というわけで、ここではより近い
グリム童話の方で「あらすじ」を
まとめておきましょう。

💀【起】

貧乏な男に13人目の子が生まれ、
はじめに出くわした者に名づけ親を
頼もうと思い、大通りに飛び出す。


最初に現れたのは神様で、洗礼を
授けてやろうと言うが、男は断る。
「あんたは金持ちにひいきして
貧乏人には知らん顔だから」 

次に現れたのは悪魔で、自分を
名づけ親にすれば金と快楽を
約束すると言うが、男は断る。
「あんたは人をだましたり、
そそのかしたりするから」

      beast-1296040__180

次に現れたのは死神で、男は
彼に名づけ親を頼む。
「あんたは人を差別しないから」



💀【承】

この男の子が大きくなったある日、
死神が現れる。

男を森へ連れ込んで、そこに生えて
いる薬草を教えて「これでおまえを
評判の医者にしてやる」と言う。

おまえが診察に行った時、病人の
ベッドの頭の方にわしが立っていたら、
「きっと治す」と言ってこの薬草を
のませれば治る。

足の方に立っていたら諦めさせろ。

もしわしの意志にそむいて薬草を
使えば、おまえ身にとんでもない
ことが起こるぞ」


言われたとおりにした男はたちまち
名高い医者となり、金持ちになる。

Sponsored Links




💀【転】

そのうち王様の病気になったので
召し出されると、死神が足の方に
立っている。

ここで一計を案じた男は、王様を
体ごと動かして上下を逆にし、
例の薬草をのませて治してしまう。


怒った死神は「名づけ子だから
大目に見るが、もう一ぺんやったら
命はないぞ」と宣告する。

やがて王様の一人娘が病気になり、
救ってくれた者は彼女の婿にし、
自分の跡を取らせると布告。

Fantasy-Sylvan-s

行ってみると死神はやはり足の方に
立っていたが、王女の美しさと
地位への欲に頭がしびれて、王様に
したのと同じことをしてしまう。



💀【結】

激怒した死神は男をひっつかんで
地下の洞穴の中へ連れ込む。

そこには大小何千ものあかりが
何列にも並んでともっている。


「これは人間どもの命のあかりだ」
と死神が言うので「私のは?」と聞くと
「これだ」と今にも消えそうな
ローソクの燃え残りを指さす。

     candle_skull

なんとかしてくれと泣きつくが、
「一つ消えてからでないと新しいのは
燃えださんから、無理だ」と死神。

「それなら古いのを新しいやつの上に
のっけてください」と頼むと、
死神は頼みをきくようなふりをして、
わざとしくじり、ローソクの火は消える。