キャリーのネタバレ👻スーの思いは?映画(1976)も怖いが原作はもっと…


サクラさん
いや~『キャリー』(1976)のラストには
ビビりましたよ~。

     
       
墓に参ったスーがなお怖い目にあう
のは、キャリーの怒りはおさまって
いないということ?(叫び

ハンサム 教授
ええ、少なくともスーの夢の中では
許されていないんでしょう。

サクラさん
スーはたしかにマズいことを
したんでしょうけど、心の底で何を
思ってるのか分からなかったです。

ハンサム 教授
そのへんが映画の弱みかな?

原作小説ではスー自身が語り手の一人
なので、わからないことはありません。

サクラさん
あ~(🐱)それなら読んでみたいな。

ハンサム 教授
ぜひどうぞ。傑作ですよ。

ただ、映画より何倍も怖いのでご用心(ドクロ)


Sponsored Links


さて、先ごろついに200の大台を超え
今回でなんと第201回となります
“感想文の書き方”シリーズ。

「あらすじ」暴露サービスの第141
でもありますが、1976年(ブライアン・
デ・パルマ監督)、2013年(キンバリー・
ピアース監督)と2度にわたる映画化で
絶大な人気を維持し続けているスティーヴン・
キングのホラー小説『キャリー』(Carrie,1974)
で参ります((((((ノ゚⊿゚)ノ

怖すぎて(?)、あるいはいろんな事情から
映画には出せなかった部分もしっかり
拾いながら、もちろん⦅ネタバレあり📢⦆で
行きますよ~;^^💦

       



上・右の映画(DVD)は1976年の
デ・パルマ作品の方です。

なぜあえて古い方を出すか?

それはもちろん出来栄えが素晴らしい
からで、なんといってもキャリーを
演じたシシー・スペイセク!

その演技の息をのむ素晴らしさは、
こちらの予告編でも片鱗をご覧になれます。
(あくまで片鱗ですが;^^💦)




👻 かなり詳しいあらすじ

では始めましょう。

ラストまで包み隠さず完全ネタバレあり
参りますので、結末を知りたくない人は
読まないでくださいね;^^💦


映画と大きく違っていたりして、
気になる部分には【CHECK!】印で注釈を
入れていますが、いちいちうるさいと
思う人は飛ばしてくださいね。

なお「 」内は原文(上記文庫本)
からの引用です。

いきなり注釈で恐れ入りますが、
小説の構成はいささか前衛的
というか変則的で、出版時の現在
(1974)からすれば未来の出版物
である下記のような資料からの
引用が次々に並べていかれます。

・『あばかれた影――キャリエッタ・
ホワイト事件の事実と記録』(1981)
・『キャリー――T・Kの暗黒の
夜明け』(1980)
・『テレキネシス――その分析と
余波』(1981)
・『わたしの名はスーザン・スネル』
(1986)
・『わたしたちは暗黒の舞踏会を
生きのびた』(1980)

これらを読んでいくことで、1979年
のこととされるキャリー事件の
全貌が徐々に明らかになっていく
という仕掛け。

発表時より5年後の事件を語るわけ
ですから近未来SFともいえますね。

以下では大まかなストーリーを追う
だけで、どの資料の記述かにまで
細かく注記することはしませんので、
明確にしたい場合はやはり全文を
読んでもらうしかありません。


第一部 血のいけにえ

メイン州チェンバレンに住む16歳の高校生、
キャリー(キャリエッタ・ホワイト)は
学校のシャワー室で初潮を迎えて
パニックに陥り、クラスメートの
嘲笑の的になる。


彼女を一人で育ててきた母マーガレットは、
昔、同じ高校で、ダーウィンの進化論を
教えた女性教師を面罵して地獄行きを
予言したほどの、狂信的な原理主義的
(ファンダメンタル)なキリスト教徒。

聖書を絶対視する原理主義者が
進化論を認めないことは当然で、
実際アメリカには小学校で
進化論を教えることを禁じて
いる州もあるとのこと。

性的な事柄はすべて「罪」と結びつける
徹底ぶりで、女性の生理について娘に
教えることもなかったのだ。


この事件の晩も、なぜ教えなかったのかと
なじるキャリーをクローゼットに閉じ込め
「潔白であれば、血の呪いは訪れなかった」
のだから、神に祈れと言う。

     

「御前は悪魔の申し子だよ」と囁き、
母娘は「ユー・ファック」と罵り合う。


キャリーへの嘲笑は地域に広がって
「キャリーはうんこを食べる」と
小中学校の机に落書きされるほど。

キャリーは自身へそれでも学校に
溶け込もうとし、夏休みのキャンプも
「罪悪」だと禁じる母に反抗し、縫物の
アルバイトで金を作って参加する。


通学中、自転車に乗って彼女をからかう
5歳の少年に怒りを感じ、「落ちろ」と
心で念じると、自転車がひっくり返った。

それ以前にも同様の経験をしている
ことに思い当たったキャリーは、自分に
特殊な念動能力(テレキネシス/TK)が
備わっていることを自覚する。

   


キャリーらの学年は卒業まぢかとなり、
恒例の「春の舞踏会」の準備が始まる。

若い体育教師のミス・デジャルダンは、
例の「初潮」事件でキャリーへの嘲笑の
急先鋒だったクリス・ハーゲンセン
(有力弁護士の娘で高慢)と舞踏会の
ことを話すうち口論になり突き飛ばす。


舞踏会にはモテる男女ならカップルで
参加するのだが、クリスはビリー・
ノーランと、そしてもう一人のモテる女子、
スー(スーザン・スネル)はハンサムな
スポーツマンで人気者のトミー・ロスと
参加するものと見られていた。

このスーザン・スネルはもちろん
上の【CHECK!】でふれた
『わたしの名はスーザン・スネル』
(1986)の語り手で、この時点では
犯罪小説家。

ということは、第二部で語られる
犠牲者400人に上る大惨事
(キャリー事件)のあとも
生き残ったわけですね。



逆にほかの3人(クリス、ビリー、
トミー)は生き残らなかった
わけですが、このことも、スーの
語りで徐々に明らかにされて
いきます。

「とうとう事件に関する映画まで
作られました」と1986年時点で
言っているわけですが、実際の
映画はそれよりずっと早い
1976年に公開されました。

ちなみにそこでビリーを演じて
いるのがジョン・トラボルタ。


スーは、キャリーに意地悪をした女子の
一人でありながら、そのことを悔い、
彼女への同情を「本気で……意味のある
行動」によって示すべきだと考える。

キャリーがトミーに「夢中」だと
見抜いていて、舞踏会では彼女を
誘うようトミーに頼みこむ。

トミーはわたしを愛していたから、
わたしがそれを望んだから、
彼女と一緒に行ったのです。
(『わたしの名はスーザン・スネル』)


これが本当によい方法なのかに疑問を
感じながら、トミーが申し込むと、
キャリーは「かつがれるのはいやよ」
と警戒するが、トミーは強く打ち消す。

「きみに一緒に行って
もらいたいからさ」

結局のところ、彼はこの言葉が
嘘ではないことに気がついた。

スーが償いのゼスチャーを
示そうとして、彼を通じて
間接にそうしていることに
なるからだった。
        (同上)


「行きたいわ。とっても。……でもだめよ。
……きっと恐ろしいことになるわ」などと
ためらいながら、ついに「いいわ」と
ささやいたキャリーはいまにも気を
失いそうに見えた。


行くことを許さないと言う母親と口論に
なるが、例の念動(TK)能力を行使。

母は驚愕し、「悪魔の子!」と呻いて
悪魔祓いの祈祷を始める。
      
      
 
キャリーを完膚なきまでにやっつけたい
らしいクリスは、舞踏会の2日前、
ビリーに何事かを頼む。

5人の仲間とともに近郊の牧場に
潜入したビリーは、豚の喉首を切って
生き血をバケツ2杯分用意する。

Sponsored Links




第二部 舞踏会の夜

当日の番、自分で縫い上げた赤いドレスを
着てトミーを待つキャリーに、それを
「脱げ」とか「燃やす」とか叫ぶ母親。

例の特殊能力で制御しながら、約束の
時間を過ぎて不安になったところへ
トミーが到着し、見つめ合う二人。

ようやく、消え入るような声で、
彼女はいった。

「わたしのこと、好き?」

彼が答えた。「きみは美しいよ」

事実彼女は美しかった。

     

体育館で舞踏会が進行する間、スーは
自宅にいて、自分の実行したことに
「満足していた」。

行為の「動機をあまり深く分析する
気になれなかった」が、ふと「彼は
彼女が好きになるかもしれない」
と思い、微笑が消える。


舞踏会のキャリーは、トミーの優しさに
また見違える美しさに驚く生徒や先生の
称賛に包まれて、楽しく過ごす。

映画(1976)では二人が踊り、
キスまで行くシーンが
くるくると回転を続ける
カメラワークで華麗に
描かれますが、原作には
ありません。

   


10時には「戴冠式」が予定されており、
投票でベスト・カップルが選ばれる
ことになっていたのだが、クリスの
画策(おそらく組織票)により
キャリー&トミー組が選ばれてしまう。

二人は驚きながら、導かれて王座に。


しかし王座の上の梁(はり)には
ビリーの用意した豚の血入りのバケツが
仕掛けてあり、これがぶちまけられて
二人はたちまち血まみれ、トミーは
落ちてきたバケツで後頭部を打撲して
死ぬ。

笑い声が起きると、キャリーは
「かっと目を見開き」、やがて
「彼女の顔が……こわれました」。

「キャリーが戻ってきたわ」という声。



会場のドアがいっせいに音をたて
てしまり、開かなくなったものの、
唯一非常口が通行可能で、結果的に
そこを通った人々のみが生き延びた。


助けようと駆け寄ったデジャルダン先生も
キャリーには「自分を嘲笑している」と
しか思えず、きっとにらむと、先生は
壁へ飛ばされ、床に倒れる。


トミーの死も「疫病神を明るい場所に
連れてきた罰が当たったんだわ」と
笑い、「あいつらを痛めつけてやる」
とロック・バンドの電気装置のところで
叫んでいる少年を念力で感電させる。

     

この電気装置のショートで体育館は
爆発し、学校は大火災となる。

このときキャリーはすでに繁華街の
方へと歩いていたが、目撃者によれば、
血まみれで「骸骨そっくり」の
笑い方をしていた。


キャリーがたとえば地中に埋まっている
パイプを思い浮かべるだけで、すぐに
ガスが漏れはじめので、火災は高校から
繁華街方面へどんどん延焼する。

街の教会に入って祈ると「心は超能力
地獄の圧倒的な認識に満たされ」、人々の
群れを見ては「けものたち」を「焼き
殺してやろう」と思い、そう念じる。

        

帰宅した時、キャリーは「皺だらけの
老婆のように見え」、母と瓜二つに
なっていた。

ナイフを隠し持った母親は、キャリーを
妊娠したことをいかにけがらわしく
感じていたかなどと語りだす。

生んだのは「犠牲(いけにえ)に捧げる」
ためだったが果たせず、3歳になった
時も殺そうとしたができなかったという。
(ホワイト家の上にのみ石の雨が
降ったのはこの時)


「おお、ママ、わたしを助けて!」
と叫んでひざまづくキャリーにナイフが
振り下ろされ、よけようと動いた彼女の
肩に突き刺さる。

「プレゼントをあげるわ……ママがいつも
欲しがっていたもの、暗黒よ」と、
キャリーは母の心臓を心に思い描いて、
鼓動を止める。

         

クリスとビリーも同様の方法で殺した
キャリーが駐車場に横たわっているのを
発見したのはスーだった。

「スーよ」と名のると、「あなたたちは
みんなでわたしを騙したんだわ」
「キャリー、わたしの心のなかを見て」

慄然として図書館のようなスーの心を
隅々まで見たキャリーは、そこに
キャリーそのものへの悪意はないと知る。

「おお ママ わたしはこわい……
おおおおおおおおおお」と絶叫し、
キャリーは息絶える(ドクロ)。



第三部 廃墟

この夜、チェンバレンの死者は409名、
行方不明者は49名に達した。

  

キャリーとその”TK”現象について
州知事は特別調査委員会を任命。


人口は激減して産業もすたれた
チェンバレンの全体的印象は
「死期を待つ町」というところだ。



👻 「性」嫌悪の裏にあるのは…

いやー、怖かったですね~(叫び

何が怖いって、まず何よりキャリーの
テレキネシス(TK。またはサイコキネシス)
の脅威そのもたらした結果の凄絶さですが、
それにも増して恐ろしいのがその母、
マーガレット・ホワイトという人物。

メイン州を含むニュー・イングランド地方は
原理主義的なキリスト教信者が多いことで
知られていますが、それにしても「性」への
憎しみは凄まじい徹底ぶりですね。


もちろん憎しみはには愛の裏返しという
側面もあるはずで、実際、彼女は前夫
ラルフ・ホワイトとの間のただ一度の
行為の際に感じてしまった「喜び」が
忘れられず、かつそれを自分に許せない。

キャリーの生誕時、3歳時、そして今回と
何度も殺そうとする狂気には、そういう
自分を殺すという意味が含まれている
はずで、いやーこういう人は
ほんとに恐ろしい(ドクロ)……

   

小説でのこの底深い怖さからすると、
映画(1976)で作られたキャラクターは
やはり甘いといえるでしょう。

第一、女優さんの顔が可愛すぎ。

もっとスゴい顔の人にした方が
よかったと思うんですけどね;^^💦

こういう激しい「性嫌悪」が
ある一方で、その真逆のいわゆる
「性の乱れ」が1970年代の
高校でも相当に進行していた
ことも、この小説からよく
わかりますね。

アメリカというのはこういう
両極端を抱える国。

「永遠の愛」「平等主義」という
理想と人間の「自然」との一致・
不一致の問題にはこちらの記事
でもふれていますので、
どうぞご参照ください。

ゴシップ好きな人の心理 🐥鳥にもある”平等主義”がルーツ?
おしどり夫婦の意味 🐥八雲怪談などに見る”永遠の愛”は本当?

     



👻 まとめ

ともかく、これはスティーヴン・キング
最高傑作となってしまうかもしれない
画期的な問題作。

読書感想文の素材としても採り上げるに
十分な内容をもっています。

上に述べてきた解説や注釈を活用して
もらえれば、きっと高度なものが
書けるはずですよ。



なにしろ語りの仕掛けが凝っている点で
高度に芸術的なんですが、そういえば
怪奇小説の古典には物語構成に工夫を
凝らしたものが多いですね。

『フランケンシュタイン』しかり、
『オペラ座の怪人』しかり……

これらの作品についてはこちらの
記事で紹介していますので
どうぞご参照を。

フランケンシュタインのあらすじ 👻原作小説をネタバレありで
ドラキュラ 原作のあらすじ👻興味つきない吸血鬼小説の金字塔
ジキルとハイドのあらすじ ☯スティーヴンソン原作を簡単に…
オペラ座の怪人のあらすじ 👻原作とミュージカルの違いは?

    


ともかくスティーヴン・キングの
小説世界には大いに引き込まれます。

『キャリー』でスターダムに上った
キングが、やがてファンというものの
恐ろしさ(これもアメリカは半端ない)
を経験して書いた、もう一つの傑作
ホラー小説が『ミザリー』ですね。

『ミザリー』については
こちらでご覧になれます。

ミザリーのネタバレ📢)))原作は映画の10倍も怖いゾォ~~~👻

    


そのほかキング作品を早く安く
手に入れたいという場合はこちらから
探してみてください。

叫びスティーヴン・キングの本:ラインナップ叫び



当ブログでは、そのほか
日本と世界の種々の文学作品に
ついて「あらすじ」や「感想文」
関連のお助け記事を量産しています。

参考になるものもあると思いますので、
こちらのリストからお探しください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧

ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/








Sponsored Links

合わせて読みたい関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ