オードリーヘップバーン映画!👂動画で英語リスニングの特訓だ!


サクラさん
英語のリスニングに弱くて困っているんです(😿)

ハンサム 教授
大丈夫。君ならじきに強くなれますよ。

サクラさん
えッ、ほんとですか?(🙀)

ハンサム 教授
だって君、オードリー・ヘップバーンに憧れて憧れて、
ついに5キロもやせたそうじゃないですか;^^💦

              


サクラさん
実はそうですけど…

ハンサム 教授
それですよ。彼女のキレイな英語を
聞きまくればバッチリですよ。

サクラさん
あッそうかぁ…… フフッ 
希望が湧いてきました~(😻)


Sponsored Links


👂 オードリーの英語を聴く

ではさっそく参りましょう。

大女優オードリー・ヘップバーン、
少女時代の可愛さを堪能してください!

『ローマの休日』の始まってまもない場面での
王女(オードリー)と侍女との会話です。




ほらほら、ウットリしてるばかりじゃ
ダメですよ。

リスニングに強くなることが
目的なんですから。


そういうわけで、無粋とは知りつつ、
聞こえてくる英語にいささか立ち入って
メスをふるって参りますよ。

まず初めの部分に戻って、王女がまだ
ベッドにいて侍女と言葉を投げ合い、
ついにベッドを飛び出す…その直前の
セリフを取りあげてみましょう。

“Did you know there are people who
sleep with absolutely nothing on at all?”

と言っていたわけなんですが、
しっかり聞き取れましたか?

え? ダメ?

      audrey original

聞き取れない場合は、なんらかの原因が
あるはずですから、進歩したければ
まずそれを突きとめること。

原因は人それぞれですが、日本人に多い
弱点として挙げられるポイントの一つが
単語ごとの発音の強弱差の大きさに
ついていけない(特に弱く発音された
単語が拾えない)いうことなんですね。


ここではまずその克服を考えたいと
思うんですね。

そこで先ほどのセリフのうち、強く発音されて
いるものを赤字で示してみますと
このようになります。

“Did you know there are people who
sleep with absolutely nothing on at all

さて、どういう単語が赤字で、どういう
単語がそうでないか、わかりますか?

文法に強い人にはもう言うまでもない
でしょうが、要するに赤字の語は
内容語

黒いままなのは機能語ということになりますね。

    audrey-hepburn-519382_960_720

これを要するに
「内容語」は強く、
「機能語」弱く発音される
という原則があるということなんですね。
(あくまで原則だから場合によって例外はあり)


👂 「内容語」「機能語」って何?

ん? そんな文法用語ははじめて聞いたぞ?

はい、そうかもしれませんね。

でも知っておくと便利で、リスニングにも
強くなるはずですので、ぜひこの機会に
覚えてくださいね。

要するに、こういうこと。
内容語
=それ自体に意味・内容をもつ言葉。

品詞でいえば名詞、動詞、形容詞、
副詞
の4つ。

機能語
=それ自体に意味・内容はなく上記の
「内容語」たちを互いに関係づける
言葉。

品詞でいえば冠詞、前置詞、接続詞など。

代名詞関係代名詞を含む)、
関係副詞、助動詞もこちら。

ということになるわけです。

そしてここで注意してほしいのが、who
(関係代名詞)とか did, are(助動詞)の
ような構文上重要と思われる語もまた
弱く(低く)」発音されるという点で
決して法則を外れることはない、
ということです。

もし強く発音されれば、それは例外的な
ことなので、逆に、その語が文脈上重要と
意識されていることを示しています。

このセリフの場合だと、”nothing”が
「機能語」(代名詞)でありながら強めに
発音されていることがその一例ですね。


ざっとそんなわけで、文意理解のカギに
なってくるこういう微妙なところの
理解力も”耳から”ついてくる、
ということもあるんですね。

whisper-408482_640

というわけで、この方法でリスニングを
鍛えていけば、副産物として読解力の
向上も期待できるんですよ。

ともかくそういうことで、このポイントを
しっかりと頭に入れ、一人で音読するときも、
上記の法則にしたがって
リズム」
をつけるようにしてみてくださいね。



👂 まとめ

さあこれで、あなたのリスニング力は
グーンとアップ。

同時にリーディング、スピーキングの力も
相互作用的に向上していくはずですよ。

今回のレッスンを基本として、
その応用編にあたる記事も
用意しています。

『ローマの休日』の別場面
(エンディング近く、王女の
記者会見の場面)やスティーブ・
ジョブズのスピーチなどです。

ぜひご覧ください。👇

英語リスニングのコツは”精聴”!『ローマの休日』の一場面から
canとcan’tの発音の違いは?👂リスニングには《理屈》がある
スティーブ・ジョブズの英語を聴いて、生き方も学ぼう

       


さて、ともかく「内容語/機能語」区別の原則が
頭に入った人のリスニング能力はこれから
ぐんぐん伸びて来るはず。

また文法が整理され読解の力も増すことで、
英語力は必ず総合的に伸びていきます。

ぜひ、騙されたと思って
(いや、思わなくていいですが)
実践してみてください。(^-^)ノ~~

Sponsored Links

合わせて読みたい関連記事


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ