芋虫(江戸川乱歩)のあらすじ:伏字だらけの問題作!内容は?

 


やあやあサイ象です。

「感想文の書き方」シリーズも
はや第82回。
「あらすじ」暴露サービスとしては
第51弾となります。

今回はあの江戸川乱歩の代表作の一つ
『芋虫』(1929)で参りましょう。
(『江戸川乱歩傑作選』⇩ 収録)



さて、「芋虫」といっても
内容は昆虫のお話ではありません。

「芋虫」のようになってしまった人間……
ですね。

Sponsored Links


で、その原因となったのが
「戦争」ということで、
戦争文学の名作と見なされる
こともあるんですね。

どくろFall-Of-Man-s

ともかくここでは「あらすじ」を
暴露しますが、一口に「あらすじ」を
知りたいといっても、ストーリーの
骨子だけでいいという場合から、
読書感想文を書くんだから
分析・解説つきの詳しいものがほしい、
という場合まで、千差万別でしょう。


そこで出血大サービス((((((ノ゚⊿゚)ノ

「ごく簡単なあらすじ」と
「やや詳しいあらすじ」の
2ヴァージョンを用意しましたよ~~(^^)у

はじめにお断りしておきますが、
ここではネタバレを避けるという
姑息な配慮は一切せず、
ストーリーは惜しみなく全開しますので、
結末を知りたくない人は
絶対に読まないでください
(◎◎)。


👉 ごく簡単なあらすじ(要約)

まずは「ごく簡単なあらすじ」。
「  」内は原文からの引用です。

戦争で両手両足、聴覚・味覚までも
失い、視覚と触覚のみを残して
帰還した須永中尉は、
上官だった鷲尾少将の家の離れで
30歳の妻、時子の介護を受けている。

意思伝達の手段としては、
大きな両眼と、体の各部を
多少動かすことと、
「鉛筆の口書き」があるだけ。

が、夫婦の営みの方は旺盛で、
時子はそこに嗜虐的な愉悦を
見いだすようになっていた。

芋虫 caterpillar-564543_640

ある夜、夫が天井の一点を見据えて
いるのが「ひどく憎々しく思われ」、
両手を相手の眼にあてがい「病的な
興奮」のうちにつぶしてしまう(叫び)。

医者の処置を受けてようやく静まった
夫に、時子は何度も泣いて謝りながら、
胸に指で「ユルシテ」と幾度も書く。

それでも夫が表情を変えないので、
号泣して母屋の鷲尾少将を呼んで
くるが、二人で戻ってみると、
離れには誰もおらず、枕もとの柱に、
鉛筆で「ユルス」と書かれていた。

庭へ出て捜し、古井戸のところへ
行くと、「もがくように地面を掻き
ながら」前進する夫がちょうど
井戸に身を投げようとしていて……

「鈍い水音が聞こえて
きた」(((゜д゜;)))。


え? なんだかよくわからん?

それはそうでしょうね。

妻そして夫がそれぞれなぜ
あのような行為に走ってしまうのか……
といった心理的に重要な部分が
見えにくいので、読書感想文を
書くような場合には、
ちと困ってしまいますよね。


そこでやはり「詳しいあらすじ」が
必要となるわけです(;^_^A

本文は行あけによって4つの部分に
分けられていますので、ここではこの
4部に「起・承・転・結」の見出しを
つけて、以下に記述していきます。




👉 やや詳しいあらすじ

【起】
戦争で両手両足、聴覚・味覚まで失い、
かろうじて視覚と触覚のみを
残して帰還した「人間だかなんだか
わからないような廃兵」(傷痍軍人)の
須永中尉は、上官だった鷲尾少将の
はからいにより、不便な田舎の
鷲尾家の離れの二階で暮らしている。

世話をする30歳の妻、時子との
コミュニケーション方法といっては、
目、頭、肩、尻を動かすことと鉛筆を
口にくわえてカタカナを書くことだけ。


鷲尾少将は、会うたびに時子の
介護ぶりをほめて「できないことだ。
わしは、まったく感心していますよ」
などと言う。

が、この褒め言葉も最初こそ 女 カラフルwoman-163644__180
「誇らしい快感をもって、時子の心臓を
くすぐった」ものの、今ではむしろ
責められているようで恐ろしかった。

というのは、時子の心のうちに
いつか「身の毛もよだつ」ような
欲望がふくらみ、夫の身体を
「けだもの」か道具のように見なして
いるという自覚があったからだ。


そばを離れて3時間もすると
夫は機嫌を悪くするが、その
「和解の手段」はいつも、いきなり
かがみ込んで夫に迫まっていくこと。

その「物狂わしい」行為には、この
憐れな夫を「勝手気ままにいじめ
つけてやりたい」という「弱い者
いじめの嗜好」も含まれていた。



【承】
夫の負傷の知らせを聞いたとき、
時子は戦死でなかったことに安堵した
ものだが、病院でその姿を見たとき
には「ほんとうに悲しくなって、人目
もかまわず、声を上げて泣き出した」。

新聞には武勲を書き立てられ、
金鵄勲等も授与されたが、それから
3年以上経った今、時子に両親は
なかったし、彼女側も夫の側も親戚は
「皆薄情者」だった。

時子の思いつきで  鉛筆images
「鉛筆の口書き」会話を始めたとき、
夫が最初に書いた言葉は「クンショウ」
と「シンブン」(自分の記事の
切り抜きのこと)の2つ。

それらに見入って自分の「名誉」に
浸るようであったが、やがて夫は
それにも飽きていった。

やがて夫婦の営み以外に生きがいも
なくなったようで、完全に無力なくせに
その種の欲求だけ旺盛な塊がただその
「つぶらな両眼」で喜怒哀楽を表す……

その奇妙さが時子には不思議に
「限りなき魅力」となってゆく。

と同時に、相手の「意にさからって
責めさいなむこと」に「この上ない
愉悦」を感じるようにもなっていた。

Sponsored Links


【転】
夜中に夫が天井の一点を見据えて
いたりすると、「仔細らしく物思いに
耽っている様子が、ひどく憎々しく
思われ」「例の残虐性が彼女の
身内に湧き起こってくる」。

突然、飛びかかって肩をゆすぶると、
夫は叱責のまなざしで睨みつけるが、
時子は「怒ったの? なんだい、
その眼」とどなって「いつもの遊戯を
求めて」行く。

    
あるとき、夫がいつまでも天井を
見据えつづけるので「なんだい、
こんな眼」と叫んで両手を相手の
眼にあてがい「病的な興奮」と
ともに無意識の力を加える。

夫は踊り狂い、   55637394ed054e0a99fd1dbe975f21b4_s
両眼からまっ赤な血が吹き出す。


夫の「物言う両眼」が「けだものに
なりきる」ことが邪魔っけだったから
だろうか、それともいっそ「ほんとうの
生きた屍にしてしまいたかった」のか……

種々の考えを一秒のうちに意識
しながら、時子は医者の家へ走った。



【結】
医者が痛み止めの注射などの処置を
して帰ると、時子はようやく静まった
夫の胸をさすって、「すみません」と
何度も泣いて謝り、胸に指で
「ユルシテ」と幾度も幾度も書く。

それでも一向に身動きもせず、表情も
変えない夫に、時子はワッと子供の
ように号泣し「取り返しのつかぬ
罪業と、救われぬ悲愁」に打たれ、
「世の常の姿を備えた人間が見たく
て」鷲尾少将のいる母屋へ駆け込む。

ところが、少将と二人で戻ってみると、
離れには誰もおらず、枕もとの柱に、
鉛筆で「ユルス」と書かれていた。

鷲尾家の召使いたちも出てきて   df39433ea3a7771b518465b0f5693440_s
「古井戸」があったことを思いだし
時子と鷲尾少将がそこへ行くと、夫が
「胴体の四隅についた瘤みたいな
突起物で、もがくように地面を掻き
ながら」前進しているのを見つける。

次の瞬間、からだ全体が消え、
「遙かの地の底から、トボンと、
鈍い水音が聞こえてきた」。

放心して立ち尽くす時子は闇夜に
一匹の芋虫が枝の先から
「まっくろな空間へ、底知れず
落ちていく光景を、ふと幻に
描いていた」。



👉 妻にも「いやらしい」といわれた問題作

どうでしょう。
楽しんでいただけましたか?

え? 気持ち悪いだけ(゚_゚i)?

まあ、そうかもしれません。
作者の乱歩自身も奥さんに見せたら
「いやらしい」と言われたそうですし、
作品を読んだ芸妓の何人もが「ごはんが
いただけない」とこぼしたとのこと。


でもこの作品、歴史的意義も芸術的価値も
決して小さくないと思いますよ。

現在でも伏せ字のままの 137678
文庫本があるくらいで(購入時には
要注意! 上記「新潮文庫」ならOK)
発表当時は伏せ字だらけ、その後も
全面削除などの憂き目を見た作品です。

掲載誌自体も、反戦的傾向や勲章軽蔑の
表現が禁忌にふれることを恐れ、当初
予定されていた『改造』から『新青年』
に回されたといういわくつき。

発表されるや、左翼からは「この様な
戦争の悲惨を描いた作品をこれからも
ドンドン発表してほしい」との
賞賛が届きました。

兵士images

ただ乱歩自身はこういう評価には興味が
なく、左翼から賞賛されたものが右翼に
嫌われるのは当然で、「夢を語る私の
性格は現実世界からどのような扱いを
受けても一向に痛痒を感じない」
とうそぶいていました。
(創元推理文庫での乱歩自身の解説)

ただ、作者本人がどのような意識で書いた
にせよ、この作品がすぐれた「戦争文学」
の一つとなっていることは争われません。

その連関ではこちらの記事も
ご参照いただけるとありがたいです。
黒い雨(井伏鱒二)のあらすじ:簡単/詳しくの2段階で
夏の花(原民喜)のあらすじと解説🌸感想文で抜け出すには?
火垂るの墓(野坂昭如)のあらすじ… 簡単/詳しくの2段階で

106714




👉 まとめ

さあ、どうでしょう。

これだけの情報があれば、
感想文を書こうという人も、
もう書けないことはないんじゃないですか? 

「探偵型」と「犯罪者型」と
両方面の才能を併せ持ち、自在に使い分けた
偉大なエンターテイナー、乱歩。

書けるネタはいくらでもあるはず。


この作品での読書感想文の書き方、
またこの作品に関係の深い映画、
『キャタピラー』と『ジョニーは
戦場へ行った』をめぐっては、
こちらの記事をご覧ください。
江戸川乱歩 芋虫で感想文◎◎映画『キャタピラー』も鑑賞して

そのほかの乱歩作品についてはこちらを。
江戸川乱歩 人間椅子のあらすじ(ネタバレあり)とその解釈
人間椅子(江戸川乱歩)で感想文◎椅子になったストーカー…
屋根裏の散歩者(江戸川乱歩)のあらすじ:ネタバレ御免で探索
江戸川乱歩 陰獣のあらすじ:ネタバレ御免で結末まで
パノラマ島奇談[奇譚]乱歩最高作(?)あらすじをネタバレ御免で
江戸川乱歩 孤島の鬼のあらすじ:ネタバレ御免で結末まで
黒蜥蜴(江戸川乱歩)のあらすじ:三島由紀夫戯曲の映画も鑑賞
影男(江戸川乱歩)のあらすじ:ネタバレ御免で結末まで
江戸川乱歩 怪人二十面相☆少年探偵団結成までのあらすじ

                 どくろ skull-766899_640


乱歩の本を早く安く手に入れたい
場合は、Amazonが便利です。

こちらから探してみてください。

◎江戸川乱歩の本:ラインナップ◎

また当ブログでは、    
乱歩以外にも多くの作家・作品をとりあげて、
「あらすじ」や「感想文の書き方」の
記事を量産しています。

こちらのリストをどうぞご覧ください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧

ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ