ぼくは勉強ができないのあらすじ//モテモテの賢い劣等生?


Sponsored Links

やあやあサイ象です。

おなじみ「あらすじ」暴露サービスも
ついに大台を超えて今回でなんと
106弾((((((ノ゚⊿゚)ノ




「感想文の書き方」シリーズ全体では
165回となる今回は
山田詠美さんの『ぼくは勉強ができない』
(1993)で行ってみましょ~Y^^Y



なにしろ大変な人気作にして問題作!

その一部が大学入試センター試験「国語」の
問題文に使用されたと思ったら(1999)、
別の部分を高校教科書に載せるという話に
なったけれども、文科省の検定に引っかかって
オジャンになった(2002)とか色々と…。



文科省は勉強ができない?

作者の山田さんはセンター試験について
自身の作品を無断で使用されたことに
不快感を示した上で「選択肢の中に正解が
なかった」と批判(『熱血ポンちゃんが
来りて笛を吹く』2001)。

教科書問題では文科省「検定意見」の、
「馬鹿だから」という言葉が「差別的」で、
これのみならず「全体を通じて差別を
助長する恐れがある」という説明に
「ばかばかしくて、お話にならない」
とコメント(「文科省は勉強ができない」
『文藝春秋』2002.06)。

A gray domestic cat looking serene

いや~どんな面白い小説なんだろうと
ゾクゾクしますよね~(😻)

そのあらすじを、完全に暴露
しちゃおうというわけ。

もちろんネタバレありになりますが、
この作品、もともと純文学雑誌に短編連作の
形で断続連載されたもので、ネタバラシで
面白味が減るというようなことも
ないと思われます。



かなり詳しいあらすじ

原作は『新潮』に断続連載された8つの短篇と
その連載の途中で『文藝』に掲載された
「眠れる分度器」という”番外編”で
構成されています。

ここでは8つの短篇の大まかな話の流れを
押さえた上で、8篇中少し毛色の違う
「賢者の皮むき」という短篇について
内容を紹介していきたいと思います。


「…」内と「”」印の囲みは、
原作からの引用です。


また文中💭CHECK!として、解説・
コメントを入れていきます。

うるさいと思われる方はスルーして
もらっていいんですが、もし読書感想文
などを書こうとしているのなら、ぜひ
目を通してくださいね。

感想文のネタになるはずですから。

Sponsored Links




【全般の流れ】

選挙の結果、クラス委員長は成績1位を
続ける脇山が、3票差で2位のぼく
(時田秀美)を押さえて選出された。

こういう時よく思い出すのが、小学校
5年の時の委員長選挙で、転校してきた
ばかりで様子の分からないぼくは、
前の席のおっとりした様子の女子の
名を書いた。


開票の途中で、突然担任の男性教師が
怒り出す。

「誰だ!伊藤友子の名前を書いた奴は!?」
「ふざけるにも程があるぞ」

どうしていけないのかと隣の男子生徒に
小声で聞くと「馬鹿だから」という答え。

         脳images

文科省の検定に引っかかった
のは、まずここですね;^^💦

ぼくは怒る教師に向き合う。

伊藤の名を書いたのは自分だが、
それはふざけたわけではなく
「親切そうだ」と思ったから。

ぼくの票を「無効」と決めた教師に怒りを
覚えながら、「どうして伊藤さんでは駄目
なのですか」「勉強が出来ないからですか?」
と問いかけるが、教師は完全に無視。

前に目をやると、机に伏せて
鼻を啜(すす)っている
伊藤友子の姿が見えた。

ぼくは、この時、初めて、
大人を見くだすことを覚えた。

     

票数で男子2位だったぼくは自動的に
書記に任命され、挨拶する番になると、
「最初に言っとくけど、ぼくは勉強が
できない」と言って大笑いを取る。

小学校時代のこの回想の
を読んだだけで、「ぼく」の
頭が冴えまくっている
ことは見え見えですね。

その「ぼく」が頭悪くて
「勉強ができない」という
ことにし続けなければ
ならないところに、この
小説の苦しさがあります。

山田先生、お疲れさま;^^💦

委員長になった脇山は「勉強出来ないのを
逆手に取るなよな」などと脅しをかける。

ぼくは、幼ななじみで今もぼくを
「愛してる」という真理という美少女に
頼んで脇山を誘惑させ、成績も
がた落ちにさせてしまう。

     055635

そんなこともできてしまうほど「もてる」
男であるぼくは、男の価値についても
「女にもてなかったらずい分と虚しい」
という尺度で判断している。

この価値観が作品全体の
基調をなしていますから、
「差別を助長する」ことを
文科省が危惧するのも
分からないことでは
ありませんね…;^^💦





ぼくのこの価値観をはぐくんだのは、
自分の父親が誰かはまったく知らないまま
母と祖父に育てられたという…
教師らのいう「複雑な家庭環境」。

それはぼくにいわせれば「素晴らしき
淫売とくそじじいぶりのぼくの家族」で、
二人とも奔放な恋愛をし続けている。


母には「格好の良い男になるのよ」と
諭されて育った。

ぼくが女子高生を相手にしないのは
バーで働く桃子さんという年上の恋人が
いて、性的にも不自由しないから。

   女 カラフルwoman-163644__180

ある日、校内で避妊具を所持していた
ことが発覚したぼくは、学年主任の
佐藤先生から、おまえはそういう
「不純異性交遊」のせいで勉強も
出来ないんだ、などと罵倒される。

女手一つで育ててくれた母親の気持ちを
考えろ、などとまるで見当違いの
ことまで言うので「猛烈な怒り」が
湧いて先生の襟首をつかんでしまう。

その瞬間、その場に現れてぼくを止めて
くれたのが担任で、所属するサッカー部の
顧問でもある桜井先生。


なんでも話せる桜井先生にぼくは言う。

あの人たちの言う良いこと
悪いことの基準て、ちっとも、
おもしろくないと思う。

良い人間と悪い人間のたった
二通りしかない

思いますか? 
〔中略〕
女手ひとつだと、母親は、
そんなにも辛酸を舐めなきゃ
いけないって決まってるん
ですか? 

その子供は、必ず歪んだ
育ち方をするんですか? 

人間って、そんなもんじゃ
ないでしょう」

そこまで言ったら、なんだか
涙が滲んで来そうに
なったので慌てた。

結局、ぼくの価値観は、
父親がいないという事柄が
作り出す、あらゆる世間の
定義をぶち壊そうとする
ことから始まっていたのに
気付いたのだ。

でも「余計なお世話で白黒つけ
られている」のはお前だけじゃない
と桜井先生は言う。

「人間全部がそうされてる
被害者かもしれない」

 lgbt

「でも、ぼくは、絶対に、白黒つける
側になりたくないんです」とぼく。

「良い人間と悪い人間の
たった二通りしかない」と見て
「白黒つける」人間観を批判
しているわけですが、意地悪な
見方をすれば、明快なこの
二分法はこの小説自体を貫く
図式でもありますね。

たとえば”良い教師/悪い教師”
と「白黒つける」描き分けの
なんと単純明快なこと……。

教師も人間。

そして「人間って、そんなもん
じゃない」のでは?…;^^💦


Sponsored Links
(Visited 255 times, 1 visits today)

合わせて読みたい関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ