サクラさん
太宰治の『人間失格』
で読書感想文を書こう
と思うんですが、
どう書いたものか…

ハンサム 教授
読んでいて気に
かかったことは?

サクラさん
主人公はなぜあんなに
次々と女性にモテて
しまうのか…

映画の生田斗真さん
ほどのイケメンなら
わからないでもない
ですが、太宰って
それほどじゃ…(😹)

ハンサム 教授
何を言うんです、
男は顔じゃない!




サクラさん
顔じゃなきゃ、
何なんですか!

ハンサム 教授
“口”…じゃないかな;^^💦

葉蔵の口からは女性を
メロメロにしてしまう
言葉が、考えないでも
スルッと出てしまうん
でしょう。

サクラさん
ああ、そんな感じ
ですよね。

そういう人は世渡りも
上手かと思ったら、
これが全然ダメで
「人間失格」と…

ハンサム 教授
ええ。そこは矛盾の
ようにも感じますよね。

その矛盾に食らいつく
ことができれば、
素晴らしい感想文に
なるはずですよ。
 

Sponsored Links



というわけで、”感想文の書き方”第3回は、
太宰治の代表作『人間失格』(1948)です。
   👇  



「読書感想文」の場合ばかりでなく、
「読書レポート」として、より高度で
論理的なものを要求されている場合にも
通用する文章の書き方を考えていきますよ~。


オオーッと、『人間失格』をまだ
ちゃんと読んでいない?

👉そういう人はこちらで、ストーリーを
確認しておいてくださいね。

太宰治 人間失格のあらすじ:生田斗真主演映画の原作をネタバレありで

         



それよりまずは生田斗真さんの”イケメン”
葉蔵を拝みたい?

映画『人間失格』(荒戸源次郎監督。2010)の
予告編ならこちらでどうぞ。👇




2000字の読書感想文/読書レポート

はい、ストーリーが確認できましたら、
さっそく感想文に取り組みましょう。

まずはハンサム教授が「字数制限2000字」
(400字詰め原稿用紙5枚)の場合を
想定して高校生向けに試作した感想文を
お読みください。

 『人間失格』は、まだ27歳ながら
「狂人」として精神病院に入れられた
男が半生を語った三冊の手記から成る
小説で、これが作者の「はしがき」と
「あとがき」に挟まれる形になっている。

男の名は大庭葉蔵で、本文中「人間失格」
という語句は出てこないけれども、
このタイトルが主人公の葉蔵を指して
いわれていることは明らかだ。

ところが「あとがき」の結びには、
手記を作者に見せたマダムの
「葉ちゃんは……神様みたいないい子
でした」という最大級の誉め言葉が
置かれており、この締め方からすれば、
作者が葉蔵について本気で「人間失格」
と断罪しているのでないこともまた
自明だろう。

    

 ところで「人間」の語が個人としての
ヒトを指すようになったのは江戸時代
からで、もとは文字通り「人と人の間」、
つまり「世間」と「社会」とかの意味
だった(『日本国語大辞典』)。

この視点から言い換えれば、葉蔵個人は
「神様みたいないい子」だけれども、
「人と人の間」での生き方において
「失格」だった、という風に作者は
葉蔵を提示したいのだろうと思う。

関連記事と広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください