辛い料理で腹痛・下痢?カプサイシンの毒性と効果を知ろう

 


やあやあサイ象です。

インド料理にタイ料理、
四川料理に韓国料理…
いやー、辛くておいしいものって、
ヒー、ヒー~~( ̄□ ̄;)!!
ほんと、たまんないですよね。

Sponsored Links


でも、ウマいのはいいけど、
あとでエラい目に合う…
って経験ありません?



👉 おいしいけど、あとが心配?

腹痛に下痢、そして(_ _。)オホン、
(少し声を落としますが)肛門の
ヒリヒリ(/_;)/~~。

こちらもまた、たまりませんね。
痔の原因にもなりますし。

そのツラさが予想されるために、
辛い料理を控えるようにしている方も
いらっしゃるんじゃないでしょうか。

f2ad2efa344f44dc247feb8a6f50b7c7_s

でも、それ、対応方法がない
っていうわけではなさそうです。

今日はそれを探ってみましょう。



👉 カプサイシンの刺激

こうした症状がなぜ起こるかといえば、
唐辛子の辛味成分であるカプサイシン
という物質が舌や喉、胃の粘膜に刺激を
与える(かつ胃腸で消化・吸収されない
ため、場合によっては肛門周辺も)
ことが理由と考えられます。

そこで、対策としてはこのカプサイシン
性質を把握したうえで、その人体への
直接的な影響をいかに抑えるかを
考えていけばいいわけです。


まず一般に、人間が刺激や痛みを感じると、
脳にはストレスがかかります。

     汗082576

その回避行動として副腎から
アドレナリンが分泌され、これが
発汗や体温上昇を促します。 

激辛カレーで汗をかいたり・゚゚・(≧д≦)・゚゚・
体が温まったりするのはそのためですね。

このアドレナリン分泌の効果において
カプサイシンは抜きんでているという
わけで、この効果がほどほどにとどまって
いるかぎりは、まことに結構なの
ですけどね……(;^_^)A


👉 カプサイシンの毒性、致死量

カプサイシンの刺激によるアドレナリンの
分泌が限度を超えてしまった場合、
大脳辺縁系の扁桃体や海馬が損傷を受け、
パニック障害やウツ、睡眠障害などの
精神疾患を引き起こしてしまうことも
あるんですね。

これが韓国で火病と呼ばれているもので、
日常的に唐辛子を大量摂取するこの国特有の
精神疾患とみられています。  

唐辛子の顔 vegetables-371911_960_720

またメキシコの唐辛子摂取も相当な
ものですが、当地でこんな実験が
行われたそうです。

【実験】
Aグループ:唐辛子(ハラペーニョ)を
大量に摂取する人たち(1日9~25本)
Bグループ:あまり摂取しない人たち
(1日3本未満)とに分けて胃がんの
リスクを比較。

【結果】
Aグループのリスクは1.71倍!

すなわち唐辛子の大量摂取が胃がんの
独立した危険因子である可能性も
大きいわけです。


というわけで、カプサイシンの「致死量」
というのも決められていて、体重1kgあたり
60~75mgに相当するカプサイシンの摂取で
生命は危険にさらされるとのこと。

たとえば体重60kgの人の場合は、
「60kg×60~75mg=3600~4500mg」の
カプサイシンを一度に摂取したら
死んでも知らんよ(ドクロ)、ということに
なるらしいんです。

ただ、唐辛子1gあたりに含まれる
カプサイシンは約3mgですので、
死ぬには最低でも1kgの唐辛子を食べる
必要があるわけですが…。

Sponsored Links



👉 カプサイシンの効能

というようなわけで、カプサイシンの
このような毒性成分を重く見て、キムチの
輸入はしないという決定をした国も
ヨーロッパにはあるそうで…

要は、「過ぎたるは及ばざるがごとし」。

1日3食、超激辛カレー、なんていう
食生活は命を危険に晒している可能も
たしかにあるわけですね。     

では、カプサイシンはまったくの悪玉で、
その摂取量は少なければ少ないほどよい、
ということになるのでしょうか。

nord-pas-de-calais-28494_960_720

いえいえ、決してそんなことは
ありません。  

アドレナリン分泌を促進することで、
エネルギー代謝を向上させてくれるわけ
ですから、適度の摂取はもちろん
健康によいことのはずですね。


イギリスではこんな実験が行われました。

【実験】
Aグループ:朝食にパン・チーズ・
シリアル・オレンジジュースのみ摂取。
Bグループ:上記にチリソースと
マスタードを各3グラム加えた朝食を摂取。

食後3時間の安静時代謝を比較。


【結果】
Aグループ:128.7パーセント
Bグループ:153.8パーセント

これはかなり大きな開きですね。

つまりスパイスの有無がエネルギー
代謝値を大きく左右することが
よくわかったのです。

         dc583de068dcb35640a2d7ef705f8d41_s

唐辛子のカプサイシン以外にも、
生姜(ジンゲロン)、マスタード
(アリルイソチオシアネート)、
にんにく(ジアリルジサルファイド)
などが同様にアドレナリンの
分泌量上昇に影響を及ぼしますが、
カプサイシンはその量において
ダントツの1番なのです。
(以上、データは「http://カプサイシン.net」に拠っています)

アドレナリン大量分泌を
促すこのダントツのパワーを
脂肪の燃焼に応用するのが
「唐辛子ダイエット」。

詳しくはこちらで。

唐辛子ダイエットって効果あるの?カプサイシンの性質を知って

            chili-cartoon-character-breathing-fire_131598233


👉 効能も毒性も侮れず

カプサイシンの力、恐るべし…

効能も、また毒性も侮れない(叫び
というわけですね。

ただ、毒性の方は、過剰に――つまり
日本人の一般的な食生活からよほど
逸脱して――摂取しないかぎり、
心配ありません。

また腹痛や下痢の予防のためには、
要するに胃壁への直接刺激を避ければ
よいのですから、食前に牛乳を飲む
とか、胃の中で必ずご飯などと混じる
ようにするとか、それぞれが自分に
合った対策法を考えてゆけばよいのです。

辛い料理といえば、代表は
やっぱりカレーですね。
唐辛子を含め、カレーを構成する
各種スパイスの意外な効能については
ぜひこちらをご覧ください。

カレースパイスの効能 種類別一覧!どれが何に効く?
カレースパイスにセロトニン増やす効能!辛さの幸福の秘密とは
カレーダイエットの効果は?どのスパイスがどう効くのかを見きわめて
二日酔いにカレーが効果あるって、なぜ?その秘密に迫る!

          3a1efb0a508a2ecb0217d2f08898e6e6_s


はい、それではガンガン(いやまあ、
ほどほどに(^_^;))辛い料理を
楽しんで参りましょう(*~▽~)ノ

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ